fc2ブログ

2011 唐松岳 Vol.2

2011年07月27日 06:58

2011.7.17 (日)

"白馬三山" を映す "八方池" ・・・

二人の記憶に鮮やかに残るあの夏の思い出。。。

HDDの破損と共に、その画像のほとんどを失い、残ったのは色褪せたこの1枚。

201004302156336db-2.jpg
                      (TONOの枕元に飾られてる一枚です *^^*)


あの感動をもう一度・・・

そんな思いを胸に、八方尾根で "唐松岳" を目指した二人。

"白馬八方" に前泊して翌朝を迎えました。




5:00 姫のケータイのアラームが鳴ります。

・・・眠い・・起きられない・・・

何度目かのスヌーズの後に、ようやく布団から抜け出しました。

カーテンを開けると、曇りがちだけど青空も見えています。



姫を起こして、山の服装に着替え、コンビニのサンドイッチで朝食。

宿を後にゴンドラ乗り場に向かいます。

スキーで利用したことのある駐車場へ車を駐めました。








6:24 ゴンドラ乗り場に到着。

始発はとっくに出てるし、観光客が活動を開始する時間には早いし、

中途半端な時間帯のせいか、調子抜けするほど空いてました。

IMG_7543.jpg




IMG_7547.jpg
6:31 ほとんど待つことなく

ゴンドラに乗り込みます。

前方の雲が気になりますが、

徐々に晴れてくる予報。





6:38 "兎平" に降り立ちました。

ここから更に、2本のリフトを乗り継いで標高を稼ぎます。

IMG_7548.jpg





IMG_7556.jpg
1本目のリフトを降りると "黒菱平"

木道の敷かれた "鎌池" では、

ニッコウキスゲがお出迎え。





ここまで上がってくるだけで、空気が爽やか。 

当たり前ですが、積雪期~残雪期とは全く様相が異なりますな~

IMG_7554.jpg
                           (前方の双耳峰は "鹿島槍ヶ岳")





さて2本目のリフト、グラードクワッドからは、かろうじて "五竜岳" は見えていますが、

これから向かう肝心の "八方尾根" は完全に雲の中です。

IMG_7558.jpg





IMG_7559.jpg
6:57 リフト終点は、標高1,830m

"八方池山荘" が建っています。

ここには綺麗なトイレがあります。






7:07 さて、前方のガスへ向かって歩き始めます。

IMG_7562-2.jpg




7:26 第2ケルン(2,005m)

ちなみに第1ケルンは、"八方池山荘" の所にあります。

IMG_7564.jpg




ケルンからちょっと歩くとトイレを通過します。

残雪期に来た時はだだっ広い尾根で、ガスると方向を誤りそうな所でした。

IMG_7565.jpg




IMG_7566.jpg

それにしても、人が多過ぎ!

人、人、人、人、人・・・・・ ( ̄ー ̄;






IMG_7567.jpg

  7:40 "人面ケルン" を通過。

  そしてここにも偽オグリ。(笑)






7:49 "八方池" が見えてきました。

IMG_7570.jpg



・・・が、"白馬三山" は今ひとつスッキリ見えません。

ここが今回の一番の目的だったんですが・・・

う~む・・・これは帰りに期待して・・・とりあえず通過。

IMG_7571-2.jpg




ここで、八方池山荘~丸山 の登山道で見かけた花々を、まとめてご紹介します。



IMGP0698.jpg

タカネイブキボウフウ(高嶺伊吹防風)

ツボミは赤紫色ですが、

花が開くと白くなります。




IMGP0697.jpg
  オニユリ(鬼百合)

  どこで見ても、
  
  ケバい色ですよね~ ( ̄ー ̄;




IMG_7563.jpg
これは・・・???

セリ科の植物は難しいですなぁ。

調べるのも面倒。 (^^;




IMGP0756_20110726175709.jpg
  ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)

  ミネウスユキソウの変種で、

  八方だけの固有種らしい。





IMGP0699.jpg




ヨツバシオガマ (四葉塩竃)





IMGP0731.jpg
  ツマトリソウ

  妻と理想!? 妻取り草!?

  いえいえ端取草です。 (笑)

(ピンクに縁どられる花弁から命名されたらしいが・・・)



IMG_7573.jpg

ちょっとピンボケですが、

イブキジャコウソウ
(伊吹麝香草)





タカネバラ (高嶺薔薇)

IMGP0701.jpg




IMGP0703.jpg


イワシモツケ (岩下野)





IMGP0704-2.jpg

  キバナノカワラマツバ
  (黄花の河原松葉)




IMGP0716.jpg

ミヤマムラサキ (深山紫)

"忘れな草" にソックリな花です。








チシマギキョウ (千島桔梗)

横向きに花を付け、細かな毛があります。

IMGP0705.jpg




IMGP0709.jpg
シロバナニガナ (白花苦菜)

普通は黄色い苦菜ですが、

その白花タイプです。





IMGP0711.jpg

  タテヤマウツボグサ
  (立山靫草)





IMGP0712.jpg

ミヤマアズマギク
(深山東菊)






IMGP0714.jpg
  ムシトリスミレ(虫取菫)

  岩陰で発見しました!

  スミレに似てますが、食虫植物です。






IMGP0717.jpg

カラマツソウ(唐松草)





IMGP0718-2.jpg



  ハクサンチドリ (白山千鳥)





IMGP0721.jpg


キジムシロ (雉筵)





"上の樺" の辺りだったか・・・シラネアオイ(白根葵) が咲いてました。

「これを見るために登ってきた」 と言う人もいましたよ。

IMG_7576.jpg




IMGP0725_20110726155504.jpg
オオサクラソウ (大桜草)

ハクサンコザクラ似ですが、

よく見ると違いますね。




IMGP0727.jpg


  ショウジョウバカマ
  (猩々袴)




IMG_7575.jpg

コバイケイソウ
(小梅惠草)




IMG_7638.jpg

  ウラジオヨウラク
  (裏白瓔珞)




IMGP0757.jpg

タカネナデシコ(高嶺撫子)

サッカーで大活躍でした。(笑)





キヌガサソウ (衣笠草)

雪渓の手前の樹林帯の中で咲いてました。

IMG_7637.jpg





そして、そろそろ役者が出てきました。

チングルマ (稚児車)と、奥にイワカガミ(岩鏡)のピンクが見えます。

IMGP0730-2.jpg





途中何箇所か雪渓が出てきますが、雪は柔らかいですし、

ステップも切ってあるので、軽アイゼンなどは必要ありません。

IMG_7578.jpg



IMG_7585.jpg


小雪渓を過ぎて、短い急斜面を登り切ると、

開けた場所に飛び出します。

ケルンの立つ "丸山" です。




8:58 ここでちょっと休憩しましょう。

目の前には、ガスの合間から "白馬三山" が見え隠れします。

IMG_7583.jpg
                               (ガスが切れないかな~)


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト





最新記事


キャッシング用語