fc2ブログ

2011 燕岳 Vol.5 撤収~

2011年06月23日 21:35

2011.6.12 (日)

初のテント山行がはからずも(!?) 雪の上となった二人。

(↑ ある程度予想はしてたので、確信犯的ではありますが ・・・ ^^;)



夜中は寒さとの闘いでしたが、キャンドルの灯を見ているうちに、

明け方再び眠りに落ちたようです。


4:53 人の声で目を覚ますと、テントを通して外はうっすらと明るい。

キャンドルはいつしか燃え尽きていました。

寒くて長い夜を越え、ようやく朝を迎えました。




テントを抜け出すと、辺りはもう大分明るい。

"燕岳" に向かい小屋泊まりの団体さん達が出発していきました。

IMG_7226.jpg





稜線からは、槍ヶ岳、裏銀座の峰々がクッキリ。

・・・でも、高曇りな感じで、期待したような青空は見れませんでした。 (残念)

IMG_7224.jpg

IMG_7225.jpg





5:35 テントでシェラフにくるまったままの姫に声をかけます。


 「もう起きたら~ 動いてた方が暖かいよ」

 「うん・・・ 寒くて風邪引くかと思ったよ」

 「やっぱり雪の上って寒いんだね」

 「当たり前じゃん!」

 「とりあえず、起きて、朝食にしようよ」

 「うん・・・」



5:50 ガスストーブとクッカー、カップ麺、アルファ米を持って小屋へ。

奥の方の食堂では、スタッフが朝食の準備に大忙し。



二人は手前のストーブ横のスペースで、お湯を沸かします。

メニューは、昨日の残りのオニギリ、カップ麺、五目御飯(アルファ米)です。

オニギリは半ば凍ってました。 (^^;

アルファ米はそこそこ食べれますね。

とりあえず、ごちそうさま。





6:45 朝食後はトイレを済ませて、撤収です。

まずはテントの中でシェラフやらマットやらを丸めてスタッフバックへ。

テント以外の物をザックにパッキングします。



次はテントですが、

雪が凍ってて埋めたペグの回収がちょっと大変。

でもペグさえ抜けてしまえば、アッと言う間です。



アウターを畳んで、ポールを外して、インナーを畳んで、グランドシートを畳んで・・・

全てを2気室ザックの下の方のスペースに収納しました。




7:13 さて、下りますか。

P1010602.jpg





P1010606.jpg

残雪の "合戦尾根" を、

ドンドン下って行きます。

トラバース箇所だけは慎重に。





振り返ると、"槍の穂先" が表銀座の稜線越しに見えました。

次にあの穂先を見るのは夏だなぁ・・・

P1010605.jpg







P1010613.jpg
7:55 "合戦小屋" に着きました。


あれっ!? 

これって・・・ もしかして "八面大王"




以前、"大王わさび農場" で 「八面大王ものがたり」 を読んだので、

「合戦小屋の名前の由来に、八面大王が絡んでる」 ・・ってのは知ってましたが、

そうか~ 大王様はここにいたんだ~ ( ̄。 ̄)ホーーォ

大王わさび農場



確か・・・ "八面大王" と "坂上田村麻呂" の最後の決戦の場が "合戦沢" で、

"合戦小屋" の下の方の沢って事だったよなぁ・・・



ここに書いてある話は、今までちゃんと読んだことはなかったんですが、

この機会に読んでみますか・・・

P1010611.jpg



なになに・・・ "八面大王" は、里に出ては財宝、婦女を略奪し、

山野に出ては社寺仏閣を破壊して、狼藉三昧に明け暮れた・・・!?

あら・・・出だしからして全然違うじゃん。


・・・で、途中はまあ大体一緒で、最後に鶴の恩返し的な話もあり・・・と。 (笑)



わさび農場で見た "八面大王" は、心やさしき住民の味方だったはずですが・・・

まぁこういう話は、立場が変わると間逆になるのは珍しい事ではないですけどね。 





さて "合戦小屋" を過ぎると雪はほとんどなくなってきます。

登山道の傍らには、可憐な高山植物もチラホラ。



IMGP0615.jpg


"ショウジョウバカマ" (猩々袴)



IMGP0616.jpg

  "イワナシ" (岩梨)

  梨の様な味の実を付けるらしい。



IMGP0624.jpg
"マイズルソウ" (舞鶴草)

ハート型の葉の模様が、

鶴が舞ってる様に見える?



IMGP0620.jpg
  薄いピンクの "イワカガミ" (岩鏡)

  光沢のある円形の葉が、

  手鏡に似てるってことで。



IMGP0623_20110622185124.jpg
こちらは濃いピンクの "イワカガミ"

生えている場所によって、

こんなに色が違うんですねぇ。







P1010618.jpg
  富士見、第3ベンチを過ぎて、

  やがて新緑の洪水の中に突入。

  第2、第1とベンチを通過。





IMGP0625.jpg
9:45 登山口に戻ってきました。

トイレに寄って、自販機で冷えた物を購入。

あとはダラダラと車道を駐車場まで下ります。





IMGP0626.jpg
  10:01 登山者用駐車場です。

  来た時より大分車が増えてます。

  登る人と随分すれ違いましたからね。





車にザックを下ろして、ホッと一息。

重いザックを背負っての雨の合戦尾根、雪の上のテント設営、寒くて長い夜・・・

いろいろあったけど、とりあえず、初のテント山行は無事終了です。 






IMGP0627.jpg最後はやっぱり温泉で締めでしょう。

中房か有明温泉か悩んだんですが、

今回は有明温泉に立ち寄りました。

混浴じゃないのでサラっといきます。 (笑)




IMGP0628.jpg  
  清潔感あふれる脱衣所。

  受付開始とともに入ったので、

  まだ誰もいませんでした。




IMGP0629.jpg
湯気のこもる内湯。

鏡面の様な湯船にかけ流し。

単純硫黄泉です。




IMGP0631.jpg
  開放感のある露天風呂。

  湯船を横切る長い湯口が目に付きます。

  源泉と水をブレンドして注いでいるよう。




この時期、暑くなく寒くなく、虫も少なく、露天風呂を楽しむには良い季節です♪

今回の山行を振り返りつつ、ゆっくりとお湯に浸かります。


良かった点もあるけど、改善すべき点もあるよなぁ・・・

さて次回は、今回のテント泊装備についてまとめてみます。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



2011 燕岳 Vol.4 寒くて長~い夜

2011年06月22日 21:09

2011.6.11 (土)

二人にとって初のテント山行。

雨の "合戦尾根" で稜線に上がり、テントを設営。

天気の回復を待って "燕岳" を往復しました。



さて夕食までまだ時間があるし、小屋でビールでも飲みますか♪



IMG_7219.jpgストーブの燃える暖かい食堂で乾杯。

標高2,700mの生ビールは最高! 

空きっ腹に染み渡ります。

姫の残した半分もお腹に収めて、

いつもより酔いが回ったかも。 








IMG_7218.jpg

  大きなモニターには、気になる天気。

  予報では /

  「朝のうちは晴れるのかなぁ・・・」




そして最低気温は、麓で14~15℃といったところか。

・・・となると、標高で2,000mほど高い稜線上では、2~3℃か!?

 「う~む・・・けっこう寒いかも」  


でも前回の "廻り目平" の時は 0℃だったし、まあ何とかなるか・・・

でも雪の上で寝るって言うのは未体験だしなぁ・・・

 

15年間、毎年、"燕山荘" に来ていると言う単独行の方に、

正月の "燕山荘" や "合戦尾根" の様子を聞きました。

二人は昨年の年末年始に燕山荘を狙ってたんですが、

天候不良で諦めた経緯があります。

いろいろ役立つ情報を得ることができました。 (^^v





IMG_7220.jpg18:00 全員揃って夕食です。

  この日の宿泊者は40人ほど。

ハンバーグと鯵フライ、肉じゃが・・・

ご飯、味噌汁はお代わり自由で、

How mach? (笑)




御馳走様でした。 美味しかった。 

値は張りますが、やはりお湯で戻しただけの物とは違いますなぁ。

テント泊デビューの今年、しばらくは夕食を小屋で食べるテント泊かな・・・ (^^ゞ




18:26 夕食後外に出ると、

"燕岳" は再び雲に隠れようとしています。

IMG_7221.jpg




と、ここで想定外の事態が発生!

TONOのカメラのバッテリーがもうエンプティ!!

 ・・・マジで!?

防水コンデジの方だって、"合戦小屋" の辺りで既に逝っちゃってるのに・・・ 

 お前もかよ~!? 


実は二つのカメラとも、1泊2日くらいならバッテリーは持つと思ったんですよね。 

しまった~ やっぱり充電してくれば良かったか~ 





IMG_7223.jpg
18:54 夕陽が沈みます。

感動的に焼けるというほどでもはなく・・・

翌朝の景色に期待してカメラは温存。 


(以後、翌朝まで画像はなしです・・・悪しからず ^^ゞ)


 でもよく考えたら、姫のカメラがあった訳で、

「それで撮れば良かった~」 と翌朝になって後悔しました。






辺りが暗くなると徐々に気温が下がってきました。

姫は早々にテントでシェラフにくるまっています。

TONOもテントに入り、キャンドルランタンを灯し、中に吊り下げました。

キャンドルの仄かな明かりが常夜灯にはピッタリですね。



さてシェラフの中は暖かいんですが、しばらくすると床と接してる部分が冷えてきます。

体の下になる部分は、シェラフが潰れてその保温力を発揮できないし、

マットを敷いてるとはいえ、雪面からジワジワ冷えが伝わってきます。


宙に浮いた状態でシェラフにくるまれば、寒くないんでしょうが、

重力がある以上それは無理な訳で・・・

やはり床からの寒さ対策が重要だと痛感しました。



そこでTONOと姫のシェラフを連結させて一つにして、二人くっついて眠りました。

こうすると比較的暖かいんですが、床はやっぱり冷たかった~



でも夜中にトイレに行くと、外は思ったほど寒くない。

(この夜の気温は5℃くらいでした)

見上げると星がいっぱい!! 

明日の朝は晴れるのかな~♪




小屋の前から真っ暗なテン場を見ると、

キャンドルの灯ったサーカステントはボ~ッと明るくてすぐわかりました。




テントに戻る際にペグ (ストックです ^^;) をチェックすると、 

ゲッ! 凍ってるよ・・・ 

凍った雪の上にいるんだからそりゃ寒いわな~

そんなもん見たら余計に寒くなっちゃいました。




その頃になり風も出てきて、フライがバタバタ音をたてると不安になるし、

テント内で吐く息は白いし、周囲の環境をリアルに感じますなぁ。

外との隔壁は、薄い幕一枚+メッシュですから、当然といえば当然か。



夜中から明け方までの2~3時間は、うつらうつらしながら寒さとの闘いでした。

よっぽどお湯を沸かしてペットボトルに入れて、湯たんぽにしようかと思いましたが、

それも面倒くさくて、姫にくっついて暖を取ってました。(笑)

とりあえず、くっついてる部分は暖いんですよね。 


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事

2011 燕岳 Vol.3 燕岳山頂へ

2011年06月20日 21:56

2011.6.11 (土)

合戦尾根を登り燕山荘に着いた二人。

まだ雪残るテン場にサーカステントを設営しました。




テントの中でシェラフにくるまり横になっていると、登山者の声。

「お~っ、晴れてきた~!」

気付けばテント内は明るい光に満ちています。

陽射しを浴びたテントの中は、ポカポカ暖かくなってきました。




IMG_7169.jpg
テントを出て稜線に立つと、

ガスは急速にその濃度を薄め、

所々青空も覗いています♪






西側には裏銀座の峰々でしょうか・・・

雲の切れ間から、残雪の山肌が白黒模様を浮かび上がらせます。

IMG_7170.jpg




急いでテントに戻り、すでに熟睡体制に入った姫を揺り起こします。

15:33 身軽な格好で "燕岳" へ向かいます。

IMG_7173_20110617084826.jpg




そして、ついに "燕岳" がその頂きを現しました。

IMG_7177.jpg



白い砂、ハイマツの緑、残雪・・・そして花崗岩の奇岩。

何時見ても綺麗な山ですが、この時期は特にコントラストが素晴らしい。

これで青空なら言うことなしなんですが・・・


そして夏になれば、この稜線にはコマクサが咲き乱れます♪

この山が "百名山" でないのが不思議なくらいです。

(・・・と言うか、ごく最近まで "百名山" だと思ってました ^^:)





IMG_7191.jpg
写真を撮ったり景色を眺めながら、

25分ほどで花崗岩の頂きです。

15:57 山頂の石碑とともに一枚。





山頂からは裏銀座の峰々が見え隠れしています。

10分ほど太陽とガスの攻防を見ていましたが、この日は太陽の完全勝利はなし。(笑)



白砂の稜線歩きを楽しみながら戻ります。

IMG_7200.jpg



雷鳥の出現を期待したんですが、今回は遭遇なし。

悪天候の使者だけに、天気が回復している時は出てこないのかなぁ・・・




おっ、"眼鏡岩" です。

何度も来てるのに "眼鏡岩" をそれと認識したのは今回が初めてかも。 (^^ゞ

IMG_7203.jpg




姫が眼鏡を通して見たのは、赤い屋根の "燕山荘"。

IMG_7202.jpg





そしてついに・・・ キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

ガスの中から、"槍ヶ岳" がその穂先を見せました。

IMG_7212_20110617085044.jpg



今年はいつあの穂先に立てるかなぁ・・・

槍沢、飛騨沢、それとも東鎌、はたまた西鎌・・・ 夏の計画に心踊ります。 




"大天井" に向かうたおやかな稜線。。。

徐々にその形を変える大槍と小槍が楽しめる魅惑の縦走路。。。

また歩いてみたいなぁ・・・♪

IMG_7213.jpg






IMG_7215.jpg

お~っ! イルカ君また逢えたね ♥

今回は姫とツーショットで。




IMG_7216.jpg

  16:43 テントに戻ってきました。

  18時の夕食までまだ時間があるし、

  小屋でビールでも飲みますか。 



 (続く)


 ☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事

2011 燕岳 Vol.2 テント設営

2011年06月18日 22:29

2011.6.11 (土)

二人にとって、初のテント山行。

天気の回復を信じて、雨の "合戦尾根" を登り詰めました。



IMG_7159.jpg
"燕山荘" でテントの受付。

幕営料は500円/人。 2人で1,000円。

小屋泊まりに比べると、

感動的にリーズナブル。





姫の希望で、夕食は小屋で食べることにしたので、受付時に同時に申し込みます。

で夕食代は・・・えっ! 2,700円/人・・・   

高っ~!  驚愕の高額プライス。 



まっ、山の上ですからねぇ・・・  輸送費やら何やらかかってるんでしょうけど・・・

それにしても高いです。  o( ̄ー ̄;)ゞううむ

せいぜい1,500円くらいかと思ってました・・・

でもそれが嫌なら自分で作れ!って話ですよね。 




締めて二人で6,400円を払い、"テント場の手形" と "夕食券" を受取ります。

小屋に宿泊すれば、9,500円/人 × 2人 = 19,000円 ですから、

それと比べれば 約1/3、 △12,600円が浮きます。


昨年二人で山小屋に宿泊したのは7回・・・

"夕食は小屋で" というテント泊スタイルだとしても、

2シーズンあればテント用品一式の元は取れるってもんです。 




さて、テントの設営です。

夏は大混雑する燕のテント場ですが、さすがにこの時期はガラガラです。

先人が均した窪地を利用させてもらいました。

稜線の西側は風が吹き付けていましたが、テント場のある東側はそよ風程度。

でも風が強くなる可能性もあるし、テント高は低めにしときますか・・・

IMG_7163.jpg




テント山行自体が初めての二人にとって、

雪の上に設営するのは当然初めての経験です。



先人の均した場所ですが、広さが不足していたので、

まずは雪面を可能な限り平らに踏み固めます。

スコップがあれば簡単なのになぁ・・・



ある程度の広さの平らな面を作ったら、グランドシートを敷いて、

その上にインナーテントを広げます。

ペグを普通に刺したんでは、効かないであろう事は予想がつきましたが、

インナーはペグで固定して、中にポールを立ち上げます。

シッカリとは張れませんが、とりあえず居住空間は確保できました。




問題はアウター(フライ)です。

これはシッカリ張らないとマズイよねぇ~


・・・ 良いもの見~つけた♪

ストックが4本あるじゃないですか~!!



まずはストックのバスケットを外して・・・と、

1本の棒と化したストックを、ペグのかわりに雪面に石で叩き込みます。

お~っ! 非常に強固な固定ができるじゃないですか~


五角形テントの四隅はこの方法で固定して、

残りの1ヶ所は、横にしたペグを雪に埋込み上に石を載せました。

これで完璧。 台風でも来ない限り大丈夫でしょ。 

IMG_7168.jpg



更にテント内の気密性を高めるために、

5辺を細引きと石を使って、可能な限り雪面ギリギリに固定しました。



テントの中には、家にあったエマージェンシーシートを2枚重ねて敷いて、

その上にそれぞれのインフレータブルマットを載せ、シェラフを置きます。

何だかんだと、30分ほどかかって設営完了。 


中は二人で使うには余裕の広さ。 荷物を置いても空間が残りすぎ。

何か広すぎて薄ら寒いかも。 (^^;



とりあえず何とかテントも張って、これで一夜を明かせそうです。

寝不足だし、さすがにちょっと疲れたなぁ・・・

しばし、シェラフにくるまって横になりますか。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事

2011 燕岳 Vol.1 雨の合戦尾根

2011年06月17日 07:44

2011.6.11 (土)

関東甲信越地方が梅雨入りして2週間。 

この週末は二人とも2連休でした。

当然どこか山でしょう! ・・・ところが、天気は今ひとつ。

(今まで梅雨っぽくなかったのに、急に梅雨らしくなっちゃって・・・  ̄ヘ ̄ )



当初は、東京都の最高峰 "雲取山" での初テント山行を計画してたんですが、

関東~南アルプス、八ヶ岳とかは大雨に注意が必要と。


そんな中、"尾瀬" や "北アルプス" は比較的天気が良さげ・・・

どっちにするか悩んだ挙句、

"鳩待峠" から "見晴キャンプ場" を目指すことにして就寝。 


・・・

・・・


4:00 起床。 最終的な天気をチェックすると・・・

 "北アルプス" の方が晴れて眺望が期待できそう♪

・・・で急遽、目的地を "燕岳" に変更!



IMG_7119.jpg
4:30 自宅を出発。

本降りの中、 

相模湖ICを目指します。





雨の中央道をひた走ると、"諏訪" 付近で雨が上がり、

今後の天気回復に期待も膨らみます。








IMG_7128.jpg
  8:50 "中房温泉" 着。

  登山者用駐車場には数台の車。

  雨は止んでいます。





     駐車場から10分ほど歩くと、登山口。

     IMG_7137.jpg




IMG_7140.jpg
ここで再びパラパラきました。

ザックカバーを付け、カッパを羽織ったら、

9:17 いざ、出発。 





今回は、初のテント山行。

TONOの60Lザックは、9割方いっぱい。

持つとズッシリと重さを感じますが、背負ってしまえば、そうでもない。

このザックの構造が良いのかなぁ・・・

肩にはほとんど負荷がかからず、骨盤で重さを支えている感じです。




第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチと順調に進みます。

IMG_7144.jpg



第三ベンチを過ぎて、所々雪が出てきましたが、予想よりずっと少ない。

途中で本降りとなり、カッパを着込みました。





12:01 "合戦小屋" に到着。

IMG_7147-2.jpg



休憩時間を入れても、コースタイムより早いペース。 


「この重いザックを背負って本当に歩けるのか・・・」

出発前にはかなり心配で、自信がありませんでした。

下手すると、上の小屋まで5~6時間かかることも覚悟してたんですが、

これなら思ったより良いペースで着けそうです。 




IMG_7151-2.jpg
12:13 "合戦小屋" を後にします。

これから待つ、残雪の急斜面。

高度が上がると重さの影響も大だし、

十分気を引き締めて行きますか。







"合戦の頭" を過ぎ残雪の斜面を行きます。

P1010590-2.jpg



雨こそ止んでいるものの、ガスガスですな。

雨雲を抜けて、景色が望めると期待してたんですが・・・

でも午後になればなるほど天気は回復するはず。

慌てず急がず、一歩一歩高度を上げていきます。




「殿様~小屋が見えたよ~!」 と前方で姫の声。

見上げると、ガスの中からうっすらと小屋のシルエットが確認できます。

お~っ、ここまで来たか・・・もうすぐだ。




IMG_7156.jpg
この時期はまだ冬ルート。

小屋を回り込んで稜線に出ます。

ガスで眺望はないけど、

ザレた白砂を踏む感触が心地よい。





13:22 "燕山荘" に到着しました~

IMG_7160.jpg



"中房登山口" を出てから4時間5分が経過していました。

休憩時間を入れても、コースタイムの4時間10分よりやや早い。




さてこのタイムを二人の過去の山行記録と比較してみます。

夏にアイゼンなしで登った時は、4時間を切っており、

残雪期にアイゼンを付けて登った時は、4時間~4時間半かかっています。
                                                    
2008.GW  燕岳 2010.5.6 燕岳
    (2008.GW 燕山荘)                 (2010.5.6 主稜線)



さて今回は、アイゼン不要と判断したので最初から持参しませんでした。

靴も冬用の重くてソールの硬いものではなく、夏用(無雪期)のものでした。

よって、足への負担はかなり軽減されていたと思われます。



「靴やアイゼンで、足元が100g重くなる毎に、1kg荷物が増えたのと同じ!」

それくらいの負荷がかかると聞いた事があります。  ヾ(・・ )ォィォィ 誰に!?

↑↑↑ 科学的根拠はないと思います。(爆)


とりあえず話がデカ過ぎですが(笑)、感覚的には確かにそんな感じはします。 

車で言う "バネ下重量" みたいなもんですかねぇ。


今回、重いザックを背負いながらもコースタイムで登れたのは、

そこら辺がポイントなのかなぁ・・・ 


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事


最新記事


キャッシング用語