スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 剱岳 Vol.9 アルペンルートを観光♪

2010年09月30日 14:38

2009.9.25(金)  剱岳 4日目 「室堂~扇沢」


今日も快晴です。

6:50 朝食の前に外に出てみました。

宿のすぐ傍に、 "みくりが池" があります。

IMGP4785.jpg
(雄山3,003m)                   (浄土山2,831m)


"みくりが池" は水深15m、周囲630mの火山湖。

風が無く静かな水面に、立山三山を映し出しています。

紺とも黒ともつかない深い水の色。

う~ん、実に神秘的な美しさですね。



6:56 "大汝山" の陰から、ようやく太陽が顔を出しました。

IMGP4786.jpg


まるで雪が積もったかのように、山肌が白く輝きだします。

まだ雪の残る初夏なんかも、綺麗なんだろうな~♪



宿の建つ高台から、昨日の地獄の階段を見てみました。

IMGP4791.jpg


階段が入りきらず、パノラマモードで撮影。

ところがパノラマで撮ったら、手前が湾曲してしまいました。(^^ゞ

右端に "地獄谷" の噴煙が見えます。


おっ! 階段の中ごろに、登山者を確認できますね。

昨日の最後の登りを思い出します・・・

辛そうだな~



7:10 朝食はバイキングでした。

"赤岳展望荘" でのトラウマがフラッシュバックしますが、

今度は確かにバイキングでした。(笑)

バラエティに富んだ朝食に大満足。


朝食後、部屋に戻り、ザックのパッキング。

8:10 チェックアウトして、 "室堂ターミナル" へ向かいます。



先ほどと比べると "みくりが池" はその水の色を変え、

さざ波一つない水面は、鏡の如く "浄土山" を映し出していました。

IMGP4794.jpg



振り返れば、 "別山乗越" の左に、 "剱岳" がその頂を覗かせています。

立山三山とは一線を画する、岸壁に守られた黒い岩の頂です。

IMGP4797.jpg




ハイマツの中の遊歩道を進むと、小ぶりな池の畔に出ました。

"みどりが池" という名前が付いていました。

ここも綺麗な池で、透明感のあるその水面はやはり鏡のようでした。

P1060062.jpg




チングルマの果穂が、朝の光を浴びてキラキラ輝いています。

IMGP4799.jpg


素敵な秋色の風景ですね~(^^♪

でも秋の装いを見せる時期は短い。

この2週間後、北アルプスでは初冠雪を見ました。

ここ "室堂" 一帯も例にもれず、白銀の世界となったようです。



"ホテル立山" が見えてきました。

このホテルに隣接して "室堂ターミナル" があります。

IMGP4800.jpg




ターミナルへ降りる前に、 "立山玉殿の湧水" (たてやま-たまどの-の-ゆうすい)へ。

"点の記" にも出てくる "玉殿岩屋" が、この名前の由来だろうか?

IMGP4803.jpg


この湧水は、立山の主峰 "雄山" の直下から噴出したものとのこと。

冷たくて軟らかい口当たり。

美味しい水ですね~(^^♪



姫はペットボトル3本に詰めて持ち帰り。

IMGP4804.jpg


この日はガラガラでしたが、シーズン中の休日などは、

水を詰める人の列ができるほどの賑わいのようです。



8:44 閑散としたターミナルからバスに乗り込みます。

IMGP4805.jpg


乗客は数人だけ。

行きの喧騒が嘘のようです。



トローリーバスに揺られて10分。

8:55 着いた先は "大観峰"

展望台に上がると、紅葉に彩られた岩壁が迫ります。

IMGP4808.jpg



そして、その岩峰からなだらかに続く大斜面が "タンボ平"。

IMGP4812.jpg



眼下には、その "タンボ平" と "黒部湖" を見下ろします。

IMGP4807.jpg
           (赤沢岳2,678m)          (針ノ木岳2,821m)



9:10 ロープウェイの窓から見る "タンボ平"

P1060065.jpg
                                (浮かぶ雲がいい感じ~)


まだ紅葉には時期が早いようです。

でもここが真っ赤に色付いたら見事だろうな~♪



9:17 "黒部平" に到着


9:30 10分ほどで、ケーブルカーに乗り継ぎ。

IMGP4819.jpg



9:35 "黒部湖" 着

"黒部ダム駅" に向かい、ゆっくり歩きます。



うあ~っ! ダムの放水は迫力ありますね~ (゚◇゚)

上から見ると、目も眩む様な高さです。 (ノ゚ο゚)ノ

IMGP4821.jpg



ダムの中心部にきました。

IMGP4827.jpg
                      (後方に見えるのは大タテガビン2,075m)



それにしても、平日ってビックリするほど空いてるんですね~(⌒▽⌒;)

IMGP4828.jpg



思いっきり観光客になって、展望広場行ってみることに。

よりダムに近い、新展望広場へ向かいます。

IMGP4830.jpg




ダム放水の水しぶきに虹が架かっています。 ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ

IMGP4832.jpg


しばし、ダム~黒部渓谷の景色を堪能し、展望広場を後にしました。

来年は "下ノ廊下" を歩いてみたいな。。。



お土産を物色中、トローリーバス発車5分前のアナウンスを聞き、

慌ててバスの乗り場へと向かいます。

IMGP4837.jpg


それにしても・・・何で誰もいないんだろう (・・?

この通路、風の通り道のようで、冷たい風が吹きぬけます。

温度計の針は10℃を指していましたが、体感的にはもっと寒いです。 )゚0゚(



10:35 トローリーバスに乗り込みます。

IMGP4838.jpg



10:49 扇沢に到着

途中黒部ダムで50分ほど観光しても、室堂から2時間です。

行きの5時間はやはり異常ですね。



ここでトローリーバスを観察。

IMGP4840.jpg


上の架線から電気を得て、走っています。

見た目はバス以外の何物でもないのですが、

法令上は無軌条電車として、鉄道に分類されています。

現在日本では、ここ立山黒部アルペンルートでしか運行されていません。



電気は、黒部ダムの水力発電によるものです。

CO2排出のない環境に優しいバスなんですね~(^o^)丿

排気ガスが出ないため、トンネルの中の走行でも換気装置は不要です。



扇沢の駐車場は、入口側のみ埋まってましたが、

通路に駐めてあったのはTONOの車のみ。 (^^ゞ

IMGP4841.jpg


靴を履き替え、車に乗り込み、近くの温泉で一風呂浴びて帰りました。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    懐かしいなぁ~(^^)

    TONOさん おはようございます。

    剱岳 2009 シリーズ・・ メチャクチャ懐かしいです。
    急勾配の坂(崖?)を登ったり・・ 
    綺麗な景色を見させて頂いたり・・
    そんな光景を目にして、凄いなぁ~って、感心していたですね。
    そして、映画なんて普段あまり見ることがなかった自分が、DVDを借りて、「剣岳」を観たんですから(^^)
    最近、登山を始めた自分ですが、今までは、1番したくないスポーツだったのに、TONOさん&姫さんと、ブログでお付き合いさせていただいたことが、登山を始めるキッカケになりました。
    ありがとうございます。

  2. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんばんは
    コメントありがとうございます。
    "混浴が好き" でアップした際にも、
    札幌温泉人さんにはたくさんのコメントを頂き本当に感謝です。(^^)
    それにこのブログがきっかけで山に登られるようになったとは光栄です。
    "北海道秘湯ドライブ" でこれからも素敵な風景を見せて下さいね。

  3. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 剱岳 2009 Vol. 9 アルペンルートを観光♪

    こんばんは~

    ホテル立山 凄い場所にありますね!
    冬でも営業しているのですか?

    大観峰の紅葉に青空がいい感じです。
    今頃が紅葉のピークなのかな。
    それとももうすぐ初雪のころかな。

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    おはようございます
    この辺りはアルペンルートができる前には、
    一般人は足を踏み入れることがなかった秘境の地です。
    今では観光地となり誰でも気軽に、
    素晴らしい景色を見ることができます。
    冬はすっぽりと雪に閉ざされるので、
    ホテルの営業は11月いっぱいくらいだったと思います。
    アルペンルートは下から上まで標高差が大きいので、
    紅葉を楽しめる時期がそれぞれ異なっています。
    雄山の方では既に初冠雪したようですが、
    大観峰の紅葉はまだこれから見頃を迎えるようです。
    昨年に比べると紅葉は遅れている気がします。

  5. だジィ | URL | -

    前の記事へのコメントでスミマセン。

    こんにちは。

    お盆に剱岳に行くにあたり、
    予習をかねて”0”から再度拝見いたしました。
    大変参考になりました。

    2泊3日で小屋泊まりを予定しています。
    扇沢には夜中について発券前には並ぶ様にした方がよさそうですね。

    それからちょっとお伺いしたいのですが、
    カニの横ばいの例の最初の1歩ですが
    あるブログによると、前向き(仰向け)で右手で鎖を持って
    しゃがむように1歩を出すと良いとありました。
    その後右手はそのままに右足を軸に体を反転させ壁に正対するみたいです。
    その後の鉄の梯子は向こう側から乗ろうとすると怖いので
    最初空いている手前側に乗り、跨いで向こう側にいくと良いとありました。
    おそらく上から2段目くらいの手前側に乗り梯子の縦支柱をぐるっと半周するのだと思われますが
    2度経験されているTONOさんのご意見をお聴きしたいと思いました。
    とはいえ、あくまで自己責任での行動ですが。
    よろしくお願いします。

  6. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    お盆は剱ですか~ アルペンラインは激混みでしょうね。
    でも扇沢に夜中に着いて並べば、比較的早い時間に室堂に上がれると思います。
    2泊3日で行くとなると1日目は剱沢小屋か剱山荘に宿泊する必要があるし、
    なるべく早く室堂に着きたいですよね。

    カニの横ばいの最初の1歩は足元が見えないので、1回目は本当に怖かったです。
    でも2回目は楽勝だった記憶があります。
    右手で鎖を掴んで、腰を落として下を覗きこむ感じで半身の体勢で足を下ろし、
    鎖は掴んだまま足裏の感覚でスタンスを確認し岩に正対。
    ここまでくればあとは横に移動するだけです。

    続く梯子は確かに跨いで取り付いた気がしますが、さほど怖かった記憶はないです。
    ただ途中で岩が出ているところがあって、足が梯子に載らず踏み外しそうになるので、
    調子に乗ってどんどん降りると肝を冷やします。(^^;

    お盆のタテバイ、ヨコバイは順番待ちでかなり混むでしょうが、
    その間他の人のやり方を見れるので参考にできるのではないでしょうか。

    参考になりましたでしょうか?
    では、気を付けて行ってきて下さい。
    私はまだお盆はどうするか決めてないのですが、
    もしかしたら雷鳥沢にテントを張って、マッタリと周囲の散策をするかも知れません。(^^)

  7. ダジィ | URL | -

    Re: 2009 剱岳 Vol.9 アルペンルートを観光♪

    どうもありがとうございました。
    大変参考になります。
    なにせ、あそこが一番のキモだと思いましたので。
    そうですね。おそらく渋滞するでしょうから前の人を
    よく観察するようにします。

    雷鳥沢は当初12日に通る予定でしたが
    天気予報があまりよくなかったので15日に変更しました。
    劔へは16日にアタックする予定です。
    それでも天気予報はイマイチですけどね。

    雷鳥沢で赤いプロモンテ探してみます(笑)
    TONOさんたちと会えるといいですね。

  8. TONO | URL | -

    ダジィさんへ

    お盆の前半はあまり天気が良くないみたいですね。
    後半はやや回復しそうですが、曇で時折青空も覗く感じですかねぇ・・・
    でも後半の方が前半よりはまだ空いてるんじゃないでしょうか。

    私は14日から出かけようと思ってますが、行き先はまだハッキリ決ってません。
    北アルプスでも南側、あとは八ヶ岳、南アルプス方面の方が天気は良さ気なんだけど、
    まだ痛みは残っているので本格的に登るのは無理そうだし・・・
    直前まで悩みそうです。(^^;
    もし雷鳥沢にテントを張ったら、ダジィさんが通るのを待ち伏せしときますね。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/104-87f7328d
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。