スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 乾徳山 後編

2013年04月26日 07:52

2009年4月の乾徳山の続きです。

11:41 扇平から、しばらく木々の中を登って行きます。

IMGP1253.jpg




ここは木々に遮られ、冷たい風を感じません。
11:49 軽く休憩。

IMGP1254.jpg




だんだん岩が多くなってきました。

IMGP1256.jpg




時折手を使って登るところも出てきます。

IMGP1257.jpg




乾徳山らしくなってきました。

IMGP1259.jpg IMGP1260.jpg




12:15 第1の鎖場です。

IMGP1262.jpg IMGP1263.jpg




登り切ると急に視界が開けます。
甲府盆地とその背後に富士山ですが・・・

IMGP1266.jpg




第2の鎖場が見えてきました。
遠目に見ても只ならぬ雰囲気が漂っています。

IMGP1268.jpg



12:30 第2の鎖場の下に着きました。
見上げるとほとんど垂直に感じる30mくらいの岩壁。
ちょっと渋滞してます。

IMGP1269.jpg




次は高校生と思われる女の子が順番でした。
同行していた男の方が、
 「先に上りますか?」
 「いえいえ、お先にどうぞ」 と姫。
すると女の子を指差して、
 「か・な・り~、遅いですよ」
ということで、先に行かせて貰うことに。(^^;




まず姫が登る。

IMGP1270.jpg




するするとアッと言う間に中間点まで。

IMGP1271.jpg




次にTONO。

P1050286.jpg




12:35 特に問題なく二人とも上に到着。
駐車場を出て約3時間でした。

P1050288.jpg




上から中間点を覗き見ます。
こに中間点まではスタンス、ホールドが少なくて、
岩の間に足を入れて鎖に頼って身体を持ち上げる感じですが、
ここを過ぎると岩の突起がたくさんあって楽に登れます。

IMGP1272.jpg




山頂には、10人ほどの若者が。
どうやら、高校生の登山のようです。
さっきの男の人は引率の先生か?

IMGP1274.jpg




高校生の一人に写真を撮ってもらいました。

P1050289.jpg




山頂は風が強く寒い。
風を避け岩陰でお昼にしました。

IMGP1277.jpg




上空は雲が多いものの、金峰山の "五丈岩" が見えました。
あの岩の突起がなければ金峰山とは気付かないだろうなぁ・・・

IMGP1278.jpg




12:55 昼を食べたら早々に下ります。
前回は鎖場を避けて巻き道を使いましたが、
じめじめした暗い道であまり良い印象はなかったので、
今回はそのまま往路を戻ることにしました。

IMGP1279.jpg IMGP1280.jpg IMGP1281.jpg




13:06 そして次の鎖場。

IMGP1285.jpg IMGP1286.jpg




あとは大したことはありません。

IMGP1288.jpg




どんどん下ります。
13:27 扇平を飛ぶように下る姫。

IMGP1291.jpg




あっと言う間に姫が離れていく。

IMGP1293.jpg




13:33 月見岩からは "道満尾根" へ入りました。

P1050298.jpg




富士山を右手に望む気持ちの良い尾根道です。

IMGP1297.jpg




所々出てくる道標を確認しながら、徳和方面へ下っていく。
松林を過ぎるともうすぐ。

IMGP1310.jpg




14:48 集落への出入口には、動物の侵入を防ぐための金網が。
「最後に通過した人は必ず鍵をかけるように」と注意書きがありました。

IMGP1315.jpg




徳和集落へ向かいます。

IMGP1316.jpg




山頂から2時間で駐車場に到着しました。
近くの "天科温泉" (現在廃業)で汗を流して帰ろうと思っていましたが、
前の週に渋滞にはまりウンザリしたのと、
姫の予定もあったためそのまま真直ぐ帰宅しました。


 (終わり)




   今年のGWは周期的に荒れ模様ですね。
   山では天気の急変もあるし、昨年多発した北アの遭難を思い出します。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/186-1b9ec89b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。