スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 夜叉神峠~鳳凰三山 Vol.1

2011年09月15日 08:05

この週末は二人とも2連休でした。

天気も良さげだし山に行こう♪

狙うは標高2,800mの 白砂青松・・・ "鳳凰三山"!


前回は、"青木鉱泉" から日帰りして懲りたので、 2010 鳳凰三山

今回は1泊2日で余裕を持って歩きますか。



"夜叉神峠登山口" に車を置いて、バスで "広河原" へ。

"白鳳峠" に上がり、"地蔵岳" を経由して "鳳凰小屋" でテン泊。

翌日は、"観音岳~薬師岳" と縦走して、"夜叉神峠登山口" に下山。

車を駐めてある場所へ下りるので、スムースに帰路につける。

というのが、当初の計画だったんですが・・・




2011.9.10~11

1日目 夜叉神峠登山口~夜叉神峠~杖立峠~火事場跡~苺平~南御室小屋
2日目 南御室小屋~薬師岳小屋~薬師岳~観音岳~赤抜沢ノ頭~地蔵岳~
     観音岳~薬師岳~南御室小屋~杖立峠~夜叉神峠~夜叉神峠登山口








2011.9.10 (土)

自宅を 4時に出発の予定が、TONOは全く起きられず。

結局出たのは 5時過ぎ。


"夜叉神峠登山口" を 8時ちょうどのバスに乗りたかったんですが、

登山口の駐車場に着いたのはもう 7時56分。

駐車場は8割方うまってました。

IMG_8324.jpg



準備をしてるうちに、8時のバスを見送ります。(行ってらっしゃいませ~)

で、次のバスは・・・ 9時20分!! 

これから1時間以上あるし。 ( ̄ー ̄;



バスの本数って少ないんですよね。

"芦安" からだと乗合タクシーがあるけど、いまさら "芦安" に戻るのもねぇ・・・



「よし! 今日は "南御室小屋" でテン泊だ~!!」

・・・と言うことで、初端から計画変更です。 (^^;




8:16 登山口を出発しました。

IMG_8326.jpg




樹林帯の整備された道を行きます。

IMG_8330.jpg




9:17 "夜叉神峠" に到着。

ここには週末営業の小屋がありますが、

中には人の気配はなく、物音一つ聞こえませんでした。

IMG_8334.jpg




快晴の青空の下、"白峰三山" が素晴らしい。。。

左から "農鳥岳" "間ノ岳" "北岳"。

IMG_8337.jpg




景色を見ながら、ちょっと休憩。

"北岳~間ノ岳" の稜線上に "北岳山荘" が確認できました。

IMG_8339.jpg




夏が終わり、ほとんど花は見れませんでしたが、

"ウメバチソウ"(梅鉢草) が元気に咲いていました。

IMG_8342.jpg






9:28 "夜叉神峠" を後に先へ進みます。

熊笹の中をちょっと下ると、落ち葉が積もる掘れた斜面の上りとなり、

斜度が緩むとしばし尾根歩きに変わります。




一瞬開けて明るい場所に出ますが、すぐに針葉樹林帯に突入です。

足元は歩きやすいんですが、長く、単調な上りです。

IMG_8351.jpg




10:39 "杖立峠" の道標を通過します。

地図を見ると、ここは "大崖頭山" のピークの西側。

本当の "杖立峠" はもう少し先になるようです。

IMG_8353.jpg





11:23 "山火事跡" に着きました。

明るく開けた気持ちの良い所です。

IMG_8359.jpg



IMG_8365.jpg

疎らな木々の間からは、

"白峰三山" の稜線が見えます。

木陰でお昼休憩にしました。




11:43 さて行きますか。

IMG_8367.jpg




再び樹林帯に入り、しばし上りになります。

斜度が緩んで平坦になった辺りが "苺平" です。

12:19 "苺平" の標識を通過。

IMG_8372.jpg



その名称からは、苺の花が咲いてる様な、日当たりの良い場所を連想しますが、

実際には薄暗い樹林の中です。



左に "辻山" への道、右に "甘利山" に至る道を見送り、

"辻山" の東斜面を巻くように進みます。

苔むしたシラビソの林が美しい。。。

IMG_8376.jpg
       (音もなくトレランの人がやってきて、風のように抜いていきました



やがてなだらかな下りになり、

この有名な看板(!?)を目にすると、小屋はもうすぐ。

IMG_8380.jpg




12:43 "南御室小屋" に到着です。

姫はザックを下ろして小屋の受付に行きました。

IMG_8382.jpg




さてTONOが選んだ場所は、サイトの奥。

残ってる場所でここが一番平らでした。

しかも混んできても比較的静かな時間を過ごせそう。

IMG_8392.jpg




下が柔らかめの土で、ペグは非常に打ちやすく、シッカリ効きました。

周りに石はほとんど落ちてないので、ペグ必携です、

IMG_8385.jpg




トイレは個室が5つ、男子用が3つ。

常に並ぶことなく使用できました。

IMG_8386.jpg IMG_8387.jpg





ここは標高2,440mのテン場ですが、水が非常に豊富。

小屋の前の流しには、パイプから水が流れっぱなし。

そして、小屋の奥では豊富な湧き水。

いずれも5秒と手をつけていられないほどの冷たさ。

飲んで美味しい、南アルプスの天然水です♪

IMG_8389.jpg





テントを張って一息ついたら、"辻山" へ行ってみようと思っていましたが、

13時半頃からどこからともなくガスが湧いてきて、

アッと言う間に周りの景色を隠してしまいました。

IMG_8393.jpg




こうなったらもう飲むしかないでしょう。 (やった~ ^^)

と言うことで、湧き水で冷えたビールをカップに注いだら、乾杯~♪

いや~このテン場、何か時間の流れが穏やかで、気に入っちゃいました。 (^^)

IMG_8391.jpg



アルコールが入ると、姫は睡魔が襲ってきた様子。

テントの中でお昼寝タイムです。




16:59 暗くなる前に夕食にしました。

IMG_8400.jpg


今回もお湯で戻すだけのアルファ米と、お湯を注ぐとすぐ飲めるけんちん汁。

そして携帯用にアルミパックされた赤ワイン(187ml)×2つ。

つまみはビーフジャーキーとチーカマ。




IMG_8402.jpg

夕食が終わる頃、テン場はまだ余裕。

この日は最終的に20張りほどでした。






IMG_8404.jpg

  日が落ちる頃になると、

  すっかりガスが取れて

  月が上がってきました。




IMG_8412.jpg
就寝前のひと時。

テント内にライトが灯ります。

食事をする人、本を読む人、

グラスを傾ける人・・・




夜半過ぎにトイレに起きると、満天の星空。

煌めく星空に、朝の快晴を確信して再びシェラフに潜り込みました。

IMG_8407.jpg
                (西の空低く、冬の星座の "オリオン座" を見つけました)

 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    きれいな星・・・

    朝から…
    綺麗な星!吸い込まれそうな天空。
     気持ち良く仕事に向かえそうです。

    アルファ米、俺の場合、 
    鮭・梅系か白コメがほとんど~
     +ふりかけ(たまご系)etc.

    爽快な朝 
    楽しみにしています(^^ゞ



  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    いつもコメントありがとさん。。
    テント泊の時の夕食はそろそろグレードアップしようと考えてます。
    アルファ米+レトルトのハンバーグとかステーキとか・・・
    涼しい季節になれば食材も持っていきやすくなるし。
    まずは1泊2日の手軽な場所でトライしてみようかな。
    でもその前に広口の鍋とか買わないと。(^^;

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 2011 夜叉神峠~鳳凰三山 Vol.1

    本当にきれいな満天の星ですね。
    非日常の世界。いいですね。
    心が本当になごみますね。

    山に登るのが目的か 癒しが目的か
    時々分からなくなりますね。

    でも、カメラを固定しての画像?
    うまく撮れていますね。

  4. devilman | URL | -

    Re: 2011 夜叉神峠~鳳凰三山 Vol.1

    空が青く澄む季節ですね。
    鳳凰三山は、展望の山でもあり、うらやましいです。
    夜叉神峠からは辿ったことがないのも、興味深いです。

    食料ですが、よほど軽量化が課題の時でない限り、僕はお米を炊いています。

  5. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    こんばんは
    山ではビックリするような星空に出会えますよね。
    カメラを切り株に置いて小石で固定して撮影してみました。

    山は季節季節に素晴らしい景色を見せてくれますね。
    時に感動、時に驚き、時に畏れ、時に癒され・・・
    私はこの非日常的な景色を体験するために山に登ってます。(^^)

  6. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    こんばんは
    天高く澄み渡る季節ですね。
    鳳凰三山は前回がガスの中だったので、
    展望の良さを全く実感できなかったんですが、
    今回は素晴らしい稜線歩きができました。(^^)

    山でお米を炊いたことはありませんが、
    大分テント泊にも慣れてきたので、そのうちトライしてみようかな・・・
    まずは下でのキャンプで体験してみてから。(^^ゞ

  7. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2011 夜叉神峠~鳳凰三山 Vol.1

    いいですね~ここなら急登も無さそうだし、みいも行ってくれるかも~??

  8. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんにちは
    ここは急登はないですが、稜線に出るまでは樹林の中で、
    展望があるのは夜叉神峠と火事場跡くらいなもの。
    …そこがちょっと辛いところです。
    あとは何気にアップダウンがあります。
    せっかく上ったのに下るの~って感じ。(^^;

    でも南御室小屋のテン場は広くて水が豊富だし木々に囲まれ良い雰囲気ですよ。
    砂払岳まで上がれば白砂青松の稜線歩きが待ってますし、
    是非お二人で歩いてみて下さい。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/283-0e184c67
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。