スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 甲斐駒ケ岳 前編

2010年10月11日 18:30

2008.8月

前日、"仙丈ヶ岳" に登り "北沢峠" へ下山。

登り返して "仙水小屋" に宿泊した二人です。


"仙水小屋" の朝は早い。

3:30 電気が灯り、有無を言わせず全員起床!! (^^;


4:00 朝食です。

P1030563.jpg



4:35 "仙水小屋" を出発。

辺りはまだ暗く、ヘッドライトを装着します。

P1030564.jpg



樹林帯を抜けると、岩がゴロゴロした斜面の下を通過します。

P1030565.jpg



気付くと前方には "摩利支天" が大きい。

P1030567.jpg



5:00 "仙水峠" でちょうど夜が明けました。

多くの登山者が歓声を上げます。 (^O^)/

P1030568.jpg




ここでルートを左に取り、急登を行きます。

P1030574.jpg



6:11 "駒津峰" で一休み。

P1030578.jpg



"双児山" からのルートと合流して先へ進みます。

P1030579.jpg



まだ日が当たらない、"甲斐駒" の西斜面が青白く浮かび上がりました。

「あれに登るのかぁ・・・」

P1030581.jpg



急な岩場を下りていくと、

6:36 "六方石"(ろぽうせき) と呼ばれる巨岩の前に出ました。

P1030586.jpg



ここから "巻き道コース" と "直登コース" に分かれます。


「どっちにしようかな・・・」

TONOが考える間もなく、姫は 直登コース へ進んでました。 (^^;

途中1ヶ所、厭らしい岩場がありましたが、他は特に問題ありません。



岩をよじ登り、

P1030587.jpg


そして乗り越える。

P1030590.jpg



"甲斐駒" の山頂は、まだ先だ。

P1030591.jpg



後半は花崗岩が崩れた、白い砂礫の斜面となります。

P1030593.jpg



最後の岩場を登り切ると、

7:20 広い山頂に飛び出しました。

P1030597.jpg


白く輝く美しい山頂だ。

"アサヨ峰" の奥に "北岳" "間ノ岳" が連なる。



まだ時間が早く、山頂には数人の姿しか見えません。

素晴らしい眺望を楽しみながら、小屋で受け取ったお弁当を食べます。


“爽快”という言葉がピッタリの頂だった。 (^^)v



 ( "摩利支天" へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Zep400 | URL | -

    甲斐駒ケ岳 2008 拝見しました~

    こんばんわ~

    本かネットでしか…多分行けないだろう山々!
    楽しく見せていただき 感謝します。

    朝のご来光、空の青、山の気高さが伝わってきます(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんばんは
    いつもコメントありがとうございます。
    これはブログを始めて間もない頃の過去記事で、
    今見ると大分いい加減に作製してますね。(^^;
    甲斐駒はこの当時の私にとって登りたい山ベスト3に入ってて、
    白い花崗岩で覆われた山頂付近の雰囲気に大感激したのを覚えています。
    でも・・・その割には淡々とした記録ですよね。(^^ゞ

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 甲斐駒ケ岳 2008

    おはようございます~(^^)

    お久しぶりです‥(--;)
    約1ヶ月お休みしちゃいました‥(--;)
    今日から復活です‥(^^)

    朝3:30分に全員起床ですか‥(@。@;)
    きついですね‥(--)
    ご来光を見てもらう為に朝早いんでしょうかね‥(^^;)

    なんとも言えない綺麗な山ですね‥(^0^)/

  4. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    最近ブログのアップもないし、どうしたのかと思っておりました。
    復活という事で安心しました。

    3:30に全員起床の小屋は初めてでした。
    何と言っても、4:00に朝食ですからねぇ。驚きでした。
    まあ早寝してますから、特に問題はないんですが・・・(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/114-eb199960
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。