スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 日光白根山 前編

2011年06月29日 13:22

2011.6.19 (日)

梅雨の真っ只中、晴れ間を求めて "日光白根山" を目指しました。







"燕岳テント山行" を終えて、本当は早く次のテント泊に行きたいところでしたが、

なかなかTONOと姫の連休がリンクしません。



 「日帰りで、テント泊はできないしね~」

 「じゃあ、トレーニングのためにテント持って登れば良いんじゃない?」
  (↑後になって考えれば、この話の展開が作為的です ^^;)

 「う~む・・・そうねぇ・・・そうしてみるか・・・」



・・・で、前日の夕方、

TONOは使う予定はないテント泊用品一式を大きなザックにパッキング。

"日光白根山" で、二人してデカいザックか・・・相当浮くなぁ~ o( ̄ー ̄;)ゞううむ



夜になって仕事から帰った姫は、ゴソゴソと山の準備を済ませます。

そして、いつものように二人で飲んで就寝。


・・・

・・・


翌朝です。 外は小雨混じりの天気。

"日光白根山" ・・本当に晴れるのかなぁ・・・



まっ、とりあえず行きますか。

重いザックを持ち上げ、ふと姫を見ると・・・  ( ゚ ▽ ゚ ;

20Lの一番小さいザックじゃん!!


 「何、そのザック!?」

 「だって、日帰りで "日光白根山" でしょ?」

 「トレーニングにテント泊装備を持って行くって・・・」

 「それは殿様だけでしょ! 姫は軽い荷物で行くよ。」

 「え~っ!?」

 「ザックの中ガラガラ~ 食料とか入れてあげてもイイよ ♥」

 「・・・・・」

 「ほら、早く行くよ~♪」



横浜新道、第三京浜、環状8号と車を飛ばします。

関越道を沼田ICに向かうにつれて、空は次第に明るくなり、

雲の切れ目からは時おり陽射しもこぼれるようになりました。




9:45 ロープウェイ山麓駅に到着。

"菅沼登山口" にするか悩んだんですが、もう時間も時間だし、

ロープウェイを利用してより短時間で山頂に立てる、

丸沼高原スキー場からのルートにしました。



10:02 誰もいないロープウェイ乗り場です。

姫は小さいザックで、お気楽ハイキング気分♪

IMG_7273.jpg




ロープウェイからオートキャンプ場が見えました。

IMG_7275.jpg


ゲレンデを利用した、広々とした草地のフリーサイトが気持ち良さそう~

施設も充実してるし、快適なキャンプが楽しめそうです。




10:20 約15分で標高2,000mの山頂駅に到着。

ロックガーデンからは、正面に聳える "日光白根山"。

IMG_7277.jpg


このルートは、山腹をトラバース気味に上り、

最後は右端に見える斜面を登っていくことになります。





ロックガーデン~二荒山神社にかけては、シラネアオイが満開でした。

IMG_7342.jpg




"二荒山神社" の横を過ぎると、鹿侵入防止のゲートがあります。

このゲートは前に来た時より立派になってました。

IMG_7278.jpg



晩夏に来た時は、辺り一帯 "カニコウモリ" の花が、地味~に密生してましたが、

この季節はまだ葉っぱのみ。

確かに葉っぱはカニの甲羅様ですね。

IMG_7280.jpg




10:39 時おり雪が残る登山道を行きます。

IMG_7282.jpg




11:01 斜度が急になり、ジグザグに樹林帯を登ります。

IMG_7284.jpg




やがて、登山道の傍らに花を見るようになると、

森林限界を超えて、ザレ場に飛び出します。

P1010635.jpg
                (このコースにミスマッチなデカいザックを背負う人 ^^;) 







IMGP0646.jpg
ミネザクラ(峰桜)

樹林帯からザレ場に出る

辺りに咲いていました。





IMGP0634.jpg
  コミヤマカタバミ(小深山傍食)

  畳まれてますが、

  ハート型の葉っぱが特徴。





IMGP0636.jpg
キバナノコマノツメ(黄花駒爪)

葉っぱが馬の蹄に似てるんですが、

写真ではわかりませんねぇ。 (^^ゞ





IMGP0643.jpg

  イワカガミ(岩鏡)

  お馴染みの花ですね。





IMGP0637.jpg
コメバツガザクラ(米葉栂桜)

米葉じゃない様に見えますが、

後ろの葉っぱがそうです。





IMGP0645.jpg
  ショウジョウバカマ(猩々袴)

  猩々とは猿の一種。

  花を猿の赤い顔に見立てたらしいが・・・





IMGP0635.jpg
ミヤマキンバイ(深山金梅)

高さが低くて葉も違う気もするけど、

花は金梅系ですよねぇ・・・




IMGP0644.jpg

  ミツバオウレン(三葉黄蓮)

  何か、付け睫毛っぽいんだよね。(笑)







P1010637.jpg
11:43 登り始めて1時間20分。

ここまで一気に登って来ました。

お腹も空いたことだし、

パンを食べて一休みです。






 「あと30分くらい登ったら山頂だよね・・・」

 「うん、そうだね」

 「・・・となると、2時間くらいで山頂に着いちゃう計算になるよ」

 「ふ~ん」

 「ふ~ん・・って、コースタイムは2時間50分だけど!」

 「計算間違えてるんじゃない?」

 「間違えるような計算じゃないし・・・」

 「家帰ってから、よく計算してみなさい」

 「・・・って、姫が早過ぎなんだよ~ ザックが軽いからって、飛ばし過ぎ!」

 「そう?」

 「そう・・って、こっちは重いザック背負ってるんだから~」

 「殿様、良いトレーニングになって良かったね~ ♥」

 「・・・・」 




11:54 一休みしたら、あと一登り。

姫は駆けるように軽快に、斜面を登っていきます。

IMG_7289-2.jpg




一方TONOは、滑りやすい斜面に足を取られないよう、1歩1歩確実に。

P1010638-2.jpg



 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    あ~後ろ姿が…フル

    お疲れ様です。

    さすが姫様…何事があっても
    すぐに動ける軽装…やはりタダ者じゃない。

    それより、フル装備 お疲れ様です。
    でも、確かにトレーニングには良さそうですね。

    俺も近場でも、水は大量に背負いますね~
    軽いのに慣れると…
    次がキツイですから(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    おはようございます
    ほとんどが日帰りの山で、このザックは超浮いてました。
    混雑する山頂でも、こんなデカいザック持ってる人は他に見ませんでしたから。(^^;
    で、姫があの軽装で離れたところを軽快に歩いてるので、
    パッと見、一緒に来てるようには見えません。(笑)
    ザックが重くなってもあまりペースが落ちない事はわかりました。
    後はこれが長丁場になったときにどうなるのか・・・
    縦走の前に7~8時間/日の歩行を試してみたいところですが、
    行く時間はなかなかなさそうです。

  3. 露天風呂マニア | URL | 5CZ8/9IY

    Re: 2011 日光白根山 前編

    こんばんは~

    軽量装備の姫さんに追いついて行けるなんて凄いですね!
    フル装備ザックだと軽量装備の人にはついて行けないです~
    でもこれでかなり筋力アップしたのでは??

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    おはようございます
    姫と同じスピードで歩けてる訳じゃないんです。
    行く先々で姫が待ってるので、追いつくだけの話で・・・(^^ゞ
    日々の階段上りとスクワットで筋力アップ頑張ります。
    ・・・でも姫は平日休みの時は、ジムでマシン、水泳、ヨガをして、
    たまにボルダリングもしてますから、全然追いつけてません。(^^;

  5. オニキス君 | URL | -

    Re: 2011 日光白根山 前編

    こんにちは、いや~丸沼スキー場から登って
    行けるんですね!
    誰も居ないロープーウェイ~貸切ですかぁ(笑)
    他に登山客いなかったんですか?
    と、思ったらロックガーデンに観光客がv-410
    雪まだ残ってるんですね、6月中旬なのに~寒ぅ
    tonoさん重いリュック背負ってても花の
    写真を忘れずに撮ってくれるなんて~感謝!!
    パン食べてる姿...寂しそう(笑)嘘です!
    疲れが見えますよ~
    姫さんがカモシカのようにヒョイヒョイ登っちゃう
    tonoさんは...頑張れ!!v-411

  6. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    おはようございます
    ロープウェイが営業してる期間は、丸沼スキー場からアプローチできるので、
    より短時間で山頂まで行くことができます。
    この日は時間が遅かったのでロープウェイは誰もいませんでしたが、
    前に登った時は始発の時間に並んでましたよ。
    ロックガーデンには観光客がチラホラいましたし、
    登るにつれて先行する登山者に追いついて山頂では凄い人でした。
    中学生位の子供が大挙して登ってました。
    学校の先生が引率してましたが、ケガや遭難とかを考えると、
    このご時世に大変だな~って思いました。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/246-e7f66b87
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。