スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もまた "乾徳山" へ 後編

2011年01月21日 13:24

2011.1.2(日)

新年を迎えて初登りの "乾徳山" です。

"徳和集落" から上り "月見岩" までやってきた二人。


11:38 進路を左に取り、いよいよ "乾徳山" の頂に向かいました。



IMG_5327.jpg
100mほどカヤトの原をなだらかに上り、

"扇平"(1,850m)の標識を通過すると、

葉の落ちた樹林帯に入ります。




IMG_5328.jpg
  岩が重なる斜面に雪が薄っすら。

  不用意に足を乗せるとズルッとくるので、

  足元を確かめながら上ります。




IMG_5330.jpg
しばらく上ると、所々急な岩場が出てきます。

日陰の斜面は凍っているし、

ソールに付いた雪が更に滑りやすくしています。

軽アイゼンがあると楽かな・・・





P1010200.jpg
  頂上が近づいてくると、

  切り立った岩壁が現れます。

  ここからストックは邪魔になるので、

  ザックに括り付けます。




この辺りは、"国師ヶ原" から仰ぎ見た際に、山頂付近に見えた岩場なんだろうか・・・

足元が切れ落ちてますから、落ちたらまず命はないですね。



ぶら下がった鎖を鎖を掴んでよじ上ります。

靴が滑るのでけっこう必死です。 (← TONOだけかも ^^;)

IMG_5336.jpg IMG_5337.jpg




そして見えてきました・・・ "天狗岩"。

この最後のアトラクションが終わると山頂です。

IMG_5339.jpg



12:28 いつもの様に姫が先に行きます。

岩の割れ目に靴先を突っ込んで、鎖を頼りに上ります。

IMG_5341_20110120131508.jpg IMG_5342_20110120131513.jpg



最初の一枚岩部分が終わると、更に上に岩壁が続きます。

IMG_5343.jpg IMG_5345.jpg



全部で30mほどの岩場を上り切ると、誰もいない頂上へ飛び出しました。

12:33 "乾徳山" に無事登頂です。

IMG_5347.jpg




IMG_5348.jpg
姫は祠の後の更に高い岩の上で、

満面の笑み。

見てるTONOはハラハラドキドキ。





IMG_5353.jpg
  さて頂上でお昼にしましょう。

  雲が多くなってきましたが、

  富士山は何とか見えてました。

  (オニギリ片手にメールチェック中の姫)



晴れてるとは言え、ジッとしてると体が冷えます。

姫は山スカからズボンに履き替えて下山開始です。


12:52 "天狗岩" を下りはじめます。

まずは上の部分の岩場。

ここはホールドスタンスともに豊富です。

IMG_5355.jpg IMG_5356.jpg
IMG_5357.jpg IMG_5359.jpg



姫が上の部分を下りたらTONOが続きます。

下の部分の一枚岩は、ホールドスタンスともに乏しいので腕力勝負です。 (笑)

P1010212-4.jpgIMG_5363.jpgIMG_5364.jpg







"天狗岩" が終わってもう一つ鎖場を下ります。

IMG_5366.jpg IMG_5369.jpg




IMG_5374.jpg


スリップし易い斜面は、

ストックを使いながら慎重に。




岩と樹林地帯を抜け、明るく開放的な "扇平"に出ました。

IMG_5378.jpg


IMG_5382.jpg

13:36 "月見岩"

ここで姫は再び山スカになるようです。

・・って言うかこの人、ズボンを脱ぎ捨てて

タイツ姿なんですけど。





帰りはどっちから下りる?

朝のおじさんは "道満尾根" の方は勧めないって言ってたけど・・・

前に通った時は問題なかったよねぇ。

行きと帰りが同じ道ってあまり好きじゃないし・・・

え~い! 行っちゃえ。


13:44 おじさんの忠告を無視して、 "道満尾根" に進みました。

IMG_5385.jpg


そしてこの選択が、姫の身にある災難(!?)をもたらすことになろうとは・・・

この時は知る由もなかったのでした。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    No Title

    こんばんは~ ここも意外と雪が無いんですね~ 来週あたりに行ってみようかな?   それにしても姫さんの身におこることって、いったい!! 心配で次回が早く読みたいです>_<

  2. ゆぅ&かん | URL | -

    No Title

    おはようございます~(^^)
    凄い絶壁の鎖場ですね‥(@。@;)
    見ているだけで手に汗がにじみます‥(--;)
    でも登りきった時は感動しますよね‥(^0^)
    いつになったらこんな素晴らしい山を登る事が
    出来るようになるのかな‥(^^;)

  3. オニキス君 | URL | -

    TONO さんへ

    やった!おじさん無視~イヤッホー!!
    乾徳山はいきなり険しくなってるんですね。
    扇平ならなんとか自分でも行けそうですが(笑)
    災難ってなんだろう?!う~ん次の更新を
    楽しみに待っておりますv-410

  4. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんにちは
    山梨県の山ですから基本的にそんなに雪は降らないんでしょうね。
    冬の晴天率は高そうですし。
    姫の身に起こることは・・・次回を待ってて下さいね。(^^)

  5. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんにちは
    天狗岩の出だしは、斜度70度くらいで、
    ホールドもスタンスも少ないし、濡れた靴はズルズル滑るし、
    なかなか気の抜けないところです。
    でも鎖があるのでなんとかよじ登れますよ。
    迂回路もありますし、
    鎖場を通らないで登頂できるルートもあります。(^^v

  6. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんにちは
    一面のカヤトの原、その向こうに広がる甲府盆地と雄大な富士山。。。
    扇平で味わう気持ちのいい解放感。
    そしてその先に突如現れる岩場で味わうスリルと爽快感。
    乾徳山はやっぱり良い山です。

    災難と言うか事故と言うか・・・
    おじさん無視の罰が当たったのかも。(^^;
    詳細は次回をお待ち下さいませ。

  7. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    No Title

    こんばんは~

    あの鎖場や岩場を登るのは、
    まだいいとしても下るのは怖そう!
    でも別ルートの災いも気になります。

  8. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    そうなんです。
    上りより下りの方が大変でした。
    鎖があるので力技で行けましたが。(^^;
    ここは上れるけど下れないな~って所ありますよね。
    災いは今日アップしました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/158-75fe1160
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。