スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 谷川岳 前編 "魅惑の白い双耳峰"

2010年12月20日 21:30

あと2週間で今年も終わりですね。
今年は "本沢温泉" での 「決死の入浴隊」 で始まって、(笑)
色んな山に登ってるうちにもう師走ですから・・・本当に早いものです。

IMG_4910.jpg



さて次は "硫黄岳" の本編ですが、年末はいろいろ忙しくって・・・
で、またまた過去記事の引っ越しをさせて頂きます。 (^^ゞ

今回の過去記事は、 2009年に冬の "谷川岳" に挑んだ時の記録。





2009.12.26(土)

この日は天気もさほど良い感じではなかったので、
スノーシューハイキングの後に、"宝川温泉" に宿泊という計画でした。

汪泉閣



スノーシューは '08年シーズンから始めたのですが、
「けっこう面白~い!」 と、'09年のテーマになっていました。


あっ、でも 「面白~い」 って言ってるのはTONOだけで、
姫的には 「スノーシュー!?・・・別に・・」 って感じ。 (^^;
旭川出身の姫は、子供の頃、さんざん雪の中で遊んだらしい。
・・・なので、今さら雪の中でハイキングしなくてもいいんだって。



いちおう姫の言い分も聞いといて・・・
で、「どこにスノー・ハイキングに行こうか?」 (笑)



この時は、TONOの情報収集の結果、
"水上宝台樹スキー場" の近くの "大幽洞窟" が候補に。

この "大幽洞窟" は、いろんなスノーシューツアーにも組み込まれていて、
下から伸びる氷の柱・・・ "氷筍" が見られる神秘の洞窟だとのこと。

ほ~っ。 なかなか良いんじゃない。

氷筍
                     (写真はどこからか勝手に拝借しました m(__)m)


「"大幽洞窟" っていうのがあるんだけど・・どう?」

「ふ~ん・・どこでも良いよ。」


よし、決定!!

今回は "大幽洞窟" で "氷筍" を見よう!



登山じゃないから、現地を11時くらいに出発できれば良いよね。
と言うことで・・・

6:30 自宅を出発しました。



10:19 関越水上ICを下りると、青い空に真っ白い双耳峰!

うわ~っ。 "谷川岳" があんなにきれいに・・・
これは登らずにはいられません。

IMGP6351.jpg




「洞窟やめて、谷川岳にする?」

「うん。それでも良いよ♪」


で、急遽、予定を変更。

"大幽洞窟" はまた今度と言うことで。 (^^ゞ

・・・今年は行きたいところです。


"大穴スキー場" の前で、"藤原ダム" 方面への道を右に見送り直進。
"谷川岳ロープウェイ" に向かいました。




10:35 ロープウェイ駅の駐車場に到着。
非常に閑散としております。




IMGP6357.jpg


11:01 準備を整えて、
誰もいないロープウェイに乗り込みます。




IMGP6359.jpg


ロープウェイの中で腹ごしらえ。




11:17 快晴の "天神平スキー場" に降り立ちました。
前方に "谷川岳" がはっきり見えています。

IMGP6361.jpg



P1060294.jpg


11:24 スノーシューを履いたら、
早速上り始めますか。





でももう11時半だけど・・・こんな時間から上まで着けるのか!?






IMGP6364.jpg


まずはゲレンデの右端を上っていきます。
気温が高く、すぐアウターを脱ぎました。



IMGP6366.jpg


  積雪が少ないためか、直接尾根に上がらず、
  右に巻く様にトレースが付いています。



P1060298.jpg


天気は良いんだけど、
雲が出てきたな・・・



IMGP6374.jpg


  "熊穴沢避難小屋" が見えてきました。



IMGP6375.jpg


12:20 避難小屋に到着。
まだ小屋は雪に埋もれていません。




'08シーズン来たのは 1月24日 と 3月15日 でしたが、
両日とも避難小屋は完全に雪に覆われ、
"積雪観測用の柱" しか見えませんでした。
その時と比べると、まだまだ雪が少ないですね。



水を飲んで行動食を摂り、ちょっと休憩。

IMGP6376.jpg



IMGP6377.jpg


12:23 避難小屋を後に、
"天神尾根" を進みます。





大分雲が出てきましたが、
まだ青空が見えていて気持ちの良い尾根歩きです。

IMGP6378.jpg




気温が高く、春先のような湿った雪に、足を取られながら急登します。

IMGP6381.jpg




振り返れば後方に上越の山々が霞んでいます。

P1060309.jpg




12:54 まだ明るいながら、ガスに包まれ視界不良になってきました。

IMGP6384.jpg
 

ロープウェイの時間(この日の最終は16時)もあるし、

タイムリミットは14時です。


14時になったら下り始めなければ・・・
果たして山頂まで行けるのか!?


 (ホワイトアウト へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. オニキス君 | URL | -

    TONO さんへ

    こんにちは、スノーシューですか~色々教えて
    頂いております!年末は忙しいですもんね。
    大幽洞窟!早くみたいです!

    ロープーウェイでここまで登ってスキーではない!贅沢だ~v-411
    himeさんはいつでもクールなんですね。
    快晴の時は気持ちよさそうなんですが
    ガスってくると見てる方も不安になります~
    無事に帰って来て下さいね~って帰って来てるか!(笑)

  2. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    暮れの忙しい中、コメントありがとうございます。
    これは昨年のものですが、スキー場がガラガラですね。
    自分が若い頃と比べると明らかにスキー人口は減ってますよね。

    冬は天候の変化が激しくて、この後ガスガスの視界10mになりました。
    遭難せずに無事下山できたのですが、けっこうビクビクもんでした。

    姫はクールと言うか、基本的に寒いところが嫌いなんです。
    で、雪山もできることなら回避したいと思ってるんです。
    それが原因で最近大喧嘩しましたが。(^^ゞ
    それでも今年こそ "大幽洞窟" に行こうと狙ってます。
    姫の嫌いなスノーシューを履いて・・・ (^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/145-ea8f22eb
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。