スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 剱岳 Vol.8 ヘロヘロの下山

2010年09月29日 14:30

2009.9.24(木)  剱岳 3日目 「剣山荘~室堂」


13:34 メインザックを背負い、再出発します。

IMGP4738.jpg



お昼を食べている間に、また青空が広がってました。

"剱沢小屋" へ向けて歩きます。

P1060044.jpg



赤く色付いたナナカマドが、ちょうど見頃を迎えていました。

P1060045.jpg



"前剱"、"剱"、そして "源次郎尾根"。

P1060046.jpg



13:58 "剱沢小屋" を通過。

小屋の手前から "剱岳" の雄姿。

IMGP4739.jpg



14:14 まだ "剱沢キャンプ場" を過ぎたばかりなのに、

TONOはもうバテバテのフラフラ。 (*_*)

さすがに2日連続の剱は堪えました。

P1060049.jpg


そしてここから "別山乗越" までは、ひたすら上りになります。 (>_<)

体力的にここが、この日一番きついポイントでした。



15:04 やっと "別山乗越" だ。

IMGP4745.jpg
                                   ("剱御前小屋" の前)

さあ、あとは下るだけだ~!

(この認識が間違っていたことは、この時は知る由もない ^^;)



"雷鳥坂" からは、立山の紅葉が広がります。

IMGP4756.jpg



綺麗ですね~。

ガスに覆われ、青空が見えないのが残念ですが、

まあ合格でしょう。(^^♪

P1060055.jpg



見事な紅葉に思わず足を止めます。

IMGP4759.jpg



16:14 "浄土川" に架かる1本橋を渡ります。

IMGP4761.jpg



16:25 "雷鳥沢キャンプ場" を通過中に通り雨。

雨具を着込み、ザックカバーを付けます。

IMGP4763.jpg


左前方には、"雷鳥沢ヒュッテ" が見えてきました。

TONOはこの時点で、もう到着した気分になってました。

しかし5分後・・・

これが大間違いであることを、

身をもって気付かされることになります。



なんかこの道・・・・上ってない・・・? (・"・;

姫にかなり後れを取りながら、何とか足を進めます。

P1060056.jpg



あっ、オトギリソウ(弟切草)だ。

写真を撮るふりをして、ちょっと休憩。 (^^ゞ

IMGP4765.jpg



16:37 "雷鳥沢ヒュッテ" を通り過ぎると右手には池糖が散在し、

その向こうに "地獄谷" が見えてきます

IMGP4768.jpg



噴煙が立ち込める "地獄谷" です。

P1060059.jpg


硫化水素の臭いが強烈! ( ̄▽ ̄;)

この辛いときに息も止められないし、まさに地獄だ~!



「この先ガスが濃くなっておりますので、すみやかに通り抜けてください。」

IMGP4770.jpg


って・・・それは無理

もう疲れきってますから、速やかには通り抜けられましぇん。 (+_+)

しかも上りだし・・・



そして本当の地獄はここからだった・・・

見よ、この延々と続く石段を

IMGP4774.jpg


目指す "みくりが池温泉" は・・・左上に見えます。

( ̄▽ ̄;)!! ガーン

マジすか・・・

行きに通った時は下りだったし、

疲れてなかったから全く気にならなかったけど、

これって地獄の石段だ~ (T_T)



最後の力を振り絞って1歩1歩進みます。

もう前は見ず、ひたす石段を上ります。


・・・

・・・


そして、とうとうその時はやってきました。 ・・って大袈裟ヾ(・・;)ォィォィ

17:07 "みくりが池温泉" に到着です。

やっと着いた~ (-。- )

IMGP4776.jpg



入口には 「日本秘湯を守る会」 の提灯が、ぶら下がってました。

IMGP4777.jpg



この日、宿は満室で混んでいました。

二人は夫婦・カップル用の相部屋です。

そして何と、二段ベッドならぬ三段ベッドの一番上でした。

ほとんど屋根裏部屋状態です。

IMGP4781.jpg


でもこの空間を、プライベート感覚で使うことができました。 (^_^)v

ただここに上がるのが、けっこう大変。 (・・;

ザックを背負ったまま、梯子で二段目に上がり、

そこからさらに梯子で上に行きます。

酔ってたり、寝ぼけたりして、落ちた人はいないんだろうか・・・?



荷物を整理して落ち着いてから、風呂へ行ってみました。

IMGP4778.jpg


男女別に内湯があります。

「雲上の温泉」・・・ここは標高2,410mの日本最高所の温泉です。

ちなみに露天風呂の最高所は、

八ヶ岳の本沢温泉(標高2,100m)ということになっています。(過去記事は→こちら


風呂は多くの人が入っており、とても写真を撮れる状態ではありませんでした。

宿のホームページ(→こちら)でご覧下さい。

浴槽は2つあり、小さい方がやや熱め。

大きい方は適温でした。

硫黄臭のする白濁したお湯です。

山歩きの疲れを癒してくれる良いお湯でした~ (*^。^*)



夕飯は食堂で。

刺身が出てビックリしたけど、

よく考えれば "富山湾" が近いんですよね。

IMGP4782.jpg



夕食後に外に出ると、満点の星空が広がっていました。

しばし星空を眺めた後、部屋に戻り早めに就寝。

三段ベッドの最上段は、何か暑くて寝苦しかったけど、

いつの間に眠りに落ちました。


 (アルペンルートを観光 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Zep400 | URL | -

    いい景色!!!

    山の絵がきれいですね~

    こちらは もう雪が顔を覗かせており…
    やっと忙しさを切り抜けましたが、今期は今からじゃ遅すぎで~晩秋初冬に数山やっよかな。

    高所の湯浴みは 気圧の変化でどんな感じか気になるところです。それと、グイっのビールの喉越しも…

    では 新ブログからヨロシクです(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    おはようございます
    これは昨年の記事なんですが、
    同じ時期で比較すると今年は紅葉が遅れているようです。
    大雪山ではすでに雪が降ったようですね。
    札幌温泉人さんのブログで見ました。
    さすが北海道って感じです。
    Zepさんは異動があったりで今年は大変でしたね。
    完全に雪に閉ざされる前に三段紅葉を探しに出かけては?(^^)
    この時は高所の湯浴みでしたが、気圧の変化は全く感じませんでした。
    普通に風呂に入ってました。(^^ゞ
    この時は群発頭痛の発作期がやっと終わったところで、
    ビールを飲まなかったんだと思います。
    飲んでる画像が一枚もないので。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/102-4fe6bf7c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。