スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・未験のスタイルへ 秘められた過去!?

2011年05月27日 07:46

IMG_6890ー2今回ついに長年の課題だった

テントをゲットしたわけですが、

実はこのテント購入の裏に、

"秘められた過去" があったりします。 

現在進行中でもある事なんですが・・・





山テントってけっこう狭いですよね。

背も低いし、2人用くらいのテントだと見ただけで圧迫感があります。

でも、やはり長時間背負って歩くものですから、

居住性を削っても、重さとかコンパクトさを重視せざるを得ない訳ですし。



で、TONOはこういう狭い感じが苦手と言うか・・・ 避けたいと言うか・・・

まあ何って言うんですかねぇ・・・

単刀直入に言うと・・・ 


・・・恥ずかしながら・・・



"閉所恐怖症" なんですよね。




あれは10年ほど前、まだ30代の頃でした。

頭痛の精査のために MRI検査 を受ける事になったのですが・・・



MRIー2

頭と体をベルトで固定されて、

台の上にセット完了。


(イメージとしてはこんな感じです→)

                                                            





 「何かありましたらこのボタンを押して下さいね~」

・・・ と右手に押しボタンを持たされます。



そして恐ろしく狭いトンネル状の機械の中に、頭から入っていきます。



  (げっ! 何 ・・この圧迫感!?)


 「では検査始めますよ~」


  (・・・何か ・・息苦しい ・・ヤ、ヤバい・・・)


 「途中大きな音がしますが、心配ありませ~ん」


  (・・って言うか ・・苦しい ・・・もう駄目!)



何とも表現しようがない 焦燥感 と言うか、不安感 と言うか・・・

押しつぶされそうな感じが体全体を包み込み、厭~な汗が。


 「はい、撮影していきますよ~」



それから右の親指が、握りしめたボタンを押すまで2秒くらいだったでしょうか。 (笑)

・・・ ポチっとな (爆)



 「どうしました~」

 「あの・・ちょっと苦しいので・・・」

 「大丈夫ですか~?」

 「あ・・・だ、駄目みたいです・・・」



機械の外に出されて、ようやく生きた心地がしました。


 「では、もう一度やってみますか~?」

 「いえいえ! もうイイです」


・・・という事で、検査はできずに、そのまま終了~




 「こういう人って・・・たまにいたりします?」

 「いますよ~。でも"閉所恐怖症"の方は予約でチェックされますから・・・」

 「へいしょ・・きょうふしょう・・・」

 「そういう方は検査を受けませんから・・・これまでの最短記録かなぁ・・・」

 「・・・・・」 




その時まで自分が "閉所恐怖症" だと全く気付かずに、生きてきたわけですが、

この一件以来、ともかく狭い所は全く駄目な人になってしまいました。

狭いと意識しただけでもう心臓がバクバクして、息苦しくなります。  




こんな男ですから、狭い 山岳テント というのはかなり抵抗があった訳で・・・

そこで一夜を明かすなんてとても無理!!

実のところ、これがテント購入に二の足を踏んでいた最大の理由だったりします。 



オートキャンプ用のテントくらい広いと、全く問題なく中に入れるんですが、

あの重さを持って歩いたら、"小梨平" でギブでしょう。 (笑)




IMG_6617ー2
でもこのテントを見た時に、

このテントなら大丈夫」

・・・という予感がしました。

中に入っても圧迫感は感じません。







 「もう殿様は、めんどくさいんだよね~」

 「何が~?」

 「高所恐怖症で、高山病で、閉所恐怖症で~」
 
 「・・・・・」  ( ̄ー ̄;

 「そのくせ何でさぁ~ 山に登るの好きなのかなぁ・・・???」

 「・・・まっ、世の中には理屈じゃ割り切れないこともあるんだよ」

 「ふ~ん・・・」

 「ほら、"山はあるのに山梨県" ・・とかさ・・・」

 「・・・はぁ!?」






でも、最近ショップとかでディスプレイされてるテントを見ても、

2~3人用くらいの大きさがあれば、抵抗なく中に入れそうな気がするんですよね。

実際に入ったことはないですが、"入らず嫌い王" かも知れないですし・・・(笑)


このままテント自体に慣れれば、普通の山岳テントも大丈夫になるかも。。。

その暁には、もう一つテントを買っちゃおうかなぁ・・・ (o ̄ー ̄o) ムフフ


 (終わり)



☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はぐれ雲です♪ | URL | P7ldfwG2

    恐縮ですが・・・

    連日のコメント、で申し訳御座いません、、、m(__)m

    自称幕体フェチ!?の私としては、どうしてもその・・・
    コメントを差し上げたく・・・(汗;
    などと言い訳をしつつ・・・本題へ(微笑

    狭いテントは、苦手(イヤだッ!)ってのよく分かります!
    私も苦手でした、閉所がイヤって言うより
    天井?が低いのがイヤだったんですよ
    なので当初は出来るだけ背の高いテントを物色していました
    ですがどうしても背の高いテントは風に弱いと言うか
    安定性に欠けるんですよね(そして重い!)

    ですがザックで担ぎ上げるとなると、どうしても軽量な背の低い山岳テントを購入せざるを得ませんでた
    とは言え、今だに冬山では装備が重くなるのでテン泊では無く小屋を利用しますが・・・

    で・・・仕方なく背の低いテントで宿泊を重ねるうちに
    慣れてきたんですよ、狭い空間にね(苦笑
    『母体回帰』って言うんですか?
    例え悪いですが、悪天候時に狭いテントの中で過ごす時間が
    ・・・楽しく(心地良く)感じるようになって来たんですよ(笑
    なので、きっと回を重ねるとTONOさんも狭いテントにも慣れ日が来ると想像されます

    もう一つのテント・・・すでに決まってるんでしょうねぇ~?(笑
    是非、軽さにこだわって下さいマセね♪



  2. ZEP400 | URL | -

    慣れるのでは~

    おはようございます。
    そんな過去が…
    MRI平気なのは…
    一番は子供でしょうね、ロボットの中だぞって!
    俺もあんまり好きじゃないです。

    テントは直ぐに慣れると…
    それぞれの良点、欠点を理解してくと大丈夫。

    ちなみに俺、ソロなら
    ウエンゼル(古)
    インナーかアウターだけ…
    複数なら天気次第で分持ですね~
    軽いアライあたり欲しいですが…

    でも麓のキャンプ場 等に連泊の方が
    俺に向いてるかな…
    ゆっくり星見れるし!
    湯浴み後のんびり出来るし!
    朝もゆっくり寝てられるから(^^ゞ

  3. TONO | URL | -

    はぐれ雲さんへ

    こんにちは
    連日のコメントありがとうございます。(笑)
    テント初心者ですので、助言、ダメだし大歓迎でございます。

    閉所恐怖症の私ですが、横方向の狭さはまだ耐えられるんです。
    やはり縦方向の狭さがダメなんですよね。
    なので背が低いテントはどうしても受け付けなかった訳で・・・

    しかしまだ一度ですがテントの中で一夜を過ごしてからは、
    自信がついたと言うか何か大丈夫かも♪・・・って感じを持てるようになりました。
    今後回数を重ねればいけるんじゃないでしょうか。(^^v

    テントって狭いながらもあの空間が約束されてる訳で、
    混んでる山小屋と比べればプライベート空間ははるかに広い点も魅力的です。
    今年は混んでる山小屋とはオサラバ出来るでしょうか・・・
    稜線に張るなら自立式で背の低いテントの方が良いんでしょうね。
    ・・・はぐれ雲さん、鋭いですね。
    実はもうひとつのテント・・・自分の中では決めてます。(^^;

  4. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんにちは
    閉所恐怖症の人にとって、MRIって本当に鬼門です。
    最近のMRIはあんな狭い感じじゃないのもあるみたいですが、
    頭の撮影では頭が完全に隠れちゃいますからねぇ。
    ・・・厳しいです。

    テント泊、慣れる気がします。
    私は夏の縦走テント泊を目標にしてたんですが、
    麓でキャンプして、日帰り登山っていうのも確かに魅力的ですよね♪
    いずれにしても今年の夏は、"テントと共に生きる"
    ・・・みたいな感じでいこうと思ってます。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/223-9f322b76
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。