スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 残雪の蓼科山 前編

2011年04月13日 12:26

4月も第2週となり、東京の桜は満開。 

所によっては、すでに葉桜となりつつあります。

今年は奇麗な桜吹雪が見れるでしょうか。。。

IMGP0544.jpg



さて今回は、震災から初の山登り。

最後に登ったのは 6週間前の "天狗岳" (敗退)で、

その後は運動してないから体も鈍ってるし、手軽な山にしよう。

・・・でターゲットは、"蓼科山"。


この山は、'08.6月に "大河原峠" から登った事があります。 (→こちら

今回は "女神茶屋" からのピストンを計画しました。







2011.4.10(日)

IMG_6092.jpg
この日の予報は晴れだったんですが、

朝のうちは雲が多く、"八ヶ岳" にもこんな雲が。

山頂は晴れてそうだから・・・雲海状態かな。

"蓼科山" の天気はどうだろう。




中央道の "南諏訪IC" を下り、"ビーナスライン" を目指します。

近づくにつれどんどん雲が取れてきて、

見る見るうちに快晴になりました。 (* ̄∇ ̄*)



途中で "蓼科山" もその姿を見せてくれました。

"諏訪富士" の別名の通り、青空をバックに円錐形の端整なシルエット。

IMG_6097.jpg





IMG_6099.jpg
7:49 "すずらん峠園地駐車場" に到着。

駐車場にはすでに10台以上の車が。

空スペースにかろうじて車を駐車します。




IMG_6102.jpg


  8:11 準備をして、駐車場を出発します。




IMG_6103.jpg

姫は厚手のタイツにミニの山スカ。

足元はロングスパッツという格好です。


最初はトレースを辿って水平移動。




IMG_6104.jpg
  斜面を少し登ったところで、

  登山道は所々アイスバーンに。

  8:29 アイゼンを装着します。




IMG_6106.jpg

しばらくはなだらかに上って行きます。

途中で温度調節にアウターを脱いだり、

軽食を摂ったりしながら先へ進みます。




IMG_6108.jpg


  9:05 一旦急斜面になります。




IMG_6111.jpg

上り詰める手前で振り返ると "南八ヶ岳"。 

その右手には "南アルプス"。

なかなか展望の良い場所です。





9:22 水平部分で、"蓼科山" の頂を視界に捕らえました。

IMG_6115.jpg





IMG_6116.jpg
ここから板を立て掛けたような急斜面。

ここがけっこうキツイ。

先行する登山者を何組か抜き去ります。




10:17 立枯れ地帯を通過。

IMG_6121.jpg



IMG_6123.jpg


先が見えてきました。

そろそろ樹林帯を抜け、山頂直下です。





10:23 山頂直下の大岩が積み重なる斜面です。

遮るものがないため、強風が吹き抜けます。

あっと言う間に体温を奪われ、急いでアウターを着込みました。

IMG_6126.jpg



IMG_6127.jpg


山頂はもうすぐ。

斜面をトラバース気味に上ります。





そして最後の斜面。 一歩一歩確実に。。。

IMG_6129-2.jpg




IMG_6130.jpg

上り切ると、広~い山頂。

どこでもピークといった感じだが、

標柱の立つ場所を目指します。





10:32 "蓼科山"(2,530m) のピーク。

駐車場から2時間20分。 ほぼコースタイム通りでした。

IMG_6133_20110412192900.jpg
                           (後方の白屏風は "北アルプス")


  (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 露天風呂マニア | URL | -

    いいなぁ~

    こんばんは~

    都会に咲く桜もきれいですね。
    こちらはあと一カ月待たねばなりません~

    立枯れ地帯から山頂直下まで、かなりの急こう配なのですね。
    帰りの下りが怖そう~~

  2. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    おはようございます
    こっちは桜が満開になって早や桜吹雪の時期です。
    これから桜前線が北上して、北海道はあと1ヶ月ですか。
    東北にも奇麗な桜を咲かせて欲しいですね。

    水平地帯からひたすら急斜面が続くんですが、
    特に山頂直下の部分が急でした。
    手を突いて登らなくてはいけないほど急斜面ではありませんが、
    凍っていたら怖い場所でしょうね。

  3. オニキス君 | URL | -

    TONO さんへ

    こんにちは、私の思い出の蓼科~父と一緒に
    登った蓼科の山です(でもココまで登っていないはず)v-411
    雪も残っていてまだ寒そう!

  4. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    以前オニキス君さんにあっちのブログに頂いたコメントで、
    お父様とご一緒に北八を歩いたと書いてあったのを思い出しました。
    何の記事へのコメントだったかは忘れましたが・・・(^^ゞ
    下の方は暖かくて汗ダクだったんですが、
    森林限界を超えると風が強くなり、山頂は異常に寒かったですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/207-e2b6b9c6
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。