fc2ブログ

BOSCOオートキャンプベース Vol.2

2011年07月13日 20:46

梅雨明けした丹沢へキャンプにやってきた二人。



IMG_7455.jpgバーベキューでお腹いっぱい!

ビールもワインも空いちゃいました。

恒例の火遊びもしたし(笑)、

そろそろ寝ますか。





テントに入って、姫はシェラフにくるまります。

TONOは前回同様、シェラフカバーにインナーシーツ。



さて今回は、前回までの眠れない夜を踏まえて、

サーマレスト "リッジレスト" を購入して持って行きました。



RidgeRestSOLite.jpg

    今年度モデルのリッジレストには、

    アルミ蒸着加工を施してあって、

    重量不変で暖かさがアップしたらしい。




それにしても、リッジレストのサイズ構成は不可思議です。

スモールが122cm、レギュラーは183cm、ラージは196cm

・・・ "S" と "R" の間はどうした? って感じ。 (笑)



姫は "S" でも良いとして、TONO的には "S" は小さいけど "R" は長過ぎ。

その中間150cmぐらいのが欲しいところ。

大は小を兼ねるで、"R" なら伸び伸び快適なんですが、

ただでさえ嵩張るリッジレスト・・・

"R" を丸めた時の嵩張り方が半端じゃない。



あとは "R" を切るか、"S" にするか・・・

ショップでしばし考えたあと、結局 "S" を買いました。

でも今考えると、やっぱり "R" を切れば良かったかなぁ・・・と。 ( ̄ー ̄;



とりあえず、リッジレスト + モンベルのU.L.コンフォートシステムパッド なら、

下からの断熱、クッション性ともに必要かつ十分なはず。 




実際、上に寝転がってみると・・・

お~っ、身体が地面に付く感触は皆無ですなぁ。

これなら、安眠できそうな・・・ヨ・カ・ン  


そして、心安らかに幸せな眠りにつこうと思った矢先のことでした。



 「あっ!! ヒルかも!」

 「・・・え~っ! どこ?」

 「ここ!」


IMG_7490.jpg
LEDランタンを姫の指す方に向けると、

血が流れてるじゃないですか!! 

カットバンを貼りますが、

アッと言う間に血に染まります。

                                     (写真は翌朝撮ったものです)



 「何となくヌルッとしたから、手で払ったらどっかに行っちゃった」

 「それは間違いなくヒルでしょ! 探さないと!!」

 「うん、でも痛くも痒くもないよ」

 「奴らは痛くないように、麻酔薬みたいなのを注入して、

  更に血を固まりにくくするモノも注入してから血を吸うらしいよ」

 「そうなの~!?」

 「だから刺されても痛くないし、吸われると血が止まらなくなるんだよね」

 「どっから侵入したんだろう?」

 「バーベキューしてる時に、姫の足に付いてたのかも・・・」

 「そうか・・サンダル履いてたから・・・」



二人で手分けしてテントの中のヒルを探しますが、どうしても見つかりません。

このまま寝たら、みすみす、奴に血を吸われまくりか!? 

しつこく探すTONOですが、姫は眠くてどうでもイイ様子。


 「もうイイんじゃない。 姫の血を十分吸ったから、お腹いっぱいで吸わないよ」
 
 「そうかなぁ・・・」

 「うん、そうだよ。 どっちみち刺されても死ぬことはないでしょ」

 「まあ・・そうだけど・・・」

 「じゃあ、姫寝るから」

 「・・・・・」 




とりあえず、TONOもランタンを消して眠ろうとしますが、

ヒルがどこかに付いてるのを想像すると、気が気じゃありません。

何しろ痛くも痒くもないんじゃ、吸われても分からない訳で・・・

腕をチェック、足をチェック、首筋をチェック・・・

よし、大丈夫・・・今のとこ付いてないな。



IMG_7508.jpg
・・って言うか、

テントの中にヒルがいる状況って・・・

どうなの~!! 

                                     (翌朝、撤収時に発見したヒル)



こうして、またTONOの眠れない夜が始まったのでした。

今回こそは眠れると思ったのに・・・ 



 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語