スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 中尾温泉~焼岳 Vol.4

2011年11月30日 15:16

2011.11.12(土)~13(日)

中尾温泉~秀綱神社~焼岳小屋分岐~旧中尾峠~焼岳~旧中尾峠~中尾温泉
新穂高温泉



中尾温泉から "焼岳" をピストンした二人。

この日の宿泊地は、中尾温泉から5分ほどの、新穂高温泉 "佳留萱山荘"。

宿に併設しているキャンプ場にテント泊です。



料金は大人3,000円/人(入浴料込)とちょっと高いんですが、

大露天風呂に24時間何回でも入れるので、まぁ良しとしましょう。(^^;

ちなみに外来入浴料は800円です。(8:00~20:00)



キャンプ場は宿の駐車場の隣で、10張ほど可能です。

それぞれのサイトには、4×4mのウッドデッキがあって、

汚れず、平な場所にテントが張れます。

IMG_0145.jpg





テントを張って、椅子やテーブル等もセッティングしたら、早速、風呂へ。

テントからこの暖簾まで直線距離は20mほど。

この宿の中で一番近いです。(笑)

IMG_0142.jpg





さて、暖簾をくぐって石段を下りると、男女別の脱衣所に分れます。

男性用脱衣所の手前から、こんな光景が目に飛び込んできます。

IMG_0143.jpg



すぐ傍のこの風呂も大きいんですが、その右隣にこの3倍くらいの風呂があって、

さらにその奥にも風呂があります。

また、女性専用の露天風呂も相当な大きさがあるらしい。

・・・暖簾にあった "日本最大級" の言葉に偽りはありません。






女性用の露天風呂からは木戸をくぐって、

このエリアに出入りできる様になっています。

姫が入って来るのを待って、人が少ない場所に陣取りました。

IMGP0964.jpg





対面には巨大な岩が屹立し、その下には打たせ湯がありました。

人と比べるとその巨大さがよく分かります。

IMGP0963.jpg





お湯は、無色透明、無臭、サラっとしています。

全体的に湯温はぬるめですが、湯口となってる中央の岩の周囲や、

打たせ湯の周囲は熱めになっているので、各自の好みの温度で湯浴みできます。



常時、20~30人ほどが入浴していましたが、これだけ広いとほとんど気になりません。

広すぎて、一枚の写真に全部入れるのは到底不可能。(^^;

IMGP1002.jpg
                           (↑ 翌日の早朝に撮ったものです)





また広いだけでなく、深さもあって、立っても姫のお尻が隠れるほどです。

最近のヒップハンガーなジーンズくらいですかね。(笑)

IMGP1014.jpg
                          (↑ 翌日の早朝に撮ったものです)





一番奥の湯船は、遠浅で(笑)全体的にも浅めの風呂。

大きな湯船と比べれば小さいですが、十分な広さがあります。

正面の岩壁を伝ってお湯が豪快に流れ落ちていました。

左奥に見える明るい部分は洞窟風呂になっています。

IMGP1003.jpg
                          (↑ 翌日の早朝に撮ったものです)





IMG_0144.jpg

1時間ほど風呂に入って

一緒に上がりました。

陽は大分西に傾いています。





IMG_0148.jpg

  さて、暗くなる前に始めますか。

  まずはビール片手に、

  焚き火で炭を熾します。






IMG_0149.jpg
今回は炭を卓上七輪に移して、

そこでチマチマ焼こうという作戦。


いちおう車にモザイクかけてみたけど、

誰が見ても車種が分かっちゃいますね。






IMG_0151.jpg

  最初は七輪で焼いてたTONOですが、

  だんだん面倒くさくなって、

  最後は直火焼きです。(笑)




IMG_0154-2.jpg

焼き物を摘みながら、

焚き火と赤ワインで

夜はふけていきます。




さて未だにちゃんとしたランタンをゲットしてないTONO。

LEDランタンと焚き火で夜の闇を凌ぎます。(笑)

でもLEDの青白い光って、キャンプシーンにはミスマッチですよね~

IMG_0155.jpg





今回は露天風呂から漏れ出る光と月明かりで、

一晩中仄かに明るかったですが、これだけじゃやっぱり暗いです。

飲むだけならこの明るさでもそう問題ないのですが、

食べるとなると絶対的に明るさが足りません。

今後メインランタンは絶対必要ですな。

IMG_0157.jpg





飲んで食べて、ほろ酔い気分。

ワインを飲み干し、薪を燃やし尽くすと、寒くなってきました。

もう一度露天風呂に入って寝ることに。

夜の露天風呂は更に人影が少なくて、思う存分ノンビリできました。

ポカポカ状態でシェラフに入り、熟睡しました。



・・・

・・・



IMGP0995-2.jpg
翌早朝、姫を起こして露天風呂へ。

風呂から見る日の出に期待しましたが、

残念ながら朝は雲の多い空・・・

キレイに焼けませんでした。





風呂から上がって、コーヒーを飲んだら、朝食の準備。

この日の朝は、いつものカップスープにホットサンド。

ホットサンドは、ZEP400さんに教わった方法を試してみました。→こちら


牛乳パックがなかったので、新聞紙で代用しましたが、

部分的に焦げ焦げになったり、火が十分通らなかったり・・・

でも自分で焼いたホットサンドは、それなりに美味しいのでした。(^^v




朝食後はテントを撤収して、またまた風呂へ。 (^^;

ちょうど宿の朝食の時間なのか、あの広い風呂を貸切状態。

温泉三昧のキャンプでした。



最後に、ウッドデッキでお肌の手入れをする姫です。(笑)

IMG_0170.jpg




さてまだ時間は早いですが、道が混む前に帰りますか。

日の出の頃は雲の多い空でしたが、徐々に青空が広がってきました。

今日もイイ天気になりそう♪

IMG_0168.jpg


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

2008 後悔の西穂高岳 前編

2011年09月06日 22:53

2008.9月中旬 

今からちょうど3年前・・・

前から狙っていた 「奥穂‐西穂縦走」 を実行するべく、

"新穂高温泉" から入山したものの、雨で断念した時の記録です。



この時は登山口までは行きましたが、

そこからは1歩も登らず撤収してしまいました。

で、その翌日、大いに後悔することになったのですが・・・ (^^;




前日、"新穂高温泉" の民宿に素泊まり。

朝5時半に出て、登山者用無料駐車場へ。

雨がしとしと降ってます。

P1030842.jpg





準備を整え出発しますが、次第に雨足が強くなってきます。

雨の中、"蒲田川右俣林道" を黙々と歩く二人。

そして"穂高平小屋" 付近では、 とうとう本降りに。

P1030843.jpg



明日の天気が気になりますが、

予報では あまり好天は期待できないようす。



翌日も雨なら、上に行っても "西穂" までの縦走は無理だし・・・

車はこっちにあるから、"涸沢" 経由で "上高地" に下りるわけにもいかず。

となると・・上に行ってもそのまま "白出沢" を下ってくる事になるけど、

雨が降り続いて増水すると、帰りに "重太郎橋" が渡れなくなる可能性も・・・


 「どうしようかな・・・」



"白出沢" の登山口に着いた頃には 大雨

ザーザー 降ってました。


ここから "穂高岳山荘" の建つ "白出のコル" までのコースタイムは 7時間

しかも途中で雨を避けて休める様な場所はなし。



TONO 「この雨の中、7時間か・・・きついな~」

 姫  「姫はどっちでもイイけど・・、行くだけ行った方が良いんじゃないの?」

TONO 「う~ん・・・」



10分後、雨は止む気配はなく、

軟弱者の慎重なTONOが出した結論は、 「撤収~!」




ところが、"穂高平" の牧場辺りまで来ると雨は小降りに。

でもここからまた戻る気にもなれず・・・

P1030845.jpg
                            (バックの黒いヤツは飛騨牛^^)




さてその日は "穂高岳山荘" に宿泊予定だったため、どこも宿はとっていません。

まず、 "新穂高温泉" のバスターミナルで、今夜の宿探しです。



前から狙っていた宿がとれましたが、チェックインまでは時間があります。

"ほおのき平コスモス園" に行ってみました。

冬はスキー場ですが、秋にはゲレンデが800万本のコスモスで覆われます。

P1030850.jpg




レトロなボンネットバスに乗り込み、園内を1周です。

P1030851.jpg




P1030853-2.jpg

この日は見頃を過ぎており、

(見頃は9月上旬とのこと)

残念ながら、一面のコスモス♥

という感じではありませんでした。






P1030892-2.jpg
  お昼に、民宿でもらった

  おにぎり弁当を食べて、

  2時過ぎに宿へチェックイン。


  こじんまりした家庭的な宿でした。

  部屋は8畳+2畳の和室。

  (←写真は帰りに撮影したものです)







早速風呂へ行ってみます。

まず内湯で汗を流し、混浴の露天風呂へ。

露天風呂は、一旦玄関を出て、道を横断したところにありました。




P1030858-2.jpg

男女別の脱衣所から

それぞれの湯船に出ると、

奥でつながっており、

非常に混浴しやすい造りです。






P1030864-2.jpg
  夕食は、食事処で。

  飛騨牛、岩魚、飛騨鶏、季節野菜・・・

  地の食材を使った料理。

  ビールがすすみます。






夕食後、露天風呂に行きますが、外は生憎の雨

夜になって再び強く降り始めたようです。

笠を被ってお湯に浸かるも、長湯はちょっと無理。



P1030869-2.jpg
露天を出て、傍の貸切風呂へ移動。

貸切は、"檜風呂" と "桶風呂" の2つ。

二人は檜風呂へ入りますが、

朝が早かったためか、

お湯に浸かると睡魔に襲われ、

早めに部屋に戻って就寝しました。




 (後編へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

2009 西穂・奥穂縦走 「深山荘」

2010年09月03日 18:00

2009.8.9(日)

"深山荘" は、蒲田川の畔に建つ一軒宿。

登山者用の駐車場から、つり橋を渡ってすぐです。

IMGP3875.jpg


対岸の駐車場からも露天風呂が見えるくらい近いので、

下山後に立ち寄る登山者も多いようです。




受付をして、部屋の鍵を受け取ります。

バス・トイレ無し、8畳の和室です。

部屋



部屋に雨で濡れた衣類を干して、さて風呂に行きましょう。

ちょうど貸切風呂が空いていたので、行ってみました。



玄関を出て、吊り橋を渡って一旦登山者用駐車場に入ります。

そこから50mほど進むと建物がありました。

貸切風呂



"深山荘の湯" です。

深山荘の湯


浴槽は5~6人はゆったり入れる大きさ。

硫黄の臭いがする、透明なお湯で、白い湯の花が浮いてます。

プライベート感はあるんですが、あまり展望は良くないですね。



湯温は二人には熱すぎでした。

入るまでしばし時間を要します。(^^;)

IMGP3768_20100421131755.jpg


慣れれば何とか湯に浸かれますが、長くは入っていられません。

う~ん。 お湯が熱過ぎて、いま一つリラックスできませんね・・・



この風呂は早々に退散して、混浴露天風呂に移動します。

IMGP3779.jpg




露天風呂は適温~やや温めで、これなら長湯できそうです。

向こうに見えるのは、登山者用駐車場から宿に向かう吊橋です。

IMGP3781_20100421131904.jpg




浴槽のすぐ横は "蒲田川"。

川の状態によっては泳ぐこともできるようですが、

この日の増水した流れでは泳ぐのは危険です。

IMGP3789_20100421131930.jpg



姫が体に巻いている湯浴み着は、宿のフロントに用意されています。

これを巻いて入浴もできますし、移動の際などにも重宝します。



下の写真で、姫が立っている場所も湯舟で、

砂の中に足を入れると、温泉が湧き出しているのがわかります。

この日は増水した川から水の流入が多く、

ぬるま湯と言うより水に近い温度で、入れなかったのが残念。

IMGP3780_20100421132013.jpg



川に足を浸けてみましたが、水は非常に冷たいです。

IMGP3796_20100421132030.jpg
                          (左奥に見えるのは "抜戸岳" )



山側は男性用のエリアになっており、

大きな石組の上に、段違いで2つの湯船があります。

IMGP3801.jpg



夕食の時間が迫り、部屋に戻ります。

IMGP3808_20100421132054.jpg


女湯と書かれた建物は女性用の脱衣所になっており、

専用の露天風呂もあるようです。



6時半から大広間で夕食です。

IMGP3810.jpg


山・川の物が中心で、もちろん飛騨牛も出てましたよ。(^^)v

ごちそうさま。美味しかった。



夕食後、再び露天風呂へ行きました。

浴槽周囲は照明が少なく、晴れた日には星がよく見えそうです。


ここは夜も日帰り入浴を受け付けているようで、

吊り橋を渡って風呂にやって来る人もいました。


1時間ほど過ごし、部屋に戻り早めに就寝。

難路を歩き通した充実感、無事下山した安心感が、

心地良い眠りへ導いてくれました。

・・・

・・・



2009.8.10(月)

TONOは4時頃に目を覚ましました。

部屋はけっこう寒いです。

布団に包まり1時間ほど惰眠を楽しみ、姫を起こし朝風呂に行きました。



朝もやの混浴露天風呂です。

IMGP3825_20100421130907.jpg



二段目の湯船から下の湯船を撮ってみました。

湯船の大きさがわかります。

IMGP3840_20100421130944.jpg




昨日の天気が嘘のように、この日は快晴

"焼岳" が朝日に照らされ輝きだします。

IMGP3832.jpg


青空に立ち上る一筋の噴煙。

上に登るとあの辺りは強烈な硫黄臭です。

現在、"焼岳" の北峰には登れますが、南峰は立ち入り禁止です。




他に誰もいなかったので、上の露天風呂に行ってみました。

ここには、大きな傘と打たせ湯がありました。

IMGP3848_20100421131150.jpg



男性用脱衣所の前に、露天風呂の説明図があります。

IMGP3866.jpg


それによると、一番下の混浴風呂は 「水着OK」 になっています。

夏は川で泳ぐ人もいるでしょうし、そうせざるを得ませんかね・・・

でもやっぱり風呂での水着着用には、抵抗ありますよね~ ( ̄ヘ ̄)


しばし風呂で寛いで、部屋に戻りました。



7時過ぎに、大広間で朝食です。

飛騨の宿では定番の“朴葉味噌”が美味しかった。

ご飯がすすみますよね。 (^^♪



朝食後は、風呂に入らずチェック・アウト。

吊橋の上からは、初めて夏らしい風景が広がっていました。

IMGP3872.jpg
                           (中央左側に露天風呂が写っています)

IMGP3873.jpg
                             (雲に隠れてますが "焼岳" 方向)


下山したとたんに回復した天気を、恨めしく思いながら帰路につきました。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

新穂高温泉 「野の花 山荘」

2010年08月25日 09:00

2010.8.2(月)

鷲羽岳~水晶岳~高天原温泉~雲ノ平と北アルプスの深部を歩いて、

新穂高温泉に下山した二人です。


途中で "高天原温泉" で汗を流したものの、

夏の長い山行で汗だくだくです。


車を回収してまず向うのは温泉です。

さてどこ行こう・・・?


例によって駐車場からは、"深山荘" が近いんだけど・・・

夏の太陽がギラギラ照りつける中、屋根無し露天風呂は厳しいよね。

IMGP3872-1.jpg
                      (画面中央やや左に露天風呂が見えます)



それに第1の目的は混浴じゃなくて、洗髪、洗体だから、

普通にシャンプー、ボディソープ完備の日帰り入浴施設が無難な所かな。

で、以前も何度か行った事のある "ひがくの湯" に向かうことに。



駐車場を出てスノーシェードを抜けたところで、

ん! "野の花 山荘" !? 

・・・見慣れない看板を見つけました。

IMGP9938-2.jpg



・・・こんなの前あったっけ?

"日帰り入浴可" って書いてあるなぁ。

行ってみますか♪


急遽行き先を変更。

鍋平高原方向に入り、高台に上って行くと・・・ありました!

IMGP9939.jpg


ここは以前違う宿があったはずだが・・・

やってるのかやってないのか分らないような宿でしたが。(^^;


改築したのか・・・

でも名前が変わってるし、完全に新築したんだろうなぁ・・・

とりあえず敷地内へ入ってみます。



真新しいエントランスです。

IMGP9940.jpg


800円/人を払い、お風呂へ向います。

・・・

・・・

男女別の内湯。

IMGP9947.jpg



奇麗な脱衣所。 洗面台も充実してました。

IMGP9941.jpg



汗まみれの登山服、下着を脱ぎ捨てて、さあ風呂だ~

IMGP9943.jpg


掛け湯をして、湯船に浸かります。

良い温度だ。。。

無色透明、無臭でサラッとしたお湯です。

気持ち良い~


しばしお湯に浸かって、洗い場に移動。

頭のてっぺんから足先までよく洗って、サッパリした~


再び湯船へ。

お湯の中で疲れた筋肉を揉み解します。

日に焼けた腕がヒリヒリします。


内湯からは、露天風呂が見て取れます。

IMGP9944.jpg



右奥のガラス戸を通って、露天風呂に行ってみました。

暑い! 陽射しが痛過ぎる!!

IMGP9946.jpg


ちょっと入れませんなぁ。

この時期は日が落ちないと、屋根無し露天は厳しいな~



上がって休憩所で姫を待つかな。


・・・

・・・


休憩所の入口にこんな張り紙。

IMGP9948.jpg


混浴もあるのか・・・♪

他に誰もお客さんはいないし、ちょっと見に行きますか。



休憩所を抜けた奥に出入り口があります。

男湯と書かれた方が、混浴となるようです。

IMGP9950.jpg


女性は女湯の脱衣所からバスタオル巻きで移動すれば、

比較的入り易いかも知れませんね。



風呂は一部木陰になってますが、基本的に炎天下なので入りませんでした。

IMGP9949.jpg



広い休憩室で横になって姫を待ちます。

風が抜ける畳の間は涼し~い。

ミネラルウォーター500ml一気飲み。 (ビールじゃないのが寂しいですが・・・^^ゞ)

IMGP9951.jpg
                          (奥に見えるのが露天風呂の入口)


10分ほどして姫がやってきました。

少し涼んで "野の花山荘" を出ました。


ここはいずれ宿泊して混浴風呂にも入ってみたいですね。

夏よりも秋とか冬の方が雰囲気が良いのかなぁ。。。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking



最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。