スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 残雪の唐松岳 Vol. 3 「快晴の八方尾根」

2011年04月21日 06:30

2010.4.25(日)

6:30 起床。

着替えたら山の準備をして、ザックを持って食堂へ。


7:00 朝食です。

ご飯2杯をしっかり食べて、ご馳走様。


7:35 トイレを済ませ宿を出ます。

外は快晴だ~

IMGP8241-1.jpg



ゴンドラ駅までは徒歩2分。

7:40 駅にはすでにスキーヤーやボーダーが並んでいます。

IMGP8245-1.jpg



姫を乗車の列に並ばせて、TONOはチケット購入の列に並びます。

IMGP8243-1.jpg



並んでる間にも続々と人がやってきます。

ゴンドラ待ちの列は、道路まで達しているようです。

ゲッ! こんなに混むんだ~ (‥;

オフシーズンなので、ちょっと甘く見てました。



7:50 チケット売り場のシャッターが開きました。

ゴンドラ往復券を購入。 (1,600円/人)

リフト券はそれぞれのリフト売り場で買うようです。

なお1日券などのセット券はここで買えます。







8:00 ゴンドラの始発が出ます。

二人は 7~8分待ちで乗れました。

IMGP8248-1.jpg
                           (ゴンドラ待ちの列がわかります)


ゴンドラ "アダム" は最大6人乗りの小型のキャビン。

通常は4人乗車です。

小型だからそう感じるのか、やけに軽々と上がっていきます。

"兎平駅" までの標高差625mを 8分間で到着です。



続いて “アルペンクワッドリフト” で "黒菱平" へ。

まだ誰も滑っていない "兎平" を見ながら上がります。

IMGP8249-1.jpg



8:31 "黒菱平" からは “グラードクワッドリフト” に乗り継ぎですが、

なんとリフトが動いていません。

除雪車が入っているため、少し待つようです。

IMGP8251-1.jpg



先行するスキーを背負った二人は、ゲレンデの横を徒歩で登っています。

 「どうする~?」

 「どっちでも良いよ~」

 「歩いて登ったら20分くらいかかるけど・・・」



ここでリフトの係員に聞くと、

 「10分くらいで運転開始できるから、待ってた方が早いですよ」 と。

そこで二人は、そのまま待つことに。



おねえさんが搬器を準備中です。

IMGP8254-1.jpg



ただ待ってるのも何なので、この間にアイゼンを装着しました。

そうこうしてる間に、二人の後ろには15~16人のリフト待ちの列ができました。



8:42 リフト運転開始。

一番乗りです。

このリフトって、昔はシングルもしくはペアだったような・・・

長野オリンピックの時にでも掛け替えたのかなぁ。



何気にこのリフト、展望が最高ですね~

"五竜岳" から続く遠見尾根、その後方に奇麗な双耳峰・・・"鹿島槍" です。

IMGP8256-1.jpg



8:47 "八方池山荘" の建つゲレンデトップ(1,830m)に到着。

第1ケルンはこの下にあります。


8:49 リフトを降りてそのまま上り始めます。

IMGP8257-1.jpg



雪の斜面を上り、所々雪のない尾根上を行きます。

IMGP8258-1.jpg


アイゼンを付けるのが早かったか~

でも外すのも面倒なので、このまま行きます。 (^^ゞ



9:07 八方山ケルン

この辺り、雪が全くありません。

ここでアウターを脱いで体温調節。

IMGP8260-1.jpg



9:15 広~い尾根上を行きます。

"白馬三山"(鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳) を見ながら、実に気持ち良い尾根歩きです。

IMG_0677-1.jpg



左は公衆トイレ。冬季は閉鎖されています。

IMGP8263-1.jpg



9:21 "第2ケルン" を通過。

IMGP8264-1.jpg



振り返れば、"妙高三山" ~ "戸隠連峰" が広がります。

P1000109-1.jpg
                    (後方左に第2ケルン、右の建物が公衆トイレ)


それにしても、広~い尾根です。

この広さじゃあ、視界が悪かったら迷うってもんです。



9:26 "人面ケルン"(八方ケルン)を通過。

とぼけた顔したケルンですが、視界不良時には心強い味方です。

IMGP8266-1.jpg




緩やかに尾根を登って行くと、目指す "唐松岳" が見えてきました。

正面に "不帰ノ嶮"(かえらずのけん)、その左側に "唐松岳" がちょこんと。

IMGP8269-1.jpg
                 (唐松岳~Ⅲ峰~Ⅱ峰南峰~Ⅱ峰北峰~Ⅰ峰)



9:36 "第3ケルン"

IMGP8271-1.jpg


ここはあの “八方池” のある奇麗な場所なんですが、

この時期は雪に覆われどこが池なのか・・・???

う~ん・・・通過。



左手に "遠見尾根" を見て、高度を上げていきます。

IMG_0685-1.jpg



9:49 ダケカンバが見られる "下ノ樺" に着きました。

風の強い時は、ここで幕営する人が多いようです。

IMG_0687-1.jpg



忠実に尾根上を進んで行きます。

ショートカットしようとすると、こ~んな斜面になってしまいます。 (^^;

P1000117-1.jpg
                                      (急だ~!)



紺碧の空に向かって行きます。

P1000119-1.jpg



振り返ると右後方に "五竜遠見スキー場"。

IMG_0688-1.jpg



左手に "鹿島槍" と "五竜岳" の勇姿を見ながら、ガシガシ上ります。

IMG_0691-1.jpg



そして右手には "白馬三山"。。。

素晴らしい景色です。

IMG_0694-1.jpg



小高いピークのトラバース。

遠くに "丸山" が見えてきました。

IMGP8272-1.jpg



10:30 "丸山" に向かって広大な斜面を上ります。

P1000120-1.jpg



ここを滑ったら気持ち良さそう~♪

ボード、スキーを担いで登ってる人もけっこういました。

IMGP8275-1.jpg



10:38 前方にはこれから通る尾根が見えてきました。

IMG_0703-1.jpg



10:48 "丸山" に到着。

小休止して、エネルギーの補充です。

IMGP8277-1.jpg



ここまでハイペースで登ってきました。

予定より1時間も早いペースです。

ちょっと飛ばし過ぎか!?


 (唐松岳 Vol.4 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    おはうございます~(^^)

    長野八方根スキー場から行くのでしょうか‥???
    八方根スキー場って言っても広いんですよね‥???
    良くわかりません‥(--;)
    行った事ないので‥(--)

    春なのにほぼ冬山登山ですね‥(@。@)
    稜線の景色が素晴らしいですね‥(^0^)/

  2. バカボンパパ | URL | -

    No title

    Tonoさん、毎度ど~す♪
    >ショートカットしようとすると、こ~んな斜面になってしまいます。 (^^;
    紺碧な空に斜め45度  
    いつもながら凄いですね。
    天気が良くて最高ですね。

  3. kita | URL | -

    No title

    こんばんわ~
    こんなに景色が良いんですね^^
    いつかスキー背負っていきたいですねぇ。

  4. 露天風呂マニア | URL | -

    No title

    こんにちは~

    山の上は完全に冬じゃないですか!
    しかも青と白の世界!!
    なんだか涼しげなような、
    爽やかな感じが写真からも漂って来ます。
    この後の続きが楽しみです。

  5. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    唐松岳は八方尾根スキー場からアプローチします。
    スキー場のゴンドラ・リフトを使って、
    高度を稼げるので比較的登りやすい山です。
    ゲレンデトップからも景色が良い所ですが、
    そこから上に向かうとさらに素晴らしい景色が見れます。

  6. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    こんばんは
    ショートカットなんてするもんじゃないですね。
    思ったより急な斜面になって、
    ピッケルを手に持ってないことを後悔しました。
    落ちなくて良かった~(^^;
    晴れると雪山は最高ですね。

  7. TONO | URL | -

    kita さんへ

    こんばんは
    Kitaさんは近くに住んでるんですから、
    いつかと言わず来年にでも、スキー背負ってどうですか?
    楽しそうな斜面がたくさんありましたよ。(^^)
    ちなみに今年もまだ間に合いますよ。(笑)

  8. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    写真で見るとまだ冬ですが、
    実際はやはり完全な春雪って感じでした。
    黄砂が降ると雪がくすんだ白になってしまいますね。
    でも快晴の中、爽快な気分で登れました。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/191-adb7aec3
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。