スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し後の猫達

2013年08月28日 08:29

東北に引っ越してもうすぐ2ヶ月。
引越し直後の慌しさからようやく落ち着いたと思いきや、
お盆後はやけに忙しくてブログの更新もままなりません。
加えてお盆山行の後から、猫の1匹がやけに甘々しだして、
パソコンに向かうとモニターの前に座る、キーを叩く手の上に前足を載せて寝る、
広げた地図の上に長々と寝そべる、顔に摺り寄ってくるなど・・・
様々な妨害工作にあっています。(^^;

お盆休みの白馬山行の本編も早く作りたいところなんですが、
こんな具合で一向に進まないので、我が家の猫達の近況でも。

IMGP7989.jpg
                 (ソファに寝そべる二匹・・・ではなく姫と1匹 ^^;)




さて二人が引っ越した先は二階建ての一軒家。
二階には広いテラスがあって猫達は自由に行き来しています。
外が大好きな二匹はとても楽しそう。

IMGP6949.jpg
                           (アブラゼミと戯れる!?猫達)




昼はテラスの日陰でお昼寝してることが多いのですが、
緑が豊かな土地ですからセミやらトンボやらがちょくちょく飛んできます。
羽音を聞くとハンターの血が騒ぐらしく、パッと飛び起きてほふく前進。
ハシッと捕まえては獲物を咥えて誇らしげに家の中に戻ってきます。
そしてしばし弄んでからそのまま食べることも。(汗)

IMGP8025.jpg
                       (さて、どっちを食べようかなぁ



IMGP8020.jpg

家の中にはこんな残骸が。→
一体何を食べたんでしょ・・・
餌はちゃんとあげてるんですけどねぇ^^;





ある日の午後、部屋の中にけたたましいセミの鳴き声が響き渡りました。
何事かと思いきや、猫がセミを咥えて唸っています。
テラスでセミを捕まえてきたようです。
最後の力を振り絞って鳴き声をあげるセミとその声に反応して唸る猫。
目と耳で恐ろしげな光景が迫ってきて、
心情的にはセミを助けてあげたいところですが、その命は風前の灯火。
まぁ、ここに飛んできちゃったのが運のツキだったよねぇ・・・

IMGP7991.jpg
                   (断末魔の鳴き声を上げるミンミンゼミと唸る猫)




こうしている間にもTONOの口にスリスリしてくるんだけど、
あんた・・さっきまで蛾食べてなかった!?
前より自然と触れ合う機会が増えて楽しげな二匹ですが、
だんだん野生化しているのも気掛かりなところ。 ( ̄ー ̄;

IMGP8002.jpg
                          (サワガニに興味津々の二匹)


 (終わり)



スポンサーサイト

激痩せ猫のその後

2012年10月22日 06:21

ここ1ヶ月くらい食事量が減って、激痩せしてきた我が家の猫ですが、
水を飲んでも吐く状態になりスッカリ衰弱。
当初は毛玉が詰まったんでしょうとの診断でしたが、
このままでは死んでしまう・・・と再び動物病院に連れて行きました。


受診すると、その日の内に入院して点滴。
翌日、全身麻酔をかけて造影検査となりました。

造影剤を注入してレントゲンを撮ると、
胃から十二指腸に入った所で何か欠損像があって、
そのあとの腸には通過障害はない様子。

DSCF3563-3.jpg




・・・で、麻酔をかけたまま今度は内視鏡で検査。
すると・・・十二指腸のちょうど欠損像になっていた場所にありました!
黒っぽい異物が十二指腸を塞ぐように存在してます。
内視鏡で見ながら鉗子を入れて無事にその異物を摘出。

DSCF3561-2.jpg



IMGP1492.jpg
取り出したのは黒いスポンジ状の物。
何とペディキュアを塗るときに
足趾の間に挟むやつでした。
これで遊んでいるうちに
飲み込んでしまったようです。




異物を摘出した後、内視鏡で見える範囲には問題なし。↓
これで検査兼処置を終了しました。
何にしても、内視鏡で取り出せるところに留まっていて良かったです。
場合によっては開腹手術!という可能性もあったわけだし。

DSCF3562-2.jpg




摘出処置の翌日には食事も摂れて吐くこともなく経過良好。
見舞いに行った姫に抱かれて離れようとしなかったみたいです。
もう大丈夫でしょうという事で、そのまま退院。
会計は・・・総額 8万円+α也。
もし腹を切ってたら一体いくらになってたんでしょ。




P1010226-2.jpg
退院後も経過は順調。
今はバクバク食べて
元気に走り回っています。
そして元気になった途端に、
全く抱っこさせてくれない猫に
戻ってしまいました。(^^;
まぁ・・・元気になったからイイか。

カメラを前に緊張気味 (笑) →


 (終わり)


  




肋骨が折れました・・・続編

2012年08月13日 20:13

2012.8.4(土)

この日は2人とも仕事で、翌5日の日曜日がお休み。
・・・で、日帰りで八ヶ岳でも行こうかと、
前々から計画していた山行を実行することにしました。


南稜・指導標

狙うは、南八の "阿弥陀岳"。
"南稜" で登って、
"中央陵" で下山する計画。



"阿弥陀南稜" は以前に一度登った事があって、
その時は "御小屋尾根" で下山したのですが、( 阿弥陀南稜
下山の際に見た中央陵の指導標が気になってました。



中央陵・指導標
確かあの時見た指導標には、
「立ち入り危険 中央陵」の文字。
でもあれからネットで調べてみると、
中央陵はメジャーではないにしても
そこそこ歩かれている様子。
よし! 今度は中央稜を使ってみよう。




ただ南稜にしても中央陵にしても一般ルートじゃないし、
標高差1,200mほどあるので、日帰りするには早い時間に歩き出したいところ。

・・・

・・・

この記事のタイトルは「肋骨を折りました!」
     ↓
一般ルートじゃないちょっと危険なルート
     ↓
「滑落して肋骨を骨折!?」

と思わせぶりな書き出しですが、決してそうではありません。
ここまではあくまでも前置に過ぎません。(^^;



さて予定では、夜中の3時頃に出発するつもりでしたが、
二人とも夕方18時前には自宅に帰ってきたので、
そのまま出てどこか近くのラブホテルにでも泊まることに。

TONO的には男子サッカーのエジプト戦も気になったんですが、
「頭痛明けなんだし、今日のうちに出た方が楽なんじゃない?」
と言う姫の言葉に促され、18時過ぎに家を出ました。


長坂ICを下り、近くのコンビニで翌日の食料等をゲット。
22時頃にホテルにチェックイン。

頭痛も明けたしビールを飲みながら、サッカーの結果をチェック。
3-0で勝ったんだ! 凄いねぇ~

一方姫はお湯を張って、イルミネーションが七色に変化する浴槽に浸かってます。(^^;
「明日早いんだから、殿様も風呂入って早く寝た方が良いんじゃない?」

で、TONOも早速風呂へ。
やっぱりこういうホテルの風呂は快適だね~♪
ほろ酔い気分でTONOが湯船に浸かってる間、姫はシャンプーしてました。

さてとTONOも髪でも洗うかな・・・と湯船を出た時でした。
姫の使ったリンスで足が滑ってそのまま転倒。
運が悪い事に転んだ先にはちょうど浴室用の椅子が。
結果、椅子の縁を支点として左の側胸部に全体重がかかったわけで。

激痛が走り、立つ事はおろか座ることもできず、しばし浴室に横たわるTONO。
「大丈夫?」
「・・・折れたかも」

10分後、姫の肩を借りベッドに移動したものの、痛みで横になる事もままならず。
しかも一旦横になってしまうと今度は自力では起き上がれず。
そして無理に起き上がろうとした瞬間の事でした。
「ポキッ!」 左の肋骨から明らかに音が・・・
エッ! もしかして折れた所がズレた!?


その夜からしばらくは寝返り不可、起き上がり困難、咳・くしゃみは地獄、
鼻はかめず、深呼吸もできない・・・


翌日は登山どころではなく、朝8時にチェックアウトして真直ぐ帰路につきました。
「ここに肋骨を折りに来ただけだったなぁ・・・」
しみじみとTONOが呟くと、姫的には妙にツボに入ったらしく、爆笑してます。
それにつられてTONOも笑っちゃったんですが、笑うと肋骨が痛い何の・・・
「俺を笑わすんじゃない!!」
可笑しいんだけどTONO的には笑えない出来事でした。


IMGP1606.jpg
週明けの8月6日(月)に職場の近くの病院で
レントゲン検査を受けました。
しっかり折れていたのは
速報版でも書いた通り。

・第8肋骨不全骨折
・第9肋骨骨折

痛み止めの内服薬と湿布、
それから固定用のバンドを貰いました。

これで今年の夏山は終わったな・・・




それにしても、怪我の仕方がカッコ悪過ぎ。
サッカーで相手の頭が当たったとか、スキーで転んでコブで打ったとか、
スノボーでジャンプして転んだ・・・とかじゃなくて、

ラブホテルで、
妻と風呂に入ってて、
リンスで足が滑って、
浴室用の椅子で打った・・・
超カッコ悪っ。 ( ̄ー ̄;


・・・

・・・


そして骨折して10日目の 8月13日(月) 再診。
レントゲン写真を見直すと、左肺に腫瘤を疑わせる影があるのと、
血胸・気胸の除外のためにいちおうCTを撮った方が良いと。
「えっ腫瘤って・・・肺癌とか!?」
けっこうビビりながら検査を受けました。



結果は肺には腫瘍などはなし。
また骨折に伴う血気胸もなく問題なしと。

ただ3D-CTで肋骨を見ると、第8も第9もしっかり骨折してました。
3D-CTって初めて見たけどそのリアルさにビックリ。

IMGP1655.jpg

IMGP1651.jpg



さて症状の方はと言うと・・・
あんなに痛かったのに、10日も経つと痛みは引いてくるもので、
何とか寝返りはできるし、鼻もかめる、咳払いもできる・・・
現金なものでこれなら山にも行けそうな気がしてきました。(^^;
いよいよ明日からTONOもお盆休みに入るのですが、
こうなるともはや山に行く気満々なわけで。(笑)

「明日から山に行きたいんですが・・どうですかね?」
「まだ骨がついてる訳ではないので、勧められませんね」

・・・まぁ、当然そうですよね。
行っても大丈夫なんていう訳ないですよね。
自己責任で行かせて頂きます・・ってことで。(^^;


ただ問題は天気・・・悪いんですよね。
どっか天気の良い山、ないかなぁ・・・


 (肋骨骨折 最終編へ続く・・予定)


  



雨と筋肉痛の関係!?

2011年06月01日 08:12

先日 "廻り目平" でのキャンプの際に、ボルダリングに興じる人達を見かけました。

「岳」でもクライミングのシーンが出てきましたね。

・・・で、それに影響を受けた姫は、最近これがやりたくてやりたくて仕方がない。




「姫の誕生日プレゼントは、フリークライミング講習会でイイよ~♪」

・・・なんて言い出す始末。 o( ̄ー ̄;)ゞ




TONO的には 「壁は登れなくても良いんだけど・・・」 と思う反面、

バリエーションの世界をちょっとだけ見てみたい・・・という気持ちもあります。

"槍の北鎌尾根" "前穂の北尾根" "北穂の東稜" ・・・とかを登ってみたいなぁ。。。 

なんて漠然とした憧れもあるわけで・・・


でも憧れてるだけじゃ、当然ながら登ることはできないですよね。

残雪の前穂北尾根
                        (北穂沢から見た前穂北尾根 2010.5.8)




フリークライミングか~ ・・・何か敷居が高いけど、

バリエーションの世界を見るには、通らざるを得ない道かなぁ・・・

普段の山行でも、より安全な岩場の通過に役立つ事を学べそうだしね。 







DVC00112.jpg朝から雨降りな日曜日。 

アウトドア系には厳しい天気だよねぇ・・・

 無理して行くと、修行になっちゃうし ^^;

ここは姫のリクエストに応えてみますか!


・・・で、やってきました近くのクライミング・ジム。

ここでは、ボルダリングとクライミングを楽しめます。






ボルダリング
  まずはボルダリングに挑戦です。

  "A~Z" までの難易度があって、

  二人は一番易しい "A" から。

  壁に付いた突起物を掴んで登ります。

  "F" からは壁がオーバーハング!






DVC00114.jpg


トップロープクライミングにもチャレンジ。


ハーネスとチョークバッグを装着したら、

そそり立つ天井までの壁を登ります。


2本登ってもう腕がバンバン。

・・・ギブです。 




そのあとはボルダリングをして2時間ほど過ごしました。



雨の日はやはり混むんでしょうね~

初心者用の壁は、常に5~10人待ちくらいでした。

でも待ち時間に、他の人の動きとかも参考になりますし、

腕が疲れてくると休みながらじゃないととてもできません。 



"G" までクリアしたものの、最後は握力が全くない状態になり、

最初は登れた所も登れなくなる体たらく。


そろそろ潮時ですな・・・ 撤収~




・・・で、二日経った時点で、全・身・筋・肉・痛。 (笑)

特に肩とか前腕とかがバンバンに張ってます。 

姫も かつて経験したことのない筋肉痛 って言ってました。

でもこの人↑、今週また行こうとしてるんだよね。 



・・・な訳で、梅雨の間はTONOもボルダリングさせられそうです。

今年の梅雨は長いって言うし、筋肉痛な日々が続きそう。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


映画 「岳」

2011年05月28日 07:06

まだ5月だと言うのに梅雨入りしちゃいましたね。 

しかも梅雨入りが早いからと言って、明けるのが早くなるわけでもないらしい。

って事は・・・今年の梅雨は長いって事だよねぇ。 



今週末もテント泊したかったんですけどね~ 





岳
さて、映画 「岳」 が人気みたいですね。


原作は 「岳 みんなの山」 

山岳救助ボランティアの "三歩" を中心に、

その仲間達が繰り広げる人間ドラマです。





TONOは "ビックコミックオリジナル" で毎回見てるんですが、

映画化されたということで、姫と一緒に横浜へ見に行きました♪

IMGP0606.jpg




映画館内はさほど混んでなくて、ゆったりと鑑賞できました。

小栗 "三歩" は、漫画以上に現実離れした超人ぶりを発揮してましたが、(笑)

撮影地が八方尾根、穂高、立山など馴染みの場所ということもあり、

見覚えのある風景がバンバン出てきて楽しかったです。



雲海 奥穂からジャンダルム 西穂独標 前穂山頂から
前穂北尾根 八方尾根 飛騨沢から笠ヶ岳 河童橋






感動的なシーンもあって、

単純なTONOは目頭が熱くなっちゃいましたが、

前の席に座ったオジさんなんて、

途中からハンカチ片手に涙を拭いぱなしでした。

でも、それはちょっといき過ぎ君。





「見たことある景色がいっぱいだったね♪」

「ストーリーはいまいちだけど、映像は綺麗~ カメラマンが凄いんだね」 と姫。


さらに続けて、

「三歩って食費とかどうしてるのかな~?  コーヒーはどっから持ってくるの・・・? 

保険証とか持ってるの?  もしかして生保!?」 (爆)


もう三歩の日常が気になって気になって、仕方がないみたいです。 (笑)

でもとりあえず、姫的には泣く様な感動シーンはなかったようで・・・ (^^;



TONO的には、撮影場所が気になって気になって・・・

DVD化されたら是非もう一回観たいと思いました。

一時停止とかして景色をチェックしたいところです。 (笑)




話は変わりますが、映画で三歩の着てる上下は、"マウンテンハードウエア" でした。

ザックとグローブは "マムート" で、その他はよくわからなかった。




Gaku Climb On T
  最近ショップでMHWをよく見ますが、

  この映画の影響も大きいんでしょうね。

  "Gaku Climb On T" なんてのも

  売り出されてますし。





IMG_6899-2.jpgMHWって、山に登らない人は、

ほとんど知らないメーカーだと思いますが、

(・・・という自分も数年前までは知りませんでした ^^;)

ホグロフスとかマムートが世俗化する中、

コアな感じがしてカッコイイです。 




TONOも冬用のジャケットとパンツを持ってます。

・・・でもTONOも持ってるくらいだから、この先の世俗化は必至かも。 (笑)




とりあえず予報通り、今日は朝から雨ですなぁ~

こんな雨になるんだったら、映画は今週末にしとけば良かった・・・ 


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking



最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。