スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 GWの立山 後編

2011年05月15日 20:35

2011.5.3 (憲法記念日)

"扇沢" から乗り物を乗り継ぎ "室堂" に入った二人。

"室堂山荘" に荷物をデポしたら、"雄山" に向けて出発しました。


まずは "一ノ越" を目指して、雪原の中をなだらかに登って行きます。

IMG_6368.jpg





IMG_6370.jpg
こちらは重装備の山岳部。

急ピッチで接近する姫を見て

道を空けてくれました。 m(__)m




IMG_6371.jpg

  そして、ボーダー&スキーヤー。

  雪があればどこまでも・・・みたいな。 (^^;




IMG_6372.jpg
最後は、スノーシュー軍団。 

次から次へ出るわ出るわ・・・

総勢30人ほどでしょうか。

何かのツアーなのかなぁ。 (・・;




中には、Gパン、スニーカー、手ぶらで登ってくる観光客も。

そんな軽装で天候が急変したらどうするんでしょ・・・ ( ̄ー ̄;




IMG_6373.jpg
  10:24 "一ノ越" に到着。

  上がると急に風が強くなります。

  雪壁で風を避けながら休憩です。


  (⇐ 見知らぬおじさんのモデルになってる姫 ^^;)




IMG_6374.jpg
これから向かう "雄山" を観察。

通常は左の尾根を行くんですが、

スキーの彼(中央)はひたすら直登!

直登は写真よりかなり急です・・・ (^^;





振り返ると、"室堂山荘"、"室堂BT"、その向こうには翌日登る予定の "奥大日岳"。

IMG_6375.jpg



IMG_6377.jpg

10:49 さて、"雄山" に向かいます。

ほとんど岩と雪のミックスです。





P1010494.jpg


  基本的にそう問題はないのですが、

  ルートの取り方によっては、

  凍った急斜面となり油断は禁物。






P1010495.jpg
"一ノ越山荘" を見下ろします。

この辺りまでは姫を追って

良いペースだったんですけどね・・・





"室堂" まで乗り物で一気に上がってきてるので、あまり認識しないのですが、

ここって、標高3,000m級の高地なんですよね。

高所障害の出やすいTONOは、体が重くて何となく息苦しい・・・

一気にペースがガタ落ちになってきました。

いつもの様に姫の背中が遠ざかっていきます。

IMG_6379.jpg
                (写真中央、こっちを向いて待ってるのが姫かなぁ・・・ ^^;)




重い足を1歩1歩前へ踏み出し、とりあえず着きました。

11:47 三角点のある "雄山" (2,992m) です。

IMG_6384.jpg


扇沢に向かう時に、反対側から見た "赤沢岳" "針の木岳" ・・・

今年の夏は行ってみるかなぁ。。。




IMG_6386.jpg

ザックをおろしたら、

"雄山神社" のあるピークへ。





ここが "雄山" 山頂(3,003m) です。

IMG_6387.jpg


後に見えるのは、"奥大日岳" ・・・

ここからでも、稜線に "雪庇" が張り出してるのがわかります。



そして、別山へ続く縦走路の向こうには "剱岳"。

IMG_6389.jpg


剱・・・カッコイイですよね~

今年も登りたいなぁ 



このピークでしばし眺望を楽しんでいると、

ヘルメット、ハーネス、ザイルなどを装備したパーティーが "大汝山" 方面から上がってきました。

逆ルートで、"雄山" から "大汝山" に向かう人達もやはりクライミング装備です。


ここから "大汝山" までは、凍り付いて危険との前情報でしたが、

やはりシビアな状況は変わりないようです。

立山最高峰である "大汝山"(3,015m) のピークを踏みたいところでしたが、

今回はちょっと無理そうですな。



一等三角点にタッチしたら撤収です。

P1010504.jpg




IMG_6395.jpg

12:11 下山開始します。





春の陽射しに誘われ、"一ノ越" から下る途中で雪面に座って休憩してみましたが、

陽が陰った瞬間、寒~い。 (ノ゚ο゚)ノ

・・・サッサと山荘に行きましょ。


IMG_6402.jpg

  13:20 "室堂山荘" に戻りました。

  アイゼンを外して、中に入ります。



 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2011 GWの立山 後編

    いつかは味わいたい世界ですね~ もっと雪山の経験をつまないとですが^^:  もう一回ぐらい残雪期に登っておきたいなぁ

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんばんは
    雪の甲斐駒に登ったみいとにゃーすけさんですから、
    きっと雄山は楽勝だと思いますよ。(^^v
    私は今週末に "金峰山" に登ってきました。
    もう雪はかなり融けててアイゼン無しで登れましたよ。

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 2011 GWの立山 後編

    こんばんは~(^^)

    流石北アルプル…(@。@)
    まだまだ雪国ですね…(^^;)
    この雪山を登るTONOさん姫さん凄いです尊敬します…m(_ _)m
    冬(残雪)登山ならかなり危険なんでしょうね…(ーー;)

  4. ZEP400 | URL | -

    雪も良いね

    雪 踏みたくなってきます。
    せいぜい春山で~
    10本爪アイゼン手に入れておこうかな~

    しばし 白と青のコントラストは…
    TONOさんので辛抱しときます(^^ゞ

  5. TONO | URL | -

    ゆぅかんさんへ

    こんにちは
    雪山ではありますが、冬の厳しさはもうありません。
    室堂から雄山でも、アイゼン・ピッケルは必携ですが、
    そんなに問題無く登れますよ。
    ただ冬に逆戻りすることもあるのが春山ですから、
    冬装備も必要です。

  6. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんにちは
    雪があった方が上り下りとも楽な場合もあるし、
    暑くないし、何と言っても登山者が少ないのが最高です。
    前爪のあるアイゼンならどんな斜面でも安心ですね。
    これからは新緑が美しい季節です。
    残雪と新緑そして青空のコントラストも良いですよね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/219-39682b0c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。