スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 唐松岳 Vol.4

2011年07月30日 09:41

2011.7.17 (日)

"八方尾根" を辿り、"唐松岳" に登頂した二人です。

小屋まで下りて、まったりとお昼にしました。


・・・

・・・


さてここで、丸山~唐松岳で見られた花をご紹介します。



IMG_7588.jpg
チングルマ(稚児車)

高山植物としてはメジャーですね。

群落してると目を奪われます。




こちらもチングルマ。 花が終わった後の "果穂" です。

花もイイけど、風に揺れる "果穂" もイイです。

そして紅葉の時期も真っ赤に染まってイイんですよね~

"稚児車" の名は、 "果穂" の形が稚児の持つ風車に似てることから付いてます。

IMG_7595.jpg
                       (帰ってから見たらピンボケでした




IMGP0744.jpg
ツガザクラ(栂桜)

その葉がツガに似ていて、

花が桜色ということですね。




IMGP0735-2.jpg

  下から覗き込むと、

  また表情が違います。





IMGP0732.jpg
アオノツガザクラ(青の栂桜)

やはり葉がツガに似てて、

花は青というかクリーム色です。




IMGP0733.jpg
  ミネズオウ(嶺蘇芳)

  "蘇芳" とはイチイの事。

  葉がイチイに似てるらしいが・・・




IMGP0737.jpg
タテヤマリンドウ(立山竜胆)

草の中に淡青紫色の花。。。

可愛らしい花です。




IMGP0739.jpg
  アカモノ(赤物)

  まだ花が開ききってないです。

  花が終わると真赤な実を付けます。





IMGP0743.jpg
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)

切れ込みのある

大きな円形の葉が特徴。






IMGP0752.jpg


  イワツメクサ(岩爪草)





IMGP0753.jpg


イワカガミ(岩鏡)




IMGP0754.jpg


  ゴゼンタチバナ(御前橘)




IMGP0748.jpg

シナノキンバイ(信濃金梅)

ひときわ大きく立派な花です。







ハクサンイチゲ(白山一華)

好きな花なので、大きな写真で。 (^^;

IMGP0746.jpg





ミヤマクワガタ(深山鍬形)

IMGP0751.jpg




ミヤマクワガタミヤマクワガタ 

この名前にトキメク男子は多いんじゃないでしょうか。

TONOも子供の頃、憧れの昆虫でした。 (*^^*)

・・・今でもトキメいちゃいます。(笑)





実に萼片が付く様子が兜の鍬形に似てるんだそうな。

ミヤマクワガタは生える地域によって色が異なるらしい。

先日 "北岳" で見たのは、もっと色が濃かった気がします。






IMG_7627.jpgクマモスミレ(雲間菫)

黄花駒爪と似てますが、

葉が厚くて光沢があります。

山頂への稜線上に咲いてました。





最後は、やはり女王様・・・コマクサ(駒草)で。

馬(駒)の顔に似てるところから付いた名前です。

確かにこの花って "馬面" ですよね。(笑)

IMG_7629.jpg






IMG_7634.jpg

11:32 さて、下りますか。




IMG_7635.jpg

  急速にガスに巻かれてきました。

  雲の中に突入したようです。




IMG_7640.jpg
"八方池" は見えてきたけど・・・

周りは人の数が尋常じゃないです。( ゚ ▽ ゚ ;

"白馬三山" はガスガスだし・・・通過!




IMG_7641.jpg

  八方池があの状態じゃあ、

  あとはひたすら下るのみ。





IMG_7643.jpg
雲行きも怪しいし、

超特急で下りたいところなんですが、

観光客、登山者入り乱れて大混雑。





IMG_7645.jpg
  13:20 グラードクワッドは長蛇の列!!

  ガ~ン・・・ 

  どうやら団体が一気に列に並んだらしい。



混んでるので係員が4人乗車をお願いしてるのに、

全く無視して2人で乗る人、中には1人で乗る人とかいて、

これじゃ混むわけだよな~ 



一時は黒い雲が広がって、ポツポツきそうな感じだったけど、

下に降りてきたら明るくなってきて一安心。




IMGP0758.jpg
行きには気付かなかったんですが、

"黒菱平" の "鎌池" では、

ワタスゲの綿毛も見られました。





IMG_7646.jpg
  14:00 ゴンドラに乗って一気に下界へ。
  
  上はあんなに涼しかったのに、

  下はメチャクチャ暑~!!




 
車を回収して、"第二郷の湯" で汗を流して帰りました。

・・・って言うか、風呂上がりはまた汗かいちゃうんですけどね。 (^^;



帰路は中央道で事故があり、大月の先で大渋滞。

ナビの到着予想時間は何と翌日!

河口湖線に入り、須走~246~小田原厚木道路~湘南バイパスで帰宅。

21時前には着けました。



今回は久しぶりに 夏山! って感じを満喫できて良かった♪

また行きたいけど、白馬って・・・ヤッパ遠いんだよね~

 

 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト

2011 唐松岳 Vol.3

2011年07月28日 20:34

2011.7.17 (日)

八方尾根で "唐松岳" を目指した二人。

梅雨明けした連休ということもあって、登山者がいっぱい。

所々渋滞する登山道を "丸山" までやってきました。



9:10 小休止の後に、再び歩き始めます。

雲の上に出たのか、いつしか青空の下に "唐松岳" が見えています。

IMG_7593.jpg




稜線の南側を巻くように上っていきます。

昨年の残雪期は、稜線通しに進んだのを思い出します。(→こちら

IMG_7596.jpg




短い雪渓のトラバースが終わると、小屋はもうすぐです。

P1010691.jpg





9:58 主稜線に飛び出しました。

目の前には、"剱・立山" の絶景が広がります。

IMG_7605.jpg




雲がかかる前に、"剱" にズーム。

IMG_7606.jpg



そして左手にはドッシリと "五竜岳"。

IMG_7613.jpg




ここからすぐ右に小屋が建っています。

"唐松岳頂上山荘" の前は多くの登山者で賑わっていました。

IMG_7608-2.jpg




10:07 ザックをデポして "唐松岳" に向かいます。

IMG_7611.jpg




"唐松岳" に向かう登山道の傍らにコマクサが。。。

数は多くないのですが、何やらオーラを放ってました。

さすが高山植物の女王様です。(笑)

IMG_7612.jpg




ガレた斜面を15分ほど登ると山頂が見えてきました。

山頂にも沢山の人がいます。

IMG_7617.jpg




10:23 唐松岳(2,696m)の頂です。

IMG_7618.jpg





頂上から "唐松沢" 方向。

IMG_7620.jpg




"白馬岳" 方面。

IMG_7621.jpg





唐松岳頂上山荘が、稜線直下に建ってることがわかります。

IMG_7623.jpg




10:30 ひと通り眺望を楽しんで、混雑した山頂を後にしました。

IMG_7616.jpg
                          (唐松岳の斜面に咲くチングルマ)





小屋に戻る途中から、テント場を観察してみました。

IMG_7625.jpg


小屋直下の斜面に段々畑の様にテン場があります。

写真に写っていない下の方までテントが張ってありました。

小屋までの直線距離は近いですが、下の方に張ると往復はけっこう大変そう。

ただ場所を選べばプライベート感を満喫できそうです。

下は石混じりの硬そうな地面ですかねぇ。


この時間から続々とテント泊らしい登山者が登ってきてましたが、

全員ちゃんとテントを張るスペースがあったんでしょうか・・・

テント場は早いもん勝ちですし、やはり早く着かないとダメなんだろうなぁ。





IMG_7630.jpg
小屋に戻って、お昼にしました。

小屋の前は大混雑してたので、

テン場の方に少し降りた所に陣取ります。




IMG_7631.jpg
  目の前は "剱立山" の絶景。

  周りには誰もいないし、

  なかなかイイ席でした。





IMG_7633.jpg
TONO的にはこれに目が釘付けでしたが→

まだ下山があるし、運転も残ってるので

ここは我慢、我慢。

                                         (目の毒です 笑)

 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事

2011 唐松岳 Vol.2

2011年07月27日 06:58

2011.7.17 (日)

"白馬三山" を映す "八方池" ・・・

二人の記憶に鮮やかに残るあの夏の思い出。。。

HDDの破損と共に、その画像のほとんどを失い、残ったのは色褪せたこの1枚。

201004302156336db-2.jpg
                      (TONOの枕元に飾られてる一枚です *^^*)


あの感動をもう一度・・・

そんな思いを胸に、八方尾根で "唐松岳" を目指した二人。

"白馬八方" に前泊して翌朝を迎えました。




5:00 姫のケータイのアラームが鳴ります。

・・・眠い・・起きられない・・・

何度目かのスヌーズの後に、ようやく布団から抜け出しました。

カーテンを開けると、曇りがちだけど青空も見えています。



姫を起こして、山の服装に着替え、コンビニのサンドイッチで朝食。

宿を後にゴンドラ乗り場に向かいます。

スキーで利用したことのある駐車場へ車を駐めました。








6:24 ゴンドラ乗り場に到着。

始発はとっくに出てるし、観光客が活動を開始する時間には早いし、

中途半端な時間帯のせいか、調子抜けするほど空いてました。

IMG_7543.jpg




IMG_7547.jpg
6:31 ほとんど待つことなく

ゴンドラに乗り込みます。

前方の雲が気になりますが、

徐々に晴れてくる予報。





6:38 "兎平" に降り立ちました。

ここから更に、2本のリフトを乗り継いで標高を稼ぎます。

IMG_7548.jpg





IMG_7556.jpg
1本目のリフトを降りると "黒菱平"

木道の敷かれた "鎌池" では、

ニッコウキスゲがお出迎え。





ここまで上がってくるだけで、空気が爽やか。 

当たり前ですが、積雪期~残雪期とは全く様相が異なりますな~

IMG_7554.jpg
                           (前方の双耳峰は "鹿島槍ヶ岳")





さて2本目のリフト、グラードクワッドからは、かろうじて "五竜岳" は見えていますが、

これから向かう肝心の "八方尾根" は完全に雲の中です。

IMG_7558.jpg





IMG_7559.jpg
6:57 リフト終点は、標高1,830m

"八方池山荘" が建っています。

ここには綺麗なトイレがあります。






7:07 さて、前方のガスへ向かって歩き始めます。

IMG_7562-2.jpg




7:26 第2ケルン(2,005m)

ちなみに第1ケルンは、"八方池山荘" の所にあります。

IMG_7564.jpg




ケルンからちょっと歩くとトイレを通過します。

残雪期に来た時はだだっ広い尾根で、ガスると方向を誤りそうな所でした。

IMG_7565.jpg




IMG_7566.jpg

それにしても、人が多過ぎ!

人、人、人、人、人・・・・・ ( ̄ー ̄;






IMG_7567.jpg

  7:40 "人面ケルン" を通過。

  そしてここにも偽オグリ。(笑)






7:49 "八方池" が見えてきました。

IMG_7570.jpg



・・・が、"白馬三山" は今ひとつスッキリ見えません。

ここが今回の一番の目的だったんですが・・・

う~む・・・これは帰りに期待して・・・とりあえず通過。

IMG_7571-2.jpg




ここで、八方池山荘~丸山 の登山道で見かけた花々を、まとめてご紹介します。



IMGP0698.jpg

タカネイブキボウフウ(高嶺伊吹防風)

ツボミは赤紫色ですが、

花が開くと白くなります。




IMGP0697.jpg
  オニユリ(鬼百合)

  どこで見ても、
  
  ケバい色ですよね~ ( ̄ー ̄;




IMG_7563.jpg
これは・・・???

セリ科の植物は難しいですなぁ。

調べるのも面倒。 (^^;




IMGP0756_20110726175709.jpg
  ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)

  ミネウスユキソウの変種で、

  八方だけの固有種らしい。





IMGP0699.jpg




ヨツバシオガマ (四葉塩竃)





IMGP0731.jpg
  ツマトリソウ

  妻と理想!? 妻取り草!?

  いえいえ端取草です。 (笑)

(ピンクに縁どられる花弁から命名されたらしいが・・・)



IMG_7573.jpg

ちょっとピンボケですが、

イブキジャコウソウ
(伊吹麝香草)





タカネバラ (高嶺薔薇)

IMGP0701.jpg




IMGP0703.jpg


イワシモツケ (岩下野)





IMGP0704-2.jpg

  キバナノカワラマツバ
  (黄花の河原松葉)




IMGP0716.jpg

ミヤマムラサキ (深山紫)

"忘れな草" にソックリな花です。








チシマギキョウ (千島桔梗)

横向きに花を付け、細かな毛があります。

IMGP0705.jpg




IMGP0709.jpg
シロバナニガナ (白花苦菜)

普通は黄色い苦菜ですが、

その白花タイプです。





IMGP0711.jpg

  タテヤマウツボグサ
  (立山靫草)





IMGP0712.jpg

ミヤマアズマギク
(深山東菊)






IMGP0714.jpg
  ムシトリスミレ(虫取菫)

  岩陰で発見しました!

  スミレに似てますが、食虫植物です。






IMGP0717.jpg

カラマツソウ(唐松草)





IMGP0718-2.jpg



  ハクサンチドリ (白山千鳥)





IMGP0721.jpg


キジムシロ (雉筵)





"上の樺" の辺りだったか・・・シラネアオイ(白根葵) が咲いてました。

「これを見るために登ってきた」 と言う人もいましたよ。

IMG_7576.jpg




IMGP0725_20110726155504.jpg
オオサクラソウ (大桜草)

ハクサンコザクラ似ですが、

よく見ると違いますね。




IMGP0727.jpg


  ショウジョウバカマ
  (猩々袴)




IMG_7575.jpg

コバイケイソウ
(小梅惠草)




IMG_7638.jpg

  ウラジオヨウラク
  (裏白瓔珞)




IMGP0757.jpg

タカネナデシコ(高嶺撫子)

サッカーで大活躍でした。(笑)





キヌガサソウ (衣笠草)

雪渓の手前の樹林帯の中で咲いてました。

IMG_7637.jpg





そして、そろそろ役者が出てきました。

チングルマ (稚児車)と、奥にイワカガミ(岩鏡)のピンクが見えます。

IMGP0730-2.jpg





途中何箇所か雪渓が出てきますが、雪は柔らかいですし、

ステップも切ってあるので、軽アイゼンなどは必要ありません。

IMG_7578.jpg



IMG_7585.jpg


小雪渓を過ぎて、短い急斜面を登り切ると、

開けた場所に飛び出します。

ケルンの立つ "丸山" です。




8:58 ここでちょっと休憩しましょう。

目の前には、ガスの合間から "白馬三山" が見え隠れします。

IMG_7583.jpg
                               (ガスが切れないかな~)


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事

2011 唐松岳 Vol.1

2011年07月26日 20:16

2011.7.16 (土)

この日はTONOも姫も仕事でした。

仕事を終えて帰宅後、TONOは前泊する宿を探して、部屋を確保。 

山の準備をしながら、姫の帰りを待ちます。




18:30 自宅を出発。 向かうは "白馬八方"。


18:41 湘南バイパスからは、淡い茜色の空に富士のシルエット。

IMG_7535-2.jpg




18:50 相模川を渡る頃には暖色系のグラデーション。

富士が日常の風景として溶け込んでいます。

ちょっと電柱が邪魔ではありますが、キレイ。。。

IMG_7536-2.jpg




この日は東名高速~御殿場~東富士五湖道路~中央道のルート。

19:27 東名高速で日が暮れてきました。

IMG_7537.jpg





20:02 東富士五湖道路からは、山小屋の灯りと、登山者のヘッドライト。

最盛期、遅い時間には、この光が一本の線となって連なります。

IMG_7541.jpg




中央道に入り、ノンストップで白馬を目指します。

豊科I.Cを下りて、オリンピック道路を疾走。




22:50 白馬の宿にチェックイン。

素泊まり3,400円/人を前払い。



翌朝のゴンドラの始発時間を確認すると、何と5:30とのこと。

8:00だとばかり思っていたので、ちょっと嬉しい。

風呂に入って、ビールを飲んですっかりマッタリモード。




IMG_7542.jpg
00:43 いつしか姫は爆睡中。

ヤバっ! こんな時間!

慌ててTONOも就寝です。




 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事

速報! 北岳 もとい 間ノ岳

2011年07月25日 23:42

7月22日(金)に出張から帰ったTONOですが、その週末は待望の連休でした。

で、姫も連休とくれば・・・ここは山でしょ~!!

台風6号も去ったとこだし、台風一過の快晴を期待したんですが・・・

IMG_7653.jpg





目指したピークは、南アルプスは "北岳"。

・・・でしたが、諸事情により "間ノ岳" のみ踏んでの下山となりました。

IMG_7746.jpg
                                (間ノ岳への稜線を行く)





実は、"北岳" は過去に一度ピークを踏んでます。

右股コースで "肩の小屋" 泊まり、翌日 "北岳" だったと思います。

その時は快晴で、甲斐駒、千丈、鳳凰三山・・・

周りの山々が手に取るようにクッキリ見えたのを覚えています。

残念ながら、写真はハードディスクの破損と共に消失してしまいましたが・・・





7月23日(土)、夜が明ける前に自宅を出て、"芦安" から乗合タクシーで "広河原" へ。

"大樺沢" に沿って上り、左俣コースで "八本歯ノコル" へ急登。

IMG_7682.jpg
                               (左俣コースに残る雪渓)




梯子地獄をこなし、巻道で "北岳山荘" へ向かいます。

今回は縦走用に購入したニューテントのデビューでした。

IMG_7719.jpg
                    (二人で使うのに必要かつ十分な広さでした)





翌7月24日(日)は快晴の予報でしたが、これが大外れ。

早い時間は青空が覗いて、晴れそうな感じだったんですけどねぇ・・・

IMG_7731.jpg
                                   (テン場の夜明け)




結局、"北岳" は初日にちょっと見えただけで、あとはズ~ッとガスの中。

ピークを踏まずに下山しました。

IMG_7748.jpg
                                (ブロッケンの妖怪現る)




いや~、それにしても神奈川から行くと南アルプスは近いです。

先週の "唐松岳" とかと比べると、感覚的にはほぼ半分ですな。

まあ地図を見れば、白馬ってちょっと行くと日本海ですもんね。

で、TONOの住んでるところは、湘南海岸まで歩いても行ける場所ですから・・・ (^^;




今回で、"広河原" は意外とアクセスが良い事も分かったし、

いずれまた登るチャンスはあるでしょう。

P1010751.jpg



 (いずれ、本編へ)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。