スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 富士山 Vol.5 下山

2011年06月10日 07:10

2009.6.7 (日)

一人残雪の "富士山" を目指したTONO。

高地障害に悩まされながらも、何とか山頂までたどり着きました。



小屋の陰で風を避けて休憩し、症状は少し改善。

14:45 さて下りましょう。

IMGP2172.jpg
("須走口下山道" の標柱ですが、下が切れてます。気持ち悪くて適当に撮ったもので・・・^_^;)


んー、かすかに頭痛い、ちょっと気持ち悪い、何となく息苦しい・・・

早く酸素の濃い所に行きたい!



夏はジグザグに下山道が付いていますが、

残されたトレースは、シュプールの間を一直線に伸びていました。



夏を思わせる雲が湧いてきました。

IMGP2176.jpg



こんな雲の中に下りて行くのって・・・何か怖い感じがします。 (ノ゚ο゚)ノ

IMGP2177.jpg




気温が下がったのか、山頂直下の急斜面はクラストしています。

足を滑らしたら下まで滑落しそう。 ( ̄_ ̄|||

慎重に下ります。



途中からは雪が緩んできました。

こうなれば、あれで行きますか。 


しりせーど~ (ドラえもん風にお願いします 笑)



あんなに時間がかかった斜面をアッと言う間に下りて行きます。

IMGP2181.jpg
                                (TONOのシュプール 笑)


こんなに長い距離をお尻で滑ったのは初めてです。

ストック2本を脇に挟んで、先端でブレーキをかけスピード調節。

いや~楽しかった。。。

でも一歩間違えると、膝を痛めたり、大事故につながるので、

あくまでも自己責任の上、十分気を付けて下さいませ。



ここからも尻セードと、"砂走り" ならぬ "雪走り" でどんどん下っていく。

標高が下がり高地障害からも脱して、快調快調。 




そしていつしかガスの中。

IMGP2183.jpg



途中からは雪が消えて、踏み跡も不明瞭に。

ホワイトアウトとまではいかないが、どこに向かったらいいのか全くわかりません。


とりあえず、夏の下山道を下りてきてるんだから、

真っ直ぐ行けば着くはずだよな・・・




やがて見たことのある "砂走り" の道だ。

富士駅伝でも走ってるとこだよね。
IMGP2184.jpg




16:13 標高2,230m "吉野屋" (売店) に到着。

ここまで来ればあと一息。

IMGP2185.jpg
                              (当然まだ営業はしていない)





樹林帯の中を下って行くと、

IMGP2187.jpg




16:31 登山口に戻って来た。(^o^)丿

IMGP2188.jpg




参道の売店で "きのこ茶" を御馳走になる。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

これを飲むと "富士登山" って感じがしますなぁ。

(完全に洗脳されてますね ^^;)

この "きのこ茶"、姫にお土産に買っていきました。



16:38 駐車場です。

濃いガスに包まれています。

IMGP2189.jpg





砂走りを歩いた靴はこ~んな風に。

いちおう赤い靴なんですけどね。 

IMGP2190.jpg





16:48 簡単に着替えて、駐車場を出ます。

ガスで視界不良。 ライトを点けて、ゆっくり下ります。

IMGP2192.jpg





17:32 御殿場ICから東名高速へ。

晴れの日曜日だったせいか、やはり高速は大渋滞。 (事故も重なったようだ)

IMGP2195.jpg



17:53 東名高速は見切りをつけ大井松田で下ります。

小田原厚木道路-新湘南バイパスを使って帰りました。



19:05 無事に帰宅。

何か長~い一日でした・・・

その日のビールが美味かったこと。。。 


 (日焼けと言うか・・・ に続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    hujiyamaごちそうさま~

    青と白の世界から、
     雲海への下り…ガス・砂礫…
    しかと頂きました~
     今夜は酒の肴にします(^^ゞ

  2. オニキス君 | URL | -

    Re: 2009 富士山 Vol.5 下山

    こんにちは~ふふふっお尻滑りv-411
    私は荒川の土手でやっただけです(笑)
    高い山での尻滑りなんてもっての外~
    下界は空気があって良いものでしょ?

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 2009 富士山 Vol.5 下山

    こんばんは~(^^)

    すいぶん長い距離を尻で滑ったんですね…(^ー^)
    さぞ気持ち良かったでしょうね…(^。ー)
    下にさがると景色も一変、濃いガスですか…(^^;)
    山は深いですね…(^ー^)
    富士山一度は登って見たいですね…(^0^)/

  4. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 2009 富士山 Vol.5 下山

    こんばんわ。
    これですね、恐怖の尻セードは(笑)

    うちらのリーダーは夏の富士山に行きたがらない
    ので多分、6月とかになっちゃうんですよね。
    富士山で尻セード、やってみたいなぁ。。。

  5. ZEP400 | URL | -

    Fujiyamaでしたね!

    2枚目と4枚目が印象に…あとFujiyamaのF訂正も含め…再コメです。

    また すがすがしい絵 見せてください。

    こちらは 草ぼうぼうの絵しかないけど(^^ゞ

  6. 札幌温泉人 | URL | -

    ホッとしたぁ~・・・

    やっぱ過酷っすよ・・TONOさん。
    でもそれをやりきったときの嬉しさはわかる様な気がします。
    雲の写真綺麗でした・・感動っす。 TONOさん、凄いなぁ~
    私の秘湯ドライブ1.300kmなんて、問題にならないくらいタフですよ。。。

  7. もうすぐ40 | URL | -

    尻滑り!

    こんばんは。
    尻滑り? なら得意ですよ(笑)
    何せ雪ん子ですから。(子供の遊びとは緊張感が違うかな?)
    それにしても上から見る雲、綺麗です。
    こういった感動のひとつひとつが山の魅力なんでしょうね。
    羨ましい趣味ですね。

  8. tabibito | URL | -

    いいですね!

    富士山に行かれたんですね♪
    私の幼馴染のトータスの初登山が富士山でした。
    (下山道をゴミ拾いしながら、ムリヤリ登らせた感じでw)

    シリセード…雪の赤岳で、はしゃぎすぎて捻挫してしまったことがありまして、
    ちょっとしたトラウマになっています。
    (とはいっても、シリセードやりますけどw)

    TONOさんのレポを見ていたら、また富士山と遊んでみたくなりました。
    いろんな山と遊びたいなぁ…。

  9. いつまでもイクスカーション | URL | -

    お疲れ様です。(^O^)/

    TONO様姫様 こんにちは お疲れ様です。
    尻セードですか。ソリあったのですかね。
    直だと痛くないのですか?
    でも気持ちよさそうですね。
    子供心にこんなのがあったらいいなー。って。

    それと。御殿場インターの写真ですか。
    何だか前後の時間と合わない気がしますが・・・(^_^メ)

    ではまた。失礼します。

    実は先日の散策で自分も日焼けしました。
    シミになりそう。

  10. オニキス君 | URL | -

    Re: 2009 富士山 Vol.5 下山

    おはようございます、コメ遅くなりました(笑)
    下山は楽しそうでしたね!
    私は下山が余計に辛かったです、足がガクガクになるんで(笑)
    帰りの運転は危なかったです!
    でも、雪がある時はこんな下山方法も有るんですね、尻ませんでした
    ガスった写真はとても幻想的で違う世界に入ってしまった感覚に陥っちゃいますよね!
    たしかに恐い!
    酸欠状態は5合目ぐらいで治りましたか?
    きのこ茶屋さんは、結構TVとかにも取り上げられてるお店ですよね?!
    ともかく、残雪富士登頂おめでとうございました!
    7月1日の山開きは出来なかったみたいですね。
    その前に登ってしまった、TONOさんは!なんて人なんだ~!

  11. TONO | URL | -

    札幌温泉人 さんへ

    こんばんは
    富士山は、緑はないし高山植物は咲いてないし、他の山の眺望もいま一つ・・・
    でもこの雲の景色というか雲の表情というか、
    「雲を上から見線で見る」というのがたまらないです。

    私は決してタフではありませんよ。(^^;)
    普通の体力で、ペースを守って、天候が許せば、誰でも富士山の頂上に立てます。
    私は思い立ったらすぐ行ける所に住んでることが、最大のメリットですかね。(^^v

  12. TONO | URL | -

    もうすぐ40さんへ

    こんにちは
    シリセード。。。子供の頃のそり遊びに近いです。
    かなり規模が大きいですが。(笑)

    ただ、足が引っ掛かるとけがしたり、大事故になることも。
    姫は谷川岳でそりをして、スピードが出過ぎて、危うく谷底へ落ちそうになりました。
    本人はケロッとしてたけど、周りで見てた人はかなり焦りました。( ゚ ▽ ゚ ;

  13. TONO | URL | -

    tabibitoさんへ

    コメントありがとうございます。
    シリセード…私はアイゼンが雪に引っかかって、膝を捻ったことがあります。
    下山時は大きな影響はなかったんですが、しばらく膝にストレスをかけると痛かったです。
    ピッケルが引っかかってアウターが破れたことも。(T_T)
    やらなきゃいいんですが、雪があるとついやっちゃうんですよね。(^^;

  14. TONO | URL | -

    いつまでもイクスカーションさんへ

    こんばんは
    シリセードは特に道具は使いません。自分のお尻で滑るのみです。
    そりのような器具も売ってますが、スピードが出過ぎて怖いですね。

    御殿場インターの写真ですが、15時32分ではなく、
    午後5時32分つまり17時32分の間違いでした。
    早速、訂正させて頂きました。
    ご指摘ありがとうございます。m(__)m

  15. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんにちは
    河口湖口から登ると、下山が辛いみたいですね。
    須走口とか富士宮口では、砂走りがあって、1歩で2~3mとか進めます。
    楽しんで降りれますからちょっと楽かも。

    かと言って、違う登山口に下りると、戻るのに大変なことになりますしね。
    過去に行った時に、間違って下りてしまった何人か見ました。
    間違って下りちゃうのは、外人さんが多いですね。

    須走口の入口に、山荘菊谷さんと東富士山荘さんがあって、
    それぞれしいたけ茶、きのこ茶をふるまってくれます。
    これが美味しいんですよね。 いろんなメディアで紹介されてますよね。

  16. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    返事が遅れすみません。週末山に行ってました。
    快晴の青と白の世界から雲海へ下るのは凄い景色ですよ。
    あそこでスキーしたら最高だと思いました。
    またZEPさんの酒の肴になる画像をお届けできるように、
    天気を見て山に行ってきますね。(^^v

  17. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    雪山での下山での楽しみはこの尻セード。
    あんなに苦労して登ったのに一瞬で下ってしまうのは何か虚しい感じもします。
    でも空気の濃い所へあっと言う間に到達できます。(笑)
    高山病の私はやっぱり下界から離れられないですね。(^^;

  18. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    山頂直下から500mくらいは滑ったんじゃないでしょうか。
    こんなに長い距離を一気に滑ったのは初めてでした。
    下はガスガスでこれはヤバいと思いましたが、
    夏道の下山道に出たので迷うことなく下りれました。
    日本最高所の富士山の山頂は一度は踏みたいですよね。(^^v

  19. TONO | URL | -

    kita さんへ

    こんばんは
    そうです。これが恐怖の尻セード。
    果てしなく続くしスピードが出るし、結構怖いです。(^^;
    夏の富士山は人だらけですから(いわゆる富士登山を味わえます 笑)、
    雪が落ち着く6月頃に天気を選んで行けば、富士山も悪くないと思えますよ。
    是非kitaさんも恐怖の尻セード体験してみて下さい。
    でも怪我には十分注意して下さいね。

  20. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    FがHになってましたか!?
    訂正のコメント見るまで気付きませんでした。(^^;
    ちなみに私は富士山と入力するときは、"hujisann" 、
    自分の住んでる藤沢市も "hujisawasi" で入力してます。(^^ゞ

    土日で北アルプスに行って来ました。
    まだ写真を見てないんですが、良い絵があればアップします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/234-c89b062c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。