fc2ブログ

2011 燕岳 Vol.3 燕岳山頂へ

2011年06月20日 21:56

2011.6.11 (土)

合戦尾根を登り燕山荘に着いた二人。

まだ雪残るテン場にサーカステントを設営しました。




テントの中でシェラフにくるまり横になっていると、登山者の声。

「お~っ、晴れてきた~!」

気付けばテント内は明るい光に満ちています。

陽射しを浴びたテントの中は、ポカポカ暖かくなってきました。




IMG_7169.jpg
テントを出て稜線に立つと、

ガスは急速にその濃度を薄め、

所々青空も覗いています♪






西側には裏銀座の峰々でしょうか・・・

雲の切れ間から、残雪の山肌が白黒模様を浮かび上がらせます。

IMG_7170.jpg




急いでテントに戻り、すでに熟睡体制に入った姫を揺り起こします。

15:33 身軽な格好で "燕岳" へ向かいます。

IMG_7173_20110617084826.jpg




そして、ついに "燕岳" がその頂きを現しました。

IMG_7177.jpg



白い砂、ハイマツの緑、残雪・・・そして花崗岩の奇岩。

何時見ても綺麗な山ですが、この時期は特にコントラストが素晴らしい。

これで青空なら言うことなしなんですが・・・


そして夏になれば、この稜線にはコマクサが咲き乱れます♪

この山が "百名山" でないのが不思議なくらいです。

(・・・と言うか、ごく最近まで "百名山" だと思ってました ^^:)





IMG_7191.jpg
写真を撮ったり景色を眺めながら、

25分ほどで花崗岩の頂きです。

15:57 山頂の石碑とともに一枚。





山頂からは裏銀座の峰々が見え隠れしています。

10分ほど太陽とガスの攻防を見ていましたが、この日は太陽の完全勝利はなし。(笑)



白砂の稜線歩きを楽しみながら戻ります。

IMG_7200.jpg



雷鳥の出現を期待したんですが、今回は遭遇なし。

悪天候の使者だけに、天気が回復している時は出てこないのかなぁ・・・




おっ、"眼鏡岩" です。

何度も来てるのに "眼鏡岩" をそれと認識したのは今回が初めてかも。 (^^ゞ

IMG_7203.jpg




姫が眼鏡を通して見たのは、赤い屋根の "燕山荘"。

IMG_7202.jpg





そしてついに・・・ キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

ガスの中から、"槍ヶ岳" がその穂先を見せました。

IMG_7212_20110617085044.jpg



今年はいつあの穂先に立てるかなぁ・・・

槍沢、飛騨沢、それとも東鎌、はたまた西鎌・・・ 夏の計画に心踊ります。 




"大天井" に向かうたおやかな稜線。。。

徐々にその形を変える大槍と小槍が楽しめる魅惑の縦走路。。。

また歩いてみたいなぁ・・・♪

IMG_7213.jpg






IMG_7215.jpg

お~っ! イルカ君また逢えたね ♥

今回は姫とツーショットで。




IMG_7216.jpg

  16:43 テントに戻ってきました。

  18時の夕食までまだ時間があるし、

  小屋でビールでも飲みますか。 



 (続く)


 ☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語