fc2ブログ

2014 アキアカネ舞う大朝日岳

2014年08月16日 22:14

2014.8.14(木)

二人の今年のお盆休みは13日の午後~17日まででした。
当初は北アルプスに遠征の予定でしたが、
天気が今一つでとても縦走できるような感じじゃなかったですね。
そこでかろうじて天気が持ちそうな14日に近くの山に登ってきました。
なお姫は朝の天気をみてモチベーションが上がらず、今回はTONOの単独行です。






狙ったのは山形県の百名山の一つ。
朝日連峰の "大朝日岳" です。
古寺鉱泉から日帰りでピストンしました。

IMGP1100 (1280x853)
(古寺鉱泉 "朝陽館" の裏手から登山道に入ります)




尾根を辿って古寺山に上がると、小朝日岳、大朝日岳が目に飛び込んできます。

IMGP1141 (1280x852)
(正面に小朝日岳、右に大朝日岳)




そして振り返ると月山と鳥海山。

IMGP1169 (1280x852)
(月山の左後方には鳥海山)




一旦下り小朝日岳に登り返すと伸びやかな朝日連峰の主脈が美しい。

IMGP1171 (1280x853)
(大朝日岳~中岳~西朝日岳)




小朝日から鞍部へ下ったあとは、大朝日を目指して稜線を行きます。

IMGP1237 (1280x853)
(大朝日の山頂から見た古寺山~小朝日~大朝日小屋へと続く稜線)




避難小屋を過ぎてザレた斜面を登ると、いよいよ大朝日の山頂。
山頂からは360°の大展望が得られます。
特徴的な山容の祝瓶山へと続く縦走路が脳裏に焼き付きました。

IMGP1251 (1280x853)
(祝瓶山へと続く縦走路と背後に浮かぶ飯豊連峰)




季節を変えて再訪することを誓って、大朝日の山頂を後にします。
懐深い朝日連峰の魅力を感じた一日でした。

IMGP1261 (1280x852)
(マツムシソウに止まるクジャクチョウ)



(詳細な記事と写真はヤマレコで公開中
  古寺鉱泉からアキアカネ舞う尾根を辿って大朝日岳へ

関連記事
スポンサーサイト



2014 梅雨明け間近の "鳥海山"

2014年07月25日 07:01

2014.7.21(海の日)

■ 鉾立ルートで新山と七高山

6:15鉾立~賽の河原~7:35御浜小屋7:50~8:12御田ヶ原分岐~8:30七五三掛~(千蛇谷コース)~9:39頂上御室~9:58新山~10:15頂上御室10:47~11:03七高山11:28~(外輪山コース)~11:57行者岳~伏拝岳~12.24文殊岳~12:52七五三掛~13:10御田ヶ原分岐~扇子森~13:25御浜小屋13:43~賽の河原~14:41鉾立





7月20日、21日は海の日を絡めた2連休。
どこか泊まりで山に行こうと計画していましたが、20日は生憎のお天気。
東北地方の梅雨明けはまだだし、"海の日" って設定が一週早いんだよねぇ・・・
なんて言っていたら、21日は良い天気になりそう。
で、慌てて準備をして早朝に家を出発しました。
向かった先は山形と秋田の県境に聳える独立峰。
出羽富士の名を持つ鳥海山です。

IMGP0752 (1280x781)
(鶴岡IC付近から見る鳥海山)




登山ルートはいろいろありますが、今回メインルートの鉾立から登ってきました。
樹林歩きがなく常に展望が良く、気持ちよく歩けるコースでした。

IMGP0939 (1280x853)
(外輪山から千蛇谷雪渓を見る)



切れ落ちた奈曽渓谷、御浜からの鳥海湖、お花畑、
御田ヶ原付近のハクサンイチゲとニッコキスゲの群落、
千蛇谷雪渓、荒々しい新山への岩場の登り、外輪山の稜線歩き、
眼下に日本海を見ての下山・・・と見どころもたくさん。

IMGP1030 (1280x853)
(鳥海湖とお花畑)



IMGP0857 (1280x853)
(千蛇谷雪渓を登る)



IMGP0877 (1280x853)
(新山へは溶岩の積み重なった道を行く)



IMGP1054 (1280x854)
(眼下に日本海を望みながらの下山)



変化に富んだ景観を楽しめる素晴らしい山行でした。
詳細はヤマレコにて公開中 "象潟口(きさかたぐち)コースで登った鳥海山"


関連記事

笹谷峠からトンガリ山

2013年11月05日 08:36

2013.11.2(土)




この日は午前中で仕事を終えて、笹谷峠の下見に出かけました。
山形道を走りインターから狭く曲がりくねった山道を上ると、
鉄塔が立ち並ぶ笹谷峠に到着。

目指すは神室岳ですが、すでに時間は2時過ぎ。
ピークには拘らず行ける所まで登ってみることに。

IMGP9116.jpg




駐車場から200mほど上がると気持ちの良い稜線歩きとなりました。
すでに紅葉の見頃は過ぎて枯葉という感じでしたが、
十分に秋色の景色を楽しめました。

IMGP9137_20131105072041c20.jpg




稜線の先にはトンガリ山、山形神室が聳え、
標高1,000mちょっとの場所とは思えないアルペンムードが漂っています。

IMGP9142_20131105072402793.jpg




結局、はまぐり山、トンガリ山と越えてコルに下りた所でタイムオーバー。
神室岳登頂は次回のお楽しみとして来た道を引き返しました。
歩いてきた道の先は雁戸山~北蔵王方面。
こちらもいずれ歩きたいところ。

IMGP9168.jpg




途中で宮城側に雲が湧いてきて、
西の空に傾いた陽の光によってブロッケンが出現。
ブロッケンを見たのは久しぶりかも。

IMGP9204.jpg




稜線を離れる前に夕陽が辺りを茜色に染め上げました。
素晴らしい景色に足を止め見惚れます。

IMGP9218_20131105073143178.jpg




時刻は4時半を回り、駐車場に着く頃に陽が沈みました。
2時間半ほどの山歩きでしたが、なかなか良い所でした。
次は山形神室、仙台神室のピークを踏む事を誓い帰路につきました。

IMGP9235_2013110507333048d.jpg



 (詳細はヤマレコで公開中)

関連記事

速報! 快晴の蔵王

2013年10月01日 09:00

2013.9.28(土)~9.29(日)

快晴の2日間。土日で蔵王に行ってきました。





1日目は標高1,000mの坊平高原でキャンプ。
収容人数3,000人という広~いフリーサイトに、
この日は10張りなかったんじゃないでしょうか。
野営場の名の通り、緑に囲まれた野趣溢れるキャンプ場でしたが、
平らなところが少ないのは難点。


さて今回コットをゲットして初のコット寝。
昼寝程度なら良いですが、夜通し寝ると腰が痛くなるかも。

IMGP8283.jpg
                      (疲れてちょっと昼寝中のところを姫に撮られました ^^;)




久しぶりのキャンプはタープのポールとランタンのポールを忘れて、
タープなしのオープンスタイルとなってしまいました。(^^;
でも見上げると頭上には満天の星空が広がりこれもまた良しかな♪

IMGP8289.jpg
                              (この日のメインは秋の味覚キノコ鍋)






2日目はいつものホットサンドを頬張ってからだらだらと撤収。
樹林の間から陽光が射し、木々の梢を明るい緑に染めていきます。

IMGP8309.jpg




坊平高原を後にして大黒天の駐車場から歩き始め、
まずは刈田岳山頂を目指します。

IMGP8339.jpg





整備された散策路を上ると、
エメラルドグリーンに輝く蔵王のお釜がチラッと見えて大興奮。

IMGP8346.jpg




大勢の観光客で賑わう刈田岳山頂を通過して熊野岳を目指します。
馬の背からはお釜の全貌がよく見えました。

IMGP8372.jpg




快晴の熊野岳山頂でランチタイム。
一週前の時とは大違いの素晴らしい天気で、
色付き始めた山肌や雲海の広がる雄大な景色を堪能しました。

IMGP8382.jpg




ランチの後は熊野岳避難小屋を過ぎてお釜の北側に行ってみます。
北蔵王の稜線は雲海に包まれていて、
自分が雲の海に浮かぶ島にいるかのよう。

IMGP8399.jpg




気付くとお釜も雲海に飲み込まれそうです。

IMGP8419_20131001084403d39.jpg




秋色の蔵王の景色を楽しんで馬の背を戻り、
刈田岳から大黒天へ下山しました。

IMGP8435.jpg





最近こっちのブログ更新のモチベーションがかなり下がっていて、
8月の白馬のレポがまだ終わっていない体たらく。(汗)
実際PCに向かえる時間が減っていることもあって、
なかなか前の様なスタイルでのブログ更新は難しい状況です。
・・・で、今後はブログでは簡単な速報のみとし、
山の記録はより簡単にアップ可能なヤマレコで行うことにしました。

今回の蔵王と前回の蔵王のレポはヤマレコにアップ済ですので、
興味のある方はそちらをご覧下さいませ。




関連記事

2013 月山 Vol.3

2013年08月22日 20:46

2013.8.4(日)

7:35姥沢駐車場~7:48リフト乗り場7:55~8:10リフト上駅~
8:33姥ヶ岳8:37~8:52金姥~9:18牛首~9:51鍛冶稲荷神社~
10:03月山神社元宮~10:05神泉池10:45~10:48肘折分岐~
11:23牛首~11:39牛首下分岐~12:11月山水~12:40姥沢駐車場






姥沢から月山に登頂した二人。
久しぶりの夏山の雰囲気を楽しみました。

IMGP7089.jpg




さて朝の早い時間こそ快晴の空でしたが、
天気予報通りだんだんと雲がちになってきました。
10:45 山頂を後にして下山開始しました。

IMGP7105.jpg




登りではさほど混んでいなかった登山道ですが、
この時間は上る人、下る人が入り乱れて大混雑。
さすがに人気の山です。

IMGP7109.jpg




山頂直下の急な斜面が終わると道幅も広がり
先行者をパスしながら一気に下ります。
姥ヶ岳の分岐部である牛首から雪渓に入りました。

IMGP7113.jpg




降りる横ではスキーヤーが合宿中。
スプーンカットの斜面でただ滑るのも難しそうでしたが、
来シーズンは梅雨入り前に滑ってみたいなぁ。。。

IMGP7116.jpg




最初の雪渓が終わるともう一つ雪渓を渡ります。
さて前を行くのは地元の高校生?でしたが、
転びまくりでジャージのお尻がびしょ濡れ。(^^;
でもキャーキャー言いながらとっても楽しそうでした。

IMGP7126.jpg




帰りはリフトを使わずに足で下ります。
11:39 牛首下分岐で姥沢への下山道へ進みます。

IMGP7127.jpg




木道の傍らには盛りは過ぎたもののチングルマとコイワカガミ。
前方が開けた気持ちの良い道です。

IMGP7135.jpg





高度が下がるとやがて樹林の中に突入。
樹林の中は風も動かないので途端に暑い。
途中で出てくる2ヶ所の水場で喉を潤しました。

DSCF4872.jpg IMGP7148.jpg





やがてブナの林を抜けて行きます。
丹沢辺りのブナと比べて元気が良い感じがしました。

IMGP7156.jpg




ブナ地帯を過ぎて姥沢を渡ると林道に出ました。
ここで行きに歩いた道と合流です。

IMGP7161.jpg




しばし車道を歩くと姥沢の駐車場に到着。
駐車場の車は奥のエリアまでいっぱい。
出発時と比べて倍に増えた感じでした。

IMGP7168.jpg




まだ時間も早いので、麓の志津温泉で汗を流して帰ることに。
湯船からは登った月山と五色沼を望めます。
旅館も奇麗で洒落ていてなかなかイイ風呂でした。

IMGP7174.jpg




東北の山と温泉の第一弾は月山でした。
来年は花を目当てにもう少し早い時期に登ってみたいです。
お盆休みは白馬に遠征しましたが、
秋の週末は東北の山に登ろうと思います。
どんな紅葉が見れるのか楽しみです♪


 (終わり)


関連記事


最新記事


キャッシング用語