スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 日向山 後編

2010年06月27日 13:15

2010.6.6(日)

新緑の透過光の中から飛び出した花崗岩の白浜。

興奮のあまり、ザックを下すのも忘れ辺りを散策した二人。 (^^ゞ


9:25 少し落ち着いた後に、ブランチにしました。

IMG_1192.jpg


白い稜線の向こうに甲斐駒が頭を覗かせています。

IMG_1193.jpg

絶景の中で、幸せな時間が過ぎていきます。

・・・

・・・

ブランチの後は、白浜の感触を楽しみました。

IMG_1194.jpg

サクッ、サクッ・・・

ノートラックの白砂に自分のトレースが残ります。。。



眼下には風化した花崗岩。

いずれは白砂と化してしまうのでしょうか。

IMG_1198.jpg


さて "明治神宮" と言うと初詣で有名ですが、

その中庭に敷き詰められている玉砂利は、

白州町に流れる "神宮川" より採取されたものなんだそうです。

そしてここ "雁ヶ原" からの谷が、 "神宮川" の源らしい。

昔は "濁川" と呼ばれていていたものが、

明治神宮に白い玉砂利を奉納してから、"神宮川" に名前が変わったとのことです。

(以前コメントを頂いた山梨県の方が教えてくれました)



緑が深いですね~

所々見える白い部分は、ここと同じ花崗岩の白砂なのかな・・・

P1000337.jpg


P1000336-1.jpg

  さてTONOは、

  この白浜の先端で何やら撮影中。




そしてこのツーショット。

甲斐駒に降る雨雪が花崗岩に磨かれて地下水となり、

このボトルに詰められています。

IMG_1205.jpg


そしてもう一枚。

P1000338.jpg


こうやって見ると、甲斐駒に手が届きそうです。

IMG_1208.jpg



白砂の稜線上に人影が増えてきました。 そろそろ下りますか。

IMG_1211.jpg


甲斐駒を正面に斜面をトラバース。

IMG_1213.jpg


9:51 稜線を離れ下りていきます。

IMG_1217.jpg



この感じ・・・甲斐駒の山頂直下を彷彿させます。

IMG_1222.jpg



IMG_1226-1.jpg



  標識に従い "錦滝" 方面へ。




振り返ればここはどこ!?って感じです。

IMG_1220.jpg

P1000341.jpg



日の当たる斜面に花が咲いてました。

P1000344.jpg


ミヤマハタザオ(深山旗竿)

IMG_1229.jpg


シロバナノヘビイチゴ(白花蛇苺)

IMG_1230.jpg



突然開ける白砂の稜線も良いけど、

この白い斜面を見ながら登って行くのも悪くないですね。

IMG_1231.jpg

次は逆ルートで上ってみようかな♪



10:05 さて白浜に別れを告げ、新緑の道へ。

IMG_1234.jpg



IMG_1235.jpg

  上りのハイキングコースに比べると、

  登山道らしくなりますが、

  古いながら道標もあります。



途中から急な斜面となります。

IMG_1238.jpg


急な階段です。

IMG_1239.jpg


水音が聞こえてほどなく、滝が見えてきます。

IMG_1242.jpg


10:30 滝の傍には東屋。

IMG_1249.jpg


ザックを下ろして、滝まで行ってみます。

さほど大きな滝ではありませんが、

マイナスイオンを浴びて爽快な気分になれます。

IMG_1248.jpg



IMG_1250.jpg


  10:37 矢立石方面へ。




後は平坦な林道を辿るだけです。

IMG_1254.jpg


IMG_1255.jpg



  ツツジが緑の中に色を添えます。




もう時期が過ぎた "藤の花" を、まだ見ることができました。

IMG_1264.jpg


春になると山肌を紫色に染める藤の花ですが、

けっこう木の高い所に花を付けますよね。

こうしてつるが巻き付いて、上まで伸びているんですね。

IMG_1267.jpg




林道からも甲斐駒を見ることができます。

IMG_1272.jpg


IMG_1273.jpg


  11:17 林道のゲートが見えてきました。



IMG_1274.jpg


  道の横には多数の車。

  奥の方にもけっこう駐められるんですね。



IMG_1275.jpg


  11:21 駐車場に戻ってきました。




IMGP9137.jpg

  まだ時間が早いので、

  帰りに "赤石温泉" に立ち寄りました。

  人が多くて入浴中の写真はなしです。




 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Zep400 | URL | -

    伝わってきます

    こんばんわ~

    初夏の雪壁と青と遠くの頂きのコントラスト…
    最高ですね!

    冷たい美味しい空気を味わい…充分に伝わってきますよ!(^^)!

    俺の方は、先週に続き…冷泉オソウシの源泉でシグボトルで乾杯でした(^^ゞ

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 日向山 後編

    こんばんは~

    早速遊びに来ましたよ!
    南アルプス天然水ですか、
    なんだかCMの1カットみたいな写真!
    山歩きに水は必需品ですしね。
    今日気温が高く山奥で飲料水が無くなり
    かなり大変な感じでした。

    姫さんの山スカ、いい感じですね。
    今年は山スカが流行するのかな。


  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 日向山 後編

    おはようございます~(^^)

    抜けるような青空~
    そして白砂と爽やかな木々の緑‥(^-^)
    その後ろに見える残雪の稜線素敵ですね‥(^0^)
    思わず走り回りたくなる光景です‥(^^)
    こんな素敵な山に登って見たいものです‥(^0^)/

  4. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんにちは
    この景色、この空気、この爽快感…
    伝わりましたか~
    私のシグボトルは幾度となく岩場で削られ
    ボロボロになり引退しました。(^^ゞ
    週末は暑かったですから、
    オソウシの冷泉は最高だったでしょうね。(^^)

  5. TONO | URL | dXmKtNGQ

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    新ブログへようこそ。
    山で水が無いほど心細いものはないですよね。
    夏の暑い時は尚更です。
    マニアさんはどこの山に行ってきたんでしょう。
    ブログで拝見しますね。

    山スカは去年から流行ってきましたが、
    今年は大ブレークするんじゃないでしょうか!?
    去年と違いショップにも
    色んな山スカが並んでますしね。(^^)

  6. TONO | URL | -

    ゆぅかんさんへ

    こんにちは
    この白浜は凄く楽しいですよ。
    自然に気持ちがウキウキしてきます。
    私たちはザックを下ろすのも忘れて、
    辺りを歩き回ってしまいました。(^^ゞ
    次は反対周りで行ってみたいと思います。

  7. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 日向山 後編

    いいですね~ここは本当に行ってみたいです!
    下山後の赤石温泉も楽しみ^^

  8. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    この山は本当にお勧めなので、
    是非天気の良い日に行ってみてください。
    赤石温泉は今回の画像はこの1枚のみなので、
    レポはなしです。(^^ゞ

  9. いつまでもイクスカーシヨン | URL | -

    おめでとう(*^▽^)/

    TONOさん
    新ブログ立ち上げ
    おめでとう(*^▽^)/

    ございます

    自分は正直混浴派です。


    本当アダルトは
    失礼ですよね。
    混浴はふるきよき
    日本の文化だと
    自分は思っています。
    TONOさん
    新ブログもリンクさせて
    頂いてもよろしいですか?

    それではまた
    来ます。

  10. TONO | URL | -

    いつまでもイクスカーシヨン さんへ

    こんばんは
    新ブログへお越し頂きありがとうございます。
    今回アダルトにされてしまったのは、、
    混浴ブログだからという単純な理由ではないんだと理解しています。
    新しいブログでも混浴は扱うつもりでいますので、
    この理解が間違っていると、
    またしてもアダルト指定を受けるかもしれません。(^^;
    アダルトに指定される可能性のあるブログで良ければ、
    リンクはご自由にどうぞ。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/2-5dcbacec
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。