スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 北岳 リベンジ Vol.1

2011年09月27日 19:09

2011.18(日)~19(敬老の日) 

広河原 から 白根御池 を経て 北岳

1日目 広河原~二俣・白根御池分岐~白根御池小屋~小太郎尾根~肩の小屋
     ~北岳~肩の小屋 (テント泊)
2日目 肩の小屋~北岳~肩の小屋~白根御池小屋~広河原






2011.9.18(日)

自宅を出て中央道を走り、甲府昭和ICから芦安を目指します。


7:05 芦安の駐車場はすでに満車状態。

連休だけに、大勢の登山者が入山している様です。


係員に案内されたのは、"第8駐車場"。

う~む・・いったい第何駐車場まであるんだろう・・・?

バス乗り場から坂道をドンドン下って行きます。

まさかバス乗り場まで上り坂を歩いて戻るわけ~!?



着いた駐車場には、まだ数台のみ。

草地のテン場みたいな所でした。


IMG_8572.jpg
何故かボルダリングウォールがあって、

乗合タクシーが待機してました。

バス乗り場まで歩く必要はないよう。

なかなかサービス良いです。




乗合タクシーに乗り込み5分ほど待つと、満席となり出発です。


8:15 "広河原" に到着。

ここでオニギリを食べてエネルギーを補充。

トイレも済ませて、靴紐を締めたらさて行きますか。


IMG_8579.jpg
  8:26 歩き始めます。

  ・・・ってか出るの遅過ぎだよね。 (^^;

  すっかり陽は昇って暑いくらい。

  秋の気配は微塵もありません。




IMG_8580.jpgネットで見た事前情報の通り、

"大樺沢ルート" は台風による大雨で、

登山道が崩落して通行止のようです。


貼ってあった写真を見ると、

橋が壊れて一部流されています。

とても沢を渡れる状態じゃないです。

 IMG_7664_20110927144044.jpg
(2011.7.13 ↑この橋かなぁ・・・)





8:30 野呂川に架かる吊り橋を渡ります。

青い空には "北岳" がクッキリ。

テンションも上がります

IMG_8582.jpg



IMG_8583-3.jpg

"広河原山荘" から

登山道に入ります。




IMG_8586.jpg

  8:50 二俣・白根御池分岐。

  今回は "白根御池" へと向かいます。





これが本当に急登です。

"合戦尾根" どころの話じゃありません。

木の根は滑るし、段差は大きいし、歩きにくいです。

IMG_8588.jpg




IMG_8589.jpg

途中にベンチが2箇所あって、

休憩するには丁度イイです。

さすがの姫も大汗かいてました。



IMG_8594.jpg

  10:01 急に斜度が緩みました。

  「急登ここで終り」

  の文字にホッとします。




横巻き道を進み、小さな沢を横切ると、

時おり樹林が切れて、"鳳凰三山" の稜線が見えます。



IMG_8599.jpg
10:24 "白根御池小屋" に到着。

"広河原" からちょうど2時間。

コースタイムが3時間なので、

ちと飛ばし過ぎか!?





この小屋は新しくてとてもキレイ。

小屋の前の広場では、沢山の登山者が休憩してました。

二人もザックを下ろして休憩です。

IMG_8600.jpg


腰を下ろしたベンチからは、小屋の後ろに "北岳"。

"白根御池" の標高は2,200m、"肩の小屋" まではあと800mほどか。



IMG_8601.jpg


10:37 "白根御池小屋" を後にします。





"白根御池" は想像してたのとは大分違いました。

澄んだ綺麗な池をイメージしてたんですが・・・ ( ̄ー ̄;

IMG_8603.jpg




ここから尾根までは、"草スベリ" と呼ばれる急登です。

IMG_8605.jpg




P1020043.jpg

夏を思わせる陽気に、

額からは汗が滴り落ちます。

一口二口水を口にしながら、

ひたすら休まずに足を進めます。




IMG_8608.jpg

  11:48 鹿の防護ネットが

  設置された場所で少し休憩。




IMG_8610.jpg

11:58 歩き始めてすぐに

"大樺沢右俣" の道と合流。

"肩の小屋" まであと50分。





ここから尾根までは九十九折の急登なんですが・・・

途中で道を間違えて、直登の道に入ってしまいました。

IMG_8611.jpg



踏み跡が乏しくて、間違えてる気はしたんですが、

いちおう道になってるし、そのまま上り切りました。

でもここは本当に急斜面で、

下りに使ったら滑り落ちてしまうのではないかと思うような所でした。

まさに "草スベリ" の名前がピッタリ。


上で本来の道に合流したら、針金が張ってあり、×印が付いてました。




12:15 "小太郎尾根" に出ました。

"甲斐駒" が花崗岩の白い頂きを見せています。

P1020049.jpg

 


尾根に出てからは、稜線の右側を巻くように進みます。

赤いのは草紅葉かなぁ。

IMG_8615.jpg




12:39 テントが見えました。 もう小屋はすぐそこです。

IMG_8616.jpg



さてこの後、小屋に着いたんですが、二人とも写真を撮ってない。

で、正確な到着時間は不明なんですが、

この場所から1~2分で小屋なはずなので、

12:41 "肩の小屋" に到着・・・と言うことで。

広河原から4時間15分。

最初のハイペースを保ったまま登り切りました。



小屋に着いたら、いつものようにTONOはテン場を物色。

姫は小屋に幕営の受付です。




一番下の平らな場所にテントを張りました。

テン場からは "富士山" が見えて気分がイイです♪

IMG_8619.jpg


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    フジヤマガ・・・

    おはようです。

    ほんとうに 気持ち良さそうな…
    でも、びびりそうなテンバですね。

    冷たい空気の中、フジヤマを眺望しながらの
    冷えた一杯の格別さ!!!
    伝わってきます。

    俺も 低地ですが…
    週末は 秋の星空と冷えた一杯(^^ゞ

  2. 札幌温泉人 | URL | -

    景色....

    お久しぶりです...
    景色が綺麗ですね...
    青空も良い感じ。。。
    富士山が見えるって羨ましいっす(^^)

    草滑り...結構急な坂なのですね。
    急な所は、きつくて嫌いな札幌温泉人っす(笑)

    私事...大雪山を初縦走しました(^^)/

  3. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんにちは
    北岳肩の小屋のテン場は穂高と違って、
    そんなにビビるような場所ではありませんよ。
    テントの傍に腰をおろしての一杯は最高でした。
    富士山がつまみですから更に良しです。

    北海道はもう相当寒そうですね。
    澄んだ秋の星空・・・楽しんできて下さい。(^^)

  4. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんばんは
    ご無沙汰しております。
    やっぱり、晴れた山は最高ですね。
    青空をバックにすると、景色も映えます。

    温泉人さん、大雪山を縦走されたんですね。
    ブログを見たら積雪してるじゃないですか~
    山ワールドにドップリ浸かってきましたね。(笑)

  5. Re: 2011 北岳 リベンジ Vol.1

    こんばんわ。
    コメント頂いてばかりですみません。

    お二人は早すぎですよ。
    スピード違反で逮捕されますよー。(笑)
    白出のコルからの下りの記事でも思ったのですが
    早く歩くコツみたいなものってありますか?
    (姫さんに訊いた方が良かったですか?なんてネ)

    駐車場は南アルプス市のホペパゲを事前に見たのですが
    第8まであってそれ以外にかなり下ったところに
    臨時駐車場が4つあるようです。

  6. TONO | URL | -

    だジィ さんへ

    おはようございます
    北岳の時はテント泊装備を持ってた事を考えると、
    かなりのハイペースで上がれたと思います。(^^ゞ

    早く歩くコツですか・・・
    必要以上に急がず同じペースで歩くことが、
    最終的には早く到着する事になるのかも知れません。
    どのペースを維持して登れるのかは人それぞれなので、
    これはたくさん登って自分で掴むしかないでしょう。
    心肺機能・筋力のアップ、荷物の軽量化(体重コントロールも含めて ^^;)は、
    そのペースを上げるのに役立ちます。
    あとはこまめなエネルギー補給と水分補給ですかね。
    私の場合はスポーツドリンクでも糖分の入った物を愛用してますが、
    水分、電解質とエネルギーを一緒に摂れて疲れにくい気がします。
    登る前の事としては、寝不足、二日酔いはダメですね。(笑)
    しっかり睡眠を取ってないと途中でバテてきます。
    下りではストックを上手く使って、膝の負担を減らすことも重要ですね。
    上りよりも下りの方が大きな荷重が脚にかかりますから。
    最後にサポートタイプのタイツは筋肉のトラブルをある程度防いでくれるかも。

    駐車場はさらに4つあるんですか!?
    紅葉の時期とかそこまでいっぱいになるんですかねぇ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/288-71088f45
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。