スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 富士山 Vol.4 ついに山頂へ!

2011年06月09日 07:44

2009.6.7(日) 

"須走口" から一人 "富士山頂" を目指したTONO。

標高は3,000mを超え、富士登山はここからが本番です。




11:36 やや風が強くなってきました。

中間着を羽織り、グローブを着ける。

オニギリ1個で栄養補給したら、また歩き始めます。

IMGP2153.jpg
                                  (山頂は遠いな~)





12:36 標高3,370mの "江戸屋" が近づいてきました。

この先で、"河口湖口" からの登山道と合流します。

IMGP2159.jpg
                                 (前方を行く登山者)





この上の "胸突江戸屋" までは標高差100m。

すぐそこなんですけどね~ 

IMGP2160.jpg




広大なバーンには、きれいなシュプールが残されています。

IMGP2162.jpg




雲海に向かい滑り降りる 気分は最高でしょう。。。 (* ̄∇ ̄*)

IMGP2163.jpg




一方こっちは・・・かなり苦しい。

この高さになると、酸素の薄さがはっきりわかります

"血中酸素飽和度" は90%ぐらいか!?

10歩進んで10秒休む

その繰り返しです。



13:20 標高3,490m・・・ あと250!

息が苦しい・・・

脈が早い。 頭が痛い。 気持ちが悪い・・・ 

明らかに "高地障害" が出てます。 




過去2回、夏に来た時もこの辺りから苦しかったが、こんなに辛くはなかった。

重いザックの影響も予想以上に大きいんでしょう・・・

加えて、この雪・・・

体重を乗せると足首~膝まで沈む所も。 (・"・;



こんなペースで本当に山頂まで行けるのか・・・?!

かなり自信がなくなってきました。

"撤収" の二文字が頭をよぎります。




13:34 心の中で葛藤しながらも、9合目の鳥居まで来ました。

IMGP2166.jpg



標高は3,580m ・・・山頂はもうそこに見えている。

・・・しかし体が動かない。


息が苦しい。頭が痛い。気持ちが悪い。

気を抜くと一気に気持ちが萎えてしまいそう。




13:58 標高3,625m あと残り100!

IMGP2168.jpg



1歩1歩進めばいつかは着く・・・

300歩か?400歩か? ・・・カウントダウンだ! 




14:09 山頂の鳥居が見えた

IMGP2169.jpg




14:14 山頂直下で単独行の登山者とすれ違います。

その人が言うには、その年のGWにも登ったが、雪が全然少なかったとのこと。

GWの後、5月の中旬に積もったようだ。

今年はこの時期にしては、例年よりかなり雪が多いらしい。



せっかくなので写真を一枚撮って頂く。

IMGP2170.jpg





14:18 そしてついにその時はやってきました。

・・・着いた・・・山頂だ・・・・

IMGP2171.jpg


登り始めて7時間。

夏より2時間も多くかかっています。



嬉しさよりも 辛さの方が大きい

ただやり遂げた充実感はあった。




人っ子一人いない、静かな山頂。

夏の喧噪 (ここは渋谷か新宿か!?) が嘘のよう。

この時の気持ちとしては、静かと言うより、"寂しい山頂" と言った方が正しい。




火口の反対側、測候所跡が、標高3776mの "剣が峰"

IMGP2173.jpg


なんと! 火口に向かってシュプールが残されていました。

日本最高所でのスキーです。


ここにレンタルスキーがあればやってみたいところです。

今だからこんな冗談も言えるが、この時は間違いなくやらないでしょう。 (笑)

IMGP2174.jpg




"御殿場口"、"富士宮口" 方面。

IMGP2175.jpg



この先を回って "剣が峰" が本当の最高点ですが、もうそこまでは行けない・・・


 お鉢巡り!? 


とんでもございません!! 限界です。 ( ̄_ ̄|||

これ以上行ったら吐くかも。 (マジです)




快晴の山頂ですが、冷たい風が絶えず吹き付けます。

小屋の陰に移動して、ウィンドブレーカーを羽織り、風を避けて休憩。



お腹は空いているはずなのに、食欲がない。

残ったオニギリ1個を、時間をかけゆっくり食べる。


軽い高山病 のようだ・・・ 

7時間もかけてかかって登ったのに・・・情けない。

世の中には、2時間半くらいで登ってしまう “強者” もいるみたいです。


 (下山へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. しょもも | URL | -

    素晴らしい!

    TONOさん、こんばんは~♪

    これは私が迷った末に山へ行かなかった日ですね。
    完全に天気を読み間違えたようです。。

    さすが日本最高所、素晴らしき青い空ですね♪
    富士山は去年の夏に登って当分はいいやと思ってましたが、
    静かな山頂へ向けて雪上を直登したくなっちゃいます(^_^)

  2. いつまでもイクスカーション | URL | -

    凄い迫力です。

    TONO様姫様 今晩は

    息詰まる迫力凄かったです。
    自分はとても真似できませんが、
    TONO様姫様はアラフォーの鏡です。

    ただ危険との隣併せです。
    無茶だけはしないでください。
    だって姫様の入浴シーンが見れなくなったら
    寂しいじゃありませんか。ってつい本音が。(^_^;)

    これからも体に気を付けて登山して下さい。
    ではまた。失礼します。

    自分のブログですが、来週からは川崎です。
    自分の生まれたところです。
    完全な自己中心です。よろしくお願いします。

  3. TENE | URL | -

    山頂おめでとうございます!

    こんばんは!
    雲が下にある感じはまさに別世界ですね。
    飛行機乗った時しか味わったことがありませんが、
    最初は「こんな世界があったのか」と思わされました。

    この山頂が下から見るあの部分「先っぽ」なんですよね。
    最初はやはり雪があまりない夏に(^_^;)あそこ目指したいですね。
    そうしたら本当、下から見た時に感動ひとしおでしょうね。

  4. もうすぐ40 | URL | -

    さすが雲の上

    おはようございます。

    山頂到達、おめでとうございます。
    雲を抜けて更に上を目指す・・・
    過酷さを乗り越えて辿り着いた山頂では、
    達成感でいっぱいでしょうね。 
    青い空がとても綺麗に見えます。
    同じ青でも、透明感が違うんでしょうね。

    下りの記事、待ってますね。

  5. オニキス君 | URL | -

    Re: 2009 富士山 Vol.4 ついに山頂へ!

    こんばんわ、登頂おめでとうございました!
    酸欠に耐えてすごいですね、私は落伍者です(笑)
    雪もかなりあるようですね、ガチガチでしたか?
    スキーをやる人がいるんですかぁ!
    どこにでも凄い人はいるモンですね(笑)
    お鉢巡りまでは行きませんでしたか...残念v-411
    人が居ない富士山も不思議な光景です、
    鳥居もこんなに低くなってるなんて、考えられませんよ!
    無事に帰宅されてるんで、良かったです~

    来年は姫さんも一緒かな~(笑)

  6. 札幌温泉人 | URL | -

    おめでとうございます・・・

    ついに、山頂へ。
    TONOさん、ご苦労様です。
    でも・・・やっぱ過酷っすね。私には出来そうにないっす。
    TONOさん、素晴らしいっす v-221
    TONOさんの苦労の末の写真の数々・・・
    綺麗な景色を何の苦労もせずに見させて頂き、恐縮です。
    下山も、大変そうですよね。
    そう思う私のほうが、緊張してます。

  7. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    こんにちは
    この日は本当にいい天気でした。
    午後から雲は出てきましたが、2500mから上は完全に雲の上でした。
    青い空と白い雪のコントラストが素晴らしかったです。

    夏の富士山は人の多さに(・_・;ですが、この時期は本当に静かな山頂です。
    来年もまた行きたいです。(^^)

  8. TONO | URL | -

    いつまでもイクスカーションさん

    こんにちは
    ご心配ありがとうございます。
    確かにもうアラフォーですから、無謀な事はできません。
    でもまだアラフォーなので、体を張ってレポします。(笑)

  9. TONO | URL | -

    TENEさんへ

    こんにちは
    普段見上げる雲が自分より下にある光景は、まさに別世界です。
    これを見るためだけに登っても良いくらいの、非日常的な体験です。(^^)
    これにご来光が加わると、言葉にならない感動を味わえます。

    TENEさんは山梨在住ですから、一回は登りましょう。
    山梨だと河口湖側からチャレンジですね。(^^)

  10. TONO | URL | -

    もうすぐ40さんへ

    こんにちは
    ありがとうございます。
    今回は山頂でより下山してからの方が達成感を感じました。
    山頂で「やった~(^O^)/」という感じは全くなくて、
    下山後に沸々と達成感が湧いてきた感じでした。(^^)

  11. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    おはようございます
    今になって思うと・・・
    あの日あの時、日本一の山頂に自分一人しかいなかったわけで、
    そう思うと非常に感慨深いものがあります。
    その時は辛くて、あまり感動にひたる余裕はなかったですが。(^^;

    条件が揃えば、来年は残雪の富士山からのご来光にチャレンジしたいですね。
    やっぱり姫は行かないだろうな~(笑)

  12. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    おはようございます。
    今回、やはりブログに載せるつもりだったので、
    「途中で撤収はしたくないな~」と思いながら登ってました。
    9合目ではかなり辛かったのですが・・・
    登頂できたのは応援してくださる皆さんのお陰です。
    ありがとうございます。

    下山は緊張もあったけど、途中から快適で楽しかったですよ~ (^^)v

  13. ZEP400 | URL | -

    よいものを サンキューです!

    残雪上とはいえ、7時間は凄い!
    夏の登りとは違うのでしょうが…
    やはり 秀峰フジヤマですね。

    大変良いものを見せていただきました。
    どうもです(^^ゞ

  14. オニキス君 | URL | -

    Re: 2009 富士山 Vol.4 ついに山頂へ!

    こんばんわ、酸欠ネタ?ネタって言ったら申し訳ないですけど
    3度わたしも登ってますから分かりますよ~苦しいし気持ち悪いし
    あれは耐えるに耐えられないですからねv-393
    あれ?himeさんは今年は富士山のぼったんでしたっけ?

  15. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    所要時間はともかくとして、高地障害で苦しかったです。
    早く登れば登るほど高知順応できず高地障害が出ますが、
    この時はけっこうゆっくり登ったんですけどね・・・
    って言うか、ゆっくりしか登れなかったんですが。(^^ゞ

    でも日本最高所の青と白の景色は最高でした~♪
    あの景色を見れるから、苦しくても行っちゃうんですよね。

  16. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    高地障害は辛いですよね~
    気持ち悪い、頭痛い、息が苦しい・・・
    登り続ける限り一層酸素は薄くなって、ず~っとこの症状が続きますからね。
    個人差が大きい高地障害ですが、私はすごく出やすいです。
    年間を通じて高い山に登ってるので、
    ある程度は高地順応できてるはずなんですけどねぇ・・・

    姫ですか? 登ってないです。
    姫は「もう二度と富士山には登らない!」って言ってます。(^^;
    あの人は私とは逆に高地障害は全く出たことがなくて、
    初めて登った富士山も全然苦しくなかったみたいです。
    単調過ぎて単につまんなかったみたいです。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/233-3b69e852
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。