スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 丹沢表尾根縦走

2012年03月04日 19:56

2009.3.1(日) 

本日3月4日の日曜日に、1人で大倉から "丹沢山" まで足を延ばしてみましたが、
3年前の同じ時期にやはり1人で丹沢表尾根をピストンしてました。
しかも天気まで同じような感じ。(^^;
4日の記事はそのうちアップするとして、まずは3年前の記録から。






この日せっかくの日曜日でしたが、姫は仕事。
TONO一人だし、丹沢にでも行こうかと明け方準備。
ところが朝から小雨がパラパラと。
モチベーションが一気に下がり、二度寝。


起きたら8時過ぎでした。
ゴロゴロしてるのも何だし・・・
結局8時半に家を出て "丹沢" へ向かうことに。



9:30 車で "ヤビツ峠" に到着。
駐車場には数台停まってました。
ちょうどバスが着いて、登山者の姿もチラホラ。

IMGP0385.jpg




9:40 準備を整え歩き始めます。
車道を20分ほど歩き、富士見山荘の前で左へ。

IMGP0387.jpg



9:58 ちょっと行くと、右手に登山口の案内があります。

IMGP0388.jpg



葉の落ちた木々の中をひたすら登る。

IMGP0392.jpg



右手に "大山"、左手に 秦野市街を一望すると、"二の塔" に到着。
二の塔からはこれから向かう "三の塔" を望みます。

IMGP0394.jpg



二の塔から三の塔へは15分ほど。
避難小屋とベンチがあり、ここで小休止。

IMGP0396.jpg




ここから "塔の岳" へ至る尾根が良くわかります。

IMGP0400.jpg




塔の岳まではまだまだ遠い。
三の塔からは一気に下り、登り返すと 11:11 "烏尾山"。

IMGP0405.jpg




通過して "行者岳" へ。

IMGP0408.jpg



この辺りは鎖場があったり、細かいアップダウンがある。

IMGP0409.jpg




崩落したやせ尾根を登ります。

IMGP0410.jpg




12:33 ようやく "新大日" 。

IMGP0416.jpg




ここで登山道は左へ90度向きを変えます。
大分雪が出てきました。
木の枝も凍り付いています。

IMGP0419.jpg




12:46 "木ノ又大日" を過ぎ、木々の中を抜けて行く。

IMGP0423.jpg





13:15 視界が開けると、"塔の岳" 山頂です。
3時間10分、ほぼコースタイム通り。

IMGP0425.jpg




山頂は閑散としており、10人程度の登山者。
"尊仏山荘" の中も数人しかいない様。

IMGP0427.jpg



晴れていれば幾重に重なる稜線の上に "富士山" が見えるのだが・・・
"蛭が岳" 方面もガスで何も見えません。
13:43 昼食を食べて早々に下山です。



この日は車で来ているので、"大倉尾根" ではなく来た道をピストン。
山頂直下で鹿と遭遇。

IMGP0437.jpg




帰りは疲れた脚にアップダウンが辛い。
三の塔への上りが見えます。
あれをまた登るのか・・・(泣)
姫がいないので、かなりペースが落ちてます。

IMGP0443.jpg





15:33 三の塔への急坂を上りきり、今来た道を振り返って見る。
高低差はそう大きくないが、上り下りを繰り返すのを実感。
"大倉尾根" よりきついよなぁ・・・しばし放心状態。

IMGP0445.jpg




"二の塔" からはひたすら下り。
上りよりも時間がかかって登山口に到着。(^^;
しかも富士見山荘からヤビツ峠までは上りです。


16:35? 20分の車道歩きの後、ようやく駐車場。
天気悪いと疲れも倍増ですな・・・
↑もはや写真を撮ってないので正確な時間もわからず。(^^;

 (終わり)



  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    ピストンとは・・

    僕も中学から丹沢を登り始めたのですが、表尾根をピストンする発想は、いままでで初めてですね。大変だったでしょうね。
    お疲れ様です。
    丹沢も、大山以外はずいぶん登っていません。
    そろそろ行きたいですね。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    私はできれば往路と復路は違う道を歩きたいと思っているのですが、
    この時は車の回収のためピストンとなりました。
    車で登山口までアクセスすると便利な反面、下山口が選べないという欠点もありますよね。
    ヤビツ峠はバスの便が極端に少ないので、入山に使っても下山には使うのは躊躇してしまいます。
    蓑毛まで下りれば本数は多いのでしょうが・・・
    とりあえず車で丹沢に行くことが少ないので、表尾根ピストンはこの時が最初で最後かも。

    ・・・と言いながら昨日は電車バスでアクセスしながら、丹沢山まで大倉尾根をピストンでした。(^^:

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/184-de9c0ba9
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。