スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 間ノ岳 Vol.3

2011年08月06日 23:03

2011.7.23 (土)

"広河原" から "北岳" を目指した二人。

快晴の "大樺沢" でしたが、"八本歯ノコル" 付近からはガスガスの世界に様変わり。

"北岳" には寄らず、巻道で "北岳山荘" へ向かいました。

13:13 山荘に到着です。




今回は夏の縦走用に購入したニューテントのデビュー。

青空の下で張りたかったところですが・・・雨は降らなそうなのでまぁ良しと。

TONOがテン場をチェックしてる間に、姫は幕営の受付に行きました。

IMG_7713.jpg
                                (北岳山荘の入口です)




ここのテン場は "トイレに近い場所" と、その "東側の斜面"、

そして "山荘に近い西側斜面" の3ヶ所に分かれているようです。

まだテントは数張りしかありません。

小屋とトイレに近い、平らな場所を選択しました。

IMG_7706.jpg



なおここのトイレはバイオトイレで驚くほど清潔。

これまで行った山のどのトイレよりも奇麗でした。

不快な臭いはほとんどありません。




場所を決めたら、小石を除去して設営開始。

自立式テントはポールをセットしてインナーを吊り下げれば、

空間が保たれるのでやっぱり楽ですね。

フライを被せて、四隅をクイックバックルで接続。

最後にペグダウンして完了。

受付から帰ってきた姫はマットとシェラフを担当です。

IMG_7707.jpg





このテントは長辺の両側に出入口があって、大きな前室も二つ。

窓もあって非常に使い勝手が良いです。

IMG_7719.jpg




IMG_7710.jpg

中は非常に明るくて、

白と緑を基調とした

爽やかな色彩です。






IMG_7723.jpg
  色んな所にポケットがあって、

  メガネとか財布とかヘッ電とかが、

  行方不明にならずに済みます。(^^v  




IMG_7721.jpg
中に細引きを張って、

物掛けにしてみました。

タオルとかも掛けられて便利。




IMG_7726.jpg
  広い前室が両サイドにあって、

  それぞれの靴やザック、ストーブなどを

  余裕で置けます。

  この空間でストーブも使えました。




また両サイドの長辺に直行するポールが渡してあるため、

インナーの壁がほぼ垂直に立ちあがり、圧迫感が少なくて居住性も良好。

閉所恐怖症のTONO的には非常に重要なポイントです。(^^;





IMG_7708.jpg

テントを張ったら、生ビールで乾杯♪

標高2,900mのテン場で飲むビールは最高。

850円と値は張りますが、

やはり飲まずにはいられません。(^^;





IMG_7716.jpg
  そうこうしている内に、

  続々とテントが増えていきます。

  このエリアが一番人気。





IMG_7717.jpg
小屋に近い西斜面には数張り。

東側の斜面にも1張り。

それにしてもガスガスですな・・・

                                       (東斜面)




姫はテントの受付に行った際に、夕食も頼んできたようです。

TONO的にはアルファ米の夕食で十分なんですが、

姫的には絶対小屋で食べたいらしい。(^^;

夕食の時間は16時半。 まだ1時間半以上あります。


IMG_7724.jpg
  で、時間まで一眠りすることに。

  姫は即座に爆睡状態ですが、

  やっぱりTONOは眠れません。(^^;



テン場をうろついたり、小屋の様子を見に行ったり・・・

小屋にも続々と登山者が到着しているようです。



IMG_7714.jpg
今日の小屋は、布団1枚に1.5人。

布団2枚に3人ですから、

普通の混みですかね。




IMG_7715.jpg
  水は小屋の入口でセルフサービス。

  1Lで100円です。

  300m下の沢から汲み上げた命の水。

  ありがたいですね。




IMG_7718.jpg

ガスに包まれたテン場には、

たくさんのテントの花が開きました。





IMG_7720.jpg
  16:30 姫を起こして小屋で夕食。

  確か1,600円だったかな・・・

  美味しかったです。




夕食後、テントに戻って横になります。

ガスガスで星空も見れないし、

明日の朝焼けとテン場からの富士の眺望に期待して就寝。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2011 間ノ岳 Vol.3

    こんにちは~^^

    布団二枚に三人ですか~ 慣れていない人には厳しいですね>_<

    シーズン外すか、テント担ぐか?

    北アルプス行けば、個室がありますね^^

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    おはようございます
    布団2枚に3人だとまあ普通の混みですね。
    山小屋も1人で1枚の布団を使えると快適に泊れますが、
    1枚に2人以上になると辛いですよね。
    基本的に土日祝日、お盆と混んでる時しか行けないので、
    シーズン中の小屋泊まりは辛いことが多いです。
    紅葉の時期なんて異常なほど混みますもんね。
    個室は+1万円くらいするので、2人で泊ると3万!
    2泊するとテントを買ってお釣りがきます。(^^;

    私は今シーズンはテント泊で頑張ってみます。
    とりあえずテントの元が取れるまでは。(笑)

  3. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 2011 間ノ岳 Vol.3

    こんにちは~

    僕も山テント泊から帰ってきたところです!
    山小屋で食事もできるなんて羨ましいです。
    北海道には食事を提供する山小屋はありません。
    今日行って来たところは、水500cc 500円!
    でも何故かビールも500円でしたよ~

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    マニアさんは黒岳へテント泊だったんですね。
    水500cc 500円とは高いですね~!
    ペットボトルの水ですか?
    でも北海道はエキノコックスがいますし、
    必要な水を全部担いで登るわけにもいかないし、
    買わざるを得ないですよね。
    ビールと水が同じ値段と言うのは不思議ですね。(^^;
    レポ楽しみにしてます。

  5. ZEP400 | URL | -

    Re: 2011 間ノ岳 Vol.3

    こんにちわ~
    なかなか使い勝手の良さそうなテントですね。

    山小屋食を選択して、縦走分持参。
    羨ましいパターンだなぁ(^^ゞ

  6. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    このテントは今回初めて使ったんですが、
    二人で必要な広さはありますし、出入口が両サイドにあるので、
    夜中にトイレに行く時などは相手を踏んずけたりせずに済みます。(笑)
    それと前室が二つあるのは良いですね。
    前室の広さってけっこう快適さに関与するんだと思いました。

    とりあえず今シーズンは山小屋を最大限に利用したテント山行でいこうかなと。
    小屋泊とテント泊のハイブリッドです。(^^;

  7. しょもも | URL | -

    こんばんは

    なかなか良さげなテントですね。
    特にポケットの多さと前室が2つというのが魅力的です。
    私なんていつもテント内がごちゃごちゃになってしまうので・・

  8. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    こんばんは
    縦走用のテントを購入する際に次の条件を満たすものを探しました。
    ①自立式 ②しっかり二人用 ③ある程度居住性が良い ④軽量 
    ⑤ダブルウォール ⑥長辺の両側に出入口 ⑦前室が二つ・・・
    このテントは総重量1.56kg、その他の条件も全て満たしてました。
    実際張ってみて、前室ってやっぱり重要な部分だな~って感じました。
    ポケットがたくさんあったのはタナボタみたいなモノでしたが、
    小物が収納できて探しやすいし、とても機能的です。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/267-7aa0bf62
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。