スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 槍穂高縦走 Vol. 4

2010年10月23日 15:54

2010.9.25(土)

槍穂高縦走 2日目 槍ヶ岳~南岳小屋~ A沢のコル~北穂 ~奥穂



"A沢のコル" を過ぎると、今度は上りが始まります。

IMG_3657.jpg



上る途中に振り返って見た "長谷川ピーク"。

こうして見ると左右とも切れ切れですね~ ( ̄_ ̄|||

IMG_3660-1.jpg



IMG_3662.jpg

ちょっと不可解な格好の姫ですが、

上ってるところです。 (^^;




IMG_3665.jpg



  さらに上って・・・




飛騨側に回り込みます。

足元ははるか下まで切れ落ちて、高度感が凄い。

IMG_3666-1.jpg




出ました! 巨大なコクワガタのメスの様なこの形。

泣く子も黙る、"飛騨泣き" の核心部です。(笑)

IMG_3667.jpg


左右がスッパリ切れ落ちた部分から、

ほぼ垂直に近い岩壁を越えて行きます。

ここは鎖と鉄杭が設置してあります。



姫が上るところを一連で撮ってみました。

興味のある方は、拡大してご覧下さい。

IMG_3668-1.jpg IMG_3669.jpg

飛騨泣き3 IMG_3671.jpg

飛騨泣き5 IMG_3673.jpg

飛騨泣き7 IMG_3675.jpg




さて稜線に上がります。

上の方には人工物が見えてきました。 ・・・"北穂小屋" です。

IMG_3678.jpg


P1000911.jpg

稜線は信州側を進みます。

鎖とステップ板が設置されていて、

あまり恐怖は感じずに通過できます。 


でも前に来た時、こんなステップ板あったかなぁ・・・



IMG_3679.jpg


・・・で、あっけなく"飛騨泣き" 終了。 (^^)



お次は、"北穂" 手前に聳える岩峰です。

左側のルンゼ状の斜面を行く登山者が見えます。

IMG_3680-1.jpg



IMG_3686.jpg

このルンゼ状の斜面は、

足元が砂礫状で浮石も多いので、

落石に注意しながら通過します。




上りきって振り返ると、"大キレット" はガスと戦ってました。

IMG_3683-1.jpg



IMG_3688-2.jpg


岩峰を巻いて進み、

岩屑の斜面を上ります。




上り切ると視界が開け "北穂小屋" はもう近い。

北穂は近い!
                               (姫の真上に北穂小屋が見えています)

右に "展望台" の文字。

ここからは "鳥も通わぬ" と形容される "滝谷" の大岩壁が眼前に迫ります。



P1000915.jpg


さて "北穂" への大上り。

後方には今日出発した "槍の穂先"。





「←北ホあと200m」 の表示。

北穂200m



IMG_3699.jpg


ここから最後の登りです。

急峻な岩場を息も絶え絶えに上へ上へ。





そしてついに、陽光の影に "北穂小屋" が見えた!!

小屋直下



北穂小屋テラス

12:27 "北穂小屋" に到着。

小屋前のテラスでは、

多くの登山者が休憩中。




IMG_3704.jpg



IMG_3707.jpg

とりあえず、ここでガッツリ休憩ですな。

二人でラーメンを頂きました。



姫的には、「槍をバックにラーメンを啜るTONO」という感じで

撮りたかったみたいですが、槍が小さすぎですね。(^^;



トイレの後に北穂の山頂に行ってみました。

山頂までは小屋から1分です。

IMG_3715.jpg


槍から続く縦走路が確認できます。

あそこを歩いてきたんだなぁ・・・

向こうからは断崖絶壁に見える北穂への上りも、

何とか歩けるところがあるものですね。



P1000231.jpg


ちなみに雪があるとこんな感じ。

同じ場所から撮った、

今年(2010年)GWの北穂山頂です。




 (北穂~涸沢岳へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. バカボンパパ | URL | JalddpaA

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    TONOさん、毎度で~す♪
    画像をクリックしてアップで見ているだけで心拍数が上がってきますね
    今はステップ板もあるのですね。このようなサポートがあると嬉しいですね

    若い頃、槍だと楽だったのですが北穂高はなんとなく難易度が高くて登ろうとしなかったのは正解だったと画像を見てしみじみ思いました。

    TONOさん、姫さん凄い~♪

  2. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    こんばんは
    大キレットは危なっかしい人がけっこう入ってくるし、
    アジアの隣国からツアーが来たりするので、
    年々整備が進んでますね。
    事故も多いみたいですし、整備せざるを得ないのかなぁ…
    でもあまりに整備が進むと、
    安全と引き換えに岩場歩きの醍醐味が、
    次第に薄れていく様で残念でもあります。

  3. | URL | -

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    ムッちゃんです。(名前の欄が文字化けするので)
    凄いです!
    見ているだけで手に汗握ります。
    剣岳とどっちが大変でしたか?
    剣は昨年,TONOさんたちの少し前に行ったのですが,
    何時かはキレット越えにチャレンジしようと思ってます。
    両方比べて岩場の手強さなどどうなんでしょうか?

  4. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    こんばんは~(^^)

    姫さん姫さん危ない危ない落ちますよ~(--;)
    大丈夫ですか‥???
    恐い恐い断崖絶壁ですね‥(^^;)
    見てるだけで足が震えるのはなぜ‥(--;)
    こんな断崖絶壁をすたすた登るTONOさん姫さん
    に脱帽です‥(^0^)
    素晴らしい稜線とガレ場にタダタダ見とれる
    ゆぅ&かんでした‥(^^;)

  5. TONO | URL | -

    ムッちゃんへ

    こんばんは
    大キレット VS 剣ですか・・・
    風や雨といった天候によって難易度は大きく変わるでしょうが、
    全く同じ条件とすると、ワンポイント的には、
    タテバイ、ヨコバイの方が難易度が高い気がします。
    長谷川ピークの馬の背、飛騨泣きのやせ尾根の通過は、
    ステップ板の設置によって格段に易しくなったと思います。
    ただ飛騨泣きの核心部は北穂側から向かうと下りになり、
    下が見にくいので南岳側から行くより難しくなります。

    あとはどこから出発してどこまで行くのか、といった体力的な問題も絡んできます。
    キレット越えであれば槍から出て奥穂まで行くとなると、
    疲れたところで北穂~涸沢の岩場も結構きついですよ。(^^;
    でも剣に行ってるならキレット越えは特に問題なく可能だと思います。(^^v
    今年はもう雪が降りますから、来シーズンでも是非チャレンジされては如何ですか。

  6. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    姫はたぶん落ちないでしょう。
    バランスが良いのと体も柔らかいので私より岩場は得意ですから。(^^;
    ただどうしても手足が短いので足が届かなかったり、
    手がかけられなかったりすることがあるようです。
    姫は「あ~っ!」とか「う~っ!」とか声を出しながら登ってます。
    慣れれば岩場歩きは楽しいですよ。(^^)

  7. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    大キレットの縦走 さすがすごいですね。
    気が抜けない岩場の 上り下り。
    転落事故なども聞きますが
    慎重に 登られたのですね。
    天候に恵まれることも 大切な要素です。
    いつも TONOさんは 天候判断が しっかりしています。

    でも、姫さんの度胸の良さ 安定感にも感心させられます。  

  8. Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    こんばんわ~驚き!
    凄い絶景…アプローチも大変そう。
    俺なら…足すくんで腰ひけそうな岩肌のルート(~_~;)

    凄いなぁ…お二人(゜o゜)
    羨ましいです!切り立った山岩の上を過ごしたなんて…
    それに比べたら、俺の登ったとこ…
    子どもの山でした(^_-)-☆

    素晴らしい登攀、見せていただき
    ありがとうございました(^^ゞ
     

  9. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 4

    こんばんは~

    写真からも危険さがビシビシ伝わってきます!
    全身を使って登って行くのですね。
    なんだか凄く疲れそう~ よく筋肉痛にならないなぁ~

  10. TONO | URL | -

    クロちゃんへ

    こんばんは
    大キレット楽しかったですよ。
    天気も良くて最高でした。
    一度は大キレットと西穂・奥穂を繋いで歩いてみたいけど、
    やっぱり体力的にキツイかなぁ・・・(^^;
    この後、奥穂に行くときはもうヘロヘロでしたから。

  11. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんばんは
    10時過ぎころからガスが出てきたんですが、
    完全にガスには巻かれず、絶景を堪能できました。
    その代わり高度感も凄かったですが。(^^;
    でも鎖とか鉄杭とかがしっかり整備されているので、
    高所でのアスレティック感覚で楽しめます。
    Zepさんは週末どこか登ってこられたようですね。(^^)

  12. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    この高度感・・・写真から読み取っていただけましたか。(^^ゞ
    晴れてるときに通ると絶景なんですけどね~
    高度感が凄いですよね。(^^;
    落ちたら命はないなぁ・・・って思います。
    手と足と、確かに全身を使って登っていきます。
    でも中途半端に急よりも、
    手を使って登れるほうが楽ですよ。
    この後さらに先へすすむのですが、最後はフラフラでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/120-03d61b32
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。