fc2ブログ

引越し後の猫達

2013年08月28日 08:29

東北に引っ越してもうすぐ2ヶ月。
引越し直後の慌しさからようやく落ち着いたと思いきや、
お盆後はやけに忙しくてブログの更新もままなりません。
加えてお盆山行の後から、猫の1匹がやけに甘々しだして、
パソコンに向かうとモニターの前に座る、キーを叩く手の上に前足を載せて寝る、
広げた地図の上に長々と寝そべる、顔に摺り寄ってくるなど・・・
様々な妨害工作にあっています。(^^;

お盆休みの白馬山行の本編も早く作りたいところなんですが、
こんな具合で一向に進まないので、我が家の猫達の近況でも。

IMGP7989.jpg
                 (ソファに寝そべる二匹・・・ではなく姫と1匹 ^^;)




さて二人が引っ越した先は二階建ての一軒家。
二階には広いテラスがあって猫達は自由に行き来しています。
外が大好きな二匹はとても楽しそう。

IMGP6949.jpg
                           (アブラゼミと戯れる!?猫達)




昼はテラスの日陰でお昼寝してることが多いのですが、
緑が豊かな土地ですからセミやらトンボやらがちょくちょく飛んできます。
羽音を聞くとハンターの血が騒ぐらしく、パッと飛び起きてほふく前進。
ハシッと捕まえては獲物を咥えて誇らしげに家の中に戻ってきます。
そしてしばし弄んでからそのまま食べることも。(汗)

IMGP8025.jpg
                       (さて、どっちを食べようかなぁ



IMGP8020.jpg

家の中にはこんな残骸が。→
一体何を食べたんでしょ・・・
餌はちゃんとあげてるんですけどねぇ^^;





ある日の午後、部屋の中にけたたましいセミの鳴き声が響き渡りました。
何事かと思いきや、猫がセミを咥えて唸っています。
テラスでセミを捕まえてきたようです。
最後の力を振り絞って鳴き声をあげるセミとその声に反応して唸る猫。
目と耳で恐ろしげな光景が迫ってきて、
心情的にはセミを助けてあげたいところですが、その命は風前の灯火。
まぁ、ここに飛んできちゃったのが運のツキだったよねぇ・・・

IMGP7991.jpg
                   (断末魔の鳴き声を上げるミンミンゼミと唸る猫)




こうしている間にもTONOの口にスリスリしてくるんだけど、
あんた・・さっきまで蛾食べてなかった!?
前より自然と触れ合う機会が増えて楽しげな二匹ですが、
だんだん野生化しているのも気掛かりなところ。 ( ̄ー ̄;

IMGP8002.jpg
                          (サワガニに興味津々の二匹)


 (終わり)



関連記事
スポンサーサイト



激痩せ猫のその後

2012年10月22日 06:21

ここ1ヶ月くらい食事量が減って、激痩せしてきた我が家の猫ですが、
水を飲んでも吐く状態になりスッカリ衰弱。
当初は毛玉が詰まったんでしょうとの診断でしたが、
このままでは死んでしまう・・・と再び動物病院に連れて行きました。


受診すると、その日の内に入院して点滴。
翌日、全身麻酔をかけて造影検査となりました。

造影剤を注入してレントゲンを撮ると、
胃から十二指腸に入った所で何か欠損像があって、
そのあとの腸には通過障害はない様子。

DSCF3563-3.jpg




・・・で、麻酔をかけたまま今度は内視鏡で検査。
すると・・・十二指腸のちょうど欠損像になっていた場所にありました!
黒っぽい異物が十二指腸を塞ぐように存在してます。
内視鏡で見ながら鉗子を入れて無事にその異物を摘出。

DSCF3561-2.jpg



IMGP1492.jpg
取り出したのは黒いスポンジ状の物。
何とペディキュアを塗るときに
足趾の間に挟むやつでした。
これで遊んでいるうちに
飲み込んでしまったようです。




異物を摘出した後、内視鏡で見える範囲には問題なし。↓
これで検査兼処置を終了しました。
何にしても、内視鏡で取り出せるところに留まっていて良かったです。
場合によっては開腹手術!という可能性もあったわけだし。

DSCF3562-2.jpg




摘出処置の翌日には食事も摂れて吐くこともなく経過良好。
見舞いに行った姫に抱かれて離れようとしなかったみたいです。
もう大丈夫でしょうという事で、そのまま退院。
会計は・・・総額 8万円+α也。
もし腹を切ってたら一体いくらになってたんでしょ。




P1010226-2.jpg
退院後も経過は順調。
今はバクバク食べて
元気に走り回っています。
そして元気になった途端に、
全く抱っこさせてくれない猫に
戻ってしまいました。(^^;
まぁ・・・元気になったからイイか。

カメラを前に緊張気味 (笑) →


 (終わり)


  




関連記事

2012 道志渓谷でキャンプ 前編

2012年09月24日 18:25

2012.9.22(秋分の日)~9.23(日)

この連休の天気は今一つでしたね。
特に日曜は各地で雨だったんじゃないでしょうか。
そして一転、今朝はスッキリした青空ですからねぇ・・・

さて二人は土日で中央アルプスを歩こうと考えていましたが、
事情があって最終的に近場でキャンプとなりました。






IMGP2019.jpg
事情と言うのは、家の猫の事です。
食欲がないのが気になってたんですが、
前にも毛玉が吐けずに同様の事があり、
しばらく様子を見てました。
ところが激痩せして元気もないので、
土曜日に動物病院へ連れて行きました。



IMGP2037-2.jpg
  以前4.2㎏あった体重は3.2㎏ 
  なんと25%も減ってました。
  診察では何か病気と言う感じではなく、
  血液検査でも全く異常なし。
  やっぱり毛玉が原因でしょう・・・との診断。




ひとまず、毛玉を溶かす鼻に塗る薬を処方されて帰宅。
それを鼻に塗っておくと猫が舐めて、服用したのと同じ効果があるらしい。
薬なんて決して飲まない我が家の猫にはなかなか良い方法かも。
今年は暑かったせいか抜け毛が多く、同じ様な症状の猫もいるみたいです。

それにしても動物病院ってのも混んでますね~
診療開始時間に合わせて行ったのですが、既に17番目の1時間半待ち。
診察受けて、採血して、薬を貰って、会計して・・・
帰宅したらもうお昼ですから。 ( ̄ー ̄;
まあとりあえず少し食べて元気になってくれれば良いんですけどねぇ・・・


連休の出だしが思わぬ形で潰れてしまったので、これからどうしようか・・・
さすがにこの時間から山に行ってる場合じゃあないし、
翌日は軒並み雨っぽいしねぇ・・・ 
で、近場でキャンプでもすることにしました。



さて "道志みち" 沿いにはたくさんのキャンプ場がありますが、
予約不要で、入浴施設が隣接していて、ワイルド感のある、
緑の休暇村 "青根キャンプ場" に行ってみました。
ところが、翌日ここで「道志川合唱祭」が開催されるとのことで、
その前夜祭に上がる花火目当てに大勢の人が詰めかけていて、
キャンプ場は9時半の時点で既にいっぱいになったとのこと。


仕方がないので道志みちに戻って先に進み、
看板が目についた適当なキャンプ場に入ってみました。
この "道志渓谷キャンプ場" は気の良い夫婦でやっているキャンプ場らしく、
突然行ったにも関わらず、空いてるサイトを案内してくれて、
好きな場所を選ばせて頂きました。


道志川をすぐそこに望むフラットな砂利のサイトで、比較的静かな感じ。
今回はサーカステントを張って、椅子とテーブルをセット。
雨が降るかも知れないので、タープも張る積りだったんですが、
メインポール固定用の張り綱を忘れてきたため断念。
雨が降らないかドキドキしながらキャンプスタートです。(^^;

IMGP0268.jpg


(続く)



関連記事


最新記事


キャッシング用語