スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 谷川岳 後編 "ホワイトアウト"

2010年12月23日 07:10

2009.12.26(土)

"大幽洞窟" へのスノーハイキングの予定で "水上IC" を降りた二人ですが、
"白い双耳峰" に魅せられ、急遽予定を変更し "谷川岳" へ。

ロープウェイで "天神平スキー場" に上がり、"トマの耳" を目指しました。







IMGP6386.jpg

登り始めは快晴でしたが、
ガスが多くなり、視界不良に。 ( ̄ー ̄;

やがてガスの中から大きな岩が見えました。
"天狗の溜まり場" です。




13:01 "天狗の溜まり場" に到着。
この時さっきまでのガスが嘘のように切れて、景色が一変しました。
・・・またその逆もありってことですね。

IMGP6387.jpg





写真だけ撮って、そのまま先を急ぎます。

IMGP6388.jpg





少し行くと、完全に雲の中に入ったようです。

IMGP6392.jpg




P1060314.jpg
あたり一面真っ白。(‥;
山頂方面はもとより、
振り返って下を見ても何も見えません。
視界は10mといったところか・・・
ただ雪は降ってないので、
足元のトレースは確認できます。








13:39 "ザンゲ岩" まで来ました。
山頂まではあと20分ちょっとだ。

IMGP6393.jpg




トレースを辿ってガスの中を進みます。
そろそろ "肩の小屋" が見えてくるはずだが・・・





IMGP6394.jpg
13:53 前方に突然現れたのは、
"肩の広場" に立つ道標。
無数のエビの尻尾で樹氷状態だ。

ここから目と鼻の先には、
"肩の小屋" があるのですが、
目を凝らしても全く見えず。 (・_・ ) ( ・_・)


下山のタイムリミットは 2時。

・・・ あと 7分




ここから "トマの耳" までは10分かからない。
時間的にはギリギリセーフだが、

どうするTONO・・・  ( ̄ー ̄;)ゞ ううむ


とりあえず、"肩の広場" から山頂までは、吹きさらしの強風だ。

硬く締った雪面には、トレースが・・・ない!!



何度か行った "谷川岳トマの耳" ・・・
このまま登って行けば山頂に着くことはわかっていますが、
視界10m、トレースなしの状況では、戻る方向がわからなくなる可能性も。


・・・ ここは行ってはいけない

残念ですがここで撤収することに。


P1060319.jpg

13:56 「下りよう!」

未練が残る姫を促し、
下山することにしました。




P1060322.jpg

  どんどんガスは濃くなり、
  まだ2時だと言うのに、
  暗くなってきました。
  サッサと下りないと遭難だ~ (ノ゚ο゚)ノ




IMGP6396-1.jpg


ふと見ると姫の髪の毛は、まるで霧氷状態。
髪の毛が氷でコーティングされてます。
う~ん・・・けっこう綺麗かも。 (* ̄∇ ̄*)

・・・って、そんな写真撮ってる場合じゃないし!
早く下りなさいって!! ヾ(ーー )ォィ




この後、"谷川の大斜面" を急いで下りている時です。
足を滑らせTONOが転倒。
スノーシューのクランポンに雪が付いて団子になり、
全く制動が効かなくなったためです。


すぐに滑落停止体勢にはいり、
ストックの先を短く持って、雪面に突き刺し制動。
事なきを得ましたが、止まらずスピードがつくとヤバかったです。 (‥;



スノーシューはテール部分が大きいため、
傾斜が強くなると下りでは使いにくい場面も出てきます。

やはり雪山登山にはアイゼン・ピッケルは必携ですな。
急斜面で転倒した時にピッケルが無いのは怖いです。


これ以降は、時折ストックでクランポンの雪を叩き落しながら下りました。



IMGP6398.jpg


14:19 "天狗の溜まり場" を通過。




14:40 避難小屋が見えてきました。
ここまで来ればとりあえず一安心ですが、
ゴンドラの時間もあるので、駅を目指してノンストップで歩きます。

IMGP6400-1.jpg






IMGP6403_20100105210731.jpg

15:19 着いた~ (^o^)丿

あんなに晴れてたゲレンデが、ガスで真っ白。
リフトは動いてましたが、
当然ながらお客さんは皆無。


何はともあれ、無事にロープウェイ駅に到着。
いや~ホッとしました。 (*^o^*)




IMGP6407.jpg

  15:27 ゴンドラに乗り込み、
  今日の反省会をしながら、
  パンやオニギリを食べて一息。



IMGP6411.jpg

15:37 山麓駅に到着。

誰もいない通路を駐車場に向かいます。




IMGP6412s.jpg

  車で簡単に着替えて、
  今宵の宿 "宝川温泉" へ。
  下山後の温泉は最高です。
  


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. バカボンパパ | URL | JalddpaA

    ザンゲ

    ザンゲ岩ですか?
    山形蔵王の頂上付近にも、樹氷の中をスキーで降りてくるコースがありそこが『ザンゲ坂』と言ってます。
    >無数のエビの尻尾で樹氷状態だ。
    まさにエビの尻尾です
    髪の毛や眉毛なども白くなりますね、同じです

    霧が出ると方向がわからなくなりませんか
    Tonoさん、ホワイトアウトしないでね

  2. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    こんばんは
    谷川岳にはザンゲ岩と天神ザンゲ岩と二つのザンゲ岩があります。、
    ザンゲ沢という沢をつめるとザンゲ岩に出るので、
    その名が付いているんだろうと思いますが、
    ザンゲは懺悔なのかは・・・???
    蔵王にスキーに行った時に、半分雪に埋ったお地蔵さんと、
    ザンゲ坂と呼ばれる狭い溝状のコースがあったことを思い出しました。

    ホワイトアウトは怖いですね。
    この時もけっこうあせりましたよ。(^^;
    雪が降っててトレースが消えたら、
    どこに進めば良いのか全くわからなくなりますね。

  3. aki | URL | TRcOFq4w

    雲オトコ&霧オンナ

    珍しくホワイトアウトですね。
    TONOさんのブログを拝見して一番羨ましいなぁと思うのは、おふたりが“晴れ男”“晴れ女”らしいことです(笑)。もちろんたまにはとんでもない悪天候にも遭われていらっしゃいますが、剱岳の時のように、ちゃんと翌日には良いお天気に恵まれる...やっぱり普段の心掛けの違いなのでしょうか?
    僕らは“雲男”“霧女”で、いつも天候の悪化を相棒のせいにして罵り合っております(苦笑)

  4. TONO | URL | -

    aki さんへ

    山を始めた頃は、二人は "雨男" "ガス女" だったんです。
    富士山でも立山でも白馬でもガス&雨でしたし、
    幾度となくガスガスの穂高を体験しました。
    基本的に暦通りの休日なので天気は運次第なんですが、
    けっこう地域によって天気が異なることがわかり、
    最近はなるべく天気の良い所を選んで行くようにしています。
    結果、"晴れ男" "晴れ女" に変身できたのかなぁ・・・
    でもいつまた "雨男" "ガス女" に戻るかわかりませんが。(笑)

  5. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんにちは~(^^)

    ホワイトアウト怖すぎます‥(--;)
    一歩間違えば遭難ですよね‥(--)
    やはり冬山は怖いですね‥(^^;)
    TONOさん気を付けてこれからも登山して
    下さいね‥(^。-)

  6. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    この時はガスで視界が悪かったものの、
    雪は降ってなくてトレースが消えることはなかったので、
    その点では安心してました。
    もし雪が降っていたらその時点で引き返したでしょう。
    雪が降ってホワイトアウトしたら遭難ですよね。
    いつまでも初心を忘れずにいきたいと思います。(^^ゞ

  7. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    No title

    こんにちは~にゃーすけです^^

    もうちょっとの無理が大変なことになってしまうことがあるのが山の怖さですね。
    懸命な判断だと思います^^b

    谷川岳は一番行っている山なので、冬も挑戦してみたいです^0^/

  8. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    こんばんは~

    スノーシュも下りは危険なのですか~
    まぁ雪質によっては、スキーのシールにも雪がダンゴ上に付着し
    滑らなくなる事もあるので、
    クランポに雪が付けばスパイクが効かなくなるのですね。
    やはり冬山は、危険がいっぱいなのですね。

    姫さんの髪の毛、きれいな樹氷状態ですね。
    髪の毛が凍ることもありますが、あまり寒くなると
    鼻毛が凍りつく事もあります。
    旭川出身の姫さんなら何度も体験しているハズ!

  9. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    肩の広場からトマの耳まではほんのちょっとですが、
    行ってしまうと戻る方向が分からなくなる気がしました。
    今考えても行かなくて正解だったと思います。
    晴れた日の天神尾根なら短時間で山頂に着けますよ。
    最初は3月~4月の雪が安定している時が狙い目かも。(^^v

  10. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    こんばんは
    スノーシューでの登山はやはり限界がある気がします。
    上りはまだ良いとしても、下りで傾斜がきついとテールが邪魔になります。
    腐った春雪などはスノーシューでもアイゼンでも雪が団子になって、
    全く制動が利かなくなりますが、
    特にスノーシューで顕著な気がします。

    姫に聞いたら、冬に鼻で息を吸い込むと鼻翼がくっついて
    鼻の穴が閉じるって言ってました。(^^;

  11. オニキス君 | URL | -

    TONO さんへ

    こんばんわ、読んでて引き込まれるんですが
    いやー!気をつけて下さいね!マジでv-399
    himeさんの髪の毛に見とれてる場合じゃないっす(笑)
    無事で何より、ロープーウェイで反省会も出来る時間帯に
    駅に戻ってこれて良かったですねv-411
    コンだけ寒くて温泉につかると悴んでいた皮膚が
    痒くなったりしませんか?v-410

    今年はありがとうございました、来年も
    変わりなくお付き合い下さい!
    himeさんにもよろしくお伝え下さいね~
    良いお年を

  12. TONO | URL | -

    オニキス君 さんへ

    これはちょうど1年前の話なんですが、
    自分で読み返して怖くなります。
    よく姫の髪の写真なんて撮る余裕があったもんです・・・(^^;
    ニュースにならないよう気を付けないと。

    確かに冷え切った時に温泉に入ると痛痒くなりますね。
    でもこの時は見た目より寒くなくて、
    しかも急いで歩いてるので体はポカポカでした。

    今年は1ヵ月ほどのお付き合いでしたが、
    コメント頂きありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/146-337f1812
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。