スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 白銀の木曽駒ヶ岳 Vol.3

2010年12月15日 18:07

2010.12.5(日)

白く輝く "千畳敷カール" を登って、"乗越浄土" から "中岳" を越えた二人。

一旦、"駒ヶ岳頂上山荘" の建つコルへ下りて、いよいよ "木曽駒ヶ岳" を目指します。



"駒ヶ岳頂上山荘" もこの時期は営業していません。

トイレを借りておこうと思いましたが、入れませんでした。


11:23 シュカブラの上にトレースを残して進みます。

IMG_4811.jpg



この辺りは完全に表面が硬く凍っていました。

アイゼンの爪跡しか残りません。

IMG_4813.jpg



青と白の境界線に向かって1歩1歩。

IMG_4815.jpg



そして傾斜が緩んだと思ったら、前方には祠の建つ場所が。



11:39 あれっ・・・山頂だ。

拍子抜けするくらい呆気なく山頂に到着してしまいました。(^^;

IMG_4816.jpg



IMG_4820.jpg
山頂からは絶景が広がってたんですが、

ともかく風が冷た~い。

11:45 祠の影に隠れるようにして、

とりあえずランチタイム。





"宝剣岳" "中岳" "伊那前岳"の向こうに "南アルプス" の稜線。

3,000m峰がズラリと並びます。

この景色を見ながらランチを楽しみました。

IMG_4828.jpg
    (塩見岳)                    (東岳~荒川岳~赤石岳~聖岳)

IMG_4826_20101215111536.jpg
          (北岳~間ノ岳~濃鳥岳)    (富士山)    (塩見岳)


おやっ! 冠雪した稜線の上に頭を覗かせるのは、"Mt.Fuji" じゃないですか~(^o^)丿

さすがにもう真っ白ですね~



そして "宝剣岳" ズーム!!

う~ん、これってどこを登るんでしょう・・・ ( ̄ー ̄;

やはり夏道とは違うルートなんでしょうねぇ。

IMG_4827.jpg



11:59 さて下りますか。

IMG_4831.jpg



この時、反対側の景色を撮るのをすっかり忘れてました。

ちなみに反対側には、"御岳"、"乗鞍岳" なんかが見えてました。(^^;




木曽駒の斜面を下りて行きます。

P1010110.jpg


この斜面にはスキー滑ったような跡がありました。

でもシュプールって感じではないんだよね・・・

直滑降でもしたようにただひたすら真っ直ぐに伸びてました。(^^;



中岳への上りが始まります。

IMG_4834.jpg



ピークまでもうちょっと。

IMG_4836.jpg




IMG_4840.jpg

中岳ピークです。

風は冷たいけど陽射しが暖かい。

太陽って偉大ですね。




中岳を下ります。

IMG_4841.jpg



IMG_4847.jpg
宝剣山荘の前で

面白いものを見つけました。

"宝剣岳" の身長測定!

身長は・・・2,931m です。(笑)





そしてこちらは、雪面からニョキニョキと生える無数の "逆さ雪筍"。

IMG_4852.jpg


ミクロな樹氷の様にも見えます。

この後も成長するんでしょうか・・・???

どうやってこんな風になるのか不思議ですよね~



さて、宝剣岳の基部に来たけど・・・


「どうする? 登る?」

「姫はどっちでも良いけど・・・ 登んなくても良いんじゃない。」

「う~ん、そうだよね・・・」


ちょうど、登ってる人が2人見えましたが、けっこう大変そう。

IMG_4856.jpg


・・・・・

今回もまた雪の "宝剣岳" はスルーです。(^^ゞ


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    No title

    こんばんは^^   ここは標高高い割には、雪装備しっかりしていけば登れそうですね!

    最高の景色を見てランチ!! おいしそ~^0^/

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんばんは
    ここは下に千畳敷ホテルもあるし、
    比較的冬でも登り易いと思います。
    晴れた日を選んで是非行ってみて下さい。
    雪山の比類無き美しさを体感できますよ。(^^)

  3. Zep400 | URL | -

    キレイです!!!

    こんばんわ~

    良いですね~
    「冬」 「山」 「空」 「青」 「白」…

    壮大な山の 冬の頂と青の空が
    どの絵を見ても 気持ちよいですね!

    冬の白と 青空の山って 良いですね(^^ゞ

  4. オニキス君 | URL | -

    TONO さんへ

    こんにちは、宝剣岳の身長測定、上手く出来てますね~
    自然って面白い!それを見つけてしまうTONOさんも
    ユーモア有りますよねv-411
    にょきにょき出てる雪筍はカワイイサイズなんですか?
    昔子供の頃見たムーミンに出てきたニョロニョロの
    群れみたいです(笑)

  5. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんばんは~(^^)

    冬山もまた魅力的ですね‥(^-^)
    でも寒そう~でなく寒いんですよね‥(^^;)
    蜃気楼のように見える山並み幻想的ですね‥(^0^)
    冬山ならではの光景素晴らしいです‥(^-^)
    冬山は、登山道や来た道がわからなくなる事多々
    ありますよね‥(^^;)
    チョット怖いような気がします‥(--;)

  6. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんばんは
    青と白の世界・・・美しいですよね。
    写真を見たたけでも気持ち良いですが、
    実際にそこに自分の身を置くと、もっと気持ち良いですよ。(^^)
    晴れた雪山は最高です。

  7. TONO | URL | -

    オニキス君へ

    こんばんは
    身長測定にコメントくれるのは、オニキス君だと思ってました。(^^)
    海老の尻尾を撮ろうとして、偶然見つけたものです。
    3,000mに届かんばかりの身長ですからね~
    デカイです。(笑)

    一方の雪筍は本当にチビッ子サイズなんです。
    1~2cmくらいの大きさです。
    確かに "ニョロニョロ" がいっぱいですね。(^^)

  8. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    カール内は風がなくて、陽射しが暖かくて、
    歩いてると全く寒さは感じませんでしたが、
    稜線に出ると急に風が強くなって一気に冷えました。
    でもそれなりの格好してますから、寒いって事はないです。
    足先とかはいつの間にか冷たくはなりますが。

    雪が降ってる時やガスってる時はやはり道迷いには要注意です。
    そんな日には雪山に行かないようにしています。
    また途中で天候が悪化したら引き返す勇気も必要ですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/143-d7f69272
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。