fc2ブログ

2009 霧ヶ峰 Vol.1

2011年07月07日 20:19

この年の6月中旬、"奥鬼怒温泉" に行った帰りに、

日光は "霧降高原" で見たニッコウキスゲ。。。

IMGP2472.jpg



その黄色い大振りな花の群落を見ようと "霧ケ峰" に行った時の記録です。

結果的には、まだ時期が早くてほとんど咲いていなかったのですが、

"八島湿原" ~ "車山" のトレッキングを楽しんできました。










2009.7.5 (日)

中央道で諏訪ICを目指します。

さて、大月JCTの手前で、右手に見えてきた山肌が禿げたこの山

TENEさんのブログで紹介されてた「岩殿山」です。

IMGP2492.jpg




ナビで確認すると、位置的にも間違いない。

TONOが初めてこの山の事を認識した瞬間です。(笑)

IMGP2495.jpg




それにしても、この禿げた垂直の斜面のどこに登るルートがあるんでしょう・・・ (・・;

機会を見つけて行ってみたいですね。 岩殿山

IMGP2493.jpg




8:25 諏訪ICを降りて、20号線に入ります。

IMGP2500.jpg




標識に従い "霧ケ峰" 方向へ右折。

ちょうど "宮坂醸造" の角でした。

P1050583.jpg




40号線で "霧ケ峰" へ向かいます。

IMGP2503.jpg




9:00 "八島高原" の無料駐車場には、まだ駐車スペースが残っていました。

IMGP2504.jpg




車を駐め、準備をして、トイレを済ませます。

IMGP2505.jpg




9:11 歩行者用トンネルでビーナスラインの下をくぐり、さあ出発です。

IMGP2506.jpg




トンネルをくぐり左手に進むと、広場がありました。

IMGP2508.jpg
                 (島の数が多いことから七島八島と言われているようです)





広場からは、"八島湿原" を一望。

湿原の周囲には木道が敷かれ、1周することができます。

IMGP2509.jpg




"八島湿原"は、"尾瀬ヶ原" には及ばないものの、

日本第2位の面積を誇る高層湿原で、12,000年もの歴史があります。

泥炭層(低気温地域で植物の遺骸が十分分解されずに堆積したもの)は8mに達し,

今でも1mm/年ずつ堆積して、静かに成長を続けているそうです。 ( ̄。 ̄)ホ~ォ




この日は雲が多かったですが、日差しが覗き、雨は大丈夫そう。

そしてここは、標高1,630mの高地。

暑くもなく寒くもない、快適なハイキング日和です♪




9:24 広場から木段を下りていきます。

P1050521.jpg
             (左に行く予定だったのに何故か右へ行ってしまいました ^^;)





整備された木道の上を、花を見ながら進みます。

IMGP2511.jpg




様々な花や虫などを観察できました。

IMGP2648.jpg
                                   (バイカウツギ)



IMGP2515.jpg 
                        (グンナイフウロ)


IMGP2517.jpg
                       (オオヤマオダマキ)



IMGP2523.jpg
                         (ウマノアシガタ)


IMGP2529.jpg
                          (マムシグサ)


IMGP2533.jpg
                                    (アマドコロ)


IMGP2546.jpg
                                 (コバイケイソウ)


IMGP2536.jpg
                                     (アヤメ)


IMGP2561.jpg
                                 (ハクサンフウロ)



中でも、コバイケイソウとレンゲツツジ、グンナイフウロはたくさん咲いてました。

IMGP2532.jpg
              (湿原を白く彩るコバイケイソウ。奥に見えるのは "ゼブラ山")




"御射山" の分岐で予定の進路へ修正。

IMGP2537.jpg




湿原を回る形で、"鎌ガ池" 方面へ向かいます。

ここからは木道が切れ、何か懐かしさを感じる道になります。

IMGP2540.jpg


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語