fc2ブログ

2014のGW

2014年05月14日 22:48

今年のGWは前半は飛び石状態、そして後半は4連休ではありますが、
例年よりもやや小型な感じは否めず。
今年はどこに行こうか・・・
ここのところ仕事に追われる二人が真剣に考え出したのは、
前半の飛び石の休みが終わってから。
山にするか温泉のはしごにするか悩んだのですが、
姫的にはやはり大好きなあの山に行きたいようで。
結局、上高地から入山して穂高を目指す・・・という計画になりました。

さてTONOですが、冬は家で猫とマッタリした週末を過ごし、山はすっかりご無沙汰。
こんなダレ切った感じで春の雪山テント泊装備の重いザック背負って、
一気に涸沢まで上がるのはちょっと無理でしょ。

・・・で、初日は上高地に入って、横尾で幕営。
二日目は涸沢まで上がり幕営。穂高を見ながらビールでも。(^^♪
三日目は雪の状態を聞いて登れそうなら奥穂にトライ、ダメそうなら北穂へ。
ピークをピストンしてテントを畳んで、横尾か徳沢まで下りて幕営。
四日目は撤収して上高地を後にして帰るだけ。

・・・というユル~イ計画を立てたのですが、
一番晴れて欲しい3日目の天気があまりよろしくない予報。
どうしようか日和っているうちに出発の前日となりました。

その日に夕方、友人の畑に行って帰って来た姫の様子がおかしい。
「ねぇ~殿様、姫の頭に何か付いてない?」
どれどれとTONOが見ると・・・何か薄い紙のような物が頭から5㎜ほど出てる。
「最初はもっと大きかったんだけど、触っているうちに小さくなったんだよ。」
TONOがつまんで引っ張ってみるも全く取れない。
なんじゃこりゃ・・・???
そのうち「これってダニなんじゃない?」と姫。
姫は子供の頃にダニに刺され病院で切開して取ってもらった事があるそう。
ダ、ダニですか・・・
ダニならライターの火を近付けると自分から離れるって言うし、
早速実行してみますが、すでに死んでいるのかビクともしません。
無理に引っ張ってダニの頭が皮膚の中に残ってしまうと大変だし、
ここはやはり病院で切開して取ってもらった方がイイでしょ。

で、急いで近くの救急病院を受診。
局所麻酔をして無事にダニを摘出してもらいました。
取り出したダニを顕微鏡で見せてもらうと、
脚とかがギョギョギョと伸びたグロテスクな奴。
こんなんが頭の皮膚に食い付いていたのかと思うと

処置が終わって帰りしなに担当Dr.が、
「明日傷の処置がありますからまた来てくださいね。」
「えっ・・明日から山・・なんですが・・・」
「山!? ダニの脚とかが残っていると化膿したりしますからねぇ・・・」
「はぁ・・・」
「最近ダニに食われた後に高熱が出て重症化する病気が報告されているので、
 しばらくは安静にしておいた方がイイですね。」

ガ~ン・・・穂高行は中止ですか・・・
でもまぁ、天気も心配だったし今回は諦めるしかないか。
担当Dr.の「お大事に~」の声を背に失意の帰宅となりました。

と言うことで、今年のGWは苗をプランターに植えたり、(家庭菜園始めました *^^*)
テラスのウッドデッキに防腐剤を塗ったりして過ごしました。

でも山は1日だけ、日帰りで月山に登ってきました。

IMGP0101.jpg



なお姫の頭の傷は無事に治りましたよ。(^^v
月山のレポは次回簡単に。

笹谷峠からトンガリ山

2013年11月05日 08:36

2013.11.2(土)




この日は午前中で仕事を終えて、笹谷峠の下見に出かけました。
山形道を走りインターから狭く曲がりくねった山道を上ると、
鉄塔が立ち並ぶ笹谷峠に到着。

目指すは神室岳ですが、すでに時間は2時過ぎ。
ピークには拘らず行ける所まで登ってみることに。

IMGP9116.jpg




駐車場から200mほど上がると気持ちの良い稜線歩きとなりました。
すでに紅葉の見頃は過ぎて枯葉という感じでしたが、
十分に秋色の景色を楽しめました。

IMGP9137_20131105072041c20.jpg




稜線の先にはトンガリ山、山形神室が聳え、
標高1,000mちょっとの場所とは思えないアルペンムードが漂っています。

IMGP9142_20131105072402793.jpg




結局、はまぐり山、トンガリ山と越えてコルに下りた所でタイムオーバー。
神室岳登頂は次回のお楽しみとして来た道を引き返しました。
歩いてきた道の先は雁戸山~北蔵王方面。
こちらもいずれ歩きたいところ。

IMGP9168.jpg




途中で宮城側に雲が湧いてきて、
西の空に傾いた陽の光によってブロッケンが出現。
ブロッケンを見たのは久しぶりかも。

IMGP9204.jpg




稜線を離れる前に夕陽が辺りを茜色に染め上げました。
素晴らしい景色に足を止め見惚れます。

IMGP9218_20131105073143178.jpg




時刻は4時半を回り、駐車場に着く頃に陽が沈みました。
2時間半ほどの山歩きでしたが、なかなか良い所でした。
次は山形神室、仙台神室のピークを踏む事を誓い帰路につきました。

IMGP9235_2013110507333048d.jpg



 (詳細はヤマレコで公開中)

2013 月山 Vol.3

2013年08月22日 20:46

2013.8.4(日)

7:35姥沢駐車場~7:48リフト乗り場7:55~8:10リフト上駅~
8:33姥ヶ岳8:37~8:52金姥~9:18牛首~9:51鍛冶稲荷神社~
10:03月山神社元宮~10:05神泉池10:45~10:48肘折分岐~
11:23牛首~11:39牛首下分岐~12:11月山水~12:40姥沢駐車場






姥沢から月山に登頂した二人。
久しぶりの夏山の雰囲気を楽しみました。

IMGP7089.jpg




さて朝の早い時間こそ快晴の空でしたが、
天気予報通りだんだんと雲がちになってきました。
10:45 山頂を後にして下山開始しました。

IMGP7105.jpg




登りではさほど混んでいなかった登山道ですが、
この時間は上る人、下る人が入り乱れて大混雑。
さすがに人気の山です。

IMGP7109.jpg




山頂直下の急な斜面が終わると道幅も広がり
先行者をパスしながら一気に下ります。
姥ヶ岳の分岐部である牛首から雪渓に入りました。

IMGP7113.jpg




降りる横ではスキーヤーが合宿中。
スプーンカットの斜面でただ滑るのも難しそうでしたが、
来シーズンは梅雨入り前に滑ってみたいなぁ。。。

IMGP7116.jpg




最初の雪渓が終わるともう一つ雪渓を渡ります。
さて前を行くのは地元の高校生?でしたが、
転びまくりでジャージのお尻がびしょ濡れ。(^^;
でもキャーキャー言いながらとっても楽しそうでした。

IMGP7126.jpg




帰りはリフトを使わずに足で下ります。
11:39 牛首下分岐で姥沢への下山道へ進みます。

IMGP7127.jpg




木道の傍らには盛りは過ぎたもののチングルマとコイワカガミ。
前方が開けた気持ちの良い道です。

IMGP7135.jpg





高度が下がるとやがて樹林の中に突入。
樹林の中は風も動かないので途端に暑い。
途中で出てくる2ヶ所の水場で喉を潤しました。

DSCF4872.jpg IMGP7148.jpg





やがてブナの林を抜けて行きます。
丹沢辺りのブナと比べて元気が良い感じがしました。

IMGP7156.jpg




ブナ地帯を過ぎて姥沢を渡ると林道に出ました。
ここで行きに歩いた道と合流です。

IMGP7161.jpg




しばし車道を歩くと姥沢の駐車場に到着。
駐車場の車は奥のエリアまでいっぱい。
出発時と比べて倍に増えた感じでした。

IMGP7168.jpg




まだ時間も早いので、麓の志津温泉で汗を流して帰ることに。
湯船からは登った月山と五色沼を望めます。
旅館も奇麗で洒落ていてなかなかイイ風呂でした。

IMGP7174.jpg




東北の山と温泉の第一弾は月山でした。
来年は花を目当てにもう少し早い時期に登ってみたいです。
お盆休みは白馬に遠征しましたが、
秋の週末は東北の山に登ろうと思います。
どんな紅葉が見れるのか楽しみです♪


 (終わり)


2013 月山 Vol.2

2013年08月08日 21:02

2013.8.4(日)

7:35姥沢駐車場~7:48リフト乗り場7:55~8:10リフト上駅~
8:33姥ヶ岳8:37~8:52金姥~9:18牛首~9:51鍛冶稲荷神社~
10:03月山神社元宮~10:05神泉池
10:45~10:48肘折分岐~
11:23牛首~11:39牛首下分岐~12:11月山水~12:40姥沢駐車場






姥沢からリフトで上がった二人。
リフト上駅から一登りで姥ヶ岳に到着しました。

高度1,600mとは思えぬ様な高山の雰囲気にちょっと驚。
木道の傍らに咲く高山植物を愛でながら、
姥ヶ岳を後にして月山へと向かいます。
急ぐ山行ではないし、景色を楽しみユックリと歩きました。

IMGP7007-2.jpg




無名ピークの山腹を巻いてコル(金姥)へ下ります。
(無名と言っても地図の表示は1,688mで、姥ヶ岳より高いんですが・・ ^^;)

IMGP7017.jpg




コルからは上り返し。
久しぶりの山なので、けっこう堪えます。
さすがの姫もいつもよりかなりスローペース。
いつもこれぐらいユックリ歩いてくれると楽なんですけどねぇ。(^^;

IMGP7032.jpg




振り返ると歩いてきた道が緑の中に白い線となって続いています。
下ってきた道と山腹をトラバースしていく道の交点が "金姥"。
このトラバース道を辿れば "装束場" を経て "湯殿山神社" へと至ります。

DSCF4854-2.jpg




この道沿いでもたくさんの花を見ることができました。

IMGP7049.jpg IMGP7042.jpg
IMGP7041.jpg IMGP7031.jpg
IMGP7069.jpg IMGP7027.jpg
IMGP7026.jpg IMGP7024.jpg
IMGP7016.jpg IMGP7013.jpg
  1|2  1:コイワカガミ  2:アカモノ
  3|4  3:アオノツガザクラ  4:ハクサンイチゲ
  5|6  5:ダイモンジソウ  6:ヤマハハコ
  7|8  7:マルバダケブキ  8:ハクサンフウロ
  9|10  9:ウスユキソウ  10:シロシャクナゲ




で、この花・・・見たのはおそらく初めて。
名前は、う~む・・・???
花自体はエゾシオガマに似てるけど、シオガマ系なんですかねぇ・・・

IMGP7033.jpg





やがて傾斜が緩むと右手には大きな雪渓が見えてきました。
よく見ると雪渓を行く登山者が分かります。
やはり雪渓の上は涼し気でイイですね~
二人も帰りはこの雪渓を下る予定です。

IMGP7052.jpg




そしてその奥の雪渓ではスキーをしている人達の姿も。
この月山スキー場は冬は雪が多過ぎてクローズしており、
他のゲレンデが営業を終えるGW頃にオープンします。
まさに夏スキーのメッカといった感じです。
もう雪は大分消えてしまったんでしょうが、
GWの頃は広大なバーンになっているとのこと。
こういう所に来れば日本でも年間300日くらいは
雪上で滑走可能ということになるんでしょうか。
来春は是非スキー&スノーシューハイクをしてみたいところです。

IMGP7047.jpg




傾斜が緩んで少し行くと "牛首" に到着。
牛首という地名は山ではしばしば目にしますが、
二つの峰を牛の角に見立てその間の部分を指すらしい。
そういう目で遠目からの写真を見ると・・・
左に姥ヶ岳、右に月山という角二つで、牛首はまさにその間です。
つまりは鞍部(コル)という事ですかねぇ・・・?

IMGP6954-2.jpg




牛首からはまた上りになります。
さてこの日の月山は雲がかかったり、晴れたりの繰り返し。
ついさっきまで見えていた山頂があっと言う間に雲に隠れ、
またいつしかその全貌を現します。
ちょうど雲がかかった時でした。
前方で大きく法螺貝の音が鳴り響きました。
するとガスの中から白装束の人達が次から次へと現れました。
その数1人や2人ではなく50人ほどはいたでしょう。
月山・湯殿山・羽黒山の出羽三山は山岳信仰の場として、
今なお多くの修験者がいると聞きますが、その一端を見たような感じでした。

IMGP7060-2.jpg




修験者と擦れ違った後は急な登りが待っていました。
まだ見ぬ山頂を目指してひたすら急登します。

IMGP7062-2.jpg



IMGP7070.jpg

道が大きく右に曲がると
鍛冶稲荷神社がありました。
月山と銘打った刀を作る鍛冶屋・・・と、
芭蕉が奥の細道に書いた場所らしい。



鍛冶神社を過ぎると一登りで平坦地に飛び出し、
その傍らには石碑が立っていました。

IMGP7072.jpg


IMGP7072-2.jpg
近付いてよく見ると・・・
「雲の峰 いくつ崩れて 月の山 芭蕉」
お~っ、これが芭蕉の詠んだ月山の句か~

季節は夏、荒々しく発達した積乱雲。
雲に隠れその姿を見せなかった月山が、
夜になって月明かりの下、
柔和でたおやかな姿を現した。
・・・と言うような意味らしい。
積乱雲の剛と月山の柔の対比・・・
月山の女性的な山容を見ると、
この句の情景がよく分かります。





ここで多くの人が腰をおろして休憩しており、
山頂に着いたのかと思いましたが、奥に小高い場所が見えます。
とりあえずその小高い場所まで行ってみる事に。

IMGP7073.jpg





近付くと小高い場所いっぱいに立つ神社が見えてきました。
右手前の平たい建物は "月山頂上小屋"。
神社の左には鳥海山が見えています。

IMGP7076.jpg




小屋を通過して奥へ進むと石段を上り鳥居をくぐりますが、
月山神社本宮内は出羽三山内でも古来特別に神聖な場所とされていて、
お祓いを受けて身を清めないとこの先へは入ることができません。
ちなみにお祓い料は500円/人という事でしたので、
ここで山頂を踏んだという事にして引き返しました。

IMGP7082.jpg




神社の横に小さな池のある広場があったので、
岩に座ってお昼休憩にしました。
後方には緑の草原が広がり、青い空と湧き上がる白い雲。
そして水面に映る青い空。
コバイケイソウの白い花がアクセントを添えます。
この開放感・・・堪りませんな~

IMGP7086.jpg


 (続く)



    お盆休みは北アルプス遠征と考えているのですが、
    ここのところ姫の体調が芳しくなくて・・・そろそろ更年期か!?
 





2013 月山 Vol.1

2013年08月06日 14:06

8月3日の土曜日、南東北に梅雨明け宣言が出されました。
例年より9日、昨年と比べると8日遅れの梅雨明けとの事。
何度か大雨に見舞われた東北にも、ようやく夏がやってきました。

早速二人は、梅雨明け十日の山に行くことにしたのですが、
TONOは6月の富士山から8週間振り、
姫に至ってはGWの五竜岳から実に3ヶ月振りの山歩き・・・
とりあえずはリハビリ的な山から始めますか。(^^;

という事で狙ったのは、
山形県の中央部に位置する女性的な山容の山。
日本百名山にして花の百名山。

「雲の峰、いくつ崩れて、月の山」 と芭蕉が詠んだ月山です。

IMGP6954.jpg
                                   (左は姥ヶ岳、右が月山)



2013.8.4(日)

7:35姥沢駐車場~7:48リフト乗り場7:55~8:10リフト上駅~
8:33姥ヶ岳
8:37~8:52金姥~9:18牛首~9:51鍛冶稲荷神社~
10:03月山神社元宮~10:05月見ヶ原10:45~10:48肘折分岐~
11:23牛首~11:39牛首下分岐~12:11月山水~12:40姥沢駐車場





山形自動車道の終点の月山ICを下りて、
月山口から志津温泉に上がり、姥沢を目指します。
姥沢の大きな駐車場にはすでにかなりの台数。
準備をしてトイレを済ませたら出発です。

IMGP6955.jpg




案内図を見ながら、この日のルートを再確認。
行きはリフトを使って姥ヶ岳~牛首~月山と歩き、
帰りは足で下りてくる周回ルートの計画です。

IMGP6957.jpg



ここ姥沢には "姥沢小屋" という歴史のある小屋があったと聞きますが、
今年の1月に大雪と暴風で屋根が吹き飛び全壊したとの事。
この辺りの冬の厳しさは相当なものなんでしょうね。


登山口で環境美化協力金200円/人を支払い、
しばし舗装路を行くとリフト乗り場。
リフトは8時からの営業で、10分ほどの待ち合わせでした。

IMGP6966.jpg



IMGP6968.jpg

足元に咲く花を見ながら
リフトに揺られて
ノンビリといきます。



リフトの終点が近付くと左前方には、
姥ヶ岳と雪渓を行く登山者が見えてきました。
緑と青と白と・・・このコントラストは久しぶりでワクワクします。

IMGP6970.jpg




リフトを降りたらまずは姥ヶ岳へ向かいます。
木道の整備をしていたオジさんが言うには、
前日まで山は大雨だったらしい。
この日は晴れて良かった~♪

IMGP6973.jpg




青空を切り取る緑のスカイラインとコバイケイソウ。
満開のコバイケイソウが本当にキレイでした。

IMGP6979.jpg





他にも花がたくさん咲いていて目を楽しませてくれます。
さすがは花の百名山といったところです。

IMGP6988-2.jpg IMGP6983-2.jpg
IMGP6977-2.jpg IMGP6989-2.jpg
IMGP6990-2.jpg IMGP6991.jpg
  1|2  1:コバイケイソウ  2:ショウジョウバカマ
  3|4  3:チングルマ  4:ウサギギク
  5|6  5:ヨツバシオガマ  6:ニッコウキスゲ





高山植物に目を奪われながら上っていくと、
リフトから見えた雪渓が出てきました。
スプーンカット気味でちょっと滑り易いんですが、
皆が歩くところはステップ状になっているので大丈夫。

IMGP6985-2.jpg




雪渓を越えて、広々とした草地に続く木道を行きます。
渡る風が爽やかで気持ちイイです。

IMGP6994.jpg




IMGP6995.jpg

なだらかに上り詰めると
姥ヶ岳の山頂です。
ここで1,670m!?
丹沢山+100mほどの山とは
思えない様な景色です。




広い山頂部分の北西方面には雲海が広がり、
3,000m級の山にいるような錯覚を覚えました。
雲の海の切れ目からは水平線を覗き見ます。
日本海だ~~~
あの水平線は白馬から見た海と同じ海かと思うと感慨深い。。。

IMGP6996.jpg




そしてこちらは鳥海山。
この夏にはこっちも登らないと。

IMGP7000-2.jpg




さて姥ヶ岳を後にして、右前方に見える月山を目指します。
雪渓と青空と緑の絨毯。。。
夏山はやっぱりこうじゃないとね♪
爽やかな風を頬に受け、足の運びも軽やかに木道を辿ります。

IMGP7003.jpg


(続く)



    お盆休みも近付いてきました。
    来週の天気はどうでしょうねぇ・・・ 
 







最新記事


キャッシング用語