スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 間ノ岳 Vol.2

2011年08月05日 07:05

2011.7.23 (土)

"広河原" から "大樺沢" を上り、"北岳" を目指した二人。

"二俣" から "左俣コース" に入り、雪渓を左に見ながら高度を上げていきます。



10:28 雪渓の上端が近づいてきました。

IMG_7682.jpg




気付けば、右手には "北岳バットレス" の大岩壁が迫力いっぱいに迫ります。

IMG_7686.jpg





10:59 谷間が狭まり "八本歯沢" に進むと、息つく間もないガレ場の急登です。

登っては立ち止まり、また登っては立ち止まりしながら、姫を追います。

IMG_7685.jpg




11:25 急に登山道は右に進路を変え、樹林帯の中へと入っていきます。

すると今度は "梯子地獄" の始まりです。



P1010733_20110803211008.jpg
中途半端に急な梯子に、

持ち難い丸太の手すり・・・

これが延々と続きます。

高度がグングン上がり、

いつしか雲の中に突入です。




以前、燕岳~槍ヶ岳へ縦走した時に、西岳近辺で経験した "梯子地獄"。

フラフラになって肩の小屋に辿り着いた事を思い出しました。


今とその時とどっちが辛いかなぁ・・・ 1歩1歩梯子を上りながら考えるんですが、

昔どれくらい辛かったかなんて、もうハッキリとは分からないものですね・・・

あの時もフラフラだったけど、とりあえず今もフラフラだし。 

ザックは重たいし、眺望のない、"梯子地獄" は本当にキッツ~ 




12:02 "池山吊り尾根" の稜線に出ました。

多くの登山者が休憩しています。

ガスガスで何も見えませんが、どうやらここが "八本歯ノコル" のようです。

二人も少し先に進んだ場所でお昼休みにしました。




IMG_7693.jpgTONOは疲れてフラフラですが、

姫は眠くてフラフラだった様子。(^^;

ザックを下ろした姫は、

立ったまま岩に寄りかかってます。

そして数秒後・・・
                                (偶然撮った立ったまま寝る姫 笑)  



  「あっ!今寝てた・・・」

  「はぁ?」

  「今ね、立ったまま寝てたよ~」

  「・・・部活帰りの高校生みたいだね」 (^^;

  「うん・・・そう言えば・・最近もね、また凄いことがあったんだよ!」


・・・で、姫が話してくれた凄い事とやらをまとめると、

ヨガに行って、立ったまま体を前屈するポーズをとってたところ、

いつの間にか寝ちゃって、そのまま床にガン!って頭をぶつけて倒れたらしい。




超慌てるインストラクターと驚く周囲の人達・・・

頭をぶつけて目が覚めた姫は、その状況を理解した後、凄く恥ずかしかったって。(爆)

で、この時、姫のおデコには確かにタンコブがありました。



いつものインストラクターなら、

「あ~、またこの人ね・・・」 と慌てることもなかったんでしょうが、

この時は初めてのインストラクターだったらしく、相当ビックリしたみたいです。



これまでヨガでも数々の "眠り姫伝説" を打ち立てた姫は、

きっとインストラクターの間では有名人に違いありません。 (爆)

・・・って、話が脱線し過ぎました。 (^^;




12:20 再び歩き始めます。

お次は大きな岩が積み重なる斜面です。

P1010734.jpg


TONOの後方に伸びるのは、"池山吊り尾根" ・・・ガスと戦ってます。(笑)

登山者が休憩している辺りが、"八本歯ノコル"。(クリックして大きな画像で見るとわかります)



長く休憩した後はペースをつかむまで、身体が重い・・・

姫の姿がドンドン遠ざかっていきます。

でも実際重いのは身体じゃなくてザックか!?

IMG_7694.jpg




・・・って言うか、なんかお尻が痛くなってきた。

ヤバい・・・久しぶりに再発したっぽい。



実はTONOは7~8年前に "痔" になった事があるのですが、

今回登ってる途中でまたなっちゃいました。 (*^^*)




初回は確か姫とスキーに行った時で、帰りの新幹線はスゴク辛かったです。

病院で薬を貰って、完全に良くなるまで1週間くらいかかったかなぁ・・・

その後は軽いのは何度かありましたが、薬を使うまでもなく1日で軽快してました。





確かこの辺りで、もう出ちゃってます。

何がって・・・肛門からあずき大の痔核が。(笑)

ボコッて腫れて、痛いんですよね。

P1010735-2.jpg
                           (ユックリとしか歩けないTONO)





12:34  "北岳山荘" への巻道の分岐です。

IMG_7695.jpg



天気が良ければ、この日 "北岳" に登ろうと思ってましたが・・・

ガスガスだし、ヘロヘロだし、何と言っても出てるし(痔です ^^;)、

テン場に早く着いて良い場所をキープしたいし・・・

とりあえずテントを張って、余力があれば空荷で "北岳" を往復する事に。



巻道を "北岳山荘" へ向けて進みます。

巻道の傍らにはお花がいっぱい、所々でお花畑になっています。

P1010739.jpg




しかし、もう花を撮ってる余裕はなく、ひたすら "北岳山荘" を目指します。


13:13 一層濃くなるガスの中に何やら建物が浮かび上がってきました。

着いた~ 北岳山荘だ~!

IMG_7705.jpg


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2011 間ノ岳 Vol.2

    珍しくガスってますね~ 二人のパワーで山頂では快晴ですね^^b

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    そうなんですよ~
    最初は晴れてたんですけどねぇ・・・
    梯子を上ってる内に完全にガスの中にはいっちゃいました。
    パワー不足で山頂でも晴れは望めませんでした。
    ・・・って言うか、北岳は山頂を踏んでません。(^^;

  3. 『キラリ館』 | URL | -

    Re: 2011 間ノ岳 Vol.2

    はじめまして。
    『キラリ館ブログキング』と申します。
    ご訪問いただければ幸いです。

  4. じもら | URL | -

    いいですね~

    やっぱり、北岳は大好きな山です。
    自分とどっちがよりヘロヘロなのか気になるくらいです(~o~)

    巻道のお花畑スッゴイきれいでしたね。

  5. TONO | URL | -

    じもら さんへ

    こんばんは
    北岳良いですね。
    巻き道のお花畑は素晴らしかったです♪
    でも今回は"北岳"のピークを踏めなかったので、
    次回は"肩の小屋"から快晴の一日に狙ってみます。
    芦安~広河原のアクセスが良いことがわかったし、
    また秋にでも行きたいところです。

    八本歯沢~梯子地獄のヘロヘロ度は負けませんよ。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/266-34510e91
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。