スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 乾徳山

2013年04月23日 21:48

先週末は冷たい雨に強い風が吹き、冬に戻ったような天気でした。
晴れていれば山に行こうと思っていた二人ですが、
あんな天気では全くそんな気はおきず、
猫とコタツに入ってウダウダと。(^^;

さて最近の山行、キャンプ、温泉とも全てブログ作製は終了したし、
記事にするようなネタもないので、過去記事を引越しすることに。
(・・・って言うかまだ過去記事が残ってたわけで

5年前のちょうど今頃、"乾徳山" に行ったときの記録です。




2008.4.27(日)

6時頃に自宅を出て、相模湖ICから中央道へ。
勝沼ICを下りて塩山方向へ向かいます。
140号線を進み "乾徳山登山口" の看板を左へ。
1本道をズンズン進むと徳和集落に入り、
徳和川を渡る手前の無料駐車場に車を停めました。


曇り空で春にしてはちょっと肌寒い感じ。
準備をしたら、川沿いの車道を登山口へ向かいます。

P1010833.jpg


P1010835.jpg




乾徳神社の桜は
満開~散り始め。。。
ピンクがかった花が奇麗。

ソメイヨシノと比べると
ピンク色が強くて、
桜の種類が違うんでしょうね。


P1010836.jpg




  30分ほどで登山口に到着。

  この登山口の前まで
  車が入れるので、
  タクシーで来ている人も
  見かけました。


  ← この人、
   全く登山な感じなし。(笑)



P1010840.jpg



登山道を登って行くと
林道を横切り、
ほどなく "銀晶水"
という水場を通過。
ほとんど水は
出ていなかったような・・・


葉の落ちたミズナラ(?)の
林の中を進んでいきます。


この頃の写真は、
縦アングルが多いです。
でも縦って、
ブログに載せ難いです。(^^;





やがて小さな水の流れと出合い、辿った先にあるのが "錦晶水"。
ここは水量も豊富で美味しい水でした。

P1010842.jpg




この辺りから一旦傾斜が緩み、左前方にようやく乾徳山の姿が見えました。
↓ 山頂には雲かかってるし・・・(^^;

P1010844.jpg




"国師ヶ原" の十字路を直進し "扇平" 方面へ。
ススキ野原の中、尾根を目指します。

P1010846.jpg




晴れていれば、背後に富士山の姿が美しいのでしょうが・・・
"月見岩" の辺りからは小雨まじり。
しかもこれから向かう乾徳山は完全にガスに包まれ見えず。

P1010848.jpg




この時点で姫はかなりモチベーションダウン。
「本当に行くの・・・?」 と機嫌悪し。
「せっかくここまで来たんだから・・」 と、なだめすかして先へ進みます。(^^;



樹林帯を抜けると岩稜帯となり、2箇所の鎖場を越えて行きます。
最初の鎖場は10mほど。
強引に登って太ももを攣りそうになりました。

次の鎖場は30mはあろうかという絶壁です。 ( ̄▽ ̄;
前を行くおばさんは悪戦苦闘して、結局TONOと姫が先に登ることに。
出だしは鎖に頼って岩の割れ目に足を突っ込んで登ります。
中央部分からは鎖がなくとも大丈夫。

P1010849.jpg


P1010852.jpg




この壁を登ると
山頂に飛び出しました。
岩の積み重なる
2,031mのピークです。

ここで一時的に雨は上がるも
ガスで何も見えず。( ̄ー ̄;


P1010854.jpg

  お弁当を食べ早々に撤収。
  雨が雪に変わる中、
  山頂を反対側へ下りました。

  迂回新道で山腹を巻きますが、
  避難小屋までやけに長い。
  (そう感じただけかも)
  来た道を戻れば良かったか・・・


  当初は道満尾根で
  戻る計画でしたが、
  小雨も降ってるし
  往路を引き返すことに。
  国師ヶ原を右へ折れ、
  駒止から登山口を経て
  徳和に戻りました。





車で簡単に着替えて、近くの川浦温泉 "山県館" に立ち寄り。
入浴料は一人なんと1,500円(3時間)!

でも高いだけあって男女別に露天風呂付の立派な内湯があり、
シャンプー、ソープ、ドライヤーなどの設備も充実してました。
最初にそれぞれ内湯で汗を流し、待ち合わせて混浴のお風呂へ。

エレベーターで下りてさらに屋根付きの吹き抜けの廊下を下りると、
"信玄公岩風呂" と名付けられた露天風呂が広がります。

脱衣所は男女共用で、風呂の大きさに比べ狭い感じは否めません。
湯船は3つありそれぞれ温度が異なっています。

たくさんの男性客と一組のカップルが入浴中。
二人は一番温い奥の湯船で過ごしました。
常にたくさんの人がいて、残念ながら写真は撮れず。

今度は宿泊してユックリ過ごしてみたいと思いました。
(その後に宿泊した時の記録はあっちのブログで *^^*)

P1010859.jpg
                              (風呂上りに玄関で一枚)



途中で山梨名物の "ほうとう" を食べて帰路に着きました。
ほうとうも少量ならいいんですが、ガッツリは少々飽きるかも。(^^;

P1010860.jpg


 (終わり)



   今年のGWは2人とも前半2連休+後半4連休ですが、どこに行くかまだ未定。
   でもおそらくは天気が良ければ北アルプスでしょうねぇ・・・






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 荒野鷹虎 | URL | -

    Re:2008 乾徳山

    今日のご夫婦さんの姿を見て実に、素敵な夫婦さんですねー。!
    写真のボカシが弱く、本物の美しさに触れる事ができました事が嬉しく益々、好きに成りましたね~^^。他人の夫婦にほれても、「どうにもならぬ兄貴の嫁」ですがね~^^笑)素晴らしい写真でした。!☆☆!!お元気でね~^^

  2. TONO | URL | -

    荒野鷹虎さんへ

    いつもお褒めのお言葉を頂き恐縮です。
    今回は5年前の過去記事でしたが、
    こうしてあらためて写真を見ると懐かしいものですね。
    そして二人とも確実に年をとっているんだなぁ・・・
    とつくづく思ってしまいました。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/17-c62cc275
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。