スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 ガスの中の二つの耳 後編

2010年10月04日 06:00

2010.8.22(日)

"西黒尾根" を上り、"谷川岳" へ向った二人です。


9:27 ラクダのコブを越えて、"西黒尾根" の残り半分に取り掛かります。

最初は狭い尾根を辿って行きます。

IMG_2556-1.jpg




右側には "シンセン岩峰群" が鋭い鋸歯状の稜線を見せています。

IMG_2573.jpg



少し進むと、ガレ場が混じる露岩帯になります。

途中で鎖場も出てきます。

IMG_2562.jpg



9:48 上りきると傾斜が緩み、狭い尾根を渡って行きます。

間近に迫まる "二つの耳" は、残念ながらガスに包まれています。

IMG_2569.jpg



前方やや左に、"ザンゲ岩" が見えてきました。

IMG_2574.jpg



10:09 "氷河の跡" と呼ばれる一枚岩を通過します。

沢山の登山者の靴で磨かれて滑り易い所です。

IMG_2579.jpg



"氷河の跡" を越えて、これまで通ってきた登山道を振り返ります。

IMG_2581-1.jpg




IMG_2583-1.jpg



10:21 "ザンゲ岩" を通過。



IMG_2584-1.jpg

  上から見た "ザンゲ岩"。

  なお "ザンゲ岩" には2つあり、

  "天神尾根" にあるものは、

  "天神ザンゲ岩" と言います。




"天神尾根" がはっきりと見えてきました。

IMG_2588-1.jpg





10:33 "西黒尾根" へ下山する登山者への標識。

確かに初心者があの鎖場を下山に使うのは考え物かも。

IMG_2589-1.jpg



IMG_2590-1.jpg



10:36 そろそろ "肩の広場" です。

ここには大きな道標が立っています。




そのまま道なりに進むと、"天神尾根" からの登山道と合流して、

一気に登山者が増えてきます。

今までの静かな尾根歩きが、嘘の様な喧騒に包まれます。

IMG_2591-1.jpg
                            (天神尾根から登山者が続々と登ってきます ‥;)



IMG_2592-1.jpg



10:42 "トマの耳"(1,963m)に到着。



IMGP0549-1.jpg

右の画像は、'09.3.15 のものですが、

本来一番雪が多い3月でも、

山頂はそう多くないですね。

強風で雪が飛ばされるのかな。




ガスの中から浮かび上がる "オキの耳" へと続く稜線。

IMG_2595-1.jpg


IMGP0550-1.jpg




  同じ場所から冬の画像をどうぞ。





10:54 "オキの耳"(1,977m)に登頂。

IMG_2598-1.jpg




この時点でも混んでたんですけどね・・・

ここでお昼休みにしているうちに、異常な人口密度になってしまいました。

IMG_2601-1.jpg


もはや山頂とは思えません。 ・・・恐るべし百名山。 (‥;



11:14 さて "トマの耳" に戻りますか。

IMG_2606-1.jpg



稜線を辿ると、突然ガスが切れて "トマの耳" が見えました。

IMG_2618-1.jpg


IMG_2617-1.jpg
山頂へズーム。

げっ! (o ̄∇ ̄)o!!

おびただしい数の登山者が!!

静かな "西黒尾根" が嘘のようです。




そしてその静かな "西黒尾根"。

IMG_2623.jpg



一方こちらは "万太郎山" へと続く、たおやかで美しい尾根。

IMG_2631-1.jpg


う~ん・・・ 思わずこの稜線を辿ってみたくなりますね。。。

こちらは一層静かな山行を楽しめそうです。




"肩の小屋" へ向けて下って行きます。

IMG_2629-1.jpg




IMG_2640.jpg


11:36 "肩の小屋" に到着。




IMGP0542-2.jpg


ちなみに冬の "肩の小屋" は、

こ~んな感じに凍り付いてます。(^^;






IMG_2643-1.jpg


11:46 トイレ休憩の後、

"天神尾根" で下山します。




"天神山" へと伸びる "天神尾根"。

右に見えるのは、"天神ザンゲ岩"。

IMG_2645-1.jpg


この笹原が冬は白い大斜面となります。(↓↓↓)

IMGP0561-1.jpg




IMG_2646-1.jpg
  11:52 "天神ザンゲ岩" です。

  いちおう立っときますか。 (笑)

  IMG_2647-1.jpg




IMG_2651-1.jpg


  12:07 "天狗の溜まり場" を通過。




IMG_2657-1.jpg


12:27 "熊穴沢避難小屋" を通過。



P1040927-1.jpg
ここで再び冬の画像を。

これは '09.1.24 のもの。

避難小屋は完全に雪に埋もれて、

積雪観測用の鉄柱のみが出ています。




IMG_2664-1.jpg

  12:56 谷川岳ロープウェイ

  "天神平駅" に到着。




IMG_2667-1.jpg

帰りはお気楽に

ロープウェイで下山です。



天気は下山するうちに回復したようです。

ロープウェイからは、二つの耳がはっきり見えていました。

IMG_2665.jpg


IMGP0011-1.jpg

13:12 "山麓駅" に到着。


13:30 駐車場で簡単に着替えて

帰路につきました。

逞しい太腿ですな~ (笑)




バイバイ "二つの耳"  また冬に来るね~ (^^)/~~~

IMGP0013-1.jpg

でもサイドミラーに写るのは、"谷川岳" ではなかったようで。(笑)


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. バカボンパパ | URL | JalddpaA

    Re: ガスの中の二つの耳 後編

    TONOさん、毎度ど~す♪
    凄いですね、夏山と冬山の比較映像
    同じ場所とは思えない、夏と冬では感動も違うのでしょうね
    私、根性が無いので冬山はいけません・・・アハハ

    昨日磐梯吾妻スカイラインに紅葉チェックに行ってきました
    スカイラインの上の登山道が今、見ごろでしたね
    昨年と比べて1週間遅れているように感じました
    来週あたりから見ごろになると思います。紅葉情報でした

  2. Zep400 | URL | -

    かすみの切れ目の二つの耳・・・

    凄く なんとも表現しがたい ふたつの耳の写り…
    良いですね~

    こちらで稜線でこの状況なら、例え夏でも…かなり涼しい気温ですが、きっと暖かい中のガスかぶりなのでしょうね!羨ましい~

    稜線の続く先…いいですね(^^ゞ

  3. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    こんばんは
    夏に行った所に積雪期に行くとまた違った感動があります。
    まあ冬は天気が良い時しか登りませんけどね。(^^ゞ
    でも真冬の雪山の美しさは筆舌に尽くしがたいものがあるので、
    今年もまた行ってみたいです。

    磐梯吾妻スカイラインの紅葉情報ありがとうございます。
    今週末に1泊2日で行く予定です。
    きっと紅葉は良い状態ですね。
    あとは天気だな~(^^)

  4. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: ガスの中の二つの耳 後編

    こんにちは~大胆に着替えてますね^^
    万太郎から土樽に抜けて、電車に乗ってみたいですね~

  5. TONO | URL | -

    Zep400 さんへ

    こんばんは
    この日は上の方は暖かいまではいかないですが、
    寒いと言うほどではないし、
    実に過ごしやすい気温でした。(^^)
    晴れてればもっと景色が良いのですが、
    登るにはこんな天気の方が快適ですね。
    でも半分は景色を見るために登ってるので、
    何も見えないとガックシです。
    なかなか難しいものですね。

  6. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: ガスの中の二つの耳 後編

    谷川岳は まだ 登ってないので 一度は登ってみたいと思っています。

    初心者向きと思っていましたが、結構 岩場もあり

    危険な所も ありそうですね。紅葉シーズンは 近づかない方がいいのでしょうか?

  7. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    姫の着替えは大胆ですよ~
    こんな感じでパンツとかブラとかも着替えちゃいますから。(笑)

    谷川岳~万太郎~土樽ですか・・・
    いつか行ってみたいですね。(^^)
    でも帰りに電車で戻るのは、
    本数も少ないので時間を気にしなくてはならないし、
    疲れ切って電車を待つのも辛いので、
    朝、土樽に車を置いて電車で土合まで行って、
    上り始めたほうが良いのかも・・・

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんへ

    こんばんは
    紅葉シーズンの谷川岳ですか・・・
    私はその時期に行ったことはありませんが、
    週末はおそらく激混みでしょうね。
    天神尾根で登ると大渋滞かも知れません。
    西黒尾根の岩場はクロちゃんなら何も問題ないでしょう。
    ただ静かな秋色の谷川岳を期待するなら平日しかないでしょうね。
    何しろこの時期であの人口密度ですから。(^^;

  9. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: ガスの中の二つの耳 後編

    こんばんは~

    山頂の人口密度が凄すぎますね!
    あの狭い山頂が満員電車みたい(笑)
    百名山のトムラウシでもあんなに人はいませんでした。

  10. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    おはようございます
    山頂が異常な人口密度ですよね。
    このあと登山道を塞いでシートを広げる団体まで出現して、
    一時山頂付近は大渋滞になりました。(‥;

    首都圏からアクセスが良くて、
    ロープウェイ利用で気軽に登頂できて、
    眺望も良いという事で人気が高いようです。
    小さな子供連れ、犬連れで登ってる人も。
    中には明らかに観光客という格好の人もチラホラ。
    ロープウェイで上に来て、天気につられて登ってきたような感じです。
    雨具も防寒具も持たず手ぶら状態ですので、
    天気が急変したらどうするのか・・・
    心配しながら天神尾根を下山しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/108-edc18f80
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。