スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 晩秋の浅間山 前編

2010年11月18日 06:00

平野部でも秋が深まってまいりました。

秋色を探して・・・の第2弾は、"浅間山" です。



"浅間山" と言えば、活火山。

長らく立ち入り禁止とされていましたが、

平成19年12月1日から、"噴火警戒レベル" に応じての立入が許可されました。


そして平成22年4月15日、レベル 2(火口周辺規制)から 1(平常)に引き下げられ、

4月17日より、火口から500m(前掛山)までの登山が可能となりました。

噴煙を上げる浅間山
                     2009.12月 "黒斑山" から見た、噴煙を上げる "浅間山" )



でもまたいつ噴火するかわかりません。

レベル1のうちに早く登っておかねば・・・


そして、そのチャンスがやってきました。



2010.11.7(日)

関越道の佐久ICから、まずは "高峰高原" 方面へ向います。

山道の途中で、"浅間山荘" の標識に従い右へ。

未舗装の道を走ること10分程度。






6:50 天狗温泉 "浅間山荘" に到着。

浅間山荘


車を駐めると、どこからともなくおじさんが登場。

駐車場代 500円を徴収されました。



準備をして、登山口に向います。

登山口へ


鳥居のあるところが登山口。

正面のこげ茶色の建物はトイレです。



噴火警戒レベル1を確認。

噴火警戒レベル




朝陽を浴びて存在が際立つカラマツの黄葉。。。

カラマツの黄葉




晩秋の道



7:04 さて、出発します。




静かな晩秋の林を行きます。

落葉のカラマツ




霜が降りる寒さで、しっかり着込んで出発したため、ここらで体温調節。

温度調節


輝くようなカラマツがとても奇麗です。

葉の落ちた木々の向こうに垣間見るのは "牙山"(ぎっぱやま)。




一の鳥居


7:38 "一の鳥居" です。





"一の鳥居" からすぐに、"蛇堀川" を渡り、川沿いに進みます。

蛇堀川を渡る


薪

「火山館で使う薪を運んで下さい」

・・・という事らしい。

TONOと姫の分とを併せて2本。

TONOのザックに括り付けて運びました。




不動滝が見えた
 
 "不動滝" が見えてきました。

  思ったより小さな滝です。

  ・・・通過。





二の鳥居

7:58 滝からすぐに "二の鳥居" 。

しばし、樹林の中を上って行きます。


写ってないですが、この左側に鳥居があります。





クマザサの中の開けた場所。

斜度も緩やかで、気持ち良いハイキングです。

熊笹の道


カモシカ平
8:33 "カモシカ平" を通過。

この辺りにカモシカが

やってくるらしい。

遭遇してみたいものです。




"黒斑外輪山" の荒々しい岩肌が見えてきました。

トーミの頭



牙山


こちらは "牙山"





そして "浅間山" が見えた!

浅間山が見えた



赤茶色に変色した岩
赤茶色に変色した岩です。

上を透明な液体が流れ落ちます。

湯気は立ってないので冷泉・・・?

明らかに鉄・・・って感じですね。




8:47 "火山館" に到着。

火山館


思ったより新しくて奇麗な建物です。

テラスには椅子とテーブルが置かれ、一息入れるには最適です。

そして1階部分はシェルターとなっており、噴火の際に利用できます。


外には薪が積み上げられています。

運んできた薪をその上に置いて、"火山館" にお邪魔します。


火山館ストーブ

中はストーブが焚かれ、あったか~い ♥

皆で運んだ薪を燃やすストーブです。

ここでパンを食べて休憩しました。




火山館から牙山


  火山館から見る "牙山"。

  "妙義山" 辺りの奇岩を彷彿させます。





さて行こう

9:04 "火山館" を後にして、

先へ進みましょう。

ここに "浅間神社" があります。




霜柱


  お~っ! 

  今シーズン初の霜柱だ!!




装いを落とした晩秋の "湯の平高原" を行きます。

湯ノ平高原


山眠る前の晩秋の色。。。

高揚感はないけど、穏やかな気持ちにさせてくれます。


前掛山登山口


9:25 "前掛山" 登山口

ここで "鋸山" への道を左に分けます。

 



まばらな林を抜けると、いよいよ "前掛山" への上りが始まります。

前掛山へ



 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 晩秋の浅間山 前編

    こんばんは~

    赤茶色に変色した岩がとても気になります。
    温度はないと言う事ですが、
    火山だからどこかに人知れず
    湧いている温泉がありそうな気がします。

    なんだか写真からも寒さが感じられます~
    もうすぐ雪でも積もりそうな感じですね。

  2. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 晩秋の浅間山 前編

    こんばんは~(^^)

    冠雪した浅間山がなんとも魅力的ですね‥(^-^)
    途中の登山道は、終盤の紅葉と山頂は冠雪何とも
    いえないコラボですね‥(^。-)

    かなり寒い見たいですね~(^^;)
    山はもうすぐ雪に閉ざされるんですよね‥(^0^)

  3. 札幌温泉人 | URL | -

    Re: 晩秋の浅間山 前編

    TONOさん おはようです。

    木の葉が落ち、冬支度を迎える山・・
    何だか綺麗ですよね。
    静けさが堪らない・・。
    ブラウンワールドも、良いかも ^^

    何だか、山へ行きたくなってきました。
    ラスト登山地、探そう!!・・チャレンジだぁ~!!

  4. ZEP400 | URL | -

    外輪の岩肌いいですね!

    おはようございます。

    外輪山の岩肌…いいですね~
    近くで見たいです。

    こちらは、もう中間から上は気象条件が・・・
    機会があれば行きたいですが…
    真冬にスナーシュー背負って狙ってみようかと思います。
     続きが楽しみ(^^ゞ

  5. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    赤茶色に変色した岩…気になりますよね~
    このシリーズの最後に関連するものが登場します。(^o^)
    12月になれば雪に覆われた美しい姿になるでしょうね。
    積雪期にも登ってみたいものです。

  6. TONO | URL | -

    ゆぅかんさんへ

    こんにちは
    冠雪した浅間山は凄く綺麗です。
    この写真は昨年の12月のもので、
    残念ながら今回は冠雪した姿は見れませんでした。(^^ゞ
    青空と紅葉と白雪の三段紅葉は、
    浅間山ではなかなか見れないでしょうね。
    そんなLuckyに巡り合いたいものです。

  7. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんにちは
    山眠る前のこの時期も何気に綺麗ですよね。
    夏山から紅葉の喧騒が過ぎて、
    山に本来の静けさが戻ってくる季節でもあります。
    雪に覆われる前に今シーズンの登り納めに行ってきて下さい。(^^)

  8. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    外輪山の浅間山側は険しく切り立った岩壁です。
    いちおう登山道も存在して、歩いてる人が見えました。
    タップリと雪が積もったらスノーシューを持って、
    スノーハイキングに行こうかと私も考えてます。(^^)

  9. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 晩秋の浅間山 前編

    「晩秋」という言葉にぴったりの 風景ですね。

    でも、山の上は 真冬並ですね。

    温かい物を持って のぼられっていますか?

    いつも自分は 冬場になると 紅茶を魔法瓶に

    いれて登ってます。休憩時に パンをかじりながら

    飲んでいます。

  10. TONO | URL | -

    クロちゃんへ

    おはようございます
    山はもうすぐ完全に冬になりますね。
    北アルプスは白く冠雪してました。
    私は冬場はポットにお茶を入れる事もありますが、
    単にお湯の事もあります。
    時間がないときなどはペットボトルの水をそのまま入れることも。f^_^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/132-f4f6d707
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。