スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 槍穂高縦走 Vol. 7

2010年11月03日 19:13

2010.9.26(日)

槍穂縦走3日目

穂高岳山荘~白出沢出合~新穂高温泉



さて前回のバーチャル編ではすでに下山してしまいましたが、

いちおう実際の下山編をアップします。




3日目は快晴の1日を予感させる朝でしたが、

諸事情により当初の予定通り白出沢へ下ることに。




山荘裏へ

6:16 下山開始です。

山荘の涸沢岳側から飛騨側に回ると、

急なガレ場が始まります。





正面には朝陽を浴びて "笠ヶ岳"。

影を作るのは、西穂~ジャン~奥穂の稜線か。

朝陽を浴びる笠ヶ岳




振り返れば、黒いベールを脱ぎ去り輝くジャンダルム。。。

う~ん、やっぱり向こうに行けば良かったか・・・

輝くジャン



さて、出だしは石段が組まれていて歩き易い。

急斜面をジグザグに下っていきます。

白出沢を下る



そのうちルートが所々不明瞭になり、

ルートでないところに入り込むと、浮石が多くやけに歩きにくくなります。

ルートを探す


ペンキマークはありますが、石が動いてしまっているので当てにならないことも多々。

自分でルートを探しながら下りていきます。



アビナイヨ岩

6:59 "アビナイヨ岩" まで来ました。

"荷継沢" までの半分くらい来たかな。

振り返ると山荘はもう見えません。


この辺りはまだ雪が少し残っていました。





潅木地帯
  斜度が緩むと潅木地帯になります。

  ナナカマドが赤い実を付けていました。

    ナナカマドの実





荷継沢


7:35 右手から合流する

"荷継沢" のガレ沢を横断します。




樹林帯


  この後、樹林帯の中を下ります。

  けっこう急です。





鉱石沢


7:55 鎖場を過ぎると、

"鉱石沢" に出ます。




岩切道


  "鉱石沢" の右岸を下り、

  "岩切道" を伝って行きます。




河原へ



8:07 梯子を下りて河原へ。




重太郎橋

  "重太郎橋" で対岸へ渡ります。

  残雪のほとんど消えたこの季節、

  水量は少ないですね。





石畳の歩き易い道をなだらかに下っていきます。

緑の中を



奥穂登山口


8:45 "奥穂高岳登山口" に到着。

ここからは林道歩き。





穂高平牧場

  9:15 穂高平の牧場が見えてきました。

  牧場には飛騨牛 (・・・だよね?) がたくさん。


  もうすぐ "穂高平小屋" です。

  

  小屋からは林道をショートカットする山道へ。




ロープウェイ駅


9:49 "ロープウェイ駅" です。

姫は売店でお土産を購入するらしい。





10:10 "新穂高温泉バスターミナル" に着きました。

今日は本当に雲一つない快晴だ!

快晴!



10:15 駐車場に到着。

今回の山行も無事終了です。(^^)

駐車場





野の花山荘

さてと着替えたら、一風呂浴びますか♪


前回あまりの暑さに露天風呂はパスした、

"野の花山荘" を再訪です。


今日も晴れてますが、もう真夏の太陽ではありません。

今度は露天風呂も気持ち良く入れるでしょう。



露天風呂へ

男女別の内湯で体を洗って、

シャンプーして、露天風呂へ。

錫杖岳が見えて、なかなか景色が良い。





ちなみに女性用もこんな感じ。。。

女性用露天風呂
                                         (姫撮影)



さてと、じゃあ行きますか・・・ お約束の ♥ (o ̄ー ̄o) ムフフ

・・・

で、一旦着替えて混浴露天へ向うと、こんな張り紙が。

張り紙


( ̄▽ ̄;)!!ガーン  そんな~ 

残念ながら、ここの混浴レポはまたしても次回に持越しです。



 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 7

    TONOさん こんばんは。

    岩場の急斜面をジグザグで下りる姫さん・・
    まるで、スキーでも滑っているかのような姿なんですが(^^;
    前傾姿勢で、格好良いっす ^^

    幾つかの山を登りましたが・・・
    スケールが違うなぁ~と、いつも感心して見ています。
    来年は、「山の広さ」を知るために、大雪山系へアタックする意気込みですぅ~~。
    また、リタイアするかもだけど・・(笑)

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 槍穂高縦走 Vol. 7

    こんばんは~

    岩場はどこも分かりづらいのですね。
    これで霧なんか かかっていたら大変そう。

    混浴湯船は調整中ですか
    混浴シーンを期待したのですが残念。
    次回記事が楽しみです!

  3. Zep400 | URL | -

    槍穂高縦走 お疲れ様です。

    こんばんわ~
    秀峰、岩肌、日に照らされ表情を変える頂、極上の雲海…見せていただき感謝です。

    自分の この目でジャンダルム見てみたいですね!生きてる間に!!
    …笑われるかな…(^^ゞ

  4. TONO | URL | -

    札幌温泉人 さんへ

    おはようございます
    最近は週末の天気がいまいちなのと、
    天気の良い時に限って予定が入ってたりして、
    しばらく山に行けてません。
    前傾姿勢の姫にも催促されてるので、(笑)
    今週末はどこか行ってこようと考えてます。
    札幌温泉人さんは山に温泉にいろいろ行かれてますね。
    来年の大雪山系の写真にも期待してます。(^^)v

  5. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    おはようございます
    マニアさんが言われるように、
    白出沢はガスがかかるとルートを外しやすくなります。
    荷継沢のところで間違えて真っ直ぐ下りてしまう人も多いようです。
    今回は晴れて視界は良かったですが、
    ルートを間違えて登り返してくるカップルを見ました。
    前回はガスの中、やはりグループが登り返してました。

    次回は三度目の正直であの混浴露天に入ってきたいと思います。(^^)

  6. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    おはようございます
    ジャンダルム・・・この響きが良いですよね~(^^)
    奥穂の山頂から黒光りするジャンダルムの姿を見たら、
    もう完全に心を奪われますよ。(笑)
    そして、あの頂に立ってみたい!って・・・
    私が初めてジャンダルムに登ったときの過去記事を、
    次々回くらいに引越しします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/125-6368fe03
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。