スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 残雪の谷川岳 Vol.3

2013年04月04日 06:38

2013.3.17 (日)

9:27天神平スキー場~10:22熊穴沢避難小屋~10:50天狗の溜まり場11:02~
11:22天神ザンゲ岩~11:35肩の広場~11:41トマの耳~
11:56オキの耳12:02~12:15トマの耳~12:19肩の広場~
12:57熊穴沢避難小屋~13:37天神平スキー場






天神尾根で谷川岳を目指した二人。
快晴の空の下、トマの耳を越えオキの耳に登頂しました。

DSCF4292.jpg
                        (この人、髪が伸びましたな~ ^^;)



山頂からは絶景が広がります。
万太郎山へと続く稜線、深く切れ込む万太郎谷と幾つもの沢。
夏には緑豊かなたおやかなラインを描く稜線は、
積もった雪を風が削りシャープなラインへ変身しています。

IMGP4831.jpg IMGP4830.jpg





さらに左へ視線を移すと、トマの耳には10人ほどの登山者。
厳冬期を除けばここは人が絶えない人気の頂ですね。

IMGP4833.jpg





12:02 しばし山頂からの眺望を楽しみトマの耳へ戻りましょう。

IMGP4845.jpg
                              (オキの耳からトマの耳へ向かう)




この日は春が近いことを感じさせる1日でしたが、
こんなガチガチに凍り付いた岩を見ると、まだまだ冬ですね。

DSCF4287.jpg




そして稜線の東側には大きな雪屁。
どこからが雪屁なのか・・・
近づかないに越したことはないでしょう。

IMGP4818.jpg




12:16 トマの耳を通過して肩の広場へ。
ここは天気がイイと長閑な場所です。

IMGP4858.jpg



IMGP4861.jpg

肩の広場の特徴的な指導標。
視界不良時にはこれが頼りになります。
書かれた文字が手書き風で
なかなかイイ味を出してます。

厳冬期にはモンスターに変身しますが、
春を前に海老の尻尾も控え目ですね。



広~い斜面を下ります。
こんな晴れた日は開放的で気持ちのイイ場所ですが、
以前ここでホワイトアウトしそうになった時は怖かったです。

IMGP4867.jpg




雪が落ち着いた残雪の山は、無雪期と比べるとはるかに下りやすい。
あっと言う間に天神ザンゲ岩を過ぎて、天狗の溜まり場です。
振り返ると紺碧の空に谷川の大斜面。。。
この超絶コントラストが凄いです。

IMGP4878.jpg




ターン毎に嬌声を上げて滑り降りるスノーボーダー。
さぞかし至福の時間を味わっているんでしょうねぇ。。。
この雪、この斜度なら自分もスキーで滑れそう。
う~ん、やってみたい。

IMGP4879.jpg




・・・で、姫は尻セードを始めますが、
この人、ヒップソリで谷へ落ちそうになった前科者だし、
ここも左右にズレれば落ちちゃいそうで、TONO的にはヒヤヒヤ。
でも雪が重くてほとんど滑らず、安心して見てられました。(笑)

IMGP4897.jpg




おっ! 谷間の平坦地に巨大な煙突が見えます。
関越トンネルの空気孔ですね。
この煙突の真下が関越道かと思いきや、
地図で確認すると実際は500mほど東側を通っているようです。

IMGP4900.jpg




12:57 熊穴沢避難小屋を通過します。

IMGP4903.jpg




上りで巻いた小ピーク(熊穴沢ノ頭?)ですが、
下りでは尾根通しに行ってみました。

IMGP4908.jpg




ピークの上からは先ほどのBCツアーの一団が沢沿いを下っているのが見えます。
周囲の山肌にはクラックの様なものもありますし、雪崩たら怖いですね。

IMGP4904.jpg




この小ピークからの下りが結構な急斜面で、雪がグズグズ状態。
ここで先を行く男性が足を滑らせ尻餅をつき、10mほど滑落。
巻き道との合流点で止まり事なきを得ましたが、ちょっと緊張するシーンでした。

IMGP4911.jpg




少し行くと例の急斜面のトラバース。
雪の状態によっては下りではちょっと怖いところですが、
この日何人もが歩き階段状となり、上りでは大したことありません。

IMGP4913.jpg




そしてMHWのテントが張られていた場所です。
すでに撤収されていましたが、随分狭い所に張ってたようで、
この床面積じゃキチンとは張れなかったでしょう。
あのシワシワ状態のテントの理由がわかりました。
雪洞は中を覗いて見ましたが、人が入って利用したんですかねぇ・・・
狭い所が苦手なTONO的にはとても中には入れません。(^^;

IMGP4916.jpg




ここでアウターを脱いで体温調節。
この先はアイゼンも不要なので外しました。
外すと足が軽い軽い♪  軽快に下って行きます。
アイゼンって雪山では必需品だけど、やはり足かせですよねぇ。

IMGP4922.jpg




田尻尾根の平坦部分まで来ました。
この時間も相変わらずの安定した青空。。。
眺望も悪くないし、ここで日向ぼっこも悪くないですね♪
この天気ならロープウェイを使わずに、田尻尾根を下っても良かったかな。

IMGP4929.jpg




田尻尾根を乗っ越してゲレンデの横を下ります。
出だしはけっこうな急斜面。
こういう所はヒールで雪を削るようにしながら下ると楽ですが、
足跡が無数にあって硬い所、柔らかい所が入り混じりやけに歩き難い。

IMGP4933.jpg




13:37 無事ロープウェイ駅まで下りてきました。
駅の前には数名の観光客と下山してきた人たち。
ゲレンデを滑る人影は本当に少ないですな。
トイレに寄ってゴンドラで土合口に下りました。

IMGP4934.jpg




さて今回は残雪期の谷川岳でしたが、
二人にとってこの山は多く登っている山の一つです。
無雪期は2回(天神尾根1回、西黒尾根1回)登頂。
積雪期は4回チャレンジ(全て天神尾根)して "トマの耳" 止まり。
今回は積雪期としては5回目の挑戦で、ようやく "オキの耳" まで行けました。
嬉しいと言うよりようやくノルマを果たした感がありました。(^^;

冬の谷川岳と言うと天候が不安定で豪雪地帯ですが、
3月も中旬にはいれば雪も落ち着き登りやすくなります。
この日の様に安定した晴れの1日に登れば、
雪山ならではの青と白の超絶コントラストが堪能できます。

首都圏からアクセスが良くて、ロープウェイを使って手軽に登れて、
その割りに眺望が最高で、基本的に尾根を行くので雪崩の危険も少ない、
おまけに百名山・・・とくれば人気がない方がおかしいですが、
この日の天神尾根には行列ができ、山頂には常時10人前後の登山者。
この山の人気の高さをあらためて認識することとなりました。

・・・って他人事の様に言ってますが、
そういう自分も7回行ってますから、この人気を支える一人な訳で。(^^;

谷川岳・・・四季を通じて楽しめる良い山ですが、
やはり人が多いのが玉に瑕か。(笑)


 (終わり)



   自宅の周りはもう桜が散り葉桜になりつつありますが、
   これから咲くところもあるし、しばらく桜のバナーでイケるかな。







スポンサーサイト

2013 残雪の谷川岳 Vol.2

2013年04月02日 08:33

2013.3.17 (日)

9:27天神平スキー場~10:22熊穴沢避難小屋~10:50天狗の溜まり場11:02~
11:22天神ザンゲ岩~11:35肩の広場~11:41トマの耳~11:56オキの耳
12:02~
12:15トマの耳~12:19肩の広場~12:57熊穴沢避難小屋~13:37天神平スキー場






快晴の空の下、ロープウェイで天神平スキー場へ上がった二人。
ゲレンデから天神尾根に乗り、天狗の溜まり場までやってきました。

IMGP4793.jpg
                                (振り返って見た天狗の溜まり場)




風を避けて岩陰で小休止しながら、
TONOの視線は谷川の大斜面を滑るスキーヤーに釘付け。
いや~、気持ち良さそうですよね~
こういうの見ちゃうと来シーズンこそは自分も・・って思っちゃいます。
それにしてもこの人の多さは何なんでしょう。(^^;

IMGP4791.jpg




11:02 天狗の溜まり場を後にして、先に見える天神ザンゲ岩を目指します。

IMGP4798.jpg




11:22 天神ザンゲ岩を通過します。
ザンゲ岩と言うと一般には西黒尾根の上部のものを指しますが、
天神尾根のものは天神ザンゲ岩と呼ばれています。

IMGP4803.jpg



IMGP4804.jpg


天神ザンゲ岩の標柱・・・
雪に埋もれて天と神がかろうじて。
ここも休憩適地です。





最後の急斜面を上ると斜度が緩んできました。
一時強かった風ですが、この辺りではほとんど感じません。

IMGP4806.jpg




やがて左手に肩の小屋が見えました。
今回小屋には用はないので、真っ直ぐトマの耳に向かいます。

IMGP4807.jpg




11:35 大きな指導標が立つ肩の広場。
ここはだだっ広い所で悪天候の際は道迷いに十分注意が必要です。

IMGP4809.jpg




振り返ると肩の小屋の向こうに広がる素晴らしい景色。
標高2,000mに満たない山とは思えません。

IMGP4812.jpg




トマの耳へあと少し。
大きな雪屁がせり出しているのが見えます。
山頂が近づくと再び風が強い。

IMGP4813.jpg




11:41 トマの耳(1,963m)に着きました。
幸いなことにちょうど人が疎らです。 この隙に一枚。
ちなみにトマの耳とは手前の耳が訛ったもの。
で、オキの耳は奥の耳ということで。

IMGP4815.jpg




写真を撮ったら奥の耳にも足を伸ばしましょう。
一旦手前の耳から降りて額部分を水平移動。
奥に見えるピークがオキの耳です。

IMGP4819.jpg




途中に岩場が露出しています。
ここは左を巻くか稜線通しに行くかのどちらか。
姫はここで緩んだ靴紐を締め直していましたが、
さすがにこの稜線上は風が強くて寒いです。
この隙にTONOはアウターの下に保温着を一枚重ねました。

IMGP4822.jpg




先を行くスキーヤー達はオキの耳を巻いて、
その先の稜線に向かって行きました。
いったいどこからドロップするんでしょう。

IMGP4821.jpg




岩場を巻いてオキの耳に向かい最後の登り。
止まっている間に数人のグループにパスされました。
山頂にも何人かの人影が見えます。

IMGP4823.jpg




11:56 ついにオキの耳。。。
ここが谷川岳の真のピーク。(1,977m)
積雪期にこのピークを踏んだのは初めて。
5度目のチャレンジでようやくここまで来ました。
思い起こせば、1回目は天神ザンゲ岩で時間切れ、
2回目はトマの耳まで、3回目はホワイトアウトで肩の広場まで、
4回目は吹雪で天狗の溜まり場までも届かず・・・
そして今回が5回目、感慨深いものがあります。
(それぞれの記事は下の関連記事からご覧下さいませ)

IMGP4826.jpg
                            (谷川岳山頂 オキの耳)



   4月に入りましたが、TONOはいまだ花粉症。
   鼻は出るわ目は痒いわで薬が手放せません。







2013 残雪の谷川岳 Vol.1

2013年03月31日 08:17

2013.3.17(日)

9:27天神平スキー場~10:22熊穴沢避難小屋~10:50天狗の溜まり場11:02~
11:22天神ザンゲ岩~11:35肩の広場~11:41トマの耳~11:56オキの耳12:02~
12:15トマの耳~12:19肩の広場~12:57熊穴沢避難小屋~13:37天神平スキー場





この日は全国的に快晴の一日で、まさに絶好の山日和。
姫からのリクエストはロープウェイを使って手軽に登れる山。
ロープウェイで登れる所となると・・・
千畳敷から木曽駒、八方尾根で唐松岳、天神尾根で谷川岳、
丸沼高原から日光白根山、富士見パノラマスキー場から入笠山、
新穂高温泉から西穂独標・・などが候補に挙がりますが・・・
日帰りなのでアプローチに時間がかかる所はパスして、
今回は久しぶりに "谷川岳" に登ってみることにしました。


5時頃に自宅を出発。
関越道は途中ちょっと渋滞していましたが、
8時過ぎには水上ICを降りました。
ICからは雲一つない青空に真っ白い双耳峰がクッキリ。

IMGP4745.jpg
                           (中央の双耳峰が谷川岳)




ICからの道には全く雪はありません。
最後のスノーシェッドの辺りがやや凍結しているぐらい。
15分ほどで谷川岳ベースプラザに着きました。
立体駐車場に車を停めて、準備をして切符売場に向かいます。
登山者もポツポツ見かけますが、圧倒的にボーダーが多いです。

IMGP4748.jpg



連絡通路を通って乗り場へ。
今回は雪の状態がどんな感じなのかわからなかったので、
アイゼン、ピッケル、ワカン、ストックと持ちました。
ワカンは要らないかな・・とも思ったのですが、
軽くて嵩張らないし念のため携行しました。

IMGP4749.jpg




ゴンドラに乗り込み15分ほどで天神平スキー場に到着。
外に出ると真っ青な空に真っ白いゲレンデ。
白いキャンバスに何本ものシュプールが刻まれています。
これを見た姫が「姫・・スキーが良かったなぁ・・・」
聞かなかった事にしてサッサと準備をします。(^^;

IMGP4754.jpg




9:27 さて行きますか。
正面には白い双耳峰・・・左がトマの耳、そして右がオキの耳。
このまま天気がもてば二つの耳とも踏めそうです。

IMGP4752.jpg




ゲレンデの外に付けられたトレースを辿り登ります。
踏め固められたトレースは階段状になっており、
ワカンもアイゼンも要りません。

IMGP4756.jpg




この急斜面を登れば平坦な場所に出ます。
所々踏み抜くとズボッといくので要注意。

IMGP4758.jpg




平坦な所でちょっと休憩。
陽射しが強くて風がないので暑いくらい。
そしてここから天神尾根を見て驚いた!
エッ! 人が列を成して登ってるじゃありませんか!
ここまでそんなに人は多くないかな・・・なんて思ってましたが、
二人は完全な出遅れ組だと悟りました。
あれだけの人が登ればトレースも固まる訳だわ。
このスキー場ってゲレンデより、BCの方が多いんじゃないの!?(^^;

IMGP4759.jpg
                     (黄色い矢印(↓)付近の黒い点々は全て登ってる人です)



さて小休止した場所は田尻尾根上の平坦地(田尻尾根の頭付近)で、
左に登れば天神尾根を経てゲレンデトップの天神峠になりますが、
ここから斜面を巻く様に直進します。

IMGP4762.jpg




ほどなく天神尾根に乗り、右手にトマの耳を見て進みます。
この辺りは斜面に雪洞が掘ってありました。

IMGP4767.jpg




少し行くとテント発見! この目立つ色はMHWですね~
ここは正面に谷川岳を望むイイ場所です。
トマの耳から右手に西黒尾根が伸びているのが見えます。
この時期に西黒尾根にテントを張って登ってみたいなぁ。

IMGP4768.jpg




テントの前には雪洞と言うかイグルーと言うか、
雪のモニュメントと言うか・・・のツインタワー。
雪が落ち着いて固まり易くなってますし、こんなの造ったら楽しそう~♪

IMGP4769.jpg




さてこの先は天神尾根で唯一滑落の危険がある場所です。
距離は短いんですが厭らしい下りのトラバース。
ここは何らかの滑り止めがないとちょっと怖い。
手前でアイゼンを付けて慎重に通過しました。

IMGP4772.jpg





急斜面のトラバースが終わるとプチ・ピークが出てきます。
尾根通しにピークへ上がるトレースもありましたが、
最後の10mくらいがけっこう急です。

IMGP4774.jpg




ここは右に巻くトレースを辿りました。

IMGP4776.jpg




トラバースが終わり尾根に復帰。
10:22 なだらかに尾根上を進むと熊穴沢避難小屋です。
この時期は小屋自体は雪の下で積雪計測用の鉄柱だけが目印。
今年は雪が多いと思っていましたが、
柱がこれだけ出ているのでそんなに多くはないですね。
この平坦地にもテントが張ってありました。
ここも幕営適地かも知れませんがちょっと風が強いかな・・・

IMGP4779.jpg




避難小屋はそのまま通過します。
それにしても陽射しが暖かい。
寒がりな姫でさえウターは脱いだままで、グローブも外してます。

IMGP4784.jpg




ここから急斜面になり青空に向かって登り詰めます。

IMGP4786.jpg




高度が上がると風が強くなってきました。
10:50 天狗の溜まり場の岩陰で風を避けてしばし休憩。
アウターを着込み、グローブも着けました。
パンを食べてペットボトルの水をゴクゴク。
もうペットボトルが凍らない季節になったんだなぁ。

IMGP4790.jpg




木々たちも白い魔法が解けかかっていますが、
下山してくる人の話では、朝早い時間にはもっと真っ白だったようです。

IMGP4796.jpg


 (続く)



   昨日はこれまでの暖かさから一転寒~い一日。
   今日は雨になりそうだし休養日かな。






2009 冬の谷川岳 (敗退) 

2012年02月09日 06:54

2009.1.24(土) 

3年前に冬の谷川岳に挑戦した時の過去記事です。
この時はブログをやってなかったので、
写真をほとんど撮っておらず、超簡単なレポです。(笑)



関越道が渋滞し、予定より大分遅れて水上ICを下りました。

この日は曇りか雪か・・・決して良い予報ではなかったのですが、
谷川岳ロープウェイ土合口駅に着く頃には、時おり青空も見えるような天気。



ところが駐車場はガラガラで人影はまばら。

聞けば強風のためリフトは全て運休とか。
幸いロープウェイは動いていたので、早速 "天神平" まで上がってみました。


リフト運休のためゲレンデには人っ子一人いません。
見渡す限り誰もいないゲレンデって初めて。

P1040920.jpg




スノーシューを装着して ゲレンデの端から "天神尾根" へ。
光と影、強風に舞う雪煙・・・青と白の微妙なグラデーション。
実に美しい世界です。。。

IMGP0105.jpg




リフトが運休になるだけあって、稜線に出ると一気に風を受けます。
雪は強風で飛ばされるのか、足元はほとんど沈みません。

IMGP0115.jpg





"熊穴沢避難小屋" は雪の下に埋もれています。
ここでちょっとお昼休憩。
時折突風が吹き付け、手に持ったモノが吹き飛ばされそうになります。

P1040927.jpg





距離は短いものの厭らしい急斜面のトラバースを通過し、尾根を辿ります。
前方には先行する登山者が一人。
"天狗の留まり場" でこの登山者に追いつきました。
ツボ足で登ってきたものの、この先雪が深いので引き返すとのこと。

IMGP0118.jpg





天狗の留まり場でちょっと休んで、白銀の大斜面に向けて歩を進めます。
ザンゲ岩まで登りますが、出発時間が遅かったためタイムオーバー。
今回は登頂をあきらめ、そのまま引き返しました。

P1040952.jpg




下山途中で、登ってくる二人組と擦れ違いました。
この時間から登るとは・・・肩の小屋(冬季は無人)泊まりでしょうか。


順調に天神尾根を下り、ロープウェイで下山しました。


 (終わり)


えっ! これで終わり!? ・・・的な超簡単レポでした。(^^;
登頂した時のレポは関連記事↓↓↓から辿って下さいませ。


人気ブログランキングへ ← ポチっと一押しお願いします。

2009 赤城山 Vol.4 不動大滝

2011年12月08日 07:07

2009.11.28(土)

自宅~~大同駐車場~駒ケ岳登山口~駒ケ岳~大たるみ~黒檜山~
黒檜山登山口~赤城神社~大同駐車場~~覚満淵~小沼~
前不動駐車場~不動大滝~前不動駐車場
~赤城温泉





14:35 小沼プチ散策を終えて、"不動大滝" 付近へナビをセット。

赤城‐大胡線の九十九折りの坂道を下りて行きます。

"大沼" 周辺から "赤城温泉" までは、この道と使うとすぐですが、

大きな道を使うとかなり遠回りになります。

かなり細い箇所があったり、急なカーブが連続する険しい道な割に、

けっこうな交通量があるのはそのせいでしょうか。


でもこの道、冬場は通行止めになるみたいです。

確かにあの道で雪があったら命懸けでしょう。(^^;

この日、道路情報に積雪注意の表示がありましたが、

結局どこにも積雪はありませんでした。




さて "赤城温泉" への入口を見送り、"忠治温泉" を過ぎて左折。 (あの "国定忠治" の "忠治" です。)

"滝沢温泉" を通過して林道を進んでいきます。

この "滝沢温泉" も "日本秘湯を守る会" の会員宿のようです。

機会があったら訪問してみたいところです。




どんどん山の中に入っていくと左手に "滝沢不動尊・大滝" の案内が。

右手の駐車場には、5~6台の車が止まっていました。

IMGP5856.jpg IMGP5857.jpg



IMGP5858.jpg
15:25 車を停めて、案内板の前です。

大滝までは片道45分。往復では90分。

戻ってきたら17時か・・・





日が短いし急がないと真っ暗だよね。

慌てて山道の中に入っていきます。

坂を下り、階段を下りずんずん進みます。


滝見所

  "滝見所" がありました。

  ここから "不動大滝" が見えるらしい。




大滝遠景

遠くに小さく滝が確認できます。 ( ̄ー ̄;

あそこまで行って、明るい内に戻って来れる!?





IMGP5859.jpg


  15:32 忠治見張り岩



IMGP5860.jpg
大人2人が入れる大きさです。

ここで追っ手が来るか

見張っていたのでしょうか。




15:37 "滝沢不動尊" に着きました。

IMGP5862.jpg




IMGP5879.jpg門をくぐると正面に本堂。

予想したよりも小さな本堂です。

岸壁の窪みに建てられており、

岩に抱かれたような状態ですね。 (‥:




案内


  案内に従い石段を下ります。



沢沿いの道
沢に降り立ちました。

ペンキマークを追って、

沢沿いを遡ります。




大滝への案内
  15:40 少し行くとまた案内板が。

  先を急いでいたためよく確認せず、

  「この先に大滝と忠治岩屋があるな~」ぐらいに。




IMGP5867.jpg
沢にかかる一本橋を渡りました。

本来の順路は渡らず右だったのですが・・・

姫を追って橋を渡ってしまいました。(*^^*)




急ぐ  こんな所で日が落ちたら・・と思うと、

  自然と足早になります。

  踏み跡が薄い所では不安になりますが、

  所々に 「大滝→」 の道標があってホッとします。




途中には、梯子で岩を乗り越える場所もあったりして、

「観光ついでにちょっと滝でも見に行く・・」 と言う感じではありません。





15:50 "不動大滝" が見えてきました。

あれ!? "忠治の岩屋" は、どこ・・・?

それに "第二の見張り場" っていうのもなかったし・・・

(↑ それは、順路を間違えてるから ^^;)



不動大滝
滝の高さは32m。

近くにはしめ縄が張られています。

滝行でもするんでしょうか・・・? 

  
水量はさほど多くありませんが、

落ち口がジャンプ台のようにカーブしていて、

水が弧を描いて落ちていきます。




この滝は厳冬期には完全に凍りつき、巨大な氷柱と化すようです。

にわかには信じがたい感がありますが、その姿を是非見てみたいところです。



戻る
  さて時間が押してますし、

  そうゆっくりはしていられません。

  15:56 さっさと戻らねば。




戻る途中、左手の崖の中腹に岩屋らしきものが。

あれが "忠治の岩屋" か~

寄りたいのはやまやまですが、もう時刻は4時・・・タイムリミットです。

残念ですが "忠治の岩屋" はまたの機会に。




延命猿16:18 湧水が出ている場所です。

"延命水" の標柱が立ってました。

猿の手から水が零れ落ちています。

う~む・・何故に猿・・・ ( ̄ー ̄?




夕暮れの駐車場
  16:23 なんとか暗くなる前に戻って来れました。
  
  夕暮れ迫る駐車場には、ポツンと1台だけ。

  この後は、宿泊地の "赤城温泉" へ向かいました。
  



伝説の痕跡を期待した "赤城山" でしたが、残念ながら何も発見できませんでした。

でも、季節を変えてまた訪れてみたい場所だと思いました。

順路を間違えて見れなかった "忠治の岩屋" も残ってるしね。(笑)


 (終わり・・・温泉編はあっちのブログで公開中♥)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。