スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 冬の男体山 Vol.1 今度は表から

2011年01月27日 12:29

今月は退職者や産休に入る人がいたため、姫は休日出勤が多くなり、

正月の "乾徳山" 以降は一緒に山に行けてません。



TONOの単独行の記事は不評だし、作ってる自分も楽しくないので、(笑)

・・・丹沢の記録はそのうち書くとして ^^;

今回は昨年の冬に登った "男体山" の過去記事を引越しさせて頂きます。




昨年の1月・・・ ちょうど1年前のとある金曜の夜。

翌日の関東平野部は、快晴の予報

でも、東北日本海側~北陸、中部地方は天気良くないみたいだね・・・

日帰り可能で、晴れてる雪山はないかな~?

天気予報で雲の動きをチェックします。


"八ヶ岳" 周辺は駄目だな~

"赤城山"、"谷川岳" の辺りも雲がかかってるし・・・


 "中善寺湖" の辺りには、雲がかかんないみたい♪」

"中禅寺湖" の周りと言うと・・・

"男体山" か~! (o ̄∇ ̄o) ♪



IMGP5305.jpg 

2009年の秋、
から登った "男体山"。
(→ こちら


やはり からも
登っとかないとね~ 




「積雪期にも登ってみたいなぁ」 

・・・と思ってたところでした。

                                           (2009.10.31 男体山山頂にて)



「よし明日は "男体山" だ!」

もし天気が悪かったら、"戦場ヶ原" でスノーシュー・ハイキングという事で。 








2010.1.23(土)

4時半起床。

5時過ぎに家を出発。

東北道~日光宇都宮道路へ。


7:55 日光宇都宮道路に入ると、"男体山ファミリー" のお出迎えです。

IMGP7135_20100202121624.jpg


左に "男体山"、中央が "太郎山"、右には "大真名子" "小真名子" "女峰山" が重なります。

山頂にちょっと雲があるけど大丈夫でしょ。

テンション上がってきました~ 



IMGP7139.jpg


8:20 "いろは坂" を上り、"明智平" を通過。




IMGP7140.jpg


ここからは、"男体山" が大きい。




8:23 中禅寺湖畔に着きました。

IMGP7141.jpg



この時期、"二荒神社" の登拝門は閉まっています。

原則的には冬季の "男体山" の登山は禁止です。

正攻法では登山口に着くことができません。 (笑)


そこで事前に入手した情報に従い、湖畔の県営有料駐車場へ。



IMGP7143.jpg

広い駐車場に、他には1台のみ。

一番奥に車を停めて準備します。


北側には "男体山" が聳えます。



IMGP7142.jpg


  路面には、昨日の雪が薄っすらと。



IMGP7145.jpg

  準備を整えたら、トイレに寄ります。

  下に奇麗なトイレがありました。




8:58 トイレも済ませ、さて出発!

・・・なんですが、ここからが良く分からない。

確か先人の記録では、駐車場から参道に出る 裏道 があるはずだが・・・



IMGP7147.jpg
 発見!

雪の上に踏み跡があります。
  

踏み跡を辿って、

駐車場の横を抜けていきます。




駐車場の向こうには、"中禅寺湖" が静かに佇んでいました。

IMGP7148.jpg


やがて踏み跡は、右手の山裾の方へ。

ところが途中で薄くなり、判読不能に。

あるのは犬の足跡だけ・・・


  「ねぇ・・殿様~、この道であってるの~?」

  「う~ん・・・一応足跡はあるんだけどね・・・」

  「・・・それって、犬の足跡でしょ!!」

  「まぁ、そうなんだけど・・・」


これって獣道!?

でも野犬がいるとは思えないし、

きっと誰か犬を散歩させたんだよね。 



ちょっと迷いましたが、先に進むと明確な道となりました。

方向も合ってるみたいだし、バッチリです。 (^^v

IMGP7149.jpg



IMGP7153.jpg

9:13 参道につき当たりました。

石段を降りた所には、閉ざされた登拝門らしきものが。



IMGP7154.jpg


  ここからしばし、石段を上ります。



IMGP7156.jpg
9:16 ほどなく登山口の "1合目" の表示が。

石段はここで終わり、

荒れた登山道を登っていきます。




凍った土の上に、薄っすら雪が乗ってる状態なので滑り易いです。

ピッケルを杖代わりにして、慎重に登っていきます。



IMGP7158.jpg

  9:35 姫はお腹が空いたらしい。

  途中でパンを食べて小休止。




IMGP7159.jpg
9:47 だんだん雪も多くなるし、

斜度もきつくなってきたので、

アイゼンを着けることに。



アイゼンを着けると滑らず、足元が安定しますね。



10:04 やがて、林を抜けて林道に出ました。

ここが "3合目" のようです。



中禅寺湖が深い色合いですね~ ♪

吸い込まれそうに美しいです。

IMGP7163.jpg


ここから本来は林道歩きですが、ショートカットします。

"観音薙" の砂防ダムの右端から、

急斜面に付いたトレースを追って、再び林の中へ。



最初は踏み跡が分かったのですが、

途中からは完全に見失いました。

笹原の中をひたすら直登します。




IMGP7167.jpg10:23 再び林道に出ました。

鳥居のある "4合目" です。

再びパンを食べて小休止。

姫のテンション  なのが、

気になるところです・・・



 (遠かった山頂 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    No Title

    おはようございます~(^^)
    今回は、姫さんも一緒で寂しくないですね‥(^^)
    やっぱりTONOさんは姫さんと一緒じゃないとね‥(^-^)

    男体山は、太郎山、大真名子、小真名子、女峰山と山並み
    が続くんですね、とっても綺麗ですね‥(^^)

    また~!!!中禅寺湖が吸い込まれるくらい綺麗ですね‥(^0^)
    私達もこんな綺麗な冬山登って見たいです、でもうちは、
    姫が、かたくなに冬山登山を拒絶しています‥(--;)
    冬は、やっぱりスキーでしようですって‥(--;)

  2. クロちゃん | URL | -

    No Title

    中禅寺湖がとても綺麗です。
    お天気も良く なかなかの登山日和のようですね。

    快晴の冬山は 本当に気持ちが良いですね。
    殿さんの 天気予報 ずばり 的中ですね。

  3. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんにちは
    今回は姫と二人で本来の形に戻りました。(^^)

    男体山ファミリーは遠くで見るとやはり一つの山塊ですね。
    男体山がお父さん、女峰山がお母さん、太郎山が長男、
    それに大真名子・小真名子の二人の愛子(まなこ)の家族なんです。

    冬の中善寺湖は、ハッとするほど美しかったです。
    他の季節では見れない凛とした美しさがありますね。

    かんさんのとこの姫様は、冬はスキーですか~
    確かにそれは正しい選択ですよね。
    私達も最近スキーに行ってきました。
    男体山編の後にアップします。(^^)

  4. TONO | URL | -

    クロちゃん へ

    こんばんは
    中禅寺湖は早い時間は凄い奇麗でした。
    でも午後になると湖面に雲がかかってきて、
    この深遠な色は見えなくなってしまいました。
    男体山上空は、雲は出てきたものの、
    何とか一日晴れてくれました。
    時間ごとの雨雲の予想図を見ただけなので、
    私が予報したというのは語弊がありますね。(^^ゞ

  5. JJ | URL | -

    No Title

    こんばんは。
    姫さん、お久しぶりです(笑)
    中禅寺湖、とってもキレイですね♪
    やっぱり高い所から見ると全然違った感じに見えます。
    冬山登る装備は持っていないので、真似はできませんが、
    TONOさんの写真で楽しませてもらいますね♪
    っにしても、姫さんが心配です。。

  6. TONO | URL | -

    JJ さんへ

    こんばんは
    姫は1週間ぶりの登場です。
    やはり姫が出ないと、ランキングは下がる一方です~(^^;
    ふと振り返ったときに見た中禅寺湖は、とても美しかったです。
    途中から湖面に雲がかかってきたので、
    この辺りから見た湖面が一番奇麗だったかも知れません。
    姫のテンション↓↓の理由は、Vol.3で明らかになります。

  7. さすらい凛人 | URL | -

    こんにちは~

    今回は二人なんですね!やっぱり一人は寂しいものですよね~
    中禅寺湖は綺麗ですね!ほんと吸い込まれそうですね

    TONOさんのテンションアップとは裏腹に
    姫さんのテンションダウンが気になりますね~
    今後の展開でその辺のところが明かされるんですか?

  8. shu-ran | URL | -

    No Title

    TONOさん、こんばんは。お久しぶりです。
    男体山の冬季見てみたかったです。どんな風な雪山なんでしょう?
    楽しみです。
    てか、姫さんテンション下げ下げでどうしたんですか?
    気になります。

  9. TONO | URL | -

    さすらい凛人 さんへ

    こんばんは
    はい、今回は二人です。
    やはり、二人一緒が良いですね。
    ブログを見てる人も当然そうですよね。(^^)
    姫は冬場はあまり活動したくないみたいです。
    温泉でまったりの方がいいみたい。(^^;
    そしてVol.3で姫の爆弾発言です。

  10. TONO | URL | -

    shu-ran さんへ

    こんばんは
    雪の中で遊んでますか~?
    最近雪が降ってないみたいだけど、
    今日は結構降ったんですかね~?

    この時の男体山は、思ったより雪が少なかったです。
    姫は最初からテンション低かったですね~
    あまり乗り気じゃなかったみたいです。
    姫は基本的に、あまり冬が好きじゃないみたいです。(^^;

  11. aki | URL | TRcOFq4w

    生まれた環境

    姫さんは北海道出身でしたっけ?
    そりゃもう雪なんて見たくないし、スノーシュー?何が楽しいの?って感じですよね。
    雪が積もるなんてのは台風直撃や震度4以上の地震よりも頻度が低い福岡&三重の僕らは、白銀の世界ってだけで非日常の世界ですからワクワクドキドキ。雪を見ただけで犬のように意味もなく駆け回ってしまいます(笑)

    あ、それと、姫さんと一緒の山行は確かに読ませてもらってて華やかでワクワクしますが、TONOさんのソロも決してつまんないってわけじゃないですので、念のため。僕も時々ソロ活動をしますが、時にはソロも味わい深いものですよね。

  12. TONO | URL | -

    aki さんへ

    こんばんは
    私も雪を見るとワクワクする方で、たまに神奈川の家の周りで雪が降ったりすると、
    「いいぞいいぞ~もっと降れもっと降れ」・・・って思っちゃいます。
    大雪で困ってる人が見たら激怒しそうなコメントですよね。
    不謹慎な発言で申し訳ございません。 m(__)m
    一方北海道旭川出身の姫は、子供の頃雪の中で飽きるほど遊んだようで、
    雪を見てのトキメキ度は極めて低いですね。
    姫が冬にトキメクのは真っ白い穂高だけみたいです。(^^;
    私なんか雪の中を歩くだけで「楽しい~♪」って思っちゃうんですけどね~

    ソロ記事へのフォローのコメントありがとうございます。(笑)
    ソロ登山は姫を危険に晒さす事がないという点で絶対的に安心なんですが、
    もし自分に何かあった場合の生還率は下がるという点では不安でもあります。
    登山のパートナーという点でも姫の存在は大きいのですが、
    それよりもやはり素晴らしい景色は一人で見るより二人で一緒に見たほうが何倍も感動的で、そこに至る過程も二人の方が百倍楽しいわけで、
    そういう気持ちが記事にもにじみ出ちゃうんでしょうね~ (^^ゞ
    "ソロ記事がつまんない" と言うのは、実は私自身が一番そう感じている事でもあるんですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/160-6cf1ab32
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。