fc2ブログ

2009 霧ヶ峰 Vol.2

2011年07月09日 06:43

2009.7.5 (日) 

ニッコウキスゲを見ようと、"霧ケ峰" を目指した二人。

花に彩られた "八島湿原" を回り、"御射山" 分岐までやってきました。

ここからは木道を離れ、懐かしさを感じる道に入ります。




途中で、珍しいものを見つけました。

オオミノガの幼虫、通称 "ミノムシ" です。

IMGP2549.jpg



昔はいたるところで見かけましたが、最近は見る機会が激減しました。

オオミノガに寄生する外来種 「オオミノガヤドリバエ」 の増加が原因のようです。

このままでは、いずれ "ミノムシ" を見れなくなってしまいそうです。




反面、多く見かけたのがこの白いゾウムシ

IMGP2626.jpg
                                 (ヒメシロコブゾウムシ)

「ゾウムシ」という名前の割に、けっこう動きが素早くて、

写真を撮ろうと近づくと、サッと葉の陰に隠れてしまいます。

スターウォーズにこんなの出てきたような。 (^^;




お次はこちら。

木の葉に白い泡状のものがたくさん付着していました。

IMGP2548.jpg


カエルの卵ですかねぇ・・・???


→ この時は何だかわからなかったんですが、

  後にオニキス君さんが教えてくれました!

  本文の最後に追記させて頂きました。




10:21 そうこうしているうちに、"奥霧小屋" の分岐に到着です。

IMGP2552.jpg




ここで右方向、"物見岩" へ向かいます。

この辺りはちょうど駐車場の反対側です。

IMGP2554.jpg
                         (姫が指差す方向に駐車場があります)




10:21 "奥霧小屋" を通過します。

ここから "物見岩" までの道は、変化に富んでいます。



熊笹を分け、

IMGP2555.jpg



小川を渡り、

IMGP2556.jpg



林を抜けて、

P1050526.jpg



草原のなだらかな斜面を登ります。

P1050529-2.jpg
                         (奥に見える赤い屋根の所が駐車場) 




10:58 "物見岩" に到着。

ここからは湿原の全貌を見てとれます。

IMGP2568.jpg




TONOが休憩していると、姫が "物見岩" に登ってました。 (・・;

IMGP2571.jpg





ここでちょっと早いですが、昼食にしましょう。

"ビンズイ" ??? ・・・しきりにさえずってました。

IMGP2574.jpg
                  (・・・ちょっとうるさい ^^;)





11:25 "蝶々深山" へ向けて出発。

草原の中に道が伸びています。

遠くには車山の気象観測レーダーが確認できます。

IMGP2577.jpg





"蝶々深山" へ向かうなだらかな斜面。。。

IMGP2579.jpg
                                


「霧ケ~峰~」・・・エアコンの名前にもなっているだけあって、

実に爽やかで気持の良い所です。





11:45 "蝶々深山"(1,836m) に到着。

標識がなければそれと気付かず通過しそうな、ダダっ広いピークです。

IMGP2582.jpg




この一帯は、レンゲツツジが満開で見事でした。

IMGP2583.jpg
                             




"車山湿原" まで来ると、再び木道となります。

車山のレーダーが大分近づいてきました。

IMGP2584.jpg




12:03 "車山乗越"(1,815m) を通過します。

IMGP2589.jpg




"車山" の山頂はもう少し。

山頂へはスキー場のリフトで上がれるため、多くの観光客がいます。

IMGP2591.jpg




振り返ると "白樺湖" を確認できます。 その奥が "蓼科山"。 (山頂は雲の中)

IMGP2593.jpg




この辺りのニッコウキスゲは、まだほとんど咲いていません。

IMGP2594.jpg




12:21 山頂(1,925m) に到着。

IMGP2596.jpg




晴れていれば、素晴らしい眺望なんだろうな~

IMGP2597.jpg


(続く)




-追記 ①-

この日「霧ケ峰ロゲイン2009」と称し、オリエンテーリング大会が開催されており、

ゼッケンを着けた多くの選手を見ました。

IMGP2553.jpg



制限時間は3時間で、チーム戦(チーム構成員は1人でも可)です。

霧ヶ峰高原全体に、30個程度のコントロールが設置されていて、

それぞれのコントロール毎に得点が決まっています。

制限時間内に、より高い得点を得たチームが優勝です。



左上が白、右下がオレンジ色の三角柱状になった旗がコントロール。

その上に載っているオレンジ色の物が、電子パンチ。

IMGP2520.jpg
                                (八島湿原のコントロール)

IMGP2605.jpg
                              (車山にもあったコントロール)



このコントロールは行く先々で見かけました。

皆さん、かなりの広範囲を走り回っていたようですね。

お疲れ様です。





-追記 ②-

本文中に出てきた、白い泡々↓↓↓の正体が判明しました

IMGP2548.jpg



「アワフキムシ」という虫の幼虫が作ったもののようです。

こやつは、自分の排泄物に繊維性蛋白質を混ぜて、

お腹を屈伸させることで泡立てて、それを分泌するらしい。

この泡の中には幼虫が隠れていて

時期が来ると外に出て、脱皮して成虫になるようです。


オニキス君さんが、アワフキムシの載ってるサイト(→こちら)を紹介してくれました。

これでスッキリしました~ 感謝です。



あと残るは・・・ "日光白根山" は弥陀ヶ池の "謎の平べったい生物" か・・・

とりあえずもう一回見に行かないとなぁ・・・

次は丸沼高原のキャンプとセットか。



☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語