スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 蓮華温泉から白馬岳 Vol.3

2011年10月12日 14:48

2011.9.23(秋分の日)~25(日)

蓮華温泉 から 白馬大池 を経て 白馬岳 (日帰りピストン)


1日目 自宅~豊科IC~蓮華温泉(ロッジ泊)
2日目 蓮華温泉~白馬大池~小蓮華山~白馬岳~白馬大池~蓮華温泉(ロッジ泊)
3日目 蓮華温泉~糸魚川~自宅




2011.9.24 (土)

"蓮華温泉" から "白馬大池" を経て、"白馬岳" に登頂した二人。

"白馬岳" 山頂からの素晴らしい眺望を楽しみます。

P1020141_20111011150328.jpg





剱岳~立山

IMG_9006.jpg





鑓(ヶ岳)、(鹿島)槍、槍(ヶ岳)・・・ヤリが三つだ。(笑)

IMG_9011.jpg


穂高の稜線もクッキリ見えます。

槍から続く左側の凹みが大キレットでしょうか・・・

で、中央のなだらかな盛り上がりのピークが奥穂とすると、

そこから吊尾根が連なり左端のピークが前穂・・・?






すぐ西側には "旭岳"。

山頂部分だけがゴツゴツした岩陵になっていて、特異な形をしています。

IMG_8998.jpg





この "白馬岳" も西側の女性的なシルエットから一転して、

東側は険しく切れ落ちています。

IMG_9002.jpg




深く切れ込んだ谷、荒々しい景色が眼下に連なります。

IMG_9004.jpg




12:00 "白馬岳" を後にして、"白馬大池" に引き返します。

IMG_9015.jpg





"馬ノ背" 付近を行きます。

まさに "馬の背中" っぽいです。

IMG_9017.jpg




二重稜線・・・迫力あります。

この辺はさしずめ "馬の尻尾" ですかねぇ。(笑)

IMG_9021.jpg





IMG_9023.jpg


12:21 "三国境" を通過。






"小蓮華山" へと続く伸びやかな稜線♪

IMG_9028.jpg
                  (左端に見える鉄剣の立つピークが "小蓮華山")



IMG_9034.jpg
12:55 "小蓮華岳" で小休止。

山頂は崩落の危険があるので、

ロープ内は立入禁止なんですが・・・

自己責任と言う事ですかね。 ( ̄ヘ ̄)






"白馬大池" へと続く "小蓮華尾根"。

尾根上を行く登山道がよくわかります。

IMG_9035.jpg





雲海が凄いです。

"波打ち際" ならぬ "雲打ち際"!? (笑)

IMG_9039.jpg





広~い "雷鳥坂" を行きます。

地のライン、雲のライン・・・そしてその向こうに見えるのは海のライン!?

お~っ! 日本海じゃないですか!!

IMG_9041.jpg




"白馬大池" はガスに包まれていましたが、

ガスの中から山荘の赤い建物とカラフルなテントが見えてきました。

IMG_9045.jpg



IMG_9049.jpg

13:50 "白馬大池" に到着。

赤い実を付けたナナカマドの葉は、

まだほとんど色付いていません。




当初の予定では、この日ここに宿泊するつもりだったんですが、

計画を変更して、一気に下る事にしました。


14:14 "蓮華温泉" に向かいます。

雲の上を歩いて海まで行けそうな気がしてきます。

IMG_9059-2.jpg





IMG_9062.jpg


左手に "雪倉岳" を見て、

樹林帯を下ります。





ナナカマドの赤い実が、紅葉より一足早く、登山道を彩ってくれました。

IMG_9063.jpg





IMG_9067.jpg

14:53 "天狗の庭" でちょっと休憩。

雲の向こうは日本海だ。。。




IMG_9072.jpg
  途中から雲の中に突入。

  歩いても歩いてもなかなか

  高度が落ちない九十九折の道を

  ひたすら下っていきます。





15:45 蓮華温泉ロッジに到着。

心地良い疲れ・・・

内湯で汗を流して、ビールで喉を潤しました。


 (登山編は終了・・・温泉編 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    ぅうわお(゜o゜)

    絶景 絶景 ゼッケイ\(~o~)/
    こんにちわ~

    足もと雲ガス線上の景色!
    馬の背の 絶景!!
    たまりません。

    今夜の焼酎の 肴にします(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    いつもコメントありがとう。
    険しい岩陵帯歩きも爽快ですが、
    こういう穏やかで伸びやかな稜線もイイですよね~
    それに雲の表情が豊かで、景色に躍動感と高度感を与えてくれました。
    これで花が咲き乱れてたら最高でしょう♪

  3. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 2011 蓮華温泉から白馬岳 Vol.3

    こんばんわ。
    うんうん、そうだった、そうだった
    と思いながら読ませていただきました^^
    レポというか表現がうまいですよね~
    それに比べ・・・

    軽く凹みました(笑)

  4. TONO | URL | -

    kita さんへ

    行ったことのある山のレポって、
    自分の記憶とリンクさせながら見ると楽しいですよね♪
    私もkitaさんのレポを再び読ませて頂きました。
    4人の笑顔が全面に出てるレポは見てる方も嬉しくなってきます。(^^)

    表現がうまいだなんて言われると恐縮です。
    カッコつけてるだけなんですよ。(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/297-aac4635c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。