スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 蓮華温泉から白馬岳 Vol.2

2011年10月07日 08:56

2011.9.23(秋分の日)~25(日)

蓮華温泉 から 白馬大池 を経て 白馬岳 (日帰りピストン)


1日目 自宅~蓮華温泉(ロッジ泊)
2日目 蓮華温泉~白馬大池~小蓮華山~白馬岳~白馬大池~蓮華温泉(ロッジ泊)
3日目 蓮華温泉~糸魚川~自宅



2011.9.24 (土)

蓮華温泉から白馬大池を経て、白馬岳を目指す二人。

10:28 "小蓮華山" を越えて、"白馬岳" へと続くたおやかな稜線を辿ります。

P1020123.jpg
                        (後方の鉄剣が刺さるピークが "小蓮華山")





雲海の上には、"白馬岳" をはじめとした "後立山連峰" が聳え、圧巻の光景です。

IMG_8971.jpg






双耳峰の "鹿島槍"、重厚な "五竜岳"、その手前の尾根は "八方尾根" か・・?

奥には、"槍ヶ岳" に続く "穂高連峰" の稜線も見えてきました。

IMG_8966.jpg





IMG_8975.jpg
10:40 岩陰で休憩することにしました。

稜線は冷たい風が吹き付けます。

ここはちょっとした岩陰なんですが、

風がなくて陽射しが暖かい。





IMG_8976.jpg
  じゃ~ん! 

  "蓮華温泉ロッジ" で貰ったお弁当。

  赤・青・白の包みがお洒落♪

  センス良いです。




IMG_8977.jpg
で、開けると・・・オニギリ×2個と、

「納豆が付いてるよ~」 と姫。

パックは納豆調でしたが、

中身は塩辛い物の詰合せ。




オニギリはかなり固めに握ってあったので、ご飯の量はかなりなもの。

1個だけ食べて残りはまた後で。 (^^;




オニギリを頬張りながら、雲海の彼方をよく見ると、正面に "八ヶ岳連峰"。

そしてその右に "富士山" がかすかに見えていました。

こんな遠く離れていても見えるんですね。

IMG_8978.jpg





10:57 さて、あとは一気に行きますか。

"白馬岳" のピークはそこに見えています。

IMG_8979.jpg




IMG_8983.jpg

11:11 "三国境" を通過します。

三国とは、富山・新潟・長野の3県。

ここはちょうどその県境。




ここから、"朝日岳" への縦走路が伸びていきます。

美しい曲線を描く、"鉢ヶ岳~雪倉岳~朝日岳" の稜線。。。

残雪の頃はもっともっと美しいでしょうね。

P1020127.jpg




"三国境" を過ぎると "二重稜線" が出現します。

大自然が造り出した不思議な地形です。

P1020128.jpg





前方に "馬の背" と呼ばれる痩せた岩場が見えてきました。

IMG_8988.jpg





"馬の背" を越えると、なだらかな弓状の稜線が山頂へと導きます。

IMG_8992.jpg





11:45 "白馬岳"(2,932m)の山頂に到着。

P1020137.jpg



"白馬岳" は南北に長い山頂です。

南の端に行ってみると、直下には巨大な "白馬山荘" がド~ンと。

その下の方には、"白馬岳頂上宿舎"。

IMG_9013.jpg



"杓子岳・鑓ヶ岳"が大きく聳え、その後ろに "鹿島槍" の双耳峰が見えています。

雲の存在がいっそう迫力を増しています。

そのまま遠くに視線を移すと、"槍穂" の険しい稜線。

その右に "裏銀座" の峰々、その下は "黒部湖" でしょうか・・・水色の湖面がチラリ。

そして右手には "剣・立山"。。。

う~ん、凄いぞ!白馬の山頂!!


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    雲海

    先日、旭岳登山時に、山裾に広がる雲海を目にしました...
    でも、こんな雲海を見たことはないです。
    二重稜線を歩くTONOさんの画像...凄すぎる!!
    雲海が寄せる稜線って、凄い!!
    素晴らしい青空と真っ白な雲海...最高っす。
    山頂直下に山荘があるのですか??...こちらも、凄すぎる。

  2. ZEP400 | URL | -

    白馬岳  Vo(^^

    こんにちわ~
    初秋の雲上…いいですね。

    装備見ると…
    やはり秋の標高温度のようですね。

    絵を見てると、眼下の秀峰を拝める頂(いただき)で…
    冷たい澄んだ空気を噛みしめたくなります。

    キャンガスの小型ストーブ持ってるのに…
    気持ちがはやり、レアな分離型のアルパインストーブ(ガス)
    手に入れちゃいました(^^ゞ

  3. devilman | URL | -

    この連休は素晴らしい天気・・

    久しぶりにコメントしますね。
    同じころ、槍ヶ岳に、また行きました。
    素晴らしい天気でしたよね。
    このところ、連休という連休が天気に恵まれ、
    結構当たり年でしたね。

    ただ、去年まではよく、帰りに温泉に入っていたのですが、
    今年はせわしないことが多く、いまだゼロ、です。
    新穂高の無料温泉がなくなっていることも原因かな。
    また、よろしくお願いしますね。

  4. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんにちは
    雲って表情豊かですよね。
    雲の海は波が高い時もあれば、低い時もあるし、
    稜線に打ち寄せる雲、稜線と雲の戦い、
    乗り越えて滝となる雲もあります。
    特に雲海に沈む雲は鳥肌が立つほど凄いです。
    温泉人さんも何度か山に登るうちに、
    様々な雲のドラマを目にすると思いますよ。(^^)

  5. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    この日稜線上は最低気温マイナス5℃、
    日中はプラス5℃くらいでした。
    風の冷たさに冬の訪れを感じました。
    その翌週に稜線上には10cmほどの積雪があり、
    吹き溜まりでは40cmほどにもなったようです。

    ZEPさんは道具に凝るタイプですよね。(^^)

  6. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    確かにオンシーズン中の連休はことごとく晴れて山日和でしたね。
    逆に連休が雨ばっかの年もあるし、今年は当たりでした。
    devilmanさんはまた槍に行かれたんですか。
    良い天気で絶景だったでしょうね。(^^)

    今年は北アルプスの北部は雪が早くて、
    紅葉を飛び越えて冬景色になったみたいです。
    私は体育の日の連休で前穂、ジャンダルムへ行ってきました。
    穂高も紅葉というより枯葉って感じでした。(^^;

  7. しょもも | URL | -

    こんばんは

    たった1週間で世界が違う(笑
    白馬岳からの眺めは素晴らしいですよね♪
    私の時は北西に富山湾、その先に能登半島が見えて
    大感激でした。
    来年こそは私も夏の白馬大池に訪れたいです。

    あ、あと富士山の左は八ヶ岳かと思われます。

  8. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    1週間後しょももさんが登った時は完全に冬景色ですものね~
    本当にビックリです。
    ・・・にもかかわらずこの時、槍穂とか常念山脈には全く雪がない!
    不思議なものですよねぇ。

    私も夏の白馬大池は狙ってます。
    天気さえ間違えなければ、絶対イイですよね。

    富士山の左は八でしたか。(^^;
    早速何事もなかったかのように訂正させて頂きました。(笑)
    ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/295-03c340cd
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。