スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 残雪の天狗岳

2011年04月30日 23:02

2011.4.24(日)

今年4月下旬、姫が仕事の日曜日。
TONO単独で "天狗岳" へ行ってきました。
前回2月に敗退した "天狗岳" のリベンジ編です。







IMG_6230.jpg
5:15 自宅を出発。

銀河大橋からは真っ白い富士山。
前日新たに積雪があったんでしょうか。
心惹かれるものがありますが、諦めましょう。






IMG_6234.jpg

  相模湖の辺りはガスガスでしたが、
  談合坂SAの手前でガスが切れ
  青空が顔を覗かせました。




IMG_6239.jpg


勝沼を過ぎた辺りから、
正面に "南アルプス"。





目指す "八ヶ岳" は雲一つない青空にクッキリ。

IMG_6241.jpg





IMG_6323.jpg
前回 "唐沢鉱泉入口" から歩いて、
想定外に疲れ果て敗退したので、
 (→こちら
今回は "渋温泉" から入ることに。

8:40 "渋の湯" に到着。



IMG_6315.jpg

  "渋御殿湯" のフロントで、
  駐車料金を支払い、
  ちなみに1,000円 (高っ!)
  駐車場へ戻ります。



IMG_6318.jpg


駐車場の横には奇麗なトイレ。
有難く利用させて頂きました。



IMG_6321.jpg


  フロントガラスの下に駐車券を置いて、
  準備を済ませたら出発です。



IMG_6244.jpg
"渋の湯" を通り過ぎるとすぐに
小さな鉄橋が見えてきます。

8:51 橋を渡って登山道に入ります。



IMG_6246.jpg


  日陰の道はアイスバーンになっており、
  いきなりアイゼン装着です。



IMG_6252.jpg

シラビソの林の中を登っていきます。

9:43 傾斜が緩むとパノラマコースに合流。



IMG_6254.jpg

  10:04 "唐沢鉱泉" からの道を併せ、
  "黒百合平" へ向かいます。

  右手に "天狗の奥庭" が見えるともうすぐです。



IMG_6260.jpg

10:43 "黒百合ヒュッテ" に到着。

ベンチに座って休憩です。
オニギリを頬張り腹ごしらえ。
陽射しは暖かですが、気温は2度。
ジッとしてるとさすがに寒いです。



IMG_6262.jpg

  10:53 "東天狗岳" に向かい出発。

  天狗の奥庭を通りたかったのですが、
  ロープが張ってあり、トレースもなし。
  ・・・で "中山峠" 経由です。



IMG_6264_20110430182533.jpg


10:59 "中山峠" を通過。




樹林帯を抜けると前方に "東天狗" と "西天狗" ですが、
何やら怪しげな雲が広がってきました。

IMG_6265.jpg



IMG_6267.jpg


右手に "稲子岳" と "にゅう" 。
その間から "浅間山" が見えました。



IMG_6271.jpg


  振り返ると先日登った "蓼科山"。



IMG_6273.jpg


真っ白い "西天狗" の斜面に
登山者を一名確認できます。
山頂にも一名いますね。



IMG_6275.jpg


  前を行く登山者の背中を追います。
  いつしか傾斜が緩むと山頂は近い。



IMG_6281.jpg


11:57 アッサリと "東天狗" の山頂です。

登山者に写真を一枚撮って頂きました。




その人は "唐沢鉱泉" からピストンとのこと。
この日から "唐沢鉱泉" まで車で入れるようになったらしい・・・
前回敗退してから2カ月経過して、もう4月も終わりだし、
雪が消えても不思議はないよなぁ。
"唐沢鉱泉" から入れば良かったか・・・


IMG_6284-1.jpg


  黒百合平を出発した時点では、
  東天狗をピストンのつもりでしたが、
  予定よりも大分早く着いたので、
  西天狗まで行ってみることに。



IMG_6285.jpg


急斜面に残るトレース。
空に向かい登り詰めること10分。





12:19 誰もいない "西天狗岳" 山頂です。
山頂からは "南八" の展望が素晴らしい。
標柱が雪で埋まっています。昨年のGWと比べると大分雪が多い。(→ こちら

IMG_6287-2.jpg


ここで地図を広げてコースタイムを確認。
西天狗からピストンして戻った方が早いけど、
ここまで来たら "西尾根" を下って帰るか。


IMG_6293.jpg

12:24 下山開始。

山頂直下の岩が重なる急斜面。
岩のペンキマークは出ていました。



IMG_6295.jpg

  12:44 下り切って、振り返ると 西天狗。

  この景色・・・見覚えがあります。
  ここは 2月に撤収した場所か・・・



IMG_6299.jpg

13:05 "第一展望台"。

"西天狗" が大分遠ざかりました。



IMG_6301.jpg


  13:25 "唐沢鉱泉" への分岐。



IMG_6302.jpg

13:52 "唐沢鉱泉" に着きました。

アイゼンを外してちょっと休憩。



IMG_6304.jpg

  それにしても雪がない!!
  あんなにあった雪がキレイさっぱり消えています。

  ちなみに前回の2月はこんなんでした。(↓↓↓)



IMG_5879.jpg





雪があった方が
雰囲気ありますね。



IMG_6305.jpg


  14:03 "渋の湯" へ向かうには、
  宿に隣接した駐車場を抜けていきます。



IMG_6307.jpg

薄暗い樹林帯です。
所々凍ってますが、
何とかアイゼンなしで行けました。



IMG_6311.jpg


  14:27 パノラマコースとの交点。



IMG_6312.jpg


ここからはなだらかに下っていきます。
雪に足を取られて歩き難い。



IMG_6313.jpg

  14:53 着いた~
  駐車場はすぐそこです。

  温泉に立ち寄りたいところですが、
  夕飯までに帰らないと。




IMG_6326.jpg

15:25 帰りに見た "南八"。。。

上空には分厚い雲があるけれど、
阿弥陀岳から横岳の白い稜線が
光を受けて輝いてました。



   (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. しょもも | URL | -

    No title

    天狗のリベンジしたんですね~。
    やっぱり八ヶ岳はこの時期になると融雪が進んでますね。
    でも、西天狗の標柱がこんなに埋まっているのは驚きです。

  2. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    今回、渋の湯から天狗に登って一周して、
    そんなに疲れ切った感はなかったので、
    前回の唐沢鉱泉入口から鉱泉までの
    アイゼン歩きは相当脚にくるんだとあらためて思いました。
    それにしても4月も終わりというのに、
    西天狗の標柱があんなに埋まってるのはビックリですよね。
    来冬はスノーシューで唐沢鉱泉から黒百合の
    あのノートラックを歩いてみたいです。

  3. みいとにゃーすけ | URL | -

    Re: 2011 残雪の天狗岳

    こんにちは~俺も単独で天狗行ってきました^0^/ 強風で西天狗は諦めましたけど・・・

  4. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんにちは
    GW前半は風が強かったですねよ。
    にゃーすけさんはその辺りで行かれたんでしょうか?
    私はGW前半は暴風警戒の注意報が出てたので、
    山に行きませんでした。f^_^;
    下でもけっこう風が強かったので、
    山の上は相当な風だったのでは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/212-686275c4
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。