スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 厳冬期の天狗岳(敗退) Vol.1

2011年03月04日 00:41

ここのところ、全く山から遠ざかった生活をしていた2人ですが、

2月最後の快晴の土曜日に、日帰りで "天狗岳" を目指しました。

そして下山後は、"石和温泉" でマッタリというプランです。 (o ̄ー ̄o) ムフフ



IMG_0844_20100512080251s.jpg
"天狗岳" は昨年の残雪期に登ってますが、

厳冬期に登るのは初めて。


(2010.5月 西天狗岳山頂 →)

     


忙しくて全く情報収集できないまま、

当日の明け方バタバタと "唐沢鉱泉" へと向かいました。



この時点で、TONOは大きな勘違いをしていたのですが、

それはまだ知る由もなく・・・







2011.2.26(土)

この日は朝から快晴

6:51 中央道からは八ヶ岳がクッキリ!

モチベーションもグングン上がります。

IMG_5862_20110304000934.jpg




諏訪南ICを下りて、"唐沢鉱泉" への道を行きます。

7:27 "三井の森カントリー" の手前から道路は凍結し、

その上に薄っすら雪が乗ってる状態。


IMG_5865.jpg  

タイヤが地に着いてない感じがして、

慎重に車を進めます。






7:35 "夏沢鉱泉" と "唐沢鉱泉" の分岐部。

IMG_5867_20110304000955.jpg


ここから車は通行止めでした。

「えっ!? こっから歩きか~」


昨年のGWに来た時は "唐沢鉱泉" まで車で行けたので、

今回も上まで車で行く気になってました。

でもちょっと考えれば、この時期に上まで行けない事くらい分りますよね。 (^^ゞ




ところで、ここから "唐沢鉱泉" ってどれくらいあるんでしょ?

え~っと・・・表示によると、ここから 3.5km。

上りだし、雪もあるし、歩いたら1時間半くらいかかるかなぁ。

帰りは下りだから1時間として、トータル2時間半くらい余計にみないと。




早くもタイムテーブルの見直しを強いられました。

下山後の "石和温泉" 予約しちゃったしなぁ・・・

旅館に6時前には着きたいし、ここから旅館まで1時間半とすると、

遅くとも4時には車に戻ってこないと駄目よね。


・・・となると、山頂を出るタイムリミットは・・・1時か。 o( ̄ー ̄;)ゞううむ




IMG_5866.jpg
一刻も早く出発したかったんですが、

ちょうど "夏沢鉱泉" の雪上車が送迎に来てて、

車が動かせない状態になってしまいました。





で、何だかんだとここで30分ほど時間を費やす羽目に。

・・・

・・・

雪上車がようやく出て、TONOが車を駐めて、さて行こうという段階で、

手持ち無沙汰な姫は、早くもアイゼンを履き始めてました。


  「えっ!? もうアイゼン付けたの!?」

  「うん、どっちみち付けるでしょ?」

  「まあ、そうだけど・・・」

  「後で付けるなら、今付けても一緒でしょ?」

  「う~ん・・・じゃあ付けるか・・」


で、2人とも初っ端からアイゼン装着で出発したのですが、

これが悪夢の始まりになろうとは・・・




8:10 雪の林道歩きがスタートしました。

IMG_5870_20110304001552.jpg


最初は雪上車のトレースがあり、比較的歩き易かったんですが・・・

途中からは数人のツボ足トレースとスノーシューのトレースとなりました。


クラストした雪で、表面は凍ってるけど、下はフカフカ状態。

体重を乗せるとグズッと沈み込み、足が取られてけっこう歩き難い。

歩けども歩けどもなかなか "唐沢鉱泉" に着きません。




林道は所々ヘアピン様に曲がっていて、

下の道と上の道をショートカットすると距離が短縮できそうな所もあります。


しかもそんなところには必ずトレースがあって、思わずショートカットしたくなります。

何回目かのヘアピンを曲がると、遠くにまたヘアピンが見えた気がしました。


  「もしかしたら、この斜面を上がると超ショートカットできるかも!?」 

  「姫はもうだいぶ先にいるし追いつくチャ~ンス!」



・・・で、急斜面を登ってみました。 (← すでに冷静な判断を失ってます^^;)

けっこう登ったんですけどねぇ・・・

林道には全く到達できず・・・

結局、元の林道に下りてきました。



振り返ると、何かさっき見たような標識が。

って・・・ さっきの地点から50mしか進んでないじゃん!! 



しかも踏み跡があると思ってたのは、鹿のトレースだった。 

人にしてはみょうにツボ足だと思ったんだよね・・・ 

(奴等は蹄だし脚細いからねぇ・・・^^;)




ここで地図を見たら、登った斜面と林道の方向は全く違ってました。

先に地図見ろ!!って感じ。

はぁ・・疲れた・・・ 



重い足を引きずって先に進むと、遠くで姫が仁王立ち。

"鬼の形相" で何か叫んでます。

(遠くてよく見えなかったけど、多分 "鬼の形相" だったんだと思う・・・)


 「遅すぎ!! 何やってたの!! 先に行ってるよ!」

(・・って言ってたんだろうなぁ・・よく聞こえなかったけど ^^;)



9:41 "唐沢鉱泉" の建物が左手に見えてきました。

IMG_5874.jpg


遠くに姫、そしてその遥か向こうに "天狗岳" が聳えています。

・・・この疲労度にして、絶望的に遠いです。



IMG_5875.jpg


この時期トイレは閉鎖中。




9:47 ようやく "唐沢鉱泉" に到着。

IMG_5876.jpg


ここでやっとスタート地点です。

ここから山へ登り始めるんですが、もう相当疲れてます。




片足350g+αのアイゼンですが、この重さが徐々に脚に疲労を蓄積させます。

最初からアイゼンを付けた事で、想像以上に脚に疲れが溜まってました。



アイゼンがなくても全然問題ない林道歩きだったのに・・・

無意味にトレーニングしてしまった。 



もう10時だけど、こんなに疲れてて 13時に山頂に立てるのか!?

当初は "西天狗" から "東天狗" に行って "黒百合ヒュッテ" 経由で戻ってくるつもりだったけど、

この疲労度 + この時間じゃあ、絶対に無理!!


"西尾根" ってけっこう急だったし、"黒百合" 経由で "東天狗" のピストンにするかなぁ・・・

パンを食べながら、地図を見て時間を計算します。



10:05 さて行きますか。

とここで、更に予期せぬ事態が!


「ガ~ン!! "黒百合" 方面のトレース・・ないじゃん!」

IMG_5879.jpg


けっこう雪深いから、ツボ足じゃあ行けそうもないし・・・

車からスノーシュー持ってくれば良かった。

(いつも同じ失敗を繰り返すこの男の辞書に、学習と言う文字はないのか?)


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. しょもも | URL | -

    No Title

    こんばんは。
    あらら、空はサイコ~、待望の雪山ですが、
    悪循環に陥ってしまったのですね。
    確かに林道アイゼンは地味に疲れが溜まりそうです。。

    確か12月に渋ノ湯から登った時にも唐沢鉱泉からのルートにはトレースは
    無かったような・・
    もし次に冬の天狗の機会があれば唐沢鉱泉からも
    選択肢に考えてますが、唐沢~黒百合ってあまり歩かれないのですかね?

  2. aki | URL | TRcOFq4w

    道具って...

    唐沢鉱泉は以前、夏に行ったことがあるのですが、冬の風景は全く違う場所のようですねぇ。
    スノーシュー持参の時はツボ足で問題なく歩けて、今日は必要ないなってクルマに残した時に限ってトレースがない...道具ってそういうものですよね(苦笑)
    さて、この後お2人はどうなるのか?自分のことのようにワクワクドキドキしながら続きを楽しみにしています。

  3. TONO | URL | -

    しょもも さんへ

    こんにちは
    天気は最高だったんですけどね~
    西天狗を前にタイムリミット内に最後の急斜面を登れる気がせず、
    引き返してしまいました。(TT)
    アイゼンの重さをこんなに感じたのは今回初めてでした。
    昨年、残雪期に唐沢鉱泉から天狗に登ったんですが、
    その時はけっこう他の登山者を見かけました。
    唐沢鉱泉まで車で入れる時期はそれなりに登山者が多いんでしょうね。
    今回は下山した時にも黒百合方面のトレースはありませんでした。
    降雪直後と言う訳でもなかったので、
    この時期はあまり人が入らないんでしょうかねぇ・・

  4. TONO | URL | -

    aki さんへ

    こんにちは
    スノーシューを持って行くかちょっと悩んだんですけどね・・・
    降雪直後でもなかったし、トレースはバッチリあるでしょう~!
    ・・・と思ったらノートラック状態でした。
    スノーシューを持ってて使わないと重りになるだけだし、
    なかなか上手くいかないものですね。(^^;
    この続きは普通にトレースのある方を選択したんですけど・・・
    結局タイムリミットが迫り、最後まで行けませんでした。(TT)

  5. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    ヤバいですね。

    こんばんは~

    なんだかスタートからヤバい雰囲気ですね。
    この後の姫さんの機嫌が気になるところです。
    次回どうなるのだろう・・・

  6. ゆぅ&かん | URL | -

    No Title

    おはようございます~(^^)

    冬山は、何を付けて登るかで体力の消耗の仕方が
    違うんですね‥(^^;)
    それがまた裏目に出る事もあるんですね‥(^^;)
    この後どうなるんでしょうね‥?(--)

  7. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    この後は普通に登っていたんですが、
    結局タイムアップで途中から下山。
    その途中で再度トラブル発生して、
    姫逆切れ!!みたいな。 (^^;

  8. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    何か予期せぬ事態が続いた山行でした。
    アイゼンの重さって今までそんなに感じたことはなかったんですが、
    長距離歩くと徐々に足に疲労が溜まってくるんですね。
    ジワジワと効いてきて、気付いたときには手遅れみたいな・・・ (^^;
    登頂できないわ、下山でもう1トラブル発生するわで、散々でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/172-d3ff82ea
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。