スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 晩秋の浅間山 後編

2010年11月20日 06:00

2010.11.7(日)

"浅間山荘" から"火山館コース" で上ってきた二人。

9:25  "前掛山登山口" までやってきました。



これからいよいよ "前掛山"(浅間山)へ上ります。

前掛山へ



中腹を行く

山の中腹をトラバースする様に

上って行きます。

一枚板を立てかけたような斜面です。






上るにつれて展望が広がってきました。

"バカ尾根" の向こうに、"田代湖"、"四阿山"、右手は "草津" 方面?

四阿山




このまま直進すれば本来の "浅間山" の火口に到達する訳ですが・・・

10:12 立入禁止告示板とロープが行く手を阻みます。

立入禁止告示板


いくら火山警報レベル1とは言え、

この告示板を無視して中に入るのは、やっぱり気が引けますよねぇ。(^^;




IMG_4368.jpg

で、ここからルートは

大きく右へカーブして、

"前掛山" へと伸びて行きます。





お~っ! これが火山シェルターか~

火山シェルター大小


初めて見ました。

大きいのと小さいのが2棟あります。


火山シェルター大


大きい方の中はこんな感じで、

20人くらいは入れるかな。





"前掛山" の稜線に上がります。

外輪山の向こうに、北アルプスが白い屏風の様に屹立しています。

白い屏風



常念山脈の後に槍穂~

槍穂・常念山脈



鹿島槍~五竜~白馬三山・・・  左端には剣も見えています。

後立山




ちなみに昨年12月、"黒斑山" への途中で見た北アルプスはこんな感じ。↓↓↓

槍ヶ鞘から見る北アルプス
               2010.12月 "槍ヶ鞘" から見る北アルプス)

やはり1ヶ月で雪の多さが全く違いますね~

これぞまさに白い屏風!  真冬の風景ですよね。。。



前掛山稜線


さて、"前掛山" へと緩やかに

上って行きます。





10:34 "前掛山" 山頂です。

前掛山山頂


本来の "浅間山" は長らく立入禁止のため、

この山頂をもって "浅間山" 登頂の代わりとなっています。



でも浅間山の方向を見ると・・・

火口の縁に立つ人


お~っ! 火口の縁に人がいるじゃないですか!?

一体どっから上ってきたんだろう・・・?

まあいずれにしても、"立入禁止を跨いで行った" って事ですよね。

「あくまでも "自己責任" と言う事であればそれも可」・・・と解釈できますかね~



「折角ここまで来たんだから行ってみようか」・・とも思いましたが、

全く予定にしていませんでしたし、

品行方正、かつ気弱なTONOとしては、

あの立入禁止のロープを超えて行くと言うのは、ちょっと抵抗がありまして・・・(^^;


でも次の機会には、必ずやあの火口の様子をカメラで捉えたい。 (笑)

・・・って、けっこうマジだったりして。 ヾ(・・ )ォィォィ



風は冷たくジッとしていると急に寒くなってきます。

ピークを踏んだら下りましょう。

前掛山の稜線1




お昼
火山シェルターの所まで下りたら、

風を避けてお昼にしました。

風がないと日が射して暖かい。




11:07 下山開始します。

日曜日ということもあり、大勢の登山者とすれ違います。

朝と比べるとずいぶん雲が取れてきました。

浅間山



樹林帯


下山は往路を戻るだけ。

木漏れ日の樹林帯を抜け、




秋色に光る "湯ノ平高原" を越えて行きます。

草原の道
                                     (正面に見えるのは "牙山")



火山館シェルター


12:08 火山館で小休止。

火山館1階部分のシェルター。→





12:20 火山館を後にします。

振り返るといつの間にか快晴だ~!!

快晴の浅間山




天気が良いと、気持ちも良いですね~

青空とカラマツの黄葉



斜面を覆いつくす白金色の絨毯

白金色の絨毯



山肌を白く飾る落葉した木々・・・

装いを落とした山が魅せる、素顔の美しさに息をのみます。。。

白く輝く幹



そして、秋色を奏でるカラマツの林

秋色のカラマツ



13:26 "浅間山荘" に戻ってきました。

浅間山荘に戻る


突き抜けるような高い空の下、晩秋の山を満喫した一日でした♪



(天狗温泉 "浅間山荘" へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    まるで雲のよう・・

    外輪山の向こうに見える冠雪した北アルプスの山々が雲のようにも見えますね。
    凄く綺麗です ^^
    黄金色に染まるカラマツの木って、凄く綺麗で、陽光が当たると、言葉を失うくらいに輝いていて・・・
    TONOさん、山って良いっすねぇ~ ^^

  2. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんにちは
    冠雪した北アルプスはまさに絶景。
    カラマツは大分葉が落ちていましたが、
    それでも場所によってはまだ見頃で、
    光り輝く様は実に綺麗でした。
    山は四季折々で素晴らしい景色を見せてくれますよね。(^^)

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 晩秋の浅間山 後編

    こんばんは~(^^)

    浅間山の火口の立入禁止区域はどの位の火山性ガスが発生して
    るんでしょうね‥???
    噴火の可能性が高いので立入禁止ですかね‥???
    火山性ガスも怖いですよね、知らない内に倒れてるかも‥(--;)

    外輪山の向こうに見える稜線がとっても幻想的ですね‥(^^;)
    波しぶきや蜃気楼のようにも見えますね‥(@。@;)
    山は素敵な癒しをあたえてくれますね‥(^。-)

  4. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 晩秋の浅間山 後編

    本当に秋色の山はきれいですね!!

    雪のアルプス絶対に見に行くぞ^0^/

  5. Tom | URL | pSJ6Fihk

    こんばんは

    今年は行けなかったのですが
    毎年、軽井沢に行きます

    その一つに浅間山を見る目的があります

    四季折々の浅間山

    色んな方面から見る浅間山

    車の免許を取ってから30年間
    通ってます



  6. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 晩秋の浅間山 後編

    こんばんは~

    なんだか危険な雰囲気が漂っていますね。
    火山シェルター 本当にこんなので火山弾を防げるのかな~
    火山弾みてみたいけど怖い。

    火口の様子も気になりますね。
    どんな風景が広がっているのかな~

  7. Zep400 | URL | -

    まだ、オンシーズンですね~

    こんばんわ!

    あの先まで…行きたい!
     凄くわかります(@_@;)
    火山性のガスは…チト怖いですから(-_-;)
    次はガスマスク持参でなら可能では!

    まだまだオンシーズンですね!
    羨ましい限り(^^ゞ

  8. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    浅間山は噴火の可能性が高いために立入禁止になっています。
    火山性ガスに対する注意書きは見かけませんでした。
    前掛山の一部から常に煙が出ている場所があって、
    そこからは有毒ガスが出ているようですが、
    硫黄臭はしませんでした。
    でも硫化水素は濃度が濃くなると臭いがしなくなると言いますし、
    怖いですよね~

  9. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんばんは
    秋の山も奇麗ですよね~
    でもこれから山が最も美しい季節がやってきます。
    雪のアルプス・・・是非肉眼でご覧下さい。(^^)

  10. TONO | URL | -

    Tomさんへ

    こんばんは
    Tomさんは30年間、四季折々の浅間山を見てるんですか~
    どの季節の浅間山が一番奇麗なんでしょう・・・
    昨年私は白く冠雪した浅間山に一目ぼれしちゃいました。
    黒斑山から見る浅間山(前掛山)が実に美しかったです。

  11. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    火山シェルターがあるのは火口から500mくらいの場所で、
    もし噴火したら火山弾はバンバン飛んでくるんでしょうね。
    火山の噴火を見てみたい気がしますが、
    本当に噴火したら命が危ないですよね。
    でも火口は一度覗いてみたいです。(^^)

  12. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんばんは
    火口まで行ってみたい・・・
    あの縁から火口を覗いてみたい・・・
    って思ったんですけどね~
    やめときました。
    ガスについての注意はあまりなかったですが、
    ガスは音も形もなく存在してますから怖いですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/133-f590ae5a
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。