スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 乾徳山 前編

2013年04月25日 18:50

またまた "乾徳山" の過去記事です。
前回(2008年)の翌年、2回目の乾徳山でした。
この時は川浦温泉 "山県館" に前泊して、その翌日に登っていました。
温泉の記事はあっちのブログをご覧下さい。



2009.4.26(日)

前日は大雨でしたが、この日の朝はスッキリとした青空。
山県館をチェックアウトして、まずは近くのコンビニで買出し。
道の駅 "まきおか" の向かいにヤマザキ・デイリーストアがありました。
買い物を済ませたら、140号を戻ります。
"乾徳山入口" の標識で左折。

IMGP1212.jpg




1本道を進み民家が見えてくると、徳和集落に入ります。
"乾徳山・徳和渓谷" の標識に裏側が駐車場です。

IMGP1216.jpg




9:25 準備を整え出発。

IMGP1217.jpg




しばらくは、徳和集落の中を歩きます。

IMGP1219.jpg




徳和神社の横を通過。
前の年は桜が満開だったところですが、この年はもう葉桜。

IMGP1220.jpg




9:55 乾徳山登山口に到着。

P1050267.jpg




登山口から杉林の中を進みます。

IMGP1224.jpg





途中、林道を横切り、再び杉林の中へ。
10:20 ほどなく "銀昌水"。
前回は枯れていた水場ですが、今回はチョロチョロ流れていました。

IMGP1228.jpg




葉の落ちた林の中を穏やかに登ります。

IMGP1230.jpg




"駒止" というちょっと開けた場所を通過。
昔はここに馬を繋いでおいたんでしょうかねぇ・・・

IMGP1231.jpg




木々の間から青空が見え、モチベーションが上がります。

IMGP1232.jpg




やがて水の流れに出合い、それを辿ると "錦昌水" です。

IMGP1234.jpg



11:00 ここは水量が豊富で美味しい水でした。
喉を潤すと生き返ります。

IMGP1235.jpg




錦昌水を過ぎると、木々の間から "乾徳山" が左手に見えてきます。

IMGP1237.jpg




やがて国師ヶ原の手前で景色がパッと開けました。
左前方に乾徳山を望み、中央に明るい扇平。
前回来た時も感じましたが、開放的で気持ちの良い景色です♪

IMGP1238.jpg




11:08 そして国師ヶ原・・ここでちょうど中間地点か。

IMGP1240.jpg




左が高原ヒュッテ~山頂への巻き道、右が道満尾根、
直進すると扇平~鎖場~山頂です。

IMGP1242.jpg




ここは迷わず直進しました。

IMGP1243.jpg




やがて枯れたススキの広い草原の中を上ります。
いつの間にか雲が多くなってしまいました。
またガスガスの山頂か!?

IMGP1246_20130425182857.jpg




11:32 ススキの原を抜けると、特徴的な三角形の岩の所です。
"月見岩" の表示がありました。
ここは絶えず冷たい風が吹き付け、姫のおでこも全開です。(笑)
岩陰でアウターを羽織り休憩しました。

IMGP1248.jpg



振り返るとススキの原の向こうに甲府盆地が広がり、
その背後には富士山が確認できますが、
雲がかかり残念ながらその頂は望めませんでした。

IMGP1249.jpg




11:41 月見岩から左に進むとすぐに "扇平" の指導標。
そしていよいよ、ここからが乾徳山らしい登山道になっていきます。

IMGP1252.jpg


 (続く)




   GWの前半は天気が良い予報でしたが、
   何だか怪しくなってきましたね。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/185-267d4a5f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。