スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 仙丈ケ岳

2010年10月10日 00:04

涼しくなって、山も温泉も快適な時期です。

山では紅葉も見頃を迎えていますね♪



さて次は "槍穂高縦走" の記録をアップ予定なんですが、

週末は紅葉を見に山に行くし、当然温泉にも入ってきたいし・・・


まだ全く、全然、何もできておりません。 (^^;


なので・・・ "甲斐駒" 続きの過去記事を引越しをさせて頂きます。

2008年・夏、北沢峠をベースに "仙丈ヶ岳" "甲斐駒ヶ岳" に登った時の記録です。



2008.8月 

"甲斐駒・千丈" は、前から登りたかった山なのですが、

"北岳" に行った時に感じたアクセスの悪さに、二の足を踏んでいました。


実際はそんなにアクセスは悪くないですし、

これでアクセスが悪いと言ってたらどこにも行けないって話ですよね。 (^^;



この年の夏休み、"北沢峠" から軽快に "甲斐駒" "仙丈" の二座を狙いました。


仕事を終えて家を出て "伊那" に前泊。

翌朝、「戸台口」の無料駐車場へ向かいます。


5:35 広い駐車場にはたくさんの車が停まっており、

かなり奥のスペースしか空いていません。



5:46 バス停には10人ほどの列。

P1030527.jpg


車の数にしては待ってる人が少ないけど・・・

すでに上にいる人が多いということか?



6:05 バスに乗車。

要所要所でバスの運転手さんが、ガイドしてくれ飽きさせません。



45分ほどで "北沢峠" に到着。

この日は、"仙丈ケ岳" を目指します。

6:52 出発。

P1030528.jpg



一合目、二合目、三合目と標識があります。

8:01  四合目で小休止。

P1030529.jpg



五合目の "大滝ノ頭" で右手の "馬の背ヒュッテ" へのルートを見送ります。

P1030530.jpg




8:37 登り詰めると視界が開け "小仙丈ヶ岳" が姿を現します。

P1030532.jpg



振り返れば "甲斐駒" の姿が。

P1030534.jpg
                                 (明日は甲斐駒です




緩いハイマツの斜面を登って行くと、

9:12 "小仙丈ヶ岳" です。

P1030537.jpg



"小仙丈沢カール" と "仙丈ヶ岳"。

P1030538.jpg



ここから稜線上を快適に進みます。

P1030539.jpg



右手に "藪沢カール" が見えて、いよいよ "仙丈ケ岳" が迫ってきました。

山頂にいる登山者を確認できます。

P1030545.jpg



10:05 ほどなく登山者でごった返す "仙丈ヶ岳" に到着です。

P1030548.jpg


あまりの人の多さにゆっくり過ごす気になれず、写真を撮ってすぐ退散。



"藪沢カール" を周るように下って、

10:22 「千丈小屋」に着く。

P1030551.jpg



ベンチなども置いてあり、ここで食事を兼ねて大休止です。

P1030552.jpg



ゆっくり休憩していると、何やら雲行きが怪しい。

10:52  慌てて下山することにしました。



"馬の背ヒュッテ" の手前から振り返ると、

先ほどいた "千丈小屋" が見えた。

P1030555.jpg



分岐で "馬の背" への道を左に分け、"藪沢小屋" 方面へ。


11:12 沢を渡り花がたくさん咲いている所を通過。

P1030556.jpg



"藪沢小屋" を通過する頃からポツポツ落ちてきました。

ここからは写真も撮らずひたすら先を急ぎます。



しばらく薄暗い樹林帯の中を進むと、"大滝ノ頭" 。

ここからは往路を戻るだけだが、

三合目くらいから本格的な雨となってしまいました。



雨具を着け先を急ぎます。

途中から右へコースを外れ、 "北沢駒仙小屋" 方向へ。

林道に出る頃には遠くで雷鳴が・・・


"北沢駒仙小屋" の前は沢山のテントが張られていました。


土砂降りの中、雷鳴が近づいてきました。


恐怖を感じながら、北沢の流れに沿って "仙水小屋" を目指します。

小屋までがやけに遠く感じます。



ようやく「仙水小屋」に到着。

今夜はここに宿泊です。

小屋に着いて一休みするうちに雨は上がっていました。



16:46 夕飯。

皆揃って外のテーブル。

P1030558.jpg

小屋の食事としては、大変美味しかったです。



外観は建築現場にあるような何の特徴もない小屋ですが、

完全予約制で、布団は1人1枚使えるし、必要十分な広さもあります。

P1030559.jpg



19時だったか、20時だったかに部屋の電気が消えます。

さすがにその時間には寝れず、ヘッドライトで外に出てみました。

・・・満点の星空です。 写真はないですけどね。^^;



明日の快晴を期待して、就寝。


 (甲斐駒ケ岳に続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/112-a7a3ace1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。