スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 厳冬期の天狗岳(敗退) Vol.3

2011年03月09日 12:34

2011.2.26(土)

"唐沢鉱泉入口" に車を置き、"天狗岳" を目指した2人です。

"唐沢鉱泉" までに予想以上に疲れてしまい、"西天狗" の最後の急斜面を前に断念。

敢え無く撤収することとなりました。 



下山を始めてすぐのこと。

雪庇状に張り出した部分の下を通過した時でした。

P1010455.jpg


後で姫の声がします。

  「殿様~」


すでにこの部分を回り込んだ後だったため、

TONOから姫の姿は確認できませんでしたが、その裏側にいるようでした。


  「とのさま~」

  「え~っ、何~?」

  「携帯の待ち受け様の写真を撮ってく~」

  「じゃあ、ゆっくり先に行ってるよ~」

  「わかった~」



先へ進みますが、1~2分歩いた所で何か違和感を感じて、

そこで姫を待つことにしました。



2~3分待ったのですが姫は来ません。

・・・おかしいな~ 



来た道を雪庇の部分まで引き返してみますが、

さっき姫の姿を実際に見ていないので、どこにいたのかはっきりせず・・・

辺りを探しますが、姫の姿はありません。


さらに撤収を決めた場所まで戻りますが、

やはりどこにも見当たりません。



引き返すときも擦れ違わなかったし、どこにも居ないってことは・・・

落ちた!? 



IMG_5904.jpg
               (写真はイメージ画像です。本文とは関係ありません ^^;)




まずは電話してみよう!

ザックを下ろして急いで携帯を取り出し電源を入れます。

電源を入れて立ち上がるまでの時間が、これほど長く感じたことはありません。

姫の携帯を鳴らしますが、留守電です・・・

でもとりあえず、ここは電波が届く。

メッセージを入れて姫からの連絡を待ちます。



そして尾根の両サイドを探しながら再び下り始めます。

しかしどこにも落ちたような痕跡はなく、姫の姿も見当たりません。



一体どこに消えたんだ・・・

心臓は早鐘を打ち、喉が渇きます・・・ 



写真を撮るため稜線に上がって落ちたんだろうか・・・?

雪庇のあったポイントで稜線の方を探しますが、やはりいない・・・



するとここで携帯が鳴りました。

・・・姫です!


  「今どこ!! 何やってるの!!」

  「待ってても来ないし、一体どこに行ってるわけ!!」

  「姫がいないから、さっきの場所まで戻って探してるんだよ!!」 

  「どこを通って行ったの!!」・・・ 


電話を取るなり、矢継ぎ早にTONOが質問してたら、姫が逆切れ。


  「頭ごなしに一体何なの!! 姫は普通に来た道を戻っただけだよ!!」

  「それなのに、何で怒られなくちゃいけないの!!」 
  
  「別に殿様を困らせるためにやってんじゃないんだよ!!」 


ブチッ!! と電話を切られてしまいました。



とりあえず姫は無事なようです。

TONOは無事が確認できて安心した一方で、

心配してた分だけ口調が荒くなってしまいました。 



姫に電話をして謝りつつ、今の場所を確認しますが、

姫は自分がどこにいるのかよくわかっていない様子。


  「姫はその場から動かないで、殿様が下っていくから」

  「うん、ここにいる」

  「ときどきホイッスルを吹くから、もし聞こえたら電話して」

  「うん、わかった」


TONOが樹林帯を下りて行くとすぐに、

  「ん!? トレースが分かれている・・・」


一つは尾根へ向かい、一つは尾根から離れる様に樹林帯の中へ続いています。

登るときに通った道は尾根に向かう方だけど、

あれ・・さっきは尾根から離れるトレースを辿った様な気が・・・ o( ̄ー ̄;)ゞ



IMG_5903.jpg
                 (イメージ画像です。写真と本文は関係ありません。)




さっき違和感を感じたのは、来たときと違う道を歩いたから?

という事は・・・TONOが道を間違えたために姫と擦れ違わなかったって事か!?



ホイッスルを鳴らしながら、尾根に向かうトレースを辿ると、携帯が鳴りました。


  「ホイッスルが聞こえるけど、随分遠いよ」

  「遠いって・・・上から聞こえる? それとも下から?」

  「う~ん、よくわからない・・・」


携帯でそんな話をしながら歩いていると、

13:30 前方に姫発見!

良かった~ 



何だかんだで再会するまで30分ほどかかりました。

姫が尾根上にいたことから、会えなかった原因はハッキリしました。

TONOが道を間違えたからです。 (*^.^*)ゞ


  「姫は来た道を単に引き返しただけなのに、何で会わなかったんだろう???」

  「ん~っ・・・何でだろうねぇ」

  「姫はちゃんと赤い旗を追って下ったのに変だなぁ・・・」

  「まっ、会えたから良かったじゃん」 


原因は 「TONOが道を間違えたこと」 と判明してますが・・・姫には内緒です。  


P1010459.jpg
                    (↑ホント人騒がせなおっさんだよねぇ・・・ ^^;)




13:37 "第一展望台" を通過します。

IMG_5907.jpg





IMG_5909.jpg
長い樹林帯に突入。

後はひたすら下ります。

この辺はけっこう急ですな。




IMG_5910.jpg

  13:59 "唐沢鉱泉" への分岐です。

  休まず通過します。




IMG_5914.jpg

"唐沢鉱泉" が見えてきました。

雪があると下りは早いな~ (^^)




IMG_5916_20110308190756.jpg
  この時間になっても、

  "黒百合平" 方面には

  トレースがありませんでした。





P1010460.jpg
14:32 "唐沢鉱泉" に戻ってきた~

残りの食料を片付け、ちょっと休憩。

ここでアイゼンを外します。





IMG_5923.jpg
  さて林道を辿って車へ向かいます。

  朝より大分雪が軟らかい。

  アイゼンがないと足が軽いな~






IMG_5925.jpg
雪上車のトレースが出てくると、

グッと歩きやすくなります。

それにしても今日は快晴だ~




この頃になって、山頂に行かなかった事が悔やまれますが・・・

宿のチェックイン時間もあるし、今日は仕方がないかな。

無事に下山できたし、めでたしめでたし・・・という事で。 (笑)



IMG_5926.jpg
  15:43 車に戻ってきました。

  これなら宿に5時半頃には着けそうです。

  夕食前に一風呂浴びて、ビールだ~ ♪




IMG_5930.jpg
青空を切り取る八ヶ岳の稜線。。。

  「また次の機会だなぁ・・・」

  「姫的には登んなくてもイイけどね」

  「・・・・・」



さて、"石和温泉" に急ぎますか。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    No Title

    こんばんは~(^^)

    姫さんと再会出来て良かったですね‥(^^;)
    本当に姫さんの姿が見えなかった時間寿命が
    チジマッタ思いだったでしょうね‥(--;)
    何かTONOさんの気持ちがわかるな~(--)
    姫さんには、内緒ですね‥(^。-)
    まずは安心しましたよ‥(^-^)
    チョット吹雪にでもなっていれば遭難にもなりかね
    ませんね冬山は十分注意をして登って下さいね‥(^^;)

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    迷う

    こんばんは~

    雪上でも意外に迷ったりするのですね。
    トレースを見ながら行くから迷わないと思いきや・・・
    姫さんもイキナリ電話で怒られ、
    ??だったのでしょうね(汗)


  3. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    おはようございます
    あの時は本当に姫が落ちたのかと思って焦りました。
    寿命は5分くらいは縮まったと思います。(笑)
    結局ここで時間を30分くらい費やして行ったり来たりしてたので、
    その時間で山頂に着けたなぁ・・・って感じです。 (^^;
    情報収集不足で初っ端から計画がくるって、
    終いには道間違いですから、自分に呆れてしまいました。

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    おはようございます
    トレースが二つあり、一つは真っ直ぐ、一つは左へ逸れるように付いてたので、
    何となく歩いててそのまま真っ直ぐ進んでしまいました。
    左に逸れる方が正解だったんですが・・・
    (今思えば間違ったトレースは一体どこに向かっていたのか・・・???)
    姫にしたら普通に歩いてきてTONOがいないので「おかしいな~」と思っていたそうです。
    そこに電話でいきなり怒られたものだから相当切れてました。 (^^;
    最近私は物忘れがひどくて・・・一人じゃ安全に山を歩けないかも。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/174-db7bbbc3
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。