fc2ブログ

2011 燕岳 Vol.2 テント設営

2011年06月18日 22:29

2011.6.11 (土)

二人にとって、初のテント山行。

天気の回復を信じて、雨の "合戦尾根" を登り詰めました。



IMG_7159.jpg
"燕山荘" でテントの受付。

幕営料は500円/人。 2人で1,000円。

小屋泊まりに比べると、

感動的にリーズナブル。





姫の希望で、夕食は小屋で食べることにしたので、受付時に同時に申し込みます。

で夕食代は・・・えっ! 2,700円/人・・・   

高っ~!  驚愕の高額プライス。 



まっ、山の上ですからねぇ・・・  輸送費やら何やらかかってるんでしょうけど・・・

それにしても高いです。  o( ̄ー ̄;)ゞううむ

せいぜい1,500円くらいかと思ってました・・・

でもそれが嫌なら自分で作れ!って話ですよね。 




締めて二人で6,400円を払い、"テント場の手形" と "夕食券" を受取ります。

小屋に宿泊すれば、9,500円/人 × 2人 = 19,000円 ですから、

それと比べれば 約1/3、 △12,600円が浮きます。


昨年二人で山小屋に宿泊したのは7回・・・

"夕食は小屋で" というテント泊スタイルだとしても、

2シーズンあればテント用品一式の元は取れるってもんです。 




さて、テントの設営です。

夏は大混雑する燕のテント場ですが、さすがにこの時期はガラガラです。

先人が均した窪地を利用させてもらいました。

稜線の西側は風が吹き付けていましたが、テント場のある東側はそよ風程度。

でも風が強くなる可能性もあるし、テント高は低めにしときますか・・・

IMG_7163.jpg




テント山行自体が初めての二人にとって、

雪の上に設営するのは当然初めての経験です。



先人の均した場所ですが、広さが不足していたので、

まずは雪面を可能な限り平らに踏み固めます。

スコップがあれば簡単なのになぁ・・・



ある程度の広さの平らな面を作ったら、グランドシートを敷いて、

その上にインナーテントを広げます。

ペグを普通に刺したんでは、効かないであろう事は予想がつきましたが、

インナーはペグで固定して、中にポールを立ち上げます。

シッカリとは張れませんが、とりあえず居住空間は確保できました。




問題はアウター(フライ)です。

これはシッカリ張らないとマズイよねぇ~


・・・ 良いもの見~つけた♪

ストックが4本あるじゃないですか~!!



まずはストックのバスケットを外して・・・と、

1本の棒と化したストックを、ペグのかわりに雪面に石で叩き込みます。

お~っ! 非常に強固な固定ができるじゃないですか~


五角形テントの四隅はこの方法で固定して、

残りの1ヶ所は、横にしたペグを雪に埋込み上に石を載せました。

これで完璧。 台風でも来ない限り大丈夫でしょ。 

IMG_7168.jpg



更にテント内の気密性を高めるために、

5辺を細引きと石を使って、可能な限り雪面ギリギリに固定しました。



テントの中には、家にあったエマージェンシーシートを2枚重ねて敷いて、

その上にそれぞれのインフレータブルマットを載せ、シェラフを置きます。

何だかんだと、30分ほどかかって設営完了。 


中は二人で使うには余裕の広さ。 荷物を置いても空間が残りすぎ。

何か広すぎて薄ら寒いかも。 (^^;



とりあえず何とかテントも張って、これで一夜を明かせそうです。

寝不足だし、さすがにちょっと疲れたなぁ・・・

しばし、シェラフにくるまって横になりますか。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語