スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 GWの「燕岳」 前編

2011年05月11日 06:10

今回は同じ "燕岳" ですが、昨年GWのお話です。


2010.5.5 (こどもの日)は、世間ではGWの最終日でした。

ニュースを見ると、Uターンラッシュで高速はどこもかしこも大渋滞。

翌日からはお仕事、という人も多かったかと思います。



さて5日は、TONOも姫もお仕事でしたが、翌日からは4連休!

二人のGW後半戦がスタートです。 (^o^)丿



その年の3月、上高地から見た真っ白い穂高に感動した二人。 (→ こちら

P1060461-2.jpg
                              (2010.3月 静寂の上高地)


この日から 「GWは穂高に登る!」 と決めてました。

涸沢をベースに奥穂・北穂をダブルで狙う・・・

これが当初の予定でした。



この年のGWは、全日で雨が降らないと言う、50年振りの好天に恵まれました。

・・・が、連休明けの6日からの天気は、何かいまひとつ・・・ (T_T)


日頃の行いが良くなかったのかと、

胸に手を当てて過去を振り返りながら、落ち込んでいたところ、

前日になってみれば、どうやら6日は快晴っぽい♪

でも7日の雨は確実のようだ。

さてどうするか・・・



6日に “涸沢” まで行ったとしても、

7日の天気が悪ければ、1日無駄に過ごすことになるし・・・

8日の天気もハッキリしないと決めにくいな~


まずは山の準備をして、直近の天気予報を見て考えますか。


・・・

・・・


2010.5.6 (木)

3:00 起床。

3:30 自宅を出発。

いつもの様に相模湖ICから、中央道へ。

連休明けと言うことで、さすがに道はガラガラです。



さて今日はどこに向かおうか?

いろいろ考えた結果・・・

この日は、“燕岳” に登って、下山後 “中房温泉” に宿泊することに。

ここのところ混浴温泉も行ってないし、ちょうど良いかも ♥






塩尻ICの辺りから前方には、残雪の北アルプス。

天気は良いし気分は



豊科ICを降りて、"中房温泉" を目指します。

6:50 その途中で、ハッと息を呑む美しい風景に出会いました。

IMG_0874.jpg



黄色い菜の花畑 と 青空に浮かぶ残雪の "常念山脈"。

IMG_0880.jpg



思わず車を停めて、写真を撮りました。

"表銀座" かぁ・・・ いつか残雪期にも歩いてみたいなぁ。。。

IMG_0884.jpg





さて時刻は7時を回りました。

"中房温泉" に電話してみると、部屋の空はあると。

本日下山後に宿泊したい旨を伝え、予約完了



これで、中房の登山口まで車を乗り入れる事ができます。

宿泊予約がないと、下の登山者用駐車場に駐めなくてはなりません。

(徒歩10分くらいなんですけどね ^^ゞ)




"穂高温泉郷" を通過して "宮城野ゲート" から山道に入ります。

所々すれ違いが困難な細い山道が出現するので要注意です。

山道では猿の群れが寛いでました。

IMGP8502.jpg




8:00 "中房温泉" の駐車場に到着。

登山者用駐車場には、数台の車がありましたが、

この駐車場には二人の車のみ。

IMGP8504.jpg




準備を済ませ、駐車場からすぐの登山口へ。
IMGP8506.jpg
標高1,460m の登山口で 17℃!

空気が生暖かい感じで、

ハッキリ言って暑いです。





8:12 トイレを済ませて、さて行きますか。

IMGP8507s.jpg



のっけから樹林の急登です。

IMGP8509s.jpg



8:48 第1ベンチ                 9:19 第2ベンチ

9:54 第3ベンチ                 10:33 富士見ベンチ

IMGP8511.jpg IMGP8517.jpg
IMGP8523.jpg IMGP8527.jpg


二人の足だと、30~40分間隔でベンチがあり、ペースを取りやすいですね。

各ベンチで水分を補給しながら、登っていきます。



第1ベンチを過ぎると、雪が多くなってきました。

富士見ベンチの前後は、かなりの急登が続きます。



合戦尾根は、前にも何度か登ってるけど、こんなに急だったかなぁ・・・

さすが “北アルプス三大急登”!?

その実力をいかんなく発揮してますな。 (^^;



なお “北アルプス三大急登” って言うのは、

烏帽子岳のブナ立尾根、笠ヶ岳の笠新道、そして燕岳の合戦尾根。


ちなみに “日本三大急登” と言われてるのは・・・

ブナ立尾根(烏帽子岳) ・ 黒戸尾根(甲斐駒ヶ岳) ・ 西黒尾根(谷川岳) らしい。





11:09 "合戦小屋" に到着。

出発して3時間と、ほぼコースタイム通りです。

IMG_0889.jpg





ここは椅子とテーブルがあって、休憩するには丁度良い場所です。

トイレを済ませて、お昼を食べて大休止。

IMGP8531.jpg




小屋のお兄さんが、雪片付けに精を出してました。

IMGP8532.jpg




11:31 ここからはアイゼンを着けて、“合戦の頭” へ向かいます。

IMGP8534.jpg




"合戦小屋" から少し登ると、森林限界を超え、木々がまばらになってきました。

そして・・・見えた

尖がり帽子・・・槍の穂先です。

IMG_0891.jpg
                  (2009年のGWは、あの穂先を目指しました → こちら



11:50 “合戦の頭” に着きました。

ここから尾根を辿って行きます。

IMGP8537.jpg




右手には “燕岳” が見えてきました。

IMG_0899.jpg




そして、左手には “槍ヶ岳” がその全貌を現しました。

IMG_0901.jpg




槍に励まされながら、先に進みます。

IMG_0896.jpg




12:07 小ピークを越えると、 「燕山荘が見えたよ~!」

IMG_0902.jpg




目標が見えて足取りも軽く進みます。

12:21 また一つピークを超えます。

IMG_0907.jpg




"燕山荘" がクッキリと見えてきました。

IMG_0908.jpg




表銀座の向こうに槍が聳えます。

IMG_0912.jpg




小屋まではあと少しだ。

IMGP8546.jpg



積雪期は夏道と異なり、一旦小屋の直下を大天井側へ巻いて、

稜線に出てから燕方面へ戻ります。




12:43 主稜線に出た。

IMG_0915.jpg




“大天井岳” に続く魅惑の縦走路です。

IMG_0917.jpg




"燕山荘" に向かいます。

IMG_0918_20100515222744.jpg




12:50 "燕山荘" に到着。

IMGP8549.jpg


 (「燕岳 」後半 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    Re: 2010.GWの 「燕岳」 前編

    こんばんわ~

    過去とはいえ、この時期に雪!!!高度を感じてしまいます。
    大雪山系は確かに雪の中だし…俺の及ばないとこだなぁ!
    低い暖かい山で遊ぶとします。

    菜の花の黄と青空…綺麗ですね(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    おはようございます
    まだこの時期北アルプスは雪山ではありますが、
    山小屋が営業をしているので比較的アプローチしやすいんです。
    晴れてると素晴らしい景色が迎えてくれます。
    青空と菜の花は奇麗ですよね~
    思わず車を停めて写真を撮りました。(^^)

  3. 露天風呂マニア | URL | -

    Re: 2010.GWの 「燕岳」 前編

    こんばんは~

    菜の花が咲いて春全開ですね。
    こちらもようやく桜が満開になりました。

    下界は春全開でも、標高が上がるにつれ
    冬に逆戻りしているような感じですね。
    そんな中にも確実に春が近づいている
    気配が写真からも感じられました。

  4. クロちゃん | URL | -

    Re: 2010.GWの 「燕岳」 前編

    8:00出発で、えんざん荘12:50 約5時間ののぼり
    深夜3時に出てくると、結構きついような気がしますが・・。
    まだ、燕岳に登ると、小一時間かな? 2時頂上?
    下り、4時間。宿到着18時くらいですかね。
    結構ハードな1日になったのでは。

    でも、中房温泉で ゆっくりできたのでは。

  5. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 2010.GWの 「燕岳」 前編

    こんにちは~(^^)
    菜の花と稜線のコラボ言葉で表現出来ないほど綺麗ですね‥(^^)
    山の残雪の間から顔を出す新緑たまりませんね‥(^-^)
    春山もまた魅力いっぱいの登山ですね‥(^0^)/

  6. K&S | URL | -

    Re: 2010.GWの 「燕岳」 前編

    TONOさん、こんにちは((´∀`*))

    GWも、登山を満喫されていたんですね( ´∀`)

    鮮やかな黄色の菜の花畑と真っ青なソラ。
    そして、雪の残る山々のお写真に、またまたうっとりしてしまいました( ´∀`)

    お猿さんや、テントウムシにも遭遇できて、
    大自然の中で五感がとっても研ぎ澄まされますね☆

    わたしは、登山はしたことが あまり無いのですが、
    TONOさんのレポを拝見させて頂いていると、
    ホント一度行ってみたくなってしまいます( ゚∀゚)アハハ

  7. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    北海道は桜が満開ですか~
    北国にも遅い春がやってきましたね。(^^)
    満開の桜はやはり素晴らしいですが、
    菜の花と青空の鮮やかなコントラストも、
    なかなか良いものでした。山の上はまだまだ雪がありますが、
    これから新緑が美しい季節ですね。

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    こんばんは
    さすが三大急登・・・合戦小屋までが辛かったです。(*_*)
    でも稜線に出てからは景色が見れるので、楽しみながらいけました。
    燕に13:30で、燕山荘に戻って14:00過ぎ。
    14:30に下山開始して、下に16:30でした。
    雪があると下山は早いです。(^^)v

    下山して中房で風呂に入って、ビール飲んだら、
    部屋に戻ってそのまま布団に倒れるように寝てました。 
    普段寝つきの悪い私ですが、
    この日はあっと言う間に意識がなくなったようです。(^^ゞ

  9. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    黄色い菜の花、青い空、白い残雪、緑の木々・・・
    その鮮やかなコントラストが見事でしたよ。
    山に急いでたんですが、
    思わず車を停めたほどです。(^^)

  10. TONO | URL | -

    K&S さんへ

    こんにちは
    はい!GWも山三昧でした。(^^ゞ
    春の花と言うと桜が出てきますが、菜の花も春を感じさせる花ですよね。
    しかも写真写りが最高!
    たくさん咲くと黄色い絨毯になって見事です。

    山は良いですよ~
    途中は辛いこともありますが、稜線からあの景色を見たら病み付きになります。
    もしも機会があったなら、最初は絶対天気の良い時に登って下さいね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/216-828ffe72
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。